起業家 杉本宏之のアメブロ

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」著者・杉本宏之のブログ


テーマ:
米国大統領選において、共和党トランプ候補が圧勝しました。

様々な論調がありますが、私はトランプ氏の経済政策は基本バージョンアップしたアベノミクスだと考えています。法人減税、金融規制緩和、財政出動。

つまり関税以外根幹を成すものは一緒なのです。

「強い経済を作る」このフレーズが全てを物語っているのですが、経済政策より私が危惧しているのは外交政策です。

トランプ氏はしきりに言っています。
「自分の国を自分で守れない国が、独立国家足り得るのか」

私は彼が共和党泡沫候補と言われながらも力説する姿にハッとさせられたのをよく覚えています。

実は同じ様にハッとさせられた経験が3年程前にありました。香港でヘッジファンドを経営する友人から、中国共産党の政治家をご紹介頂いた時でした。

当時は尖閣諸島の問題が先鋭化し、まだ微妙な時期だったと記憶していますが、次の言葉に私は驚きを隠せませんでした。

「今の心配は、尖閣問題で日本と紛争に発展しないかという事。軍部は暴走する可能性もある」

「紛争」それは尖閣諸島問題に端を発した戦争を意味する言葉であり、日本人はいかに平和ボケをしているのか、身につまされる思いでした。

この時の発言が伏線となり、トランプ氏の発言に再び衝撃を受ける事になるのですが、日本人は複雑な問題をより複雑にしている気がします。

未だにトランプ氏を何も分かっていない馬鹿だと揶揄する人々も多い中、彼は常にシンプルなんだと思います。

日本車に38.5%もの関税を掛けるという徹底した国内保護の貿易政策、中国も北朝鮮も日本は自分だけで戦えと言い切った安全保障政策、ドル安で輸出を増やすという通貨政策。

近代日本も歴史を振り返ればアメリカの外圧によって、その国の在り方を変えて来ました。明治維新、終戦、果たして、日本人はまたもやアメリカの外圧によって国と憲法の形を変えるのか。

今正にトランプ氏が日本のパンドラの箱を開けようとしていると感じます。
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
僭越ながら、電子経済誌のSUPERCEO様に特集して頂きました。

9年振りメディアでのロングインタビューでしたが、現在のグループや経営哲学を余す事無くお話出来たと思います。

取材文中に社員第一主義とあるのですが、これは顧客サービスを二の次にするという意味ではなく、社員を第一に考える事が結果顧客の為になるという逆説的な答えを導き出し、私達は「人間こそが最重要資産である」と理念の一つに掲げました。

顧客第一主義ではなく、社員第一主義。一見違和感を感じる言葉ですが、本質的には同義語であり、その順序を変えただけなのです。

これが中長期的に業績に結び付くという仮説の実行を、グループ共同経営者の湯藤と仲間達が勇敢にそして果敢に取り組んでくれました。

ここまでの結果は紛れもなく、チームSYホーディングス1人1人の勝利であると確信しています。

改めて社員、お客様、取引先、応援して下さる皆様に心からの感謝を。まだまだこれからですが、一つの区切りとなりました。

そして、、グループの1社とハワイ4泊6日の社員旅行に同行して来ました。
{8C92E82D-1240-4011-A81F-16CE92AAF7A0}

{BE6F9518-129F-43C1-B4FF-FE199CB4886B}

{8283D0F0-677E-4BE8-83A0-1868DE61BFFA}

{C939E833-C169-4B05-BDDA-17E311157241}

{C35C0399-0ACF-4CFA-AD28-EEF68E82329C}

{D87D8CA8-F39A-44CE-AB1B-62E287996E8C}

{7AC85DBC-8BDC-4120-8D90-6454C0C906D5}

{9F10AEC8-1F0C-492E-AE5A-0446123EA883}
田上さん、阿部さんありがとうございました!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
熊本県益城町に行って参りました。
寄付をさせて頂いたご縁もあり、いつかどこかでとは考えていましたが、今回先輩方のお計らいもあり訪問が実現しました。

早いものであれからもう半年近くが経ち、ニュースに取り上げられる事も少なくなって来た時分です。

復興も徐々に進み始めているのかと思いきや、実は全く復興は進んでいませんでした。

人間とは忘れる生き物であると痛感すると同時に、人生の悲哀を感じずにはいられませんでした。



永遠と続く廃墟、シリアの空爆に遭った都市かと見紛う程に悲惨な状況です。

皆様の協力がまだまだ必要な状況であり、私自身も出来るだけ支援を続けていかなくてはならないと強く決意を致しました。

そして今回の訪問を機に地震に関して再認識させられた事がありました。

それは、地震大国日本においては建物次第で人命と財産が一瞬にして失われる危険性があるという事です。

今回の熊本地震においても、他の大震災においてもほぼ同様のデータが観測されているのですが、半壊、倒壊した建物の99%以上が木造と軽量鉄骨の建物であり、その内67%が1981年以前に建てられた建物に被害が集中しているのです。

{66E50457-A731-4444-B5AF-644EAEDEAA82}

また、2000年代以降の新耐震基準でも木造、鉄骨では一部倒壊が見られますが、地盤や活断層を考慮に入れても被害の集中度合いが突出しています。

やはり建物の安さには理由があり、安さ故の高利回り物件には理由があります。賭け事に例えるなら、利回り10%を超える物件は様々な理由から10倍の倍率になっているということではないでしょうか。

賭け事ならまだ良いのですが、人命と財産とを天秤に掛けるのは余りにも危険であると言わざるを得ません。

結論、有史以来我々人類の英知を結集しても未だ予知すら出来ない地震。肝要なのは備えを怠らない事と何とかなるという安易な考えを捨て去る事です。

私達日本人は生有る限り、地震に向き合わなければいけない宿命なのだと思います。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
25年振りに我らの広島カープが優勝致しました。

この歓喜の瞬間をレフトスタンド広島ファンの皆様と共有出来た事は望外の幸運であり、一生の思い出となりました。

苦節25年、書きたい事は様々有り過ぎるのですが、特に優勝を決めた試合で印象に残ったシーンが2つありました。

1つは広島緒方監督が優勝後のインタビューにて
「コーチ、選手はもちろん、裏方スタッフさん、ファンの皆さん全てに感謝です」
この言葉を繰り返していた事。

もう1つは黒田選手と新井選手が感極まり号泣し、熱い抱擁を交わしたシーンでした。

{99949BA1-C119-4391-A2D5-7643791C1CDF}
9年前お互い涙を流しカープを去り、そして戻って来ました。

15年連続のBクラスというカープ屈辱の歴史と共に歩んだ2人の男泣きに、カープファン誰もが涙した名シーンとなりました。

{DA79BB30-B0B2-43AE-8A62-895E8005844E}
ネット上で見つけた親子の写真。これが全てのカープファンの気持ちを物語っています。

広島の優勝に限らずとも我々がスポーツの何に魅せられるのかというと、限界に挑む選手達の苦難と葛藤を知っているからこそ、乗り越えた時の喜びと涙に感動し、そしてその奇跡に心が奮い立たされるのだと思います。

ビジネスもスポーツも光り輝く瞬間は一瞬であったとしても、その一瞬の刹那に輝く為に希望を持ってやり続ける。

しかし人生は諸行無常です。やり続けても結果は出ないかも知れない。それでもやり続ける。

そして奇跡を信じ、諦めずやり続けた人のみに一握りのチャンスがやって来るのだと思います。

私達のグループ理念にもあるのですが、いつの日か大きなうねりを起こし、皆様に愛と感動で応援をして頂ける会社を創りたい。

広島カープの優勝とカープファンの地響きの唸りのような応援を通じ、改めて決意を強くしました。

感動をありがとう。我らのカープ!







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今年のお盆は久しぶり忙しく、心地良い疲労感に包まれています。

さて、先週はスタートアップベンチャーの社長達と連続で会食をさせて頂きました。

そこで改めて気付かされたのですが、伸びているスタートアップベンチャーの社長には共通点があるということです。

印象的な1人は
「とにかく働いてます。お盆休みは無し、朝9時〜深夜1時まで、24時間365日と言っても過言では無い位、仕事してます」
というコメントをしていました。

一聞すると絶望的な、ブラック企業と言われかねない惨状とも言えますが、私はある一定の期間はビジネスマンとしてブレイクスルーする為に必要な事だと思っています。

最近は働き過ぎ=ブラックという風潮ですが、どんな分野で成功した方々も、とてつもない精神的、時間的な犠牲を払い、苦しみ、悩み、葛藤し、その果てに何かを極めたということです。

ちなみに件のコメントをした社長の会社、私も一部投資をさせて頂いているのですが、一度もBS、PLを見た事がありませんでした。

社長の努力に比例した自信に信頼を置いていたのですが、結果は1年半で売り上げ10倍、利益20倍になっていました。

もちろん苦しいスタートアップ期を乗り越え、組織が安定して来るとまた話は大きく変わって来ますが、それはさておき、改めてスタートアップの社長達に学びを得た夏でした。

村上君、紙中君、植西君、K君、S君、お忙しい中ありがとうございました。不動産業界にもイノベーションを起こして下さい。

{DFF59C18-F444-45DB-9109-3E2ADD8F79EB}
ワインは束の間の休息に。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ふとしたご縁から、ZOZOTOWN 前澤さんと幻冬舎 見城さんをお引き合わせさせて頂きました。

何故か事前に情報が伝播し、ある経営者の方から「一体その人脈の繋がりはどこから出てくるのか?」というご質問を頂きました。

私の場合、ビジネスに繋げようという想いだけで人脈を広げて来た訳ではありません。

友として信頼に足る人物か、ビジネスマンとして信頼に足る人物か、あるいは人間として尊敬に値する人物か。

見城さんがよく仰る、キラーカードを切る瞬間は一生無いのかも知れない。

それでも、友として、ビジネスマンとして、尊敬に値する人間として認められるなら、私の利する所が何も無くても構わない。

そういった人間との付き合いは、必ず学びがある。そう信じ、これまで人間同士向き合って来たつもりです。

偉そうな物言いで恐縮ですが、自分の利する所のみ考えているようでは、一生涯深い人脈には繋がらないでしょう。

ゆっくりと育つ植物を見守るかのような、長期的な視点を持ち、何かを与える事の出来る人間になって初めて、真の人脈は出来るのだと思います。

{B42F6257-8C53-4D31-9D5A-0EFC954A36E6}

{A8829B69-32D6-4BCB-8D7B-DE7A8904FFFD}
今日は兄貴と親父と最高の時間を過ごしました。
 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
6月25日に39歳になりました。

今年も有難い事に沢山の仲間達にお祝いをしてもらい、毎年申し訳無いと思いながらもついつい甘えてしまいます。

お祝いをして下さった方々、コメントやプレゼントを頂いた方々、グループの社長達、会社の仲間達にも心から感謝を申し上げます。

いよいよ30代最後の歳。

今年は14年間事業をやってきた中で、最も成長に自信がある年です。

以前に経営していた会社が上場した時、その後1年で売り上げと利益を倍にした時、その後再起を懸け勝負をした時、何れも等しく、若さ故の根拠のない自信と、漠然とした不安と焦りがありました。

しかし、今は心技体の充実が確固たる信念と根拠のある自信に繋がっているのだと思います。

法人の心技体とは
心は成熟した理念の浸透であり
技は磨き上げた技術力や営業力であり
体は財務であると私は考えています。

充実した心技体を論拠に策定した中期経営計画。仲間達と共に最高の結果を導き出すべく、今静かに燃えています。

一方で、ブレグジットの混乱がどこまで広がるのか、一部論拠の無い混乱もあり、不安心理や株安が巡り巡って実態経済にどこまで効果を及ぼすのか、見極める必要があります。

どんな不足の事態にも、しっかりとした準備をしておく必要があると考えています。

{268491FB-FA9E-428C-9755-BA834672D2B7}

{00FC4554-82C2-46C4-80F4-E77B2624A5ED}
{3AA03B8E-1F38-44F1-B5E3-F801394E2AA2}
{C9759F57-E089-4B6D-9456-A2DB0CC10662}



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨晩は見城さん、藤田さん、堀江さんと濃厚な男会でした。

経営者として若い頃から憧れ、僕にとっては誰よりも距離の近い英雄であり、尊敬の念を持って接して来た御三方。

いつも会うと刺激を受け、学びを得て、明日への活力となります。

一時期は憧れと羨望の想いでお会いする余り、何とかレベルを合わせていかなければと、ジリジリした焦りと不安の中無理な背伸びをしていた事もありました。

しかし、最近ようやく自分自身の生きる道、そしてやるべき事が分かり、気負いが無くなりました。

逆に言えば自分への自信が付いたのかも知れませんが、ある意味では身近な英雄達との密度の濃い交友から自分の限界を知り、自分の進むべき道を気付かされたのかも知れません。

彼を知り、己を知れば百戦して殆うからず。

今まで事業で身を立て、身を焦がし、身を再生し、24時間365日人生の全てを事業に懸けてきた14年間。

最近ようやく、自信と不安、情熱と冷静、夢と現実がバランス出来るようになったと思います。

{4720742C-FED2-4742-A09D-A974BE9E219E}

{C191F42D-DF66-41B2-8C18-810962DA9B32}

それにしても二次会も男だけのカラオケ、濃厚な会でした笑

見城さんがこんな時に率先して歌う姿がかっこいい。
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
土曜日に同窓会に行って来ました。
同窓会とは言っても、学生時代の友人達ではなく、私が以前に経営していた会社の仲間達との再会でした。

50名近い沢山の卒業生達と共に、あの頃を思い出し、宴席には笑いが絶えず起きていましたが、私にとっては愛おしくもほろ苦い、青春の1ぺージだったあの頃。

迷惑を掛けたにも関わらず、こうして仲間達が集まり、私に声を掛けてくれる事に感謝ですし、同窓会に呼ばれる先生の気持ちを少し理解出来た気がしました。

思い返せば、24歳で起業し無我夢中で走り続け、若さ故の無知や経験の無さが怖いもの知らずの大きなパワーを生み出しました。

やがては小さな渦が周りを巻き込み始め、それが大きな渦となり、結果は起業から僅か4年で上場、5年で377億円の売り上げを挙げていました。

上場当時は28歳。
僕も若かった。そしてみんなも若かった。

若さ故に無防備な感情、愛情が時に人を傷付け、人を癒やし、時に人を熱狂させ、落胆させ、内臓を擦れ合わさんばかりの距離で人間同士がぶつかり合う、本気の日々を過ごしました。

みんなが口にしてくれた
「あなたの元で働けて良かった」という言葉それ以上はもう何も要りませんが、気持ちに応える為にも、直向きに愚直に努力を続けます。

また会う日を楽しみに。

そして、別れがあれば、出会いがあるのが人生。

先週、何者かに成りたいのだと、あの時の僕達のように、心の奥底にマグマのような想いを抱えた若者達4人に出資を決めました。

ある若者は不動産に新たなテクノロジーを持ち込み、レボリューションを起こす為に20時間は働いていると嘯き

ある若者は民泊が市場そのものにイノベーションを起こすのだと、仲間達と気持ちを昂ぶらせ、毎日ガレージのようなビルに通い詰め

ある若者は杉本を超えると言い、起業僅か6ヶ月で50億円の売り上げを挙げ、気勢をあげています。

今日もどこかにあの頃の僕達のような熱い日々がある。今も忘れないあの頃の感動、熱く燃えた日々。

サミュエルウルマンの詩のように、いつまでも熱く心の青春を楽しむ大人でありたいと思います。

{E867AD4D-C468-4B47-92F5-6BEBAE33C819}

{62BF7FD9-A4AB-42F1-B8DF-71D7BDC502CD}





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今回被害に遭われた熊本の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

僕も個人として、会社として物資を届け、寄付をしました。
社員と力を合わせ、さらなる募金活動もしていますが、こんな時に自分に何が出来るのかを考えさせられます。

日本で生きていく限り、一生付きまとうであろう震災の恐怖。

予告も無く訪れる無慈悲な地震という名の悪魔と戦い、打ち克つには、準備を怠らないこと、そして助け合うことしかない。

多くの方が亡くなり、多くの残された方が深い悲しみと絶望に暮れていると思います。

私事で恐縮ですが、実は僕も一昨日、大切な先輩であり、友人だった人を突然失いました。

人生、経営、アート、色々な事を教わり、親子ほど歳の離れた僕を友人のように可愛がってくれました。

今日ばかりは深い悲しみに暮れています。

悲しみに暮れてばかりでも意味は無い。と理性で思っても、なかなか感情の整理はつきません。

しかし、残された我々の人生は続きます。
その刹那に故人へ、熊本へと想いを馳せ、今自分に出来る事をやるしかない。


{F345330C-8806-4737-B2CB-51CAECF3BB80}

彼が直前に納めてくれたアートを眺めていたら、胸に熱いものが込み上げて来ました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み