得手に帆をあげて

~得手に帆をあげて、挑戦します。(株)セイルボート社長の航海日誌。~


                          $得手に帆をあげて


                 http://www.sailboat.co.jp/


テーマ:

毎年恒例の年賀状コメント入れも一段落し、これで2016の仕事納めとなります。

 

それで遅ればせながらのお知らせになりますが、

12月5日に東京本部の事務所を移転しました!!

 

▸場所は新宿

伊勢丹の北側、丸井メンズ館の裏側、花園神社近く、明治通りと靖国通りのクロスした辺り、

と言えば分かる方はお分かりになるでしょうか。

新宿と言っても、商業立地のど真ん中でもないですし、西新宿でもないし、”ちょうど良い感じの新宿”だと思ってます。帰りに、ショッピング!なんてこともできたり(早速しました)、昼夜の食事にも困りませんし(前は少なかった。。)、超気に入っています。

 

最寄り駅は、新宿3丁目駅(E2出口徒歩1分)

若干罠がありまして、E2出口に行くまでに5分かかりますww。新宿三丁目の改札出て正味8分弱でしょうか。

 

本当は渋谷がよかったのですが超高いです。もはや我々のようなベンチャーは渋谷はムリゲーですね。で、超高いを感じるのは、超高い物件を内覧したからではなく、出せる範囲MAXの予算で探しても、涙が出てきそうな、寂しくなるような、みすぼらしくなるような、何のための移転なんだー!、って思う物件しか遭遇できなかった、という体験から超高い、を感じました。

 

▸広さは前事務所の約3倍!(前が狭かった説濃厚)

入る時は狭さを感じなかったのですが、今思うと狭かったですね、はい。

あと、オフィス問題あるあるの(入る時はあまりこの問題を認識してませんでした。)、トイレ問題。1つしかない、しかもフロアー内。女性陣、ご迷惑をおかけしました。。今だから言います、自分も少し辛かったです、、(涙)。あと、別にボロビルではなかったのですが、梅雨時期に雨漏り(ポタポタではなく壁に染みるやつ)が発生したり、この夏には親子の「ゴ○ブリ」君たちが出没したり、、、、夏の暑い時期のフロアーのオイニーに問題でたり、と黄色信号が点滅し始め、ほか諸々の事業戦略をあわせ移転を決定しました。

 

あと、何気に初の接客ルームを完備しました!自分的にはこれが一番嬉しかった!今まではパーテーションに仕切られただけで、全ての会話が丸聞こえ(風通しが良かった、という良い言い方もありますが)、テレアポ取っている人間の声も丸聞こえ、コソコソ話は近くの洒落オツなカッフェにて、みたいな運用だったので。

 

人間にはストレスを感じてしまう”絶対距離”みたいなものがあると思いまして、その距離を互いが侵食しながらみんなやってた感がありました。今広い場所に移って非常に感じるのですが、これはストレスフルで良いことではありませんね。。

あと、狭いので「逃げ場スペースがなかった。」狭い事務所の最大の問題はこれなんじゃないかと思います。社員に逃げ場を与えないと、社内が非常に窮屈に感じてしまう。もちろん本質的にはスペースだけの問題ではないのですが、オフィス設計的な観点では非常に大事ですね。今回、いろいろな会社のオフィスを調べたのですが、「オフィス設計」って、大事だなー、と感じました。

※ハードな見た目の部分に寄った、ウェイウェイ系のオフィス訪問サイトがたくさんありますが、そういものよりソフトの設計に寄ったサイトがもう少しあるべきだなー、と感じました。(流行らないですね。地味で。はい。)

 

 

会社を立ち上げ、新規・移転含め6回やっているんですが、毎回「あーやべー、高いところ借りてしまった。どうしよーー。。」って私はチキンなので思うのですが、今回も「あー、やべー」って思っています。

 

ただ、我々の選択する生き方は、毎回少し大きな洋服を着込み、それに実態を合わせにいくことでいつの間にジャストフィットし、結果成長していく。

そんな在り方で、2017年も迎え撃っていきたいと考えています!

 

みなさま、良いお年を!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨日の11日から15日までのお盆休み期間にかけて、東京などから広島に帰省している人に向けたプログラマーの採用募集CMを流しています。
早速「見たよ!」のお声をいただいたので、こちらのブログで少し補足しようと思います。
タイトルのとおり、私はいわゆる”営業あがり”の非エンジニアです。ですので、若干ものの見る角度が違うかもしれませんが、少々お付き合いください。


まず私たちがTVCMまでして募集している経緯です。

一言で言うと、人がいない、からです。
”取れない”ではなく、”いない”です。いないから、広く、またいるところへリーチしている、ということです。
よく我々のようなスタートアップは、いい人が集まらない、とか言われますが、それは東京のお話だと思っていて、広島においては、そもそも人がいない、です。

実は昨年の年末から年明けにかけて、在広の人材紹介、人材派遣、特定派遣、などのエージェント系への声がけをすべて行いました。恐らく、30社弱は面談並びにコンタクトを取ったと思います。
結果どうだったか。2-3の紹介はありましたが、どの方も我々が望む言語(PHP)ができる方ではなく、無理矢理エージェント会社さんが紹介してきた、といった方でした。
人材紹介会社さんからの紹介が少ないのはあったとしても、30のうち25を占める特定派遣系会社さんを含んでいるにも関わらず、です。

他方、「人が取れない、取れない」と世の中で言われている東京はどうであったか? 即3人採用できました。広島では30社に声をかけ半年間で1人も採用できなかったのに、東京では3社くらいに声をかけ1ヶ月で3人採用できました。

これはうちの会社の魅力とかは一切関係なく(魅力であれば薄まってしまう東京の方が相対的に低い)、”人の数”の問題であると思っています。
では、人はどこにいるか?残念ながら答えは1つで、県外(それもほとんど東京ではないでしょうか)、です。
特定派遣をやっている会社様が口を揃えておっしゃるのですが、これに拍車をかけたのが、リーマンショックだと言われます。大手企業の受託下請け城下町としてたくさんの仕事があったのが、リーマンで一気に引き上げられ、そこで職を失った方が、県外に出るか、あるいは、エンジニアという職をあきらめ、全く違う職種に転換した、とのことでした。それを契機に広島では一気に人がいなくなった、と。
最近ではシャープがあのような形になり、下請け(とはいえ上場会社)会社様が東広島において事実上の大量の雇用カット(まずは配置転換という形)をしているようで、そこに勤めていた方が、弊社にも数名面談でこられました。
これを知って、私は正直悲しくなりました。ある特定の会社が雇用の供給者となっているため、その特定の会社の都合でエンジニアの職が奪われてしまう構造になっていることに。
要するに、雇用の生み出す企業の裾野が極端に薄い構造になっている、ということです。

それに起因して、「人がいないので→人の厚みがでない→人のスキルが上がらない→自社サービスが立ち上げられない・立ち上がらない→立ち上げても広げられない→いつまで経っても下請け城下町→結果何も変わらない」、という負のスパイラルが起こってしまっている、と感じます。正直、これが今の広島をマクロで見たFACTで、さすがにこれはイカンな、と思うわけです。
弊社は足元ではいい人が集まってくれているので、こんなマクロの話は一見関係ないかもしれませんが、中長期で見るとさすがにヤバイよね、と感じてます。
我々以外にも、もっと若いスタートアップの会社がドンドン増えていって、雇用し、人の層に厚みができてくる環境ができれば、全体的なエンジニアの技術UP、企業の成長力UP、につながっていいくと考えています。
私は広島におけるその先駆けとなる会社で在りたい、と考えてます。

そのような中、我々は自社サービスで、自分たちの責任で、キチンと自分たちで立ち、自分たちでサービス設計・開発を行い、マーケットを開拓していっています。
自社サービスにおていは、自ら考え、自ら動き、自ら形作る”自ら駆動できる人”である必要があります。加えて、我々は普通のスピードでそこそこ事業をやっていきましょうというスタンスの会社ではないため、
この要件はかなり必須であり、そういった環境で力を発揮したい、という方には是非エントリーをしていただきたいと思います。
(今までそのような環境で事業を行ったことがないが興味がある、という方も是非エントリーしてください!興味・関心があるからこそ人は成長します!!)


最後に我々の開発部門における在りたい姿です。

冒頭にTVCMまで流した経緯を書かせてもらいましたが、大きく言うと、弊社が広島の開発者の雇用の受け皿となり、開発者の成長のための舞台装置でありたい、ということです。

私がすげーなー、と思っている会社さんに、宮崎県のアラタナ、という会社さんがおられます。ECショップ系の会社さんで働かれている方はご存知の方もおられると思います。
開発者中心に100名以上の雇用を生み出し、1年くらい前にZOZOTOWNを運営しているST社のグループになられ、新たなことにチャレンジしている会社さんです。
宮崎という広島より田舎にも関わらず(すみません。。)、凄いですよね。前職で一緒だった方が管理部門を統括されているのでお話を聞いても、”宮崎”という場所に強いこだわりをもたれているのがよくわかりました。
宮崎県でできて広島県でできない理由を私には見出せません。私はこんな組織に必ずしたい!と思っています。

そのためには、今いるメンバーの開発レベルをもっともっと上げていかないといけないでしょうし、新しいことにチャレンジできる体制も整えていかないといけないですし、まだまだやるべき”白地”はたっぷりありますww。
なので、みなさんのお力をお借りし、イケテル開発者集団に近づいてければと思います!

というわけで、全半部分がかなりボリューミーになりましたが、プログラマーのみなさん、是非お話をさせてください!

エントリーはこちらから。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
超ひさしぶりの更新。

本日39歳となりました。(みなさまお祝いのお言葉ありがとうございます。)

会社もはや6期目と、もはや年齢も会社も若くはない年となり、
私の人生も次のフェーズへ入りはじめたと感じる今日この頃です。

事業領域においては、

 ・Real Estate Tech
 ・シェアリングエコノミー
 ・C2C
 ・Iot
 

など、レガシーと呼ばれる不動産領域にもこれらのTech系ワードが染み込んでくる兆しがでており、何かしらの地殻変動がおきつつある、そんな感じでしょうか。


幸にもこの6年、事業熱は冷めるどころか更に熱中し、もっと深く・もっと広く・そしてもっと前を見続けており、我々は、我々のやり方でこの産業を更によりよくしていきたいと考えています。
応援の程、よろしくお願い致します!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS:最近のヒットワード
三井物産の人事担当者さんのお言葉です。さすが商社マン。言葉の上滑りがなくズシリ、とくるワード。
修羅場と土壇場は会社としてはできるだけ迎えたくないのですが、、、、「正念場」のこの1年はドライブをかけてやっていきたいと思います。


伸びるのは、「修羅場」・「土壇場」・「正念場」経験者

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、憂鬱です。

が、残念ながら久々なんですよね、憂鬱なのが。 と、いうことに気付いてしまいました。

数年前とかと比較して思うんですけど、こういうのを何回もクリアしてたんですよね。
で、成長できたんだな、と思うわけです。

だめだ、だめだ、ここ1年は特にメンバーの頑張りにあぐらをかいてしまい、
憂鬱の回数が少なすぎたことに、超反省している自分でした。
自分自身単品で、スピード感もって攻めきらないと。


「憂鬱でなければ、仕事じゃない」

しかしながら、超名言であり、超事実ですね。

wellcome!前のめりな憂鬱!!


憂鬱でなければ、仕事じゃない/講談社

¥1,404
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日のこのリリースは、非常に興味深い取り組みだなー、と業界まわりで仕事をしている身として、久々に雑感を。 ※立場によって様々なご意見があると思いますが。


一言で言うと、うーむ、さすが!、と思いました。

①お金

資本金8億で設立され、鳴り物入りで業界に切り込んできたソニー不動産。

今回の出資で、ソニーの追加10億、ヤフーの新規投資18億。累計でこの不動産仲介マーケットに35億ぶち込むことになります。

35億。もうこれは大人の戦い方ですね。昨今この売買不動産マーケに、ITで無店舗、ITでC2C、みたいなモデルで入ってきている会社さんがおられますが、いきなり大人が割り込んで来ました、みたいな。

で、この35億という金額ですが、マーケット的にはこれくらい投資してやっと針が触れるかな、といったレベル感ではないでしょうか。2社がこれを認識しているからこそここまでぶち込んできたのであって、逆に言うと、これくらい突っ込まなければマーケットを揺さぶる(このレベルでも取る、というレベルでもないと思います。)ことはできない、と。

ってか、ソニー不動産さんって、まだ設立1年なんですよね。
1年で3億赤字、とかいってますけど、それなりに投資しスタートしてこの業績でよく着地されたなー、と思います。さすが。

②実現可能性

個人的にこの「不動産売買×C2C領域」は、あらゆるマーケットの中で最難関マーケだと思っています。

理由は、「非日常・商流が複雑・裾野が広い」この3つだと思っているのですが、
難しい理由は置いときまして、要は、カスタマ最適化が起きにくい(起きる必要性がない)、
攻略する上では非常に難易度の高いマーケットだと思ってます。

ヤフーという「メディアのマッチング力」と、ソニーの「実務遂行力による安心感」がセットになれば、これまた実現可能性がグッとあがりますね。片手落ちでは無理なんでしょうね。

ちなみに唯一の上場仲介大手の住友不動産販売さんの今日の株価は影響なく終了。

③ポジショニング

ソニー、ヤフーならではの素晴らしい打ち手。打ち手が綺麗。

ソニーさんは、自社集客によるマッチング(片手仲介)を放棄した、放棄しても潜在的なC2Cマーケを掘り起こすほうが、収益はデカイ、と。
双方代理を否定しているソニーさんであるからこそできた決断ではありますが、そこから更にもう1歩踏み込んで、片手仲介さえも放棄した、とも取れます。
そろばんはしっかりはじいているとは思いますが、カスタマ目線のしっかりしたロマンも感じます。
大事ですね、”そろばん”と”ロマン”。

ヤフーさんからすれば、メディア企業でありながら自社で直接顧客を捕まえていないので、自社顧客を否定する特定会社との協業モデルに突っ込むことが出来る、と。
今回は”流通革命”としか言われてないので、本丸の”不動産革命”、期待しております。

いづれにしても、この2社だからこその打ち手ではないでしょうか。
奇跡的に、”信用力ある大手で”、”余計なアセットない”会社同士のタイミングが合い、
将来だけ見据えたお見合いできた、みたいな。

ただ、個人的にはこのディールが、ほか不動産ポータル会社に全くいってなかったのかなー?いっててもR社は無くてN社はあったのかなー、と勝手に邪推しております。。

⑤C2Cプラットフォーム

不動産流通のB2BプラットフォームにREINSがあります。

今回の取り組みの未来は完全にそこをカットする、民間版REINSを創りあげる、という思想にもなりますね。最適化されていない、統制の取れないREINSというプラットフォームがルールの中心である限り、自分達でマーケットメイクできない、であれば自分達で違うマーケットを創出してやろう、と。
これは一部机上の理論も入っており、一足飛びには実現し辛いですが、
これが達成されるととどうなるのか。
本当の意味で、不動産会社さんが今後カスタマに対してどう在らなければいけないかということを突きつけられる、ということではないでしょうか。


”ひとんち”(人の家)の話ではありますが、
いづれにしても、非常に刺激を受けた、マーケットにとっても良い事例!、と思いました。

---------------------------------------------------------------------------//

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。