【療育なんかいらない?!】


シュガーのりさんの本が発売され、講演会に行って来ました。


シュガーのりさんが自分の息子さんのために
放課後等児童デイサービスアイムを立ち上げたことは、我が家のポストにチラシが入っていたので知っていました。
その時に、すごいなぁって心が動かされたのを覚えています。

今年、デイサービスをもう一つ立ち上げるのに、ナースを探しており、浜田悦子さん(えっちゃん)の紹介でシュガーのりさんとは何度かお話させていただきました。
結局、私が起業するつもりでいて、フルタイムで働く意思がなかったので、別の方に決まりましたが。

{B321F284-C1CD-45EF-A296-D0A3690F74A7}
(右がのりさん、左は役員の河野さん)

今だからこそ、のりさんがお話されることは理解できますが、療育をしっかりやっていた数年前だったら、のりさんにコップの中の水をかけたくなるくらい(笑)嫌悪感を抱いていたかもしれません。


だってのりさんの話ってざっくり言うと

『療育は無駄』

ということなんですもん。

(のりさん自身も療育が進んでいるアメリカに移住して息子さんの療育をしていた経験があるので説得力はあります。なんの療育をさせるかではなく、誰からセラピーを受けるかが大切ともおっしゃってました)

あの頃の私だったら、
全否定されたーって感じただろうなーって。

そんな話を初めて会った時に堂々とすることにも驚きましたが(療育を否定すると、なんか色々な人を敵に回しそうで 笑)、まさか本まで出すとは、、、。

いや、のりさんさすがっす!

{0176E9F8-4A14-4897-B1F0-AC15AF37166E}


ちなみに一番の療育は
『お母さんがきれいでニコニコしてること』だそうです。

だからのりさんのデイサービスで働くには、最低限の美貌が必要なんだとか。
子どもたちはきれいなお姉さんが好きだから。

なんか、すごくわかる気がする。

って面談の時にうなずいたら
『花岡さんはね、、まぁ、、合格』
(まぁって何よ、まぁって、、、)



話はそれましたが、

子どものために療育頑張ってるお母さん、
ぜひ本を読んでみてくださいね。
目からウロコが落ちるかもしれません。
嫌悪感を抱くかもしれません(笑)

ちなみに私は療育全部が無駄とは思ってません。いらないとも思ってません。

でもね、あ、そんな考えもあるんだなーって選択肢が広がるとラクになりますよ。

{81A08F6E-39A4-4FB0-BAE8-104E7C2D84B3}

発達障害児は十人十色。
発達障害児に合う療育も十人十色。

だと思う。

hanaをなんとかひとつの方法で変えようと思っていた頃はやっぱりシンドかったもん。

色々な療育や考え方があっていいんですよねウインク


リブログ(1)

  • 最近の子育て論って。

    (連投です)こんな感じの多いよね。子供をどうこうするより、お母さんが笑顔でいること、みたいな。今、食事作りなどで義母に頼れてラクになって気持ちに余裕が出てきたというのに(前述のように、キッチンの主導権握るのが価値観の違う旦那ではなくなったことも大きい)、5歳息子が、「おばあちゃんよりお母さんにご飯作…

    MaRiN

    2016-11-04 23:14:24

リブログ一覧を見る

コメント(4)