サラっと書くつもりでしたがいざ書き始めると

別けてしまわないといけないほどダラダラと書いてしまいます。


マメにもうちょっと頻繁に書けばいいのにと自分でも反省しています。






飛んでくる爆竹と若者達がぶち撒けるスパークリングワインに注意しながら

カウントダウンをミラノのドゥオーモ前でHさんと二人で静かに迎えました。


ここ数年、年末年始は京都で静かに過ごしていたので

ギャップの大きさに若干ひいていました。

ほんと一人じゃなくてよかったです。






こうして無事新年を迎える事ができたわけですが

ここからハードな移動の日々が始まりました。




元日は寝て起きての繰り返しで宿から一歩も外に出ませんでした。

翌日の移動が早朝からだったので。


1月2日 AM6:00 ミラノの宿を出発

1月3日 PM0:00 クロアチア・ドブロヴニクの宿に到着。


久しぶりの長時間移動で疲れました。

飛行機なら2時間ほどなのですがやはり貧乏バックパッカーなので

地下鉄×1+電車×2+バス×3(1回は故障の為乗り換え)=30時間。




ドブログニクは旅で出会った何人もの人がめちゃめちゃいいトコだと言っていたので

行ければ行きたいなと思っていたのですが、行こうと思ったきっかけは

PCに『地球の歩き方 中欧』のデータがあるのを見つけたからです。


年末の30日にこのデータを見つけ、急遽中欧を旅する事にしました。

僕の旅はずっとこんな感じです。




話しがそれましたがドブロヴニクは綺麗な町でした。


(仮)けいじにいさんのぶろぐ



こじんまりとした旧市街はオレンジ色の屋根で統一され、可愛らしかったです。

ジブリ作品の『魔女の宅急便』『紅の豚』のモデルになった町だとかで

日本人にも人気の町だそうです。


けど期待が大きすぎたのか聞いていたほどでは・・・という感じでした。

比べるのも何ですが、個人的にはベルンの旧市街には勝てないなと。

やはりあそこは最強です。




ドブロヴニクではベトナムで会って以来ずっとお互いのブログをチェックしたり

(僕のはチェックするのやめはったと思いますが…)

facebookでやり取りを続けていた“ナルさん&アヤコさん”という

新婚旅行で世界一周されている、とてもナイスなご夫婦と再会する事ができました。


似たようなルートを旅してるので同じ場所に行って同じような事を経験してたりするので

話題に事欠かず話しがとても楽しかったです。

たった一日の、数時間の再会でしたが本当に楽しい時間を過ごす事ができました。

旅人同士の再会っていいものです♪


ナルさん&アヤコさんのブログ

『SMILE JOURNEY』






ドブロヴニクからボスニア・ヘルツェゴビナを超えてセルビアのベオグラードに向かいました。


(仮)けいじにいさんのぶろぐ



おそらくボスニア・ヘルツェゴビナからだと思いますが

久しぶりに綺麗な夕日が見れました♪


またしても直行便が無かったので途中モスタルという山手の町で乗り継ぎ。

4時間ほどあったので少し待ち歩きしようかなと思ったのですが

極寒&どえらい強風で、バスターミナルで無駄にカフェオレを飲んでいました。






(仮)けいじにいさんのぶろぐ



セルビア・ベオグラードの町のど真ん中にあった、1999年のNATO軍による

空爆により破壊された建物。


クロアチア、ボスニア・・・、セルビア、いずれも旧ユーゴスラビアなのですが

それぞれが全然違う感じで驚きました。

できればそれぞれをゆっくり時間をかけて周りたかったです。


ベオグラードはとてもいい町でした。

クラブやライブハウスなど、Night lifeはヨーロッパ屈指の町だそうです。

そいうえば若い女性はとてもオシャレでした。





ベオグラードからルーマニアのブカレストに。


この列車移動はこの旅で最も過酷なものとなりました。

個室だったのですが、すき間風がビュービュー入ってくるし

乗降するドアは2個とも壊れて全開で外気温と列車内の気温はほぼ同じ。

上は6枚ほど着込んだので大丈夫でしたが下はズボンを重ね履きしたうえに

インド&モロッコで買った布を巻いていたのにガタガタ震えてきて眠れない。

寒さには強いのですがあの時はマイナス5℃以下だったと思います。

旅に出て初めて死を意識しました。


ブカレストに着いて即効で上下防寒用の服を買いました。




話しがそれましたが・・・・・


(仮)けいじにいさんのぶろぐ



これは共産党時代の独裁者チャウシェスク元大統領が作らせた

“国民の館”と呼ばれる己のための宮殿です。

未完成のうちに革命が起こり、彼は投獄されたのですが

これは世界中の建造物の中でアメリカのペンタゴンに次ぐ2番目の大きさだそうです。


20年以上も前に革命が起こり、近年EUにも加盟し

どんどん民主化していますが共産主義国家だった頃の面影は至る所に感じました。


今まで見たヨーロッパの町の中で断トツに車が多く走っているのですが

それを感じさせないほど道路が広くて。あと巨大建造物も多かったです。


そして意外なのですが女性の綺麗さが今まででNo.1でした!






ブカレストからハンガリーのブダペストに。


(仮)けいじにいさんのぶろぐ



くさり橋&王宮。


この辺りになると西に向かってなんとなく旅してる感じでした。

ハンガリーは温泉大国だとは知っていたので温泉は楽しみでした♪


ブダペストはもの凄く寒かったので一度しか入りませんでしたが

硫黄の香りがほんのりする極上の温泉でした。


日曜だったので水着着用&混浴で、あちこちに金髪のセクシーなお姉さんがいて

少し変な感じがしました。

やっぱ温泉はまっ裸じゃないと。


久しぶりに日本人宿に泊まりましたがあまり居心地が良いとは・・・・・

ハンガリー在住〇年とかの日本人たちが集い、旅人は僕ひとりで

全員顔見知りなのでその輪の中に入るに入れず大人しくしていました。






ブダペストの次はチェコのプラハに。


(仮)けいじにいさんのぶろぐ



プラハはいいと聞いていましたが予想以上に良かったです。

めちゃめちゃ気に入りました。

個人的なオススメ度は相当高いです!!

町はそんなに大きくないけど見所が多く

しかも全体的な雰囲気が素晴らしく良くって。

特に女性にオススメしたいです。





プラハから日帰りでチェスキー・クルムロフという町に行きました。


(仮)けいじにいさんのぶろぐ



世界で最も美しい町のひとつと言われているだけあって

とても綺麗で素晴らしい町でした。

冬なので多少寂しげな雰囲気がしていましたが

夏場なんて相当いいと思われます。




チェコ、レベル高しです!!






そして10日前の1月20日にドイツのベルリンにやってきました。


(仮)けいじにいさんのぶろぐ



ベルリンは僕のドストライクです。

すぐにこの町に住んでみたいと思った程です。

うまく表現できないんですが、なんか町全体が自由で明るいんですよね。


ベルリンの壁といった冷戦時代を象徴するものも残ってたり

ユダヤ人虐殺の記念碑や戦争時代のものを展示する

博物館も多くありいろいろ考えさせられたりもしますし

現代アートのメッカだけあって町を歩けばアーティストさんのアトリエや

ギャラリーやハイセンスな雑貨屋さんをいくつも見かけます。






年明けから駆け足で6カ国旅してきましたがやはり移動は疲れました。

それにある程度居ないとその町の事がわからないので

ベルリンではゆっくり過ごそうと思います。




今後の予定がある程度決まったので先に報告しておきます。

2月 1日 ベルリンからパリに移動 (バス 12時間ほど)

2月 9日 パリよりバルセロナに移動 (飛行機 2時間ほど)

2月16日 バルセロナよりペルーのリマに移動 (もちろん飛行機 長時間)



いよいよ南米、最大の目的地アルゼンチンが近づいてきました。


これからも気を抜かずあらゆる事に気をつけて

旅を続けます。

AD