……日光ミステリーツアー①から続く

 

差し支えない範囲で、9/13現地レポを。

 

家康公の墓とされる宝塔には、何のエネルギーも感じませんでした。

空き家のような、

カラ~ンとしたからっぽ感笑い泣き

 

が、その上空、樹木のてっぺんあたりに何かいる。

さかんにこちらをチロチロうかがっている様子。

狐? 天狗? それに類する神獣の気配猫

自宅に訪れた来客を、小さい子供が「誰が来たん?」と襖の陰からのぞいてるような無邪気な感じ。

 

このあたりからツアーメンバーのひとり、ライフコンサルタント田村洋子ちゃんとシンクロが始まる。

「いるよね?」「うん、あそこ」「そう、あの霧の濃いあたり。動物でいうと、なんだろう?」「う~ん、近いのはオコジョかな」オッドアイ猫

 

「エネルギーポイントは、ここよりあっちじゃない?」「うん、この右下のあたり」

「行ってみよう!」

ご神気に導かれてたどりついた先にあったのは……巨大なご神木!

ああ~すばらしいパワー。

ご神気浴でリフレッシュキラキラ

 

家康公からのメッセージは、まだ分からない。

この日光もうでをふまえた上で、来週の龍城神社(愛知)by「第1回龍神ツアー」ではっきりするだろう。

 

次に立ち寄った五重塔で謎の頭痛が!

第6チャクラを中心に、締め付けられるような痛み滝汗

でも五重塔を出ると、すぐにおさまる。

なんだろ?求心力の強い場であることは確か。

 

 

この日、分かったことの羅列でーす!

 

◆家康公は御祖(みおや)に選ばれた人でした。

陽明門の前で空を仰ぐと、北極星→妙見菩薩→日本神界へと意識が飛んでいく……

 

◆↓薬師堂「鳴き龍」に呼ばれてここまで来ました。

 

 

先日、自宅で龍神祝詞をあげているときに現れて、

「おやぁ~?お前は誰だ?」

しげしげと私の顔をのぞかれたのでした。

 

↓ツアー前日9/12 FBシェア写真(佐藤仁さん撮影)

この写真を9/13ツアー出発前に参加者に見せたら、超絶ウケる。庭ちゃんからスクショおねだりドキドキ その数時間後、日光の↑鳴き龍を見て、全員「ひー!同じやん!!」ポーン

 

ちなみにグレーの龍とご神木は、同じ波動です。

鳴き龍さんのメッセージは超クリアニコニコ

 

手を打てば龍は鳴き、為さねば沈黙

自らの意思を持って自らの命を生きよ、

その背は吾が全力で押してやる、と。

鳴き龍、ナイスガイ!グッ

 

そして一行は、二荒山神社へ。

日光ミステリーツアー③続く……

AD