2013年02月04日

Path of Exile ファーストインプレ

テーマ:Path of Exile
昨年前半はなんだかんだで「Diablo3」の年だったが、今年期待のハック&スラッシュといえばこの「Path of Exile」だろう。

PoE_01

いわゆるF2P(Free to Play)、基本無料プレイができるゲームということで早速プレイしてみた。
ただいまオープンβ稼働中で誰でも参加できる。以下公式サイトにメンバー登録すればOK。

Path of Exile公式サイト

今回の記事は、基本情報から雑感まで色々書いてて長いのでご了承くださいませ。
また、自分の理解不足等で間違ってる情報もあるかもなので、その際は突っ込みいれていただければ幸いです。

さすがに長いので折りたたみにした。興味ある方は是非ご覧くださいませ。



PoE_02

自分の分身となるキャラクターは全6クラス。まずは見たまんま力押しの「Marauder」。

PoE_03

大抵のゲームで中途半端なポジションになりがちな聖騎士さま(偏見)「Templar」。

PoE_04

アサシン的な感じか「Shadow」。

PoE_05

ファンタジーものにはかかせない「Ranger」。

PoE_06

場違い感が半端ない「Duelist」。ワタクシの初回プレイはこいつにした。

PoE_07

魔法使いの定番「Witch」。以上のクラスから選ぶことになる。尚、Diablo3みたく性別は選択できず固定。
お馴染み一発勝負のハードコアモードも搭載しているので、自信のある方は是非どうぞ。

PoE_08

基本的はDialbo等のハクスラとなんら変わりはない。やることはクリッククリック!である。
Diablo3のようなスタイリッシュさはなく、ややもっさり気味で「Titan Quest」に近い印象を受けた。モンスターも全般的に地味目だが、造形や書き込みは結構ステキで、適度なグロさ加減が個人的に好み。

PoE_09

キャラクターのステータスはシンプルで、基本的に「Strength・Intelligence・Dexterity」の3つしかない。
ただ、2Strength=1Lifeや、5Strength=Melee Damageなどと派生しているので中々考えられている。

PoE_10

「Path of Exile」が話題作となった要因とも言えるパッシブツリー画面。
1レベル上がる毎にもらえるポイントを消費し、パッシブ要素(ステータスアップやパッシブスキル等)をアンロックしてキャラクターを育てていく。え?なにが話題になったのかって??
それはね・・・

PoE_11

ツリーがこんなにでっかいからさっ!
なんと全てのクラスのパッシブ要素がこの1つのツリーとなっているのだ。
要は全てのクラスは同じパッシブを取得でき、極端な話、WitchもStr上げまくれば近接キャラになれるということ。
ただし、ツリーの開始位置はクラス毎に異なっていて、そのクラスに合ったパッシブ要素が多いので、前述のようなWitchを作ろうとしても無駄が多くなってしまうんだけどね。
ちなみにレアなアイテムを使用することで振り直しもできる。

PoE_12

ツリーではパッシブ要素しかアップできない。じゃあアクティブスキルはどーすんの?
てことで本作では「Gem」というシステムを導入している。
全ての装備(一部を除く)には「ソケット」という穴が空いており、ここにアクティブスキルが記憶されたGemをはめ込むことで、初めてそのスキルを使用することができるのだ。

Gemの色と同じ色のソケットにしかはめられないが、Gem自体はいつでも何度でも取り外しができるので気楽に付けられる。
画像では「Cleave」という前方に衝撃波を出すGemを剣にはめ込んでいる。
この辺は「Sacred2」のルーンに似ている感じ。あちらは取り外しはできないが。

PoE_13

Gemはお店でも売られていない。主にクエストをクリアすることで手に入る。
いくつかのGemを選ばせてくれるので、自分に有用なものを選ぼう。もちろん他クラスのももらえる。
ただ、Gemスキルを使用するために必要なステータスを満たしていないと、装着しても使えないので注意。

PoE_14

それ以外にも敵からのドロップでも手に入ったり。画面のグリーンのがそれ。
とは言っても完全にランダムなため、自分のクラスで有用なものを手に入れようとするとかなりの時間と労力が必要そう。
自分も近接系が全く出ずに涙目。フレとかとやりとりすると良いかもしれない。

また、Gem自体にもそれぞれレベルが存在し、レベルが上がると当然性能も良くなっていく。

PoE_15

また、面白いアイデアとして「Gemリンク」というものがある。
画像の両手斧のように線でつながったソケット同士はリンクしており、「Support Gem」というGemを繋げてやることでアクティブGemにSupport Gemの効果を付随させることができるのだ。

画像だと「Sweep」という自分の周り360度を攻撃するスキルに、ヒット毎にHPを回復するSupport Gemをリンクさせている。
これにより、Sweepでなぎ払うと同時に敵からHPを吸収して回復する、というスキルが使えるようになるワケだ。
組み合わせるSupport Gemの種類によって、様々なスキル構成が想像でき、非常に楽しいシステムとなっている。

PoE_16

ヒット回復Gemを付けたスキルでぶんぶん振り回すだけでもりもり回復できる。
自分で考えた組み合わせの効果が実感できると非常に面白い。
このゲームは効果音が良くできており、重みのあるヒット感が心地よく、範囲攻撃で大量の敵をなぎ倒すと爽快だ。

PoE_17

ポーションシステムも若干変わっていて、5つのスロットに回復瓶をセットしておく必要がある。
瓶には「体力回復、マナ回復、ハイブリッド(体力とマナ)」等があり、どれをいくつセットするかは各人のお好み。
1つの瓶で2~3回ほど回復でき、セットしている瓶は敵を倒すとチャージされていく。

瓶にも様々な効果が付いているものがあり、レアなものは当然いい効果が付いている。
このゲームもポーションガブ飲み系なのだが、いちいちポーションをお店で大量買いしておく必要が無く、貴重なアイテムスロットを埋めることもないので、このシステムは良いアイデアだと思う。瓶自体もトレハン対象となってるし。


PoE_18

続いて街について少しばかりご紹介。
Path of Exileの世界は複数のエリアで構成されており、Act毎に1つの大きな街を拠点として他のエリアを攻略していくことになる。
基本的にはDiablo3と同様だが、こちらはシームレスではなくロードを挟んで独立している。

街はいわゆる「ロビー」となっており、他のPC達との交流の場ともなっている。
最初に訪れる街に入った途端、わらわらと動き回る他PCを見てうれしくなった人も多いだろう。
今が旬のゲームなだけに人も多くそれだけで楽しく見える。

PoE_19

街にある掲示板には他PCによるパーティ募集の書き込みが多数見られた。
今回はマルチプレイをしていないので詳細は不明だが、そのうち試してみたいと思う。

PoE_20

NPCからクエストを受けるのも勿論のこと、自分専用のStashも備え付けられており、不要なものをどしどし放り込んでおける。
12×12マスの144個。これが4ページ分あるのでトータル576個のアイテムを保管できる。
一見多そうだが、武器や鎧等は1つで5~6マス使うため、これでも決して多いとは言えないかもしれない。

尚、このStashは公式に課金することで拡張したり独自タブを作れるようになったりする。
ついでに課金要素について話しておくと、このゲームでは容姿グラフィック、エフェクト、ペット、Stashなどといった直接ゲームの内容に影響を及ぼさない部分の課金アイテムを購入することができる。

ペットの中にはでっかいカマドウマなど、「なんでこれをペットに選んだしっ!」というものもあるが、基本無料プレイなので、ゲームが気に入った方はお礼の意味を込めて何か買ってあげるのもいいかも。カマドウマは無理だけど!

Path of Exile公式サイトの課金アイテム一覧ページ

PoE_21

タウンポータルももちろんある。
下のクエストアイコンを選択すると、該当エリアが目立つようになっているので分かりやすい。

PoE_24

未鑑定アイテムを識別するために、別途鑑定スクロールが必要なのはDiablo2ライク。
このスクロール自体(タウンポータルのも)複数のスクロール紙片を集めて初めて1つの鑑定スクロールになるなど中々のこだわり。
もちろん鑑定スクロール自体もドロップする。
明らかに関係なさげなアイテムは鑑定しないようにしないと、スクロールがいくつあっても足りないのだ。

PoE_23

Actの最後には強力なボスが待ち受けている。
今のところ、目立ったデスペナルティは無い(?)ようで、与えたダメージもそのままとなっていることもあり、ゾンビアタックでなんとかなってしまう事も多いのはちょっと残念。ソロとしてはありがたいけど。。。

そんなこんなで、6~7時間ほどかけAct1をクリアするところまでプレイした「Path of Exile」。
プレイ前の地味な印象は変わらないが、予想以上にシステム(特にGem)がよく練られていて面白いと感じた。
グラフィックも十分なレベルで、装備品などのグラフィックも特徴を捉えており見た目も楽しい。
打撃音やスキル時のSEも素晴らしく、操作感が非常にいいのも好印象。エフェクトも地味だがキレイ。

気になった点としては、
・もう少し引きのカメラが欲しい
・与(被)ダメージを数字で表示して欲しい
・マップが見づらい
・敵の体力バーが欲しい(オプション)
ぐらいだろうか。
現状がオープンβということを考えればかなり出来がよい部類だと思う。

正式リリースがまだ決まっていない本作だが、これからの調整次第でもっと快適に楽しいゲームになりそうなポテンシャルを秘めている作品だと感じた。今後に期待大である。


PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード