おちょくり作戦です。

テーマ:
みなさんは「パチンコの公平性」というモノをどこまで信用しているだろうか?
 
 
こんなこと20年前だと疑いもしなかった事だけど、ここ数年でパチ・スロは大きく進化した。
 
ぱちんこ「AKB48」で有名になったRTC機能(特定の時間になると同機種が一斉に曲などを流す機能)や「海物語」で特定の日になるとマリンちゃんの衣装が変わったりすることを考えると、予めプログラムさえしておけば何でも出来ちゃうんじゃないか?と思ってしまう。
 
例えば「時限装置」
 
台をリリース時には必ず「全遊興」だか「全日連」だか知らないけど、特定の機関でその台が決められた数値以内の動きをするかどうかの検査を受けなければいけない。
 
これに受からないと全国のホールに台を売ることすら出来ないワケだけど、ここをちょぃちょぃといじって、検査の時にはスペック通りの確率で抽選を受けるけど、一定の時間が過ぎると「大当たり確率や確変確率を変化」させることだって出来そうな気がするんだよね・・・
 
あとは曜日や時間帯によって大当たり確率が変化したりとか・・・ね。
 
こんな話、昔は鼻で笑ってたんだけど、ここ最近の機種って「確率の偏り」って言葉だけじゃ納得できない動きをすることが多くなってきたと思うんだよね。
 
 
ちなみにるーくさんの中で納得出来ない事象と言えば・・・
 
パチンコ「クィーンズブレイド2」(ミドル)で、ヘソからの確変確率50%を一度たりとも引けなかった事だね。
 
これは日記でも散々書いてきてるけど、初当たりを20数回引いて一度もSTの方の50%を引いた事がないんだ!!
 
まぁ、有り得ない事じゃないんだけど、ちょっと納得は出来ないよね・・・
 
 
あとはスロットの「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」のチャンスゾーン(CZ)である「パンツァーチャレンジ」のあんこうチームのヤツ。
 
80%継続を4ゲームクリアすればチャレンジ成功となりATに入るんだけど、この前の実践では9回連続失敗という偉業を成し遂げた。
 
パチンコで言うと、確変確率80%の機種で初当たりを9回も引いたのに一度も4連以上しなかったって事だ。
 
普通のパチンカーなら心が折れる展開でしょ?
 
 
一応、その時のことを詳しく書くと・・・
 
0Gから打ち始め、253Gで「教官鬼ごっこ」から当たり。
これが2連。
 
その後、早い段階でCZ(ガルパンチャレンジ)に入り、その時に「あんこうチーム」で失敗したのが悔しくて、以後『当たるまであんこうで行く(`・ω・´)』と思ったのが運の尽きだった・・・
 
それから4度のガルパンチャレンジに入るも(当然、あんこうチームで挑戦)ことごとく失敗をし、天井の1280Gに辿り着いてしまった。(ここまでで計5回失敗)
 
これが3連。
 
余談だが、天井到達しても4連以上した記憶がないんだけど、本当にATレベルは優遇されているんだろうか??
 
・・・まぁ、CZの一つである「サバイバルウォー」でアンツィオやサンダースで勝っても2連とかよくあるんでATレベルなんて、るーくさんには関係ない気もするけどね。
 
 
で、まだ打ち続けた結果。
 
2連続で天井・・・また1280Gまで逝ったんだけど、それまでに引いたCZが4回。
全てあんこうチームでチャレンジして失敗した。
 
今度は2連。
 
今までだってあんこうチームでの成功率って決して高くはなかった、いゃ、どちらかというと苦手に思っているくらいだったけど、この時はさすがに無理だと思った。
 
CZでは当たらない、AT中もベルを引いてもこちらの攻撃は当たらないのに、3枚約を引いた時には確実に向こうの攻撃になり撃破される・・・
 
本当に全てのことが『ちゃんと確率通りに抽選してますかー?』と聞きたくなるような実践内容だった。
 
 
ま、そういう理不尽なことも含め「パチンコ」として楽しんでいるし、だからこそ上手くいった時が気持ち良かったりするんだけどね(;^ω^)
 
ホント、パチンコって確率的に「あり得ないこと」が頻繁に起こるよね。
AD

コメント(8)