8/6『マジック教室(オリジナルターベルコース・レッスン38)』終了しました。

オリエンタル特集第2弾です。前回よりも高度で一風変わった演目が登場しました。

1.JAP-O-TIE(ジャップ・オー・タイ)
 ジャップの文字がありますが、日本式ではなくターベル自身の考案によるものです。現象はレッスン11でも学びましたが、サムタイです。しかしやり方が違います。ターベルコース第四巻では『ターベルの中国風サムタイ』とタイトルも変わってしまっています。正直ターベルコースで読んだときには演じる気が起きませんでした。従来のサムタイの方が優れていると思ったからです。しかし今まで地道にターベルシステムを学んでくるとこのターベルのサムタイの素晴らしさに気がつかせてくれます。今後このサムタイは私にとっても重要な演目になるでしょう。

2.THE MYSTIC SMOKE(ミスティック・スモーク)
 現象はかのフレッド・カップスが得意としていたスモークグラスそのもので、原理も同一のものです。すでにこの頃からあったかと思います。素晴らしい現象です。しかもこれをオリエンタルマジックとして演じていたところが面白いと思います。この演目はターベルコースとして編集した際にはカットされてしまった幻の演目です。理由として考えられるのは、劇薬が使われるからでしょう。安全面に問題があると判断したのかもしれません。あるいは戦時中のことですからこの劇薬が入手できなくなったから、ということかもしれません。しかしタバコの煙というテーマは本当に美しい現象なのですが、現代の火気事情はこれらのマジックを滅ぼしてしまいました。

3.THE CHINESE STICKS(チャイニーズ・スティック)
 この時代ターベル社によって販売していたようです。またターベルだけではなく様々なマジシャンたちが愛用していました。ハサミ等で紐を切るという演出は素晴らしいと思いましたが、それ以上に舞台に少年と少女を上げて演じるという点で驚きました。小さな道具であっても大きく面白く見せられるお手本のような演目です。

4.THE MYSTIC KNOTS(ミスティック・ノット)
 結び目がたくさん出きるという現象ですが、これもオリエンタル現象の範疇だったようです。ツボの中に入れてそれを取り出すとたくさんの結び目が出現する、という演出になっています。

5.THE CLIMBING BALLS(クライミングボール)
 インド発祥の演目のようです。 しかしこれが果たしてマジックなのでしょうか? 実際に製作してみましたがよくわかりません。ある種の力学的な現象です。マジックというよりは曲芸でしょうか。演じるのはとても難しく、技術面だけではなく、場所や道具の問題があります。もし演じるのであれば、課題がたくさんあります。しかし演じる必要がないと思います。ターベルがなぜこれを選んだのかは謎です。

6.THE DISAPPEARING GRAIN(消える穀物)
 今回演じていて最も楽しかった現象です。みんなびっくりします。びっくりすることに驚きました。日本の古典奇術として欧米でも認められています。素晴らしい原理が使われています。製作するのに手間がかかりますが、その労力はきっと報われるでしょう。

7.THE HINDU JAR OF GRAIN(インドの穀物の壺)
 苦労しました。何が苦労したかといえば、壺を探すということです。この演目に適した壺を見つけるのは現代においては至難の業でしょう。陶芸などでそれに適した壺を作るしかないのかもしれません。私自身は花瓶で代用しました。演じるためにはとても苦労しました。がしかし、それほどウケる演目ではありませんでした。使用される原理を覚えておくだけで充分かと思います。

8.THE PRODUCTIVE JAPANESE LANTERN(日本式ランタン出現箱)
 日本風のランタン箱です。ここで使われている原理はレッスン25で学んだウサギの出現箱です。その出現箱を東洋風にすることでオリエンタルマジックになるということを教えてくれるのです。しかし、現象そのものは、1876年のホフマン教授『モダンマジック』に書かれている日本のマジシャンが演じていた形と類似しています。箱から提灯を数個出現させるのです。どちらも小田原提灯をマジックの出現用に製作することが書かれています。今後の研究課題の一つでしょう。

 次回は9月3日(日)にレッスン39を行います。続ハンカチ特集です。今回を今まで以上のシルクマジックが登場します。ハンクボール、変色ハンカチ、ブレンドシルク、20世紀シルク等です。
 可能であればシルクをご持参ください。30cmもしくは45cm角のシルクを複数枚使います。ない方には販売もいたします。
 初心者の方から上級者の方々まで全てのマジシャンにとって目からうろことなる素晴らしい教材です。ぜひ、一緒に勉強していきましょう。
 マジック教室終了後には飲み会を行います。ぜひ皆様ふるってご参加ください。お待ちしております。

 

AD