7/17第九回夏の楽(カノラ)寄席にご来場いただき誠にありがとうございました。
http://canora.or.jp/event/sponsorship/entry-321.html
 岡谷市文化会館のカノラホールで寄席が行われました。満員御礼となりました。出演者は、瀧川鯉昇(たきがわりしょう)、春風亭柳橋(しゅんぷうていりゅうきょう)、柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)、春風亭べん橋(しゅんぷうていべんきょう)の皆様(敬称略)、そして私(龍生)でした。
 長野県岡谷市は上諏訪と松本の間くらいにあります。以前松本には映画『青天の霹靂』の際に行きましたが、その時と同じような暑さで、三連休の最後にふさわしい良い天気だったと思います。普段は学校公演なので、一般のお客様対象にした寄席に出る、というのは私にとっては貴重な体験でした。色物という立場上、洋物を演じています。ごくたまに和妻もありましたが、紙吹雪の都合上、胡蝶の舞を演じたことはありませんでした。今回主催の方々と事務所のご好意によって、胡蝶の舞を演じさせていただきました。寄席という雰囲気の中で、和妻しかも蝶を演じられたのはとても嬉しいことでした。しかも大好きな落語を裏から体験できるのもこの仕事の醍醐味です。学校公演とはまた違った大人用(?)の落語はとても新鮮でした。
 来ていただいたお客様、呼んでくださった関係者の皆様、協力してくれた事務所や共演者の皆様、どうもありがとうございました。
 明日は昼間に子供たちへのイリュージョンショー、そして夜は外国から来たお客様対象の和妻と久しぶりのダブルヘッダーとなります。がんばります!

 

AD