光の道を歩む

チャネラー四天界静香の日常


テーマ:
先ほどたくさんの光の存在たちがみえた。
彼らはこの世に生きている人たちを、サポートしている存在と分かった。

彼らの姿かたちは様々で、サポートしている人たちに伝えたいことがあるので、メッセージを受け取って欲しいとお願いされた。






           「光を選択した方々へ」


「地上に生きている愛おしい人間の皆さま、私たちはあなた方をサポートしているものです。

あなた方がこれまで光を求め、光の生き方を模索し、懸命に生きてこられたことを、私たちは知っています。

あなた方が人知れず涙を流し、苦しみに耐え、常に自分を省み、愛に溢れた生活を心がけてきたことを、私たちは知っています。

あなた方が人々のために自分の身を捧げ、人々のよろこぶ顔を自分のことのように、よろこんできたことを知っています。

あなた方がこの世の不条理に嘆き、自分がいかに非力であるかを悟り、それでも人を信じ、目に見えないものを信じてこられたことを、私たちは知っています。

あなた方の努力は、実を結びました。
あなた方は光を選択しました。

人の幸せを自分のことのようによろこび、人とよろこびを分かち合い、人の幸せを願ってきたあなた方に、神は光の道を用意されています。
だからどうか安心してください。
あなた方は神に、祝福されています。

私たちはそのことをあなたに伝えたくて、やってきています。
あなた方は神から祝福され、光の道に入ることを選択しました。

どうかそのままのあなたで、い続けてください。
そのままのあなたで、光輝いていてください。
あなたは光の中にいます。

私たちはこのメッセージを、光を選択した方々に送ります。
光を選択したかどうかは、自分の魂が一番よく分かっています。
このメッセージを読めば、必ず魂が反応します。
それが答えです。

私たちは光を選択した方々に、私たちの愛を送ります。
どうぞ受け取ってください。」







メール相談・個人セッションの詳細はこちら(HP)
(現在メール相談、個人セッションはお休みしています)

「ヒーリング相談~四天界静香~」

もう一つのブログはこちら(こちらは終了しています)
「蔵之介からの贈り物」

四天界静香と光の語録





人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
AD
いいね!(56)  |  リブログ(0)

テーマ:
その音はいきなりやってきた。
「ドドド・・・」と地響きがして、何かが集団で私に向かってくる気配を感じた。
明らかに異次元の音だった。
お風呂から上がってゆったりしていた時だったので、何事かと驚いた。

地響きはどんどん、私に向かってきた。
何が起きたのか、地響きの原因は何だろうと意識を集中すると、ゴツゴツした身体の小さな男性たちが、たくさん走っているのがみえた。

一目みて彼らが「コロボックル」と呼ばれる、小人たちであることが分かった。
私はこれまでコロボックルをみたことがなかったのだが、一目みてそれだと感覚で分かった。

全員が男性(のようにみえた)で、いかつい顔をして身体から毛が生えていた。
頭には角のついた甲冑をつけている者たちが多く、手には石で作られた武器のようなものを持っているのがみえた。

彼らのいかつい姿がみえた時、思わず「闇か!?」と思ってしまった。
でもよくみるとコロボックルたちだったのでほっとしたが、なぜ彼らが集団で走っているのか気になった。

彼らはまっすぐ前を向いて、一目散にどこかを目指して走っていた。
私の目の前にやってきた時、「どこに行くの?」と話しかけた。
私の声が聞こえていないようだったので、何度か「どこに行くの?」と話しかけた。
けれど彼らは何も答えなかった。

そのうち彼らは私の前を走り去り、遠くへ行ってしまいみえなくなった。
彼らのただならぬ様子から、ひょっとして地球から脱出しているのかもと感じた。

私は彼らの様子をみながら、なぜか涙が流れた。
彼らの姿をみて、彼らがこれまで地球に住んでいて、地球を守ってきたことを感じた。
けれど何らかの事情があり、地球から脱出せざるを得ないのかもしれないと思った。

その事情は何か分からないが、彼らの身に危険が迫っているからなのだろうと感じた。
そしてそのことは地球にも、危機が迫ってきていることだと感じた。
それが本当なら地球がそこまで追い詰められていることに愕然とし、涙を流すことしか出来なかった。

その後しばらくしてどこかに行ったと思っていたコロボックルたちが、私の目の前にやってきたのを感じた。
彼らが私に何かを伝えたがっていることを感じて、メッセージを受け取った。

以下は彼らからのメッセージである。


「我らは地を守るもの。
我らは地球の誕生と共にこの地にやってきて、長い間人間と共存してきた。

人間は我らの存在に気づかず、我らのことなど気にもせずに、自分たちが地球を支配していると勝手に思い込み、この世の王として地球を支配してきた。

けれどその考え方を、改める時がやってきた。
我らは最初で最後のメッセージをそなたに託し、人間に我らの思いを伝える。

我らは地球を守るために、はるかかなたからやってきたもの。
地球に住み続け、地球を守ってきたもの。

我らの姿は人間には見ることが出来ず、我らの姿を見たとしても、忘れさせられる。
我らは地球にいながら、人間と接触を避け、ひたすら我らの仕事を行ってきた。
けれどそれももう終わりを告げられ、我らは移動の時を迎えている。

それが何を意味するのか、人間たちによく考えて欲しい。
我らが地球を去ることが、何を意味しているのか、我らが地球を去ることで、何が起きるのかを、よく考えて欲しい。
そのことが人間にとって、何をもたらし、何を意味するのか、よく考えて欲しい。

我らは一族すべてを率いて、これから移動する。
それは神からの命であり、我らはただそれに従うのみである。

そして神は最後にこの者を通して、人間たちに我らの思いを伝えることを許された。
だから我らは初めて人間に、我らの思いを伝える。

我らは人間から見れば、いかつい格好をしていて、とっつきにくい姿をしている。
それは時として人間を恐れさせてきた。

いかつい格好をしているために、心までいかついと思われ、嫌われ者の役をしてきた。
けれど我らはそんなことには一切かまわず、自分たちの役目を果たすべく、自分たちの出来ることを行ってきている。

我らの思いを今受け取っている者は、我らの姿かたちを見ても恐れなど一切抱かず、我らに対して愛を持って接してくれた。
我らが地球から去ろうとしているのを見て、『どこに行くのか?』と心配そうに聞いてくれた。

我らは人間から話しかけられたことがなかったので、驚き言葉を出すことは出来なかったが、とてもうれしく彼女の愛を感じた。
そして我らの思いを託す者は、この者しかいないと判断した。

我らは地球を愛し、地球のためにこれまで生きてきた。
けれど人間は違う。

人間はそのほとんどが、自分たちのため、自分たちさえ良ければという思いで、地球がどうなろうと全くかまわず、地球の声に耳を傾けることなく、自分たちだけのために生きてきた。
そのために地球は悲鳴をあげ、涙を流している。
それも人間には届いていない。

地球はひたすら人間のために、自分を差し出し、人間が快適に暮らせるよう、自分を差し出し続けている。
人間が勝手に地球を荒らそうとしても、地球の大きな愛で包んできた。
けれどもう地球も、限界を迎えている。
いや、限界を超えてしまった。

そんな状況に地球があることを知っている者は少なく、知ったとしても何が出来るのかと思っている。

その他大勢は、いまだに自分たちが地球を支配していると思い込み、いまだに勝手な行動をし続けている。

もう地球は限界を超えた。
我らは努力はしたが、それも追いつくことが出来なかった。
そして我らは地球を後にする。

それは計画されたこと。
それを実践するのみ。
後は残された人間たちが、どうすればいいのか考えなければならない。

我らは地球から出て行く。
後は人間たちに託された。
その事の重大さに気づいて欲しい、そして地球を救って欲しい。

我らの願いは唯一つ。
地球の声を聞き、地球のために行動すること。
自分のためではなく、地球のために動いて欲しい。

それが最後に我らが伝えること。
どうか地球のために、心を一つにして欲しい。」


このメッセージが必要な人たちに届くことを、心から願っている。




メール相談・個人セッションの詳細はこちら(HP)
「ヒーリング相談~四天界静香~」
現在「個人セッション」は行っていません。

もう一つのブログはこちら(こちらは終了しています)
「蔵之介からの贈り物」

四天界静香と光の語録





人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
AD
いいね!(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
「おごれる者たちよ、
なぜ自分をすごいと思うのか?
なぜ自分は人と違って、人より能力があると思うのか?
能力があることに、なぜ過信するのか?

一番大切なことは、能力などではない。
一番大切なことは「人としてどうあるか」である。
人として謙虚であるのか、人に対して深い愛情を持って接しているのか、人は自分と思っているのか・・・

「人としてどうあるのか」ということが、何よりも大切。
能力は関係ない。
いくら能力があっても、人として調和できなければ、その能力はニセモノ。
自分と人を明確に分け、自分と人の優劣をつけ、自分と人を区別したがる者に、本物はなし。

本物とは人と自分を同一視でき、人は自分より大切と思え、人のためなら自分の身をよろこんでささげることの出来る者。
このように書けば傲慢な者は、自分はそうだと言い張るだろう。
おごっている者たちは、我こそ謙虚そのものと、大きな声で言い張るだろう。

能力を持っている者が闇に変化した時、能力はなくなるどころか持続するか大きくなる。それがその者を惑わし、さらに闇へと深く入らせることになる。
人間の愚かなことよ。

常に謙虚でなければ、闇の能力を見破ることは出来ない。
謙虚さが唯一の武器となり、闇を暴くことが出来る。
でも悲しいかな、おごり高ぶる者、傲慢な者たちは謙虚さのかけらも持っておらず、闇を暴くことは出来ない。
闇に翻弄され、あたかも光のごとく惑わされ、光を受け取っていると勘違いし、多くの光を求める者たちを路頭に迷わす。

よいか、自らをすごいと思う者たち、お前たちは闇に操られていることを知らない。
すごいと思う心に闇が巣くっていることを、お前たちは気づかない。

痛みが出れば、すべて浄化のためとすりかえる。
どこに痛みが出ているか、それが身体の悲鳴であり、おまえが進んでいる道は間違っていると言われているサインとも知らずに、何でも浄化と言われ、そのままを信じている。

これまで受け取っていたメッセージと何ら変わりはないと思い込み、闇からのメッセージをそのまま鵜呑みにする。

自分にやってくるものが良いものだから、自分は闇ではないと思っているが、自分の中を見ればそれは違うことは分かる。

闇は自分の中にいる。中を見なければ、正体を暴くことは出来ない。
外ばかりに目を向けても、闇は簡単にいいことを運んでくる。
中を見よ。
中は闇の本当の姿が見える。
けれどそこを見ないように、闇はおまえをコントロールするだろう。

ブログは自分の中から発信するもの。
だから他人は闇に入られた者のブログには、敏感に反応する。
中を見ない本人だけが、光のブログを書いていると思い込んでいる。

外から見る他人は、その者が闇に操られていることを、簡単に見破ることが出来る。
知らぬは本人ばかりなり。

謙虚さを失った者たちよ、自分はそのままでいいと間違った思い込みをしている者たちよ、
おまえたちは自分の中に入れば、闇を見ることが出来る。
外の現象だけを見ていては、闇に操られるだけである。

皮肉なものよ、他人は外から見れば一目でその者が闇に操られているかどうかがわかるのに、本人だけは分からずにいる。
他人は外から分かる、けれど本人は自分の中に入らなければ分からぬ。

それも闇の巧妙なしかけ。
闇は外に外に、意識を向けさせる。
それに乗ってばかりでは、気づけるものも気づけまい。

今一度謙虚さを取り戻し、自分の中に入って内観せよ。
さすれば自分がどこにいて、何をさせられているのかが、よくわかる。

おごれる者たちと言っても、おごれる者は自分がおごっているとは、ゆめゆめ思ってはいない。
むしろ謙虚だと思い込んでいる。
自分の醜い部分を見ないフリをしているため、本当の自分が見えていない。

本当の自分を見よ。
いかに自分が醜く、傲慢なのかを見つめよ。」



このメッセージはある特定の人たちに向けて、受け取ったもの。
最近また光の人が、闇に落ちていった。
その人のブログを読むと一目瞭然なのだが、本人は全く気づいていなく、光にいると思い込んでいる。
自分は「光を選択している」と思い込んでいる。
その思い込みが、傲慢さを呼んでいるとも知らずに。

メッセージで言われている「中に入れ」というのは、私が最近ブログでよく書いている「自分と向き合うこと」だ。
これまで見ないフリをしてきた自分の嫌な部分を、しっかりと見つめること。
こうやって書いてもおごっている人たちは、自分はちゃんと向き合っていると言うだろう。
けれど私から見れば、まだまだ向き合うことはたくさんある。
彼らはまだまだ深いところで、向き合ってはいない。

私は大丈夫、私はちゃんとやっていると思うこと自体が、すでに「傲慢」なのだ。
この世で絶対に大丈夫なことなんて、ない。
油断すれば、スキが出来れば、あっという間に足をすくわれる。

おごっている人たちは、自分と向き合うことをせずに、自分の外ばかり、外の現象ばかりを気にしている。
外の現象なんて、簡単に操作できるのに。それは闇が得意としているものなのに。

外ではなく、自分に向かうこと。そこに本当の自分の姿がある。
それがどんなに醜くても、避けたいと思っても、しっかりと見つめること。
それしか自分を救う方法はない。




メール相談・個人セッションの詳細はこちら(HP)
「ヒーリング相談~四天界静香~」

もう一つのブログはこちら
「蔵之介からの贈り物」

四天界静香と光の語録





人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
AD
いいね!(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
目をつぶると、たくさんの光の存在たちがいた。
彼らがメッセージを伝えたがっているのが分かったので、受け取った。

「我らにつながる者たちへ、光の言葉を伝えたまえ。」



「日々光に満ち溢れ、光の生活を送っている者たち、そなたたちは今後ますます、光に生きることが出来るようになる。

すでに光の柱が建ち、光の扉が開け放たれ、富士の光を取り戻し、鳴門と天はつながった。
後はそなたたちの光を強化するのみ。
後は一人一人に、光を分け与えることのみ。
それが行われる。

光に生きている者たちは、今後多くの光を分け与えられ、光を目の当たりにするであろう。
この世とそなたたちが呼ぶあの世を、自由に行き来できることができ、この世にいながらあの世に存在することが出来るようになる。
そなたたちの意識はこの世から自由に出て行き、我らとさらに交流が出来るようになる。

光に生きていることを、実感出来るようになる。
我らとのつながりが強化され、多くのサポートを受け取ることが出来るようになる。

そなたたちのよろこびは倍増し、光に生きることが魂を解放することと理解出来るようになる。
我らはそなたたちを光の世界へいざない、そなたたちを次の世へと導く。

光に生きる者よ、これからは目に見えるものだけではなく、目に見えないものを意識し、光に包まれていることを実感せよ。


そなたたちには大いなる光、大いなるエネルギーが常に分け与えられている。
そなたたちがどこにいようと、それは必ず行われる。
日に一度は大いなる光を意識し、心静かに受け取られよ。

我らはそなたたちと共に生きるもの。
そなたたちと同じ、光に生きるもの。」




光のエネルギーはどこでも受け取ることが出来る。
家にいても外に出ていても、場所は関係ない。
静かにちょっと意識を集中させれば、たくさんの光が降ってきているのが分かる。
一日に一度、光を意識すればいい。

光に生きている人、光の生き方を実践している人には、ふんだんに光が降り注がれている。

自分は光に生きていない、光を受け取る資格がない、闇に入られているなどという、自分勝手な思い込みはそろそろやめて、そんなものすべて流して!

ただ素直になって、謙虚な気持ちで受け取ればいい。

光に生きていないのなら、光の生き方をすればいいし、闇に入られていると思うのなら、光へ戻ればいい。
ごちゃごちゃそんなこと言っているのなら、ごちゃごちゃそんなことを頭で考えているのなら、さっさと光に目をむければいい。

光に目を向ければ、光に生きようと思えば、光はふんだんにあなたに降り注ぐのだから。



人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
いいね!(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
「あなたにとって一番必要なものは何かを、もっとよく考えてください。

この世での生活に欠かせないもの、お金、食料、住居など生きていくために必要なものとは別に、あなたにとって精神的な支えとなるものを、もっとよく考えてください。

日々の生活に埋もれ、ただ日々を過ごすことだけではなく、あなたがなぜこの世に生まれてきたのか、どうしてこの世でこうやって生きているのかということを、じっくりと考えてみてください。

好きで生まれてきたのではないという人は、もはやいないとは思いますが、自分が望んでこの世に生まれてきており、それは何かをこの世で行うために生まれてきているのだということを、もう一度思い出してください。

あなたは何をしたくて、この世に生まれてきたのですか?

あなたの目的は何ですか?

そのためにあなたがやることは何ですか?


このように言えば、大きなことをやらなければならないと思ってしまうでしょう。

けれどあなたが望んでいること、やりたいと思っていることは、大それたことではなく、日々の生活の中で行えることです。

それを行うにふさわしい環境を、あなたが選んできています。

それを今こそ思い出して欲しい、今こそ実行して欲しいのです。

私たちはあなたのそばにいて、あなたがそれを行うのに努力を惜しみません。

私たちはあなたを手伝いたいのです。

あなたが生まれてきた目的を果すために、私たちは喜んでお手伝いをします。

あなたの目的のために、私たちは共に手を取りたいのです。

どうか自分の目的を思い出してください。

多くの人たちはすでにそれとは知らずに、目的を果しています。

あなたも自分の目的を、果たしてください。

それはよろこびの中に存在します。

あなたがよろこんで行えることが、あなたの目的です。」




今回のメッセージは、多くの異性人たちからでした。
たくさんの姿かたちの違う異性人たちが、やってきているのが見えました。
彼らは私たちの力になりたいと、心から願っている人たちだと感じました。

「目的」と言っても、大げさに考える必要はありません。今の生活を投げ打ってまで、行うような目的はありえません。
メッセージにもあったように、日常生活の中で行えることです。

それは「人に自分の光を分け与える」ことや、「人に愛を与える、愛を示す」ことや、「自分と同じように人を思い、接すること」ことや、「笑顔を見せることで、人を癒す」ことだったりします。
そんなこと!?と思われるかもしれませんが、はい、そんなことです。
それを常に行うことが、目的です。
それなら私ずっと前からやっていたわ、と思う人もいるかもしれません。
だったらそれを継続してください。
そんなことでいいのならと思った人は、是非実践してください。

それらを「よろこびの中で行う」ことが大切です。
義務感のように「やらなければならない」と思った時点で、ストレスになります。
自分の出来る範囲を超えずに、よろこびを感じながら行うことです。
それが出来れば、ただ生きているだけだと思っていた人生が、よろこびに満ち溢れ、どんどん生きる力が湧いてきます。
異性人たちは皆さんにそうなって欲しいと、心から願っています。




人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
いいね!(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ムダに時間を過ごすのは、もうやめなさい。

あなた方に残された時間は、もう少なくなっています。あなた方が思っているより、残された時間はとても少ないのです。

今本当の自分に戻らなければ、いつ戻るのですか?

戻りたいと思った時には手遅れになっているということが、まもなくやってくるかもしれません。

あなたが魂のあなたで生きることを、私たちは何より望んでいます。

頭であれこれ考えるあなたではなく、心で感じるあなたになって欲しい。それが私たちの願いです。

あなたが感じることをやめてから、どれくらい時が経ったのでしょう?

どれくらい長い間、あなたは思考の中に入っていたのでしょう?


思考の中にいるあなたは、常に不満を感じ、生かされていることに気づかず、自分一人で生きていると思い込んでいます。

思考はあなたを自由にするのではなく、不自由にしています。

あなたはもっと自由なのです。

思考の枠にはまることは、あなたが望んでいることではありません。

枠から抜け出し、広い世界に出てください。

あなたはもともと自由です。枠になどはまってはいませんでした。

もっと自分を感じてください。もっと自由に飛んでください。

私たちはあなたを、元の自由なあなたに戻したい。

そのためには不自由な自分に、気づかなければなりません。

あなたはこの世で生きるために、自分を枠にはめているだけです。

その枠も、もう捨て去ることが出来ます。

私たちと一緒に、自由な世界に飛び立ちましょう。」




この世で生きるためには、何らかの枠をはめないと、生きづらいことが確かにあります。
でももうその枠とさよならする時が、やってきています。
本来の自分に戻る、本来の魂として生きる時だと、メッセージは告げています。

けれどあなたは思います。「枠にはまっていることは十分に分かっていて、取り外そうと努力している。だけどうまくいかない。いつまでも枠にはまっている自分がいる。」と。
「どうすれば、枠を取り外すことが出来るのだろう?ただ取り外せと言うだけで、具体的な方法は何も教えてくれないじゃないか!」そう叫んでいるかもしれません。

枠を取り外す方法で、一番手っ取り早い方法は、「流す」ことです。
「流す」という言葉は、これまで何回も聞いていると思います。
「手放しなさい、流しなさい」という言葉は、一度は聞いたことがあると思います。

私が光の会やセッションで教えている「流す」方法を、今日は伝えようと思います。
文章でうまく伝わるかどうかは分かりませんが、試してみてください。


☆ 「流す」方法
① 頭の上に水道の蛇口があると、イメージします。
この時、蛇口の形はどんなだろう?色は何色だろう?と思わないこと。それがすでに思考を使っていることになります。イメージですので、思考は使いません。
蛇口をイメージしてと言われたら、あれこれ考えずにパッと蛇口を、イメージしてください。それが出来るということは、素直さにつながり、イメージしやすくなります。

② 頭の上の蛇口をひねると、水が勢いよく流れて来ます。
この時も水の流れは、どのくらいだろうと考えないこと!ただただ水が流れることだけを、イメージしてください。

③ 頭の上から流れてきた水が、あなたの中にある「手放したいもの」を一気に流し、足の先からすべて水と一緒に、出て行くイメージをしてください。
流すのは「手放したいもの」だけでなく、不安に思う事や、イライラすること、あるいはイライラした感情でもかまいません。自分が持ちたくないものを、すべて水で流すと思ってください。

④ もしも水の流れが足りなければ、滝をイメージしてもかまいません。人によっては「ナイアガラの滝」をイメージする人もいます。
長年持ち続けた流したい感情などは、硬くて大きいため、蛇口の水では流れないかもしれませんので、勢いのある水をイメージすれば、流れやすくなります。
それでも流れない場合は、何度でも流してください。
一番いいのは、常に水が流れている状態です。自分の身体からサラサラとした水の流れが聞こえてくるのが一番良いです。


最初は練習しなければなりませんが、慣れてくると簡単に出来るようになります。
どんどん流していくと、心にひっかかりがなくなってきます。
何もひっかかるものがなく、水がサラサラと身体を流れるようになると、必ず変わります。
流せるようになれば、魂の声を聞くことも出来るようになります。
余計なものがなくなり(流す必要のあるものは、ほとんどが3次元の感情です)、本来の魂が浮上してきます。そうなるとメッセージで言われている「自由になる」状態になることが出来ます。

そんな簡単な方法で流せるのか?と思うかもしれませんが、誰もが簡単にできるものこそ、私は本物だと思っています。
光の会で流すことが出来た人たちの変化は、目を見張るものがあります。
皆さんどんどん軽くなっていき、表情は明るくなり、ニコニコ笑顔が出てきます。
あなたもそんなふうに、なりませんか?




人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
いいね!(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
「この世に生まれ、この世で様々な体験をし、この世で魂を成長させようとしている者たち。

そなたたちは常に守られ、導かれている。

自分一人で生きていると思っている者にさえ、目に見えない存在たちは手を差し伸べ、その者が望んでいる魂の成長を助けている。

そなたたちはあらゆるサポートを受け、光を受け取っている。

それが信じられない者にさえ、目に見えない存在たちは文句一つ言わず、自分の身をささげている。




この世ではとかく、枠にはいりたがる。自分が何がしかの集団に属することで、人との連体感を感じ、人並みの生活を送っていると思っている。

自分が社会のレールからはみ出ることを極端に恐れ、自分の意にそぐわないことでも、自分の心を殺してまで、枠にはまろうとする。

枠にはまれば小さなことが気になり、そこから抜け出せなくなってしまう。

人のあげ足を取ることが楽しみになり、人の不幸が自分の幸せになってしまう。

そうなれば枠から抜け出すことは困難となり、さらに小さな枠に自分をはめようとする。

そんなところでもがき苦しみ、自分はダメだと思っている。




そなたがいるべき場所は、そこではない。

小さな枠にはまり、そこにはまろうと四苦八苦するのは、もうやめなさい。

そなたがいるべき場所は、もっと広いところ。

枠にはまらず、自由に羽ばたける場所。

そなたの魂は自由に羽ばたきたいと願っているが、心や思い込みが邪魔をしている。

こうあるべきだ、こうしなければならない、~ねばならないと自分を追い込み、勝手に枠にはめている。


けれど魂は全く逆のことを願っている。

自由に自由に、心が望むことをしたい、心のままに生きたい。

枠からはみ出し、心が望むことを行いたい。

そうしたいと思ってはいるが、様々なしがらみがあり、出来ないと思う。

それこそが枠なのに。それこそが自分を制限していることなのに。

一つ一つの枠を取り外し、魂を自由にする。

そのためには枠にはまっていることに、気づかなければならない。

自分にはめている枠に気づき、一つ一つなくしていく。

もうそろそろ、本当の自分に戻ろう。魂の自分として生きよう。」




3次元の世は、枠の世界と言っても過言ではありません。この世に生まれた時から、枠の世界にはまり、枠にはまることを良しとされ、それゆえ苦しみ、けれど枠に自分をはめようと懸命になっています。
光の存在たちは、もう枠に自分をはめる必要はない、これからは魂を自由にする時代ですと言っています。

アセンション後の世界は、全く枠のない世界になると思います。そのためにも今から枠をはずすこと、枠にはまっていることに気づくことが大切です。

自分に制限をする時代は終わりました。これからは枠を取り外し、自由に羽ばたく時です。
枠をはずせば身体も軽くなり、楽になります。




人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
「よろこびのシャボン玉を、飛ばしてください。

あなたがよろこびを感じれば、よろこびはあなたの身体から、ふわふわと出ていきます。

それはまるでシャボン玉のようです。

よろこびのシャボン玉はあなた以外の人たちに飛んでいき、人々の身体の中に入ります。

人々の中に入ったよろこびのシャボン玉は、人々をよろこびへといざないます。

あなたがよろこびを感じることで、よろこびに気づくことで、多くの人たちによろこびの
シャボン玉を飛ばすことが出来ます。

よろこびのシャボン玉が、パチンとはじける音を聞いてください。

シャボン玉がはじけ、よろこびのエキスが体中をかけ巡ります。

よろこびが体中を駆け抜けるなんて、なんと素晴しいことでしょう!

あなたのよろこびが人へ伝わり、人のよろこびがあなたへ伝わる。

あなたが常によろこびを感じることで、人々を幸せにすることが出来ます。


よろこびを感じる人が増えれば増えるほど、幸せになる人が増えます。

人はよろこびを味わうために、この世に生きていると言っても過言ではありません。

人は常によろこびたい、仲間とよろこびを分け合いたいと願っています。

あなたはよろこびで、出来ています。

よろこびを感じている魂は、光輝いています。

魂はよろこびで、できています。

あなたがよろこべばよろこぶほど、魂は輝き続けます。

よろこびはあなたです。
よろこびそのものが、あなたの本当の姿です。

だからどんどん、よろこんでください。

よろこびに遠慮なんて、いりません。

ただただよろこびの中にいる。

それがあなたの魂を輝かせるコツです。」






「よろこび」はシャボン玉のように飛んでいき、人々に浸透する。
よろこびに満ち溢れた人の周りには、シャボン玉がたくさん飛んでいるのでしょう。
キラキラとシャボン玉は輝き、それがはじけることで、もっとよろこびを発する。

私たちの本質は「よろこび」そのもの。
何も思いわずらうことはなく、ただよろこびの中にいれば、魂を輝かせることが出来る。
なぜなら魂は、最初から輝いているから。
よろこびの中にいれば、魂をずっと輝かせ続けることが出来る。




人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。
いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「心を閉ざしている人たち、
あなたの心には何がうつっていますか?

あまりにもひどい経験をし、一度に処理しきれないほどの悲しみを背負い、全てが灰色の世界になってしまった人たち

私たちがそばにいること、私たちがあなたを包み込んでいることを、どうか感じてください。

あなたの悲しみに寄り添い、あなたの嘆きに耳を貸し、眠れないあなたと夜を過ごしている私たちを、どうか感じてください。

あなたは一人ではありません。

あなたはたくさんの愛に守られています。

どうかほんの少し心を開き、私たちに顔をうずめてください。

私たちはあなたのそばにいます。

あなたが一人だと思っていても、私たちはあなたのそばから離れません。

私とあなたは一つです。」




天使たちからのメッセージです。
天使たちは「あなたは決して一人ではない」ことを、強く伝えています。
目には見えなくても、私たちがあなたのそばに寄り添っている、それをあなたは感じることが出来ると訴えるメッセージです。

あなたの周りには、たくさんの愛がある。あなたはたくさんの愛に守られている。
どうかそれに気づいてください。




人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「心のままに生きてください。

決して頭で考えないで!

本当のあなたは頭の中ではなく、魂にいます。そして魂は心臓の近くにあります。

だから決して頭で考えないで、感じてください。

感じることを怖れないで!

考えると感じるとは、全く違います。

この世では考えることが良いとされていますが、あの世では感じることを重んじます。

そしてこの世が仮の世であって、あの世があなたがいる本当の世界です。

あなたはこの世にちょっとの間、やってきているだけです。

本当のあなたは、この世にい続けるのではありません。

本当のあなた(魂のあなた)は、頭で考えたりしません。すべて感じています。

感じることを怖れず、感じるままに生きること。それが本当のあなたです。

頭で一生懸命考えるのは、もうやめましょう。


あなたの小さな頭でいくら考えても、答えを得ることは出来ません。

感じること、感覚を使うことで、思いもよらない答えを得ることが出来ます。

感覚を使うと、インスピレーションがたくさん降ってきます。

インスピレーションは無限にあります。それを受け取ればいいのです。

そうすればあなたの世界は、大きく広がります。

あなたは無限なのです。

頭で考えると、無限ではなくなり、制限がかかってしまいます。

そうなると小さな枠の中でああでもない、こうでもないと考え、あげくの果てにはどうしたらいいのか分からなくなり、もっと狭い枠の中に入ってしまいます。

感覚を使えば、考えなくてもいいので、とても楽になります。

楽になれば、自由になり、たくさんのヒントを得ることが出来ます。


あなたは物心ついた時より、考えろと言われ続け、考えなければ答えを得ることが出来ないと、思い込まされてきました。

でももうその枠から、抜け出していい時です。

もっと楽になりましょう!もっと自由になりましょう!

あなたが何を感じているのか、そのことをもっと意識しましょう。

感じることを大切にしてください。感じたものを優先してください。
それが本当の答えです。

あなたの中に、すべての答えはあります。」




人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

いいね!(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。