民法改正3[時効]

テーマ:

 すいません。時間が空いてしまいました。

 第3回として時効の改正部分について記載をさせて頂きたいと思います。


 大きな改正点があります。


 従前,債権の消滅時効の期間は10年とされていましたが,改正により商法と同様に5年と改正されます。

 この改正にあわせて職業別の短期消滅時効の制度が廃止になります。飲み屋の代金等の時効期間が延長されます。


 次に,定期金債権等の消滅時効についても改正が行われます。ここでは長期間存続するという性格から10年という時効期間になります。


 更に,時効援用権者を明文化することになります。従前は,解釈により対応していたのですが,判例法を明文化することになります。


 以上のような視点からみますと,債権管理という点でビジネスに影響がありますね。時効にかからないよう債権管理体制を強化していくことが望まれます。


                   弁護士 西口 竜司



AD