『徒然なる世界』管理人執務室

ここは『徒然なる世界』の管理人である私リュードの執務室となっております。
日常の雑感やいろいろ考えることなどを不定期に記して参ります。

『徒然なる世界』
http://www.h4.dion.ne.jp/~ryudo/

私ことリュードの運営するHP『徒然なる世界』

トップページへはこちらからどうぞ。

http://www.h4.dion.ne.jp/~ryudo/


オリジナルファンタジー小説「ホーリーエムブレム」

毎週金曜日(または土曜日)更新にて連載中。


twitterも始めました。

いろいろなつぶやきなどを記しておりますので、どうぞよろしくお願いします。
http://twitter.com/ryudo0123

この執務室の構成は、以下の通りとなっております。


★お知らせ★

HPの運営に関わる重要な告知や企画の発表などは、

こちらで行います。


★日々雑感★

日常の出来事やふと考えることなど、

いわゆる雑記的なものを扱っております。


★おもしろ動画★

ネット上で発見したいろいろな動画の中から、

私が特に興味を抱いたものをピックアップしてご紹介いたします。


★行ってきたレポート★

私が出かけた様々なイベントに関する報告や、

その他の感想などをお届けいたします。


★現役SEのひそやかなホンネ★

現役のSE(システムエンジニア)である私が、

実際の現場に触れて感じたことや考えたことなどを綴ってまいります。


★お気に入り同人グッズ★

イベントなどで入手したいろいろな同人グッズの中から、

私の特別なお気に入りを厳選してご紹介いたします。


テーマ:

ゲームレジェンドの開催を危ぶむ声が一部で上がっています。

 

理由は公式サイトが全く更新されないから。

以前の記事を書いたのが2月8日ですから、それ以降全く公式サイトに動きがないことになります。

これは紛れもなく由々しき事態です。

 

5月20日の開催が告知されている次回ゲームレジェンドですが、スケジュール的にはもうサークル参加の申し込みが始まっていないといけないはずです。

仮に今から参加受付を開始したとしても、諸々の調整に1か月程度かかると計算して、3月の末には締め切らないと間に合いません。

つまり、サークルにとっては1か月以内に参加の可否を決めないといけないという、かなりややこしい話になってしまいます。

 

ゲームレジェンドは公式サイト以外に情報源がありません。

他のイベントのように公式ツイッターで定期的(もしくは不定期)に情報を流してくれるのであればまだ話は別ですが、それが全くないため、我々も現状どうなっているか分からないのです。

 

一部の方はすでに次回ゲームレジェンドに向けて作品を出すよと言っていたり、運営に対して問い合わせをしているようですので、そういう方々の期待を裏切るような真似だけはしてほしくないのですが。

とにかく、今は公式サイトの更新を待つしかありません。


テーマ:

この記事は「第7回Text-Revolutions」内ユーザー企画『テキレボ・バトルマニアックス』の参加サークル様の一覧となります。

 

 

(リストは申請順に上に追記していきます。ブース番号は確定次第記載いたします)

 

----------------------------------------------------------------------------

【サークル名】

灰青

【ブース番号】

【代表者】

凪野基

 

作品名
凱歌

どんなバトルシーンが出てくるか
騎士の肉弾戦(決闘、試験、手合わせなど、主に一対一)
作品PR
斜陽の国を駆ける騎士たちの物語。バトルは技量を戦わせるというよりは、信念や背負ったものなど、精神的なもののぶつかりあいです。
 
【作品名】
インフィニティ

どんなバトルシーンが出てくるか
冒険者対魔物。剣あり魔法あり、RPGふうの「バトル」です。
作品PR
男装女子と不憫男子の糖度低め冒険譚。シリーズ長編で、各巻1~2回のバトルシーン(フィールドでモンスターと戦うタイプ)を織り込んでいます。
 
作品名
ESCORT!(FINALFANTASY7二次創作)

どんなバトルシーンが出てくるか
タークスVS.小悪党
作品PR
ヴィンセントとユフィ、レノとイリーナがゴールドソーサーでコスプレダブルデート(概念)する小話。日常やお仕事、恋愛要素も全部盛り。

 

----------------------------------------------------------------------------

【サークル名】

徒然なる世界

【ブース番号】

【代表者】

リュード

 

【作品名】

怒首領蜂 大往生 reboot怒首領蜂 大往生二次創作

どんなバトルシーンが出てくるか

戦闘機同士のドグファイトおよび巨大兵器との戦闘シーン(電子戦闘もあり)

作品PR

シューティングゲーム原作ならではの空中戦、特に戦闘機同士のドグファイトに力を入れました。人間同士の、そして人間とロボットが織り成す緊迫のドラマにもご注目ください。
 

【作品名】

虫姫さま 異聞録虫姫さま二次創作

※書影はもう少しお待ちください

どんなバトルシーンが出てくるか

巨大昆虫同士の空中戦(人間が絡むシーンもあり)

作品PR

甲獣と呼ばれる巨大昆虫とそれに神様として選ばれた人間の物語。シューティングゲーム原作ならではの空中戦ももちろんあります。


テーマ:

 

このたび、当サークル『徒然なる世界』では、2018年7月16日に開催される「第7回Text-Revolutions」(以下テキレボ7)にてユーザー企画『テキレボ・バトルマニアックス』を主催することになりました。

 

テキレボ・バトルマニアックスとは

みなさん、バトルは好きですか?

私は好きです。漫画でもアニメでも、バトルシーンを観ている時が一番興奮します。

この企画は、テキレボ7で頒布される作品の中から、バトルシーンに注目してほしい作品をピックアップし、紹介するものです。

当日は参加サークルの情報が掲載されたMAPチラシを配布いたします。それを片手にあなたの琴線に触れるバトルシーンをぜひお探しください。

「うちの作品はバトルが面白い」「ストーリーも見てほしいけど、バトルシーンにも注目してほしいな」

そんなあなたの作品をこの企画を通じてアピールしてみませんか。

 

【バトルの形式について】
バトルの形式は問いません。

・血沸き、肉躍る激突が楽しめる「肉弾戦

・唸れ剣戟。飛び変え銃撃「武器戦

・異世界ファンタジーにはつきもの「魔法戦

・華麗に舞え。舞台は大空、そして宇宙空中戦

・機械同士の白熱の攻防「ロボット戦

・静かに燃えろ。知略を尽くせ「頭脳戦

などなど、あなたが「これはバトルだ」と思うシーンがあれば参加OKです。

 

【参加条件】

1.テキレボ7にサークルとして直接、もしくは委託参加すること。

2.バトルシーンが盛り込まれた作品を当日1つ以上頒布できること。

3.本ブログおよび当日配布予定のMAPチラシにサークル情報および作品情報を掲載することを了承いただけること。

4.主催と連絡が取れるツイッターアカウント、もしくはメールアドレスを持っていること。

 
【参加方法】
主催のツイッターアカウント、もしくはメールアドレス宛てに必要事項を記載の上、お申込みください。(ツイッターアカウントの場合はDMで送信ください)

ツイッターアカウント:@ryudo0123

メールアドレス:comet-2001★k4.dion.ne.jpを@に変えてください)

1.件名:「テキレボ・バトルマニアックス参加申請」と入力ください。

2.サークル名

3.サークル代表者のHN

4.作品名

5.どんなバトルシーンが出てくるか

6.作品PR

7.書影(ある場合):添付ファイルにて追加くだされば本ブログに掲載いたします。

 

【締め切り】

2018年6月16日 23:59までとします。

それ以降の申請も受け付けますが、MAPチラシには掲載いたしません。

(本ブログには掲載いたします)

 

【Q&A】

Q1:登録したい作品が複数あるのだけど?

A1:1サークルにつきいくつでも登録できます。お申込み時に参加方法の4~7を複数ご記載ください。

 

Q2:二次創作でも登録できますか?

A2:一次創作、二次創作の別は問いません。ただし二次創作の場合は作品名と一緒に原作のタイトルをご記載ください。

 

Q3:R18作品でも登録できますか?

A3:R18作品の登録も受け付けます。ただしその際は作品PRにR18作品である旨を必ずご記載ください。

 
Q4:景品などは出ますか?

A4:本企画はあくまで頒布応援企画なので、景品などは出ません。主催もテキレボ初参加ではありますが、できる限り皆様の作品をアピールしていきたいと思います。

 

Q5:どんなものがバトルに該当するの?

A5:基本的には誰かと誰かが対決して勝敗が明確に決するシチュエーションが入っていればそれはバトルと判断します。スポーツでも、将棋でも、オセロでも、トランプでも、鬼ごっこでも構いません。また、勝敗が明確に決しない場合でも誰かと誰かが対決することに意味があればそれもバトルとみなします。

 

Q6:物語全体に対するバトルシーンの比率が少ないのだけど?

A6:本企画ではバトルシーンの比率で参加可否を決めることはありません。例え比率が少なくても、そのバトルが物語上で重要な意味を持っていたりする場合はそのバトルシーンを見てほしいと思いますよね。それを集めて紹介するのが本企画の大きな趣旨です。

 

Q7:参加申請が受理された後にやるべきことはあるの?

A7:特にやるべきことはありませんが、登録作品をツイッターで宣伝する際はぜひハッシュタグ「#テキバト」をお付けください。主催が全力で拾いに行きます。

 

その他ご質問、お問い合わせなどは主催のツイッター、もしくはメールアドレスまでお気軽にどうぞ。

 

たくさんのご応募、お待ちいたしております。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。