2009年07月16日(木) 20時44分23秒

オセロのような

テーマ:F.C BARCELONA
バルサとレアルマドリ。
余りにも対局な2チームがとても楽しい。

下部組織から選手を育てて哲学を体に覚えさせた選手をトップに上げ、戦力にしていくバルサ。
金でトップ選手を強奪して戦力をキープするマドリ。(一応育てては他のチームに売っているみたいだが)
どこか男臭い、愛敬のある男が多いバルサ。近年ならホナルディーニョ、デコ、チャビ、バルデス、プヨル、ルイスエンリケ、プロシネツキ、ハジ、ストイチコフ、セルジ、アベラルド、ナダル、ゴイコ、バケーロ、スビサレッタ・・。
スターフェイス揃いのマドリ。カカー、クリホナ、カシージャス、セルヒオラモス、グティエレス、ジダヌ、ベックス、レドンド・・。まぁバルサにもクライフ、アモールのような選手が、マドリにもイエロのような選手が居たが、明らかにルックスのテイストが違うのは明か。

どちらかが輝けばどちらかが日陰となる。こんなライバルを越えたライバル関係はあんま無いのでは。巨人と阪神の世界版?

ほいで、ここでの移籍市場動向がまた正反対。
まだ新戦力発表無し(インテルのマクスウェルを獲ったような?)のバルサとカカー、クリホナ、アルビオル、ベンゼマを獲ったマドリ。
マドリは確実に強くなったなぁ。特にカカーが大きい。クリホナは、人間性が難しいからラウルや観客と喧嘩して二年後には消える可能性あるけど、カカーは不安要素ゼロ。名前がスペイン語でうんこって意味っていう点だけだね、心配事わ。
悲しいのはベンゼマと、マドリ(ジダヌ)に邪魔されてバルサに来れなくなったリベリ。ベンゼマは近いうちにバルサにくると言われていた選手で、自分もここ二年くらい、いつかないつかなぁと成長を楽しみにしていました。チャンピオンズリーグでバルサとリヨンが対決したときにもベンゼマに少し期待していた自分が居ました。だけに、マドリに行くと聞いたときにはハ?としか言いようがありませんでした。カリム・ベンゼマ。アディオス。永遠に。
そしてリベリ。顔的には断然バルサ寄り。そして、チャンピオンズリーグのバルサ、バイエルン戦でボッコにされたリベリは、試合後スンスン泣きじゃくったにも関わらず、バルサの選手にサインを貰い、記念撮影をし、子供のように喜んでいたらしいです。かつ、バルサのサッカーに魅了されているとコメント。
バルサのユニを着たリベリを思い浮べて少しうれしい気分になっていたのも束の間、ジズー大使がリベリに甘い言葉をかけ洗脳。マドリ以外には移籍しないという信じられない心変わりを果たしたのでした。
マドリははなからリベリを獲る気なんかなかったと自分は感じています。バルサの邪魔をしただけ。憎いです。
ビジャもそう。どうせバルサに行くだろうから値段を上げるために獲りたいと言っただけ。
ほんま、バルセロニスタからしてみたらこんなに完璧な憎い敵は居ない。最高です。

昨季以上の成績を残すことは難しいとされているバルサですが、闇金補強マドリを倒す快感を用意していただけた事はかなりのモチベーションアップに繋がります。たのしみ。
ちなみに、このオフにバルサに望む補強は、まずエトゥとの契約延長、メッシのライバル役としてイギリスの税金の高さに驚かされているアルシャビン(昔のジウリーみたいな)、あとはサイドバックとビジャかフォルランを獲れば完璧。欲を言えばチャビ、イニエスタの穴を埋めるセスク。最強やね。
どうなることやら静観です。

そうそう、対局を表すにはもってこいのネタがありました。
マドリー移籍が決まりパリスヒルトンとお祝いを兼ねたおいたをしてしまったクリホナ、対してアメリカで初めてディズニーに行き念願のミッキーと対面したというメッシ。どうしてこんなに違うのか。謎は深まるばかりです。
おわり。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年12月23日(日) 22時40分24秒

忘れてた

テーマ:F.C BARCELONA

今夜はクラシコ。

バルサ対レアルマドリーの試合です。

観れないけどたのしみ。


ところでバルサが今回のクラシコに向けておもしろい企画をやっていたのをご存知ですか?

世界中がインターネットで繫がった、今の時代だから可能な素敵な企画。


コレ


画像を送ると、クラシコの日に、カンプノウの中の誰かが手に持つパネルになるわけですね。

入場の時かな?

歴史があり、世界が注目するクラシコの会場に

自分の送った画像がバルサの巨大エスクードの一部となって表示されるわけです。

素晴らしい興奮を与えてくれるムイビエンな企画です。


世界中にファンの居るバルサだからこそできる企画でしょうが

すごい時代になりましたね。


1週間くらい前に知って、

ヤベーどの写真を送るかなぁ?ワクワクすんなぁとしているうちに

すっかり当日になってしまいカカパルケで紹介するのも今になってしまいました。


21日が募集締め切りになっていますがまだ送れるようです。

進捗がまだ94%とのことなので、臨時でまだ募集しているのかもしれません。

もし無理でもバルサファンの方は記念にでも送ってみてはいかがでしょうか?

私は送りましたよ。さっき。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年05月23日(水) 13時20分13秒

バルサクレへ告ぐ

テーマ:F.C BARCELONA

余談ですが、先日紹介しました

ホステル に出てくる主人公の青年が

1人はバルサのメッシにそっくりであり、もう1人がビクトール・ヴァルデスにそっくりでした。

バルサが好きな人は、是非一度は確認しておきたいところです。


今日はリガカンペオンのファイナルです。

昨日、夜9時に寝て朝早く起きる練習をしました。

今日も頑張ります。


今日は半袖日和で、ともて清清しいですおやしらず

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月18日(月) 23時35分24秒

バルサ 散る

テーマ:F.C BARCELONA

バルサ、普通に散りました。。。


普通に負けたナァ・・・。



なんか、某有名バルサファンの集う掲示板を見ていると、やれ“昨日の決勝よりも帰国してからのアトレティコマドリ戦の方が大切だ。そっちの方が気になる”だとか、“会場の雰囲気がなってない”とか、よく分かんないなー。日本人バルサファンは。


まず、昨日の決勝戦よりも大切な試合は無いと思う。クラブが999年にできて、それから今までの長い歴史上で唯一獲った事の無いビッグタイトルを賭けた試合。世界一のクラブの称号を賭けた戦い。バルサにとってそれ以上に大切な試合などあるのだろうか。

この敗戦を忘れ、次へと切り替えることの大切さは分かるが、もっと悔しがるべき試合だ。アトレティコマドリにはここ数年、カモにされているが、それでもリーガを制しているのだから、[クラブW杯決勝<アトレティコマドリ戦] という構図は、一生かかっても俺には理解できない。マドリは何度も獲っとるんやゾ!


そして会場の雰囲気について終わってからぐちぐち言っている熱い方たち。終わってからチームの力になれなかったとか言っても、当たり前としか言えない。

先日、ソシオ限定の公開練習にお邪魔してきたが、そのときの雰囲気もおかしかったからなぁ。チームをサポートしようとしていた見学者は、スペインからツアーできたエスパニョールたち。

イムノを唄ったりして盛り上げていた。あと、一部の日本人がダンマクやらゲーフラを掲げていて選手が喜んでいた。それくらいだ。あとは、キャーキャー言っているひとたちばかり。いわゆるミーハーちゃんだ。ちなみに俺はキャーキャー言っては居ないがそのミーハー部類だ。たのしめればいいとカメラを持って会場に行った。今回特に応援をしようという意思は無かった。試合行かないし、練習で近くでスターを観とくかというカンジ。

そしてまわりもそんな人ばかりだった。練習中も選手の名前を呼んだり、ペチャクチャお話したり、自慢合戦。それは決して悪い事でもなんでもない。それだけ魅力があるチームだからこそミーハーになれるのだから、それでいいと思う。

しかしそんなカンジで試合に行ったら選手のサポートなどできない。

人生をかけて横国に集結してきたブラジル人たちの迫力の前では、試合会場がインテルナショナルの雰囲気になるのは至極当たり前の事だった。悔やむなら事前に動かなくては。俺にその気は無かった。


女子サッカーでもそうだけど、試合を“たのしみ”に来た人に、一緒に声を出してもらう事がどんなに大変か。プラチナチケットを手にした人たちは、その幸運を噛み締め、瞬きさえするもんかと試合に見入るために集まってくる。その人たちに、バルサのために声を出して応援をしてもらいたければ、事前の準備が必要だ。それをせずして、文句を言っていては残念としか言いようが無い。

今、あの会場の雰囲気を残念がっている人は、きっと普段TVでサッカーを観ている方たちが多いだろう。

現場はそんな簡単じゃない。


そして、あの試合を早く忘れてしまおうという意見は、さらに残念だ。あの試合は、幻のPKはあったものの、内容的にはハードラックで負けたわけじゃない。

敗因があった敗戦だ。

今後の糧にしてこそ報われる貴重な忘れられない試合だったろう。インテルナショナルにできたこと。それをチェルシーやマドリ、リヨン、マンU、そして今度CLで対戦するリバポーが実践してきたら・・・やっかいだ。

ライカーさんも、チームもきちんと分析してるだろうけど、来年またバルサがクラブW杯で戦えるのであれば日本でやらないで、バルセロナのソシオがこれる距離で開催してもらいたいなぁと思ったり・・・。その方がバルサのためになるだろうて。


93年か94年だったか、トヨタカップでクライフバルサが日本に来た時。日本のファンは、おかしなところで歓声を挙げて奇妙だったと選手が言っていました。これはちょっと恥ずかしいこと。それから月日は流れたけど、やっぱり日本にサッカー文化は浸透していないナァと、すこし残念に思った大会でした。日本人にとって、サッカーはたのしむモノ。興行なのかなと、ちょっと寒いです。


それでも、来年またバルサに日本に来てもらいたいのは正直なところです。悩ましい。


では、この冬、ミーハーに徹した俺の激写シリーズを旬なうちに公開してしまおう。


えっほえっほ寒いなーとランニング開始バルサ。会場のファンの声援に拍手で応えるナイスガイ・アイスマングッディ。ミスドのグティじゃないよ。グジョンセンだよ。


バルサといえばのロンド。一生かかっても取れない・・・と青年が嘆いていました。

まぁ俺だったら開始3秒で捻挫してお休みを頂きます。

うーん。体が温まる前でコレだから素敵です。

プジョルはパンツがケツに食い込み過ぎているみたいでクイックイッしてます。プジョルのクイックイッを観れるのはカカパルケだけ。


ウエドのアヤちゃんも大好きのスーペルデコ。男から観てもカッコイイ男です。




残トレのチュタール練習。試合中のデコのミドルはほんとスゴイ。短いモーションから放つミドルは効果的で、是非参考にしたい。ジェラードみたいな身体能力が必要なシュートは日本人にはできないと思うけど、デコの体格は日本人に似ているから(たしか血が入ってたような)参考になりますね。

とりあえず残トレの精神が必要ですね。この日はロニーが序盤に体調不良で引っ込んだため(寒かったからとの噂も)、残トレはデコとグジョンセンと、たしかエスケーロの3人でした。デコがやっぱり上手かった!


ミニゲーム。プジョルはやっぱ目立ってました。髪の毛邪魔じゃないのかな。それだけで尊敬。

あと、チュラムはすごくオーラがあった。シャビとか、イニエスタとかは、顔だけなら「なんかイケそう」と思わせてくれる優しさがあるのだが、チュラムの場合「殺される。監督もう下げてください。もう嫌です。」と言いたくなるカンジ。


調整中だったサビオラ。ミニゲームを見学中。怪我が間に合わなかったようだ。ジュリも調整中で心配だったが試合には出れていた。なんだったのだろうか。


メキシコ人、ドシュサントシュ 。日本代表のサントシュとマッチアップしたらチンチンにしちゃうんだろうなぁと激写。同じくカンテラのクロッサスに注目している人も居たが、“シャビよりもイニエスタよりもグアルディオラのようなプレースタイル”らしいので・・・まぁ実際の試合で観ない事にはどこがグアルディオラっぽいのか分からんでしょうということで、サントシュに注目。遠慮無く削られてました。



最後に、スペイン人カメラマンとメンチ合戦をしてきました。

勝ちました。侍をナメんでください。



来年こそ、世界一になってくれ!

バルサ対浦和・・・あるかな。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月30日(土) 01時36分04秒

エーン

テーマ:F.C BARCELONA

べー

ですぜ、ダンナ。


ブレーメン戦で、エト男が自爆系怪我をしました。全治、2,3,4ヶ月とのこと(半月板損傷・・手術成功し復帰まで5ヶ月と診断されたとのこと)。


うーん。


ブッちゃけ年を明けてから大切な試合が続くはずなのでそれまでに治ってくれれば・・という考え方もできるが、TOYOTAカップで日本に来れないとなるとかなりさみしいです。



この展開・・・やっぱりコネッホ君がチャンスを得たって事になるのですかね。

シャビオラ・・・バモ アニモ!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月07日(木) 23時48分55秒

ユニセフがバルサのユニにはいる

テーマ:F.C BARCELONA

遂に歴史が変わった。

バルサのユニにスポンサーが入ることになった。


ユニセフ


極めてイメージが良いユニセフと5年間の契約。

普段は、スポンサーが金を払ってユニフォームを広告塔にしてアピールしていくわけだが、今回のバルサの場合は逆かな。バルサはユニセフとも手を組める正義のチームである。という極めてクリーンなイメージをバルサが買った形。実際バルサが毎年お金を寄付するようだし。


一応ソシオになっている身なので微妙かな。ソシオになる前に“バルサの胸スポンサーは要らない。ソシオの存在があるから。”と相当強く言われた覚えがあるのでね。まぁ、やり方も変わるだろうし、そんなんでバルサを嫌いになるソシオが居たら笑えるけど。(日本には無駄に多そうだ。)

ただ100年以上守ってきた歴史。それが変わるわけだから大きな変革になったのは間違い無い。バルサは独特のアイデンティティーを持ったクラブで、その一部が胸スポンサー無しだったわけで。現地はどんな反応なのかな。まさかユニセフの旗を焼くなんていうソシオは居ないだろうナァ・・・。


一番感じたのはチームが強ければ、こんなこともできちゃうんだな。ラポルタすごいね。マーケティングで、歴史を変えちゃったんだから。



でも、ユニセフのロゴをユニフォームに入れるか入れないかはバルサ側が決めていいらしい。チャンピオンズリーグのみで着用とかもあるようだ。どうなのるかな。

実際、もうスポンサー入りユニも出回っているみたい。どっち買うかナァ・・・。


あと、やっぱネームを入れる選手が決まらない。自分の中ではラーソンが飛びぬけていたからなぁ。

デコか翼にしようかな。



そういやユニセフにはチームユニセフというサッカーチームがあるとか。バルサからはレオとマルケシュが入っているらしい。日本人だと、ヒデさん。引退した場合はどうなるのかな。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年07月20日(木) 23時46分05秒

バルサ新加入選手 決定!!?

テーマ:F.C BARCELONA

バルサの補強が完結した模様。


【獲得選手】

グチョグチョグチョンセン(グジョンセン)fromチェルスキー

ザンブロッタ fromユベントス

チュラン fromユベントス


素晴らしい。


ラルソン師範代の穴を埋めるべく、最重要課目としてバルサに与えられたミッションが、有能なFWの獲得でした。そのミッションの答えがグジョンセンです。既に練習に参加しており、なかなか評判は良いようです。師範代と同じく“北欧人は真面目でプロフェッショナル”という印象を与えているようです。あとは、試合でどんな結果を残せるか。ソコです。

【栄光の7番を背負って頑張ってくださいグッディ。】



そして、やってしまったユベントスから、お零れ頂きましてザンブロッタとチュランを電撃獲得!


実は、ザンブロッタは大方の予想ではレアルマドリ新監督のカペッロ(元ユーべ監督)に引っ張られ、マドリの白いユニフォームを着るというものでした。現に、カンナバーロ兄とエメルソンはマドリに移籍していますし。しかしながらこのザンブロッタという男、アスールグラナ・バルサを選びやがった!男の仲間入りダ!!

髪の毛を切っても眉毛のお手入れ知らずのカンナバーロ兄、W杯直前に遊びでGKをやって怪我をして出場できなかったエメル損よりも、やっぱりザンブロッタでしょうという都合の良い事を考えています。歓迎!!!サイドのスペシャリスト!注目です。

【BIENVENIDO!!ようこそバルサへ!!】


そして、チュラン。アルベルティーニに続き、このベテランもフットボール選手としての最後の舞台をバルサに決めたようです。ハッキシ言ってこのDFはメガネが似合います!そんなチュランを歓迎します。攻撃陣の層は分厚いバルサですが、DF人は仮にブジョルが怪我をしようものならばレベルが下がるのは事実です。その意味で、このベテランDFの獲得は有益ですし、オレゲルなどもこの経験豊富な先輩のプレーから多くを学び取る事を期待できます。“守備のラルソン”と現地クレもワクワクしているそうです。頑張って欲しいですね。

【メガネがカッコ良過ぎます。】


マキシがレンタルで放出された事から、攻撃陣の層が1人減った計算になりますがバルサにはカンテラの星が居ますから。16歳になったら契約を結ぶクルキック君。バルサBのドスサントス君。未来のメッシがバルサには居ますから、問題は無いかと。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月15日(木) 08時40分09秒

後釜決定

テーマ:F.C BARCELONA

ラーション教授の後釜がグジョンセンに決定。26歳くらいという年齢、多くのポジションをこなせる。与えられた時間にしっかり結果を残す。といった、ベンチ要因としてはエクセレントな男。バルサを支えてもらいたい。ラーションと同じことをする必要は無い。グジョンセンらしさをバルサで魅せてもらいたい。



第2監督テン・カテ(ライカーの隣でいつもしかめっ面だった実は重要なオジサン→ガブリと一緒にAJAXへ)の代わりはオーストラリアでヒディングのアシスタントをしているヨハン・ニースケンス(第2監督としてではなくアシスタントコーチとして)に決定。第2のヨハンとしてバルサでプレーしたこともあるニースケンスが戻ってくるらしい。ライカーと選手の間をもったテン・カテの存在は非常に大きい。頑張ってねニースケンスさん。


とりあえず、教授の後釜が決まりこれでやっとメディア的な選手獲得もできるといったもの。


ポルトガルのC・ロナウドがバルサかマドリーに行きたいとか行っているみたいで、ロニーと一緒にまたぎまくってくれたらメディア的にいいかなと思ってみたが、その2チームを天秤にかけちゃまずい。マドリーを潰すためにバルサに行きますという、ジウリーのような選手の方が、バルサクーレは熱狂的に迎い入れ易いと思う。それと、バルサには歴代でみてもハンサムボーイはクライフまでさかのぼる必要があり、ハンサムボーイの成功例は少ない。どうかなと思う。

個人的には、移籍金とかを考えなければリュングベリ、ジュニーニョ、ドログバ、ウィルムソンが是非欲しい。良いDFもW杯で今後も勝手に調査する予定だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月08日(木) 01時11分36秒

3連覇記念(決定事項)ユニはコレだ!

テーマ:F.C BARCELONA

来シーズンのバルサのユニフォームだって。

100周年ユニみたいなカンジとは聞いていたけど、たしかに。

そして、首の後ろにはカタラン語で「クラブ以上のクラブ(だったと思うふ)」と書かれているみたいです。これは有名なフレーズですね。ユニフォームにメッセージ性を持たせるのは好きです。今回のW杯のユニフォームもかなりその国の歴史とかからインスパイアされてできたデザインが多いみたいで・・・簡単にダザイとは言ってられませんね。個人的にはオランダのアウェー(白いヤツ)がお気に入りです。

好きなチームのユニフォームに好きも嫌いもあるか。

買え!正規品を買えー!最近ニセモノが多い。本当のファンならホンモノを買おう!クラブに金が入るゾ!

エトーも心機一転新体操選手みたいでサイコーにカッコイイぞ!!!ピッチピッチのピチーチピーチ姫(ピチーチ:スペイン語で得点王の意味)!


昨年のユニは、下が赤だったんですよね。それがかなり一般人から評判が悪かったらしく、ちゃんと青に戻してきました。でも、ここだけの話デザイナーさんといったお洒落さんたちの間では赤に変えたのはなかなかのグッドセンスの評価だったらしいです。よく分かりませんね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年05月04日(木) 19時10分06秒

2連覇

テーマ:F.C BARCELONA

バルサカンペオーン。


バルサが2005-06シーズンのリーガエスパニョーラチャンピオンになりました。

おめでとぅー。

【あとはコレやね。パリスやね。】

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。