メロメロパーク
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年09月30日(土) 12時41分12秒

始まるよ

テーマ:携帯から
image.jpg
DEN CAMP『The END of Summer 2006』~どこまで引っ張る俺たちの夏。俺たちがどこまでも~

に参加すべく集合場所へ向かっています。

高校時代のアミーゴとお決まりのキャンプです。幹事ナイス日程!


もちろん、ボール同伴で。
STOP THE FOOTBALL SPEAKER!PLAY FOOTBALL!

なんて云ったらかっこヨカバイね。サッカー語る前に球蹴っとけ!って事ですね。日本人に足りない点です。
でわ行って参ります!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年09月30日(土) 01時36分04秒

エーン

テーマ:F.C BARCELONA

べー

ですぜ、ダンナ。


ブレーメン戦で、エト男が自爆系怪我をしました。全治、2,3,4ヶ月とのこと(半月板損傷・・手術成功し復帰まで5ヶ月と診断されたとのこと)。


うーん。


ブッちゃけ年を明けてから大切な試合が続くはずなのでそれまでに治ってくれれば・・という考え方もできるが、TOYOTAカップで日本に来れないとなるとかなりさみしいです。



この展開・・・やっぱりコネッホ君がチャンスを得たって事になるのですかね。

シャビオラ・・・バモ アニモ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月29日(金) 01時17分39秒

パパ

テーマ:日テレ・ベレーザ

ブログ更新できませんでした。

ここのところ、ベレーザのこと、自分のフットサルのこと、バルサのことなどいろいろ考えていました。

まずはベレーザのことですが、どこかでマリーゼ戦のデータを見て驚きました。

シュート数なのですが、前半4本で得点2。そして後半・・・シュートゼロ!合計シュート4本!

え・・・・・?

これは、貴重な試合に参戦できなかった事になります。

今までのベレーザはスロースターターといわれる事がしばしばありました。しかしこの日は開始4分で2点を獲得。見事なスピードダッシュにベレーザサポもおどけてみせたことでしょう。そこまでは想定の範囲内としましょう。ベレーザが爆発したら、そんなこともありあましょう。偉そうですが・・・。

しかし後半シュートゼロは衝撃であります。一体何があったのか。それはそこに行かなかったから分かりようがありません。やはり行くべきなのです。行ければ。この試合に関してはサッカー感が似ていると言われるAMEとひささんの情報に頼るのみです。

伊藤さんのゴールは澤さんのシュートのこぼれ球だったようなので、得点シーン以外では澤さんが1回シュートを打っただけです。

これは失点を1に抑えた守備陣を褒め称えるしかなさそうです。

今週、ランドではどんな練習が行われていたのだろう。相当気合が入っているのではなかろうか・・・。ゴッド松田も、リヴァイアサン松田になってしまうかもしれない。練習見学に行きたいような行きたくないような感じです。

おわり

バルサのチャンピオンズリーグ、ブレーメン戦をインターネットでぺイパービューして観ました。ここで勝てばほぼグループリーグ突破なんでキーとなる試合でしたから。結果は1-1。プヨルの自殺点。そしてメシ男君の同点弾。価値有るドローに留まりました。まだまだ気が抜けませんね。

で、今期のバルサ熱は昨年のそれを下回ることは前々から述べてきました。ラルソン師範代が居ないため、誰を熱狂的に応援して良いのか判断できません。バルサはチームとしてずーっと好きです。が、スペシャルが居ない。ベレーザなら中地、近賀というスペシャルな選手が居るわけで、やはりその存在は大きいのです。バルサには、今、それが居ない。

なので、好きななれそうな人(選手)居ないかなぁ・・・という、まるであいのり参加者みたいな感情で試合を観ています。

ちょっと気になる人が現れました。

リュドビックビュクビュク・ジウリーでやんす。


このフランス人FW、小さいのです。私と同じくらいのチビ助です。165cmくらいなもんだ。

なのに、頑張ってますよ。

メシ男くんの台頭で出場機会が減った昨シーズン。腐ってもおかしくなかった、だって30歳超えてますから。

移籍か・・・?と言われもしましたがバルサでプレーする事を選んだ事はやはりうれしい。


そしてそのプレースタイル。ボールを持ったらすぐ前を向きアタックをかける。アタックをかけた後にフォローが居ない事に気づく!シュート!そんなプレースタイルが自分に似ています。アタックしてナンボ。フォローしてよ。そして仲間がフォローしたらゴールですよ。彼のマイナスのパスから何回ゴールが生まれたか。アタッキング隊長ジウリー、いいです。


まずつかみが良かった。

試合前、チャンピオンズリーグのアンセムが流れるシーンで、子供の肩をむギュむギュ揉んでました。むぎゅむぎゅですよ。

子供はマッサージされるのをたいてい嫌がりますよね。でも揉んじゃうところにパパを感じました。

きっと家庭では、息子に肩をむぎゅむぎゅしてもらっているお疲れのパパなのでしょう。とてもキモチいいのでしょう。

だから、サッカーの頂点を決めるチャンピオンズリーグの桧舞台でむぎゅむぎゅ。いいモナコリアンじゃないか(パリジェンヌに対抗して)!ジウリー。そんな人間性も、俺は分析して試合を観ていますから、選手は大変ですね。


あと一生懸命な守備のシーンもリスペクトに値しました。

普通FWの守備とは球を奪えたらそれに越した事はありませんがまずはプレッシャーをかける事ですよね。でもこのブレーメン戦でのジウリーの守備は、右サイドバックのオレゲルにごめんあそばせ状態で本当にダービッツ並みに深々とマーキングしていました。おいそこまでやらんでいい、点を獲る事が君の仕事だ。と言われればそれまでですが個人的には好きです。責任感のあるパパ像を観ました。


そんなわけで、ジウリー・・・ロニーやメシ男に比べれば華はありませんが、誰よりも大きな鼻がついてますので注目してください。

俺は注目して後半を観ます。そうなんですょ、まだ前半しか観てないのにこんなに書いたんです。


おわり。


おまけ、ブレーメン対バルサ戦でレアルマドリーのマフラーを掲げるくだらない大人が居た事をここにお詫び申し上げます。この事件を極めて悪質でくだらないと判断した当方としましては、お客様のご意見を顕著に受け止め、再発防止に努める所存であります。今後同じような間違いが起きないよう、ブレーメンには早期敗退して頂くよう申請中です。ご了承下さいませ。



終わり。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月25日(月) 15時48分56秒

なでしこリーグ 第12節 結果

テーマ:日テレ・ベレーザ

9月24日(日)Jヴィレッジスタジアムで行われたTEPCOマリーゼ対日テレ・ベレーザの1戦は1-2(前半1-2)でベレーザが勝利したとのこと。


この試合、V.Bりゅは参戦できていません。


得点は前半の初めに立て続けに永里ファンボステン選手と伊藤さんが決めた模様。

その後、マリーゼの猛攻に合い1点を丸山に決められるが守りきり辛勝したようだ。

詳細はメリーゼのオフィシャルサイトのレビュー が一番いいと思う。しかしマリーゼはしっかりしてるなぁ・・。マリーゼを地域密着させるためにできる事をたくさん支援している。サイトでは動画も観れるし。更新も早いし。マリーゼに興味のあるけど観に行けない人も取り残されない状況がある。誰か個人がせこせこ頑張っているというより企業が仕事としてバックアップしていると感じる。素晴らしい。日テレも、スポンサーとしてユニフォームにロゴを入れているのだから、もっと動いてもらいたい。うるぐすでも取り上げない時あるし。ベレーザの認知を上げる事、これが日テレの利益になるじゃないか。今のままだと、日本一強いチームは日テレのチームだ、とアグラを書いていると思われてもしょうがない。もっと、きちんと自慢せぇ。と思う。感謝は忘れていませんが。


下位に低迷するマリーゼが相手だったが、ポテンシャルは高く、敵地での戦いを考えれば、そして優勝する事を考えれば勝点3を得た事を手放しで喜びたい。参戦していないとそれくらいしかない。

しかし、キレイに整備されていたであろうJヴィレッジのピッチでベレーザが試合を支配できなかったとは意外ではある。ハーフタイムに既に得点をあげている伊藤さんを交代させたようだし、やはり内容はゴッド松田にとって芳しいものでは無かったのだろうか・・・。そこは心配だ。


さて先のエントリーでも書いたように、来週伊賀に応援に行こうと勝手に考えていた私だが、意外にも来週は試合が無いことがここまでに判明している。国体で中断期間に入るようだ。すっかり忘れていた。なぜ忘れているかというと、今年はベレーザは国体に参戦しないためだ。

昨年、ベレーザは東京代表として国体に参戦し、規定により澤、ハワイアン川上選手が試合に出れない中で、チーム力をあげ見事優勝を果たし、結果ベレーザはひとまわり大きくなった印象がある。それだけに、この国体不参戦は勿体無いと感じるところがあるが、その間に、国体では得られないものをベレーザは得て欲しい。

ひとつ気をつけたいのは、仮にこの国体でペルーレなどが優勝する事があれば、実際あると思うが、化ける可能性があるという事だ。自信はチームを強くする。そのことを踏まえ、次の伊賀戦は第3クールが始まるつもりで、再度仕切りなおしていく事が大切だと感じている。


来週は、そういえばキャンプに行くのだった。デン校キャンプ2006。これで夏が終わる。


おわり。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年09月23日(土) 23時52分33秒

プロフィール画像

テーマ:日テレ・ベレーザ

東京の北の隅でVerdyを応援する さんに浦和せんでスッパ抜いて頂いた写真をプロフィール画像に採用させていただく事になりまして、先日からNEW画像となりました。


恥ずかしいものですが、まぁいいものですね。滅多に見れない己の応援顔。

これでレフティサポさんのプロフィールに負けないくらいの生々しいプロフィールができそうです。




そんなV.Bりゅ。でしたが明日のJヴィレッジで行われるTEPCOマリーゼ対日テレベレーザの試合に参戦できません。

明日の12:45まで東京で用事があるため、15分で福島に行ける方法を知っている方がいましたらメッセージを下さい。


一番大切な予定は福島行きであると感じているものの、こんなときもある。

選手に声を届けられない事は残念だが、自分で下した結論だ。来週の伊賀でまた一生懸命応援させてもらおうと思います。


怪我から還った原の活躍に梃子摺ったINAC戦。還って来た丸山には用心用心。

怪我無く勝利を!!ンベレーザ!!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月23日(土) 17時03分10秒

静岡にて

テーマ:携帯から
P1000940.jpg
先日、静岡に行ったときに聞いたのですが、家の近くに看護婦専門学校ができたらしく、以来夜道に痴漢がよく出ているらしいです。
自分は看護婦に対して特別な憧れをもっていませんがやはりか、という残念な感情に苛まされました。

しかし、最もザンネンだったのがその痴漢ブームに拍車をかけるお店が近所にオープンしていた事です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月22日(金) 21時07分06秒

テーマ:日テレ・ベレーザ

花を持った男が、近付いてきます。



テクテク...



モトヒロ だ!


そうです、先日の浦和女子戦で100試合出場を果たした荒川選手に渡す花束を担当したのがキスミントを噛んでお口のエチケットに敏感な理屈じゃなくやってみるモトヒロその人だったのです。


テクテク...


花束だけを持って公園の敷地内をテクテク歩いている男を見て、その浮きようにブイビー一同ギャハハと笑ってしまいました。


「川上さんに渡せば?」

のフリに、嬉しそうに微笑みながら言った台詞は、率直すぎてブログでは公開できません。出来かねます。


早く、川上さんに花束を渡せる日が来るといいでつね・・・。

って、この前渡したばかりじゃないかー!!土星に帰ってくれ。


おわり。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年09月21日(木) 22時21分14秒

居候

テーマ:携帯から
200609212223.jpg

先週の日曜から、荒川さんが居候しています。

ガンちゃん100試合出場を記念してブイビーで作ったおめでとう幕です。

家庭が明るくなりますね。

家族から何もツッコまれないのが、不気味です。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年09月20日(水) 13時55分17秒

なでしこリーグ 第11節 結果

テーマ:日テレ・ベレーザ

9月18日(日)駒沢競技場で行われたなでしこリーグ第11節 日テレベレーザ対浦和レッズレディースの試合は3-0でベレーザが勝利しました!首位のベレーザと2位の浦和の直接対決。勝った事でその差は6ポイントに。プレーオフ突入前に非常に大きなアドバンテージを得た。あとは、この大切な勝点差を自らの油断で取りこぼさないように、継続して集中する事が大切だ。サポーターもそのつもりでいよう。しかし、この1勝は大きいよ!


得点はバッジョこと岩清水、そして大野さんが2得点であった。


この試合で、俺がエクセレントだと感じたのはまずはバッジョ岩清水である。

試合序盤、浦和に得点の匂いがした時間帯があった。この時間帯、ひとつ脅威に感じたのは山郷(浦和)のパントキックだ。山郷のキックは、追い風にも助けられグランドの3分の2ぐらいのところまで飛んできた。結構いやらしい場所に落としてきてくれた。その球の処理を失敗しようものなら一気にベレーザのピンチになり兼ねない状況であったため、ムムっと思ったのだがことごとくバッジョがヘディングで競り勝ち跳ね返し、その球をベレーザボールにできた。何回も。バッジョが居た事で、山郷が一生懸命えーいと蹴っても、だからなんだと思えたわけで、非常に助かった。攻撃と違って1回のミスの許されないCBというポジションの選手として、非常に計算できる選手だと感じた。結局コーナーキックからヘディングでゴールまでしてくれたが、それは副産物だったろう。先制弾だったので大きすぎる副産物ではあったが・・・。


会場に来ていた大橋監督も、そろそろバッジョのワントップの時代かな・・と頭を悩ましている筈だ。右サイド安藤!ロベカルになれ!というやわらかい頭脳の持ち主だけにもしかしたら、マイボールはすべてバッジョに当てて、落とした玉を永里ファンボステンが決めるというバーミヤンアタックの開発に着手しかねない。これで仮に中国から得点したら、相手は相当にやる気をなくす事だろう。次のマッチデーにこの提案を載せたいと思う。


そして、もう1人グッドだと感じたのが豊田さんだ。左サイドバック!今まで、豊田さんのことはそんなにカカパルケで取り上げていない。じゅんまじっくやたかまるさんへの遠慮もあったりするのだが、今回は書くときが来た感があった。

豊田さんはテクニックがある選手だ。右利きらしいが左で素敵によく蹴るし、蹴り方もどことなく中村俊輔を思い出させるし、パスの軌道も他の選手と違う、ある種特別なスタイルを持っていると感じてはいた。しかし、これもまた中村を彷彿とさせるのだがフィジカルが弱い印象が・・先の東アジアで強く残ってしまっていた。国内リーグにおいても技術では完全に勝てる相手にもサイドをぶち抜かれたり、本人にとっても屈辱的であろうシーンも何回か観てしまった。

しかしこの試合での豊田さんは、フィジカルが弱いとカンジさせる事は無かったしルーズボールの追いかけっっこにおいても肩を上手く入れて先に球に触るなど、器用さという強さを見せてくれた。この点、着々と成長しているのだなと嬉しくなった。

マイボーのときの1対1においても、上体を上手く使ったフェイントでキレイに抜いていたしやはりセンスを感じる。そして強烈な右のミドル(相手DFに当たってしまったが)も試合で観る事ができた。今後、また成長し代表に返り咲ければ良いと思う選手だ。まだ20歳になったばかりらしいのでおかしな表現だが・・・。


あと、感心したのは澤さんと永里ファンボステンのコンビネーション。澤さんがキープして前を向くとボステンがオフサイドラインに並び、澤さんがパスを出すモーションに入るとボステンがそこに球が来ると分かっていたように走りこむ。この澤さんの出すパスが結構意外なところだったりするのだが、ボステンは反応しているので見えているのだな。と思った。

こうなってくると、当人達にとってサッカーは楽しくてしょうがないだろう。このような呼吸の合うパートナーを見つけると、オマエが同性でガッカリだと俺なら思ってしまう。それくらい、サッカーを楽しくさせてしまうものなんだな、この呼吸が合うという状態。暫く感じていない感覚だ。


澤さんのすごいとこといえば、ここゾというところで完璧なパスカットをする点。違いを見せられる選手だと感じた。なんか、やばーってときに、お邪魔します!というカンジで完全に身体を入れて球を奪ってしまう。この嗅覚はすごい。さすがなんだなと思います。



と、そんな感じだったのですが応援の方では浦和はさすがでしたね。

まずは試合への入り方。これが勉強になりました。

選手がピッチにウォーミングアップで出てきた時に、浦和側のスタンドの人はほぼ全員で拍手してました。これは文化の違いなんだと思うが、ベレーザ側のスタンドの人は俺達も含め特になにもしなかった。

客観的に見てみて、なんとなく試合を楽しみにきたベレーザのファンと、試合に対して凛とした姿勢で挑む浦和のファン。この差がハッキリと見えて、この差は埋めていきたいと感じた。なので今後はまずはVBからそのようにしていこうと思ったし、そうしていこうと試合後のミーティングでも話し合った(なので開場時間を早めてもらいたい)。

このブログを読んだ方で共感できる方がいたら、選手が姿を現したらまずは拍手で迎え入れて頂きたい。勿論、いやいや単純にたのしみにきた!って方はポテトチップスを食べながら、わわわホンモノだ!生澤だ!生アフロだ!で全然構わない。が、真剣にベレーザに勝って欲しくて会場に来たのならば、応援しに来たゾという意思も選手にも伝わるだろうし、拍手は大切な文化だなと感じた。



【クリックすると拡大】


ミーティングを終えて、家路に着こうとしたら空がイケイケだったので撮影した。少し、刹那を感じた。

この日の試合会場は俺の家から一番近いなでしこリーグの試合会場なため、チャリ通だった。

しかし、往路でパンクしたため、帰路はこれまた刹那い気分になった。

雨が止んでいただけヤッターマンではあったが・・・。

なお、この試合でガンちゃん選手こと荒川恵理子さんがリーグ出場100試合となった。おめでとうございます!

そして、時を同じくして小林弥生選手がこの日25回目のお誕生日を迎えた。これまたおめでとうございます!



おわり。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月17日(日) 16時23分16秒

ブォッ!

テーマ:携帯から
小田原で小田急線に乗り込むと、JFAマーク入りの洋服を着た日焼け肌でかりあげの人に遭遇!

カ、カリアゲ!

普段からJFAの服を着ているのか!?恥ずかし過ぎる。


しかし、よーく見ると手にはKAMOショップの袋。ン?スポーツ帰り?アクティブな匂い。


ニセモノでした。


しかし、JFAの服を普段着で着こなせる大胆な人はアノ人だけだと思っていたので、ある意味ショッキングでした。

現在、小田急線で帰宅中ですが、隣の席のおばちゃんのガムがいい臭いで吐きそうです。いくらミントフレーバーでも、なかなかどうして堪え難いものですね。ガムはお口を閉じて噛みましょう。ガムと一緒にエチケットも携帯しましょう・・。ちょっとだけ膨らましてパンとしよった!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。