メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年07月30日(日) 16時22分18秒

AFC 女子アジアカップ オーストラリア2006 北朝鮮戦

テーマ:日テレ・ベレーザ

『AFC 女子アジアカップ オーストラリア2006』 が行われていました。

本日、女子日本代表は来年のW杯出場権を賭けて北朝鮮と闘ったのですが、惜しくも2-3(1-3)で破れてしまいました。開催国である中国が決勝まであがったため、本日の3位決定戦で勝てれば出場権を得られた、その上、北朝鮮の3選手がサッカー選手としてあるまじき行為を行った制裁で試合に出れないというラッキーな流れで迎えていた試合だったのですが・・・勝てなくて無念でショックです。


この結果、女子日本代表は北中米およびカリブ海地区3位とのプレーオフに挑む事が決定しました。相手はどこかまだ知りません。どこだ?


重要なのはまだ可能性は50%きっかり残っているという事。行けると信じるよりも、残された時間で何ができるのかを考える事が必要だろう。正直オールスターどころではなくなってしまった。すまん。(ちなみに中間発表結果にはガッカリしている事も事実だ。残念な流れで予想道理すぎる!サポ投票系はこの流れはしばらく止まらないだろう。しょうがない。)


今大会で女子日本代表が、大橋監督の掲げていた「世界と闘えるチーム」まで成熟仕切れていないことがバレてしまった。個々のレベルアップも大切だが、チームとして個々の限界をカバーできる戦術が必要とされている気がする。これは男子代表が失敗した流れなので、ゴマかしでなく将来展望も含めたテコ入れを期待したい。


それにしても、俺は女子サッカーの応援をしていて、今の女子サッカー界はいい選手がたくさんいるんだと感じてきた。黄金期に入ってもいいんじゃないかとワクワクしていたんだが(てか昔を知らないんだケドね)、大橋JAPANを観ていると人材不足に感じてしまうのはナゼだろうか・・・・。選手の使う場所、これがシックリきていないからそう感じるのだと思う。俺だけだろうか・・・。



ともかく、ワンデートーナメントのK-1の要素の大きい今回のような短期トーナメント大会に比べて、プレーオフはまさに言い訳の必要の無い闘いです。強いものがW杯に行ける。行って貰おうじゃないか。早くスケジュールを出して欲しい。そして何ができるか考えたい。


オーストラリアで最後まで闘った選手、関係者、サポーターのみなさんおつかれさまでした。今度は自分もなにかできるよう頑張ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年07月29日(土) 22時31分09秒

おめでとぅ!

テーマ:携帯から
P1000771.jpg
高校時代の後輩が結婚した。三つ下の後輩だ(中高一貫の学校だったため)。サッカー部でも後輩だった。律儀な男で曲がった事が嫌いなロックミュージシャンだ(今年はレイソルの入場曲かなんかをやってるとかやっていないとか。フルアヘッドというバンドよろピコピコ!)。この前も一緒にフットサルをやったりしたし身近な存在が大きくはばたいた。

年末にはお子さんの誕生も控え、まさに男気が増したというかんぢだった。後輩だが家庭人としては先輩だ。末長くしあわせに!


このブログの信念は、嘘偽り無く真実、思ったことを書く事。でここまでやってきた。なので、正直に書こう。
ビンゴで大人のおもちゃをゲットしました!後輩なのにお気遣い誠にありがとうございます!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月28日(金) 22時10分05秒

アデレード情報

テーマ:女子サッカー

『AFC 女子アジアカップ オーストラリア2006』 の応援でアデレードに居るレフティ さんから国際電話がきて今日は出た。


オフはオフとして切り替えてそれなりに楽しんでいるようだ。


会話途中、同じところに泊まっている♀に電話を代わられ少しだけ話をしたが・・・どうやらレフティさんは現地では“団長さん”と呼ばれているらしい。なので、“団長は実は中国人で、マフィアです。”とだけ伝えておきました。


モトヒロさんは寝ているそうです。


おわり。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年07月28日(金) 09時15分10秒

大嫌い宣言

テーマ:携帯から
録画してあった女子日本代表対オーストラリア戦観ました。

負けてしまったので、大橋采配批判しても虚しいだけなのでしません。が、お願い事がありまして、大御所酒井ははじめから使って下さい。酒井さんは互角以上の敵との試合で必ず目立つ選手ですから。頼みますよ。テンパってるのかと疑ってしまいます。

細かいパスワークとか日本の良いところも出てただけに結果がついてこなかったのが残念だ。でもオーストラリアもまぁまぁいいチーム。去年の親善試合(4ー2日本の勝ち)で一番デンジャラスだと感じさせられた駿足FWを、疲れのくる終盤に投入してくるあたり、プランもしっかりしてたように感じる。日本より一試合多く消化してるわけだしこの負けは言い訳できん。アメリカと引き分けたりドイツに勝ったり、結果残しててにくたらしい。オーストレィリヤ。大っ嫌いです。コアラとかカンガルーとかマジでもうどうでもいぃから。


幸い、もうひとつの準決勝で中国が北朝鮮に勝ったため、三位決定戦で日本が勝てばプレーオフにまわらずに女子W杯出場を決められる。これは大きなモチベーションだ。

俺にとって、女子代表の北朝鮮戦は原点(2004年4月24日)を思い出させる試合。同じ想いの人も多いだろう。絶対勝ちたい試合。女子北朝鮮代表は、男子と違って技術もしっかりしていて強いチームなのは間違いない。でもまた踏み台になって頂きます。そこに理論は無く、まったくの感情論ですが、案外ピッチ上もそんなカンジだと思う。頑張ってくれ!

日本はミドルレンジからのシュートがここまであまり脅威を与えていないから、案外打たせてくれる気がする。これはチャンスや。キック力のある永里や坂口はやや遠めからドカンと打ってほしい。女子GKの場合、たっぱが無いから高めコースだとどうしても取れないコースがあって、入っちゃった!って事がままある。入れちゃってほしい。例え偶然でも、入ったら、狙いどうりだしって顔をすればいい。GKにとってすごい威圧になると思う。

あとは安藤の上がりのフォローをしっかりしてきちんとゴール前に球を入れるようにすべし。案外孤立してないか?サイドからのアタックで脅威を与えられればDFも数をかけるからセンターに球を入れたら(戻したら)、大野、澤、永里が決定的な仕事をするスペースも空くし、日本ペースになるんじゃないかなと。俺は中地、近賀というサイドのスペシャリストを応援しているから、代表でサイドを任された安藤には是非頑張ってもらいたいょ。代表合宿で安藤と近賀さんが右からのセンターリングの練習してたのを観た。近賀さんのクロスの方が良かった。でも大橋監督が安藤を選んだのだから、何かがあるんだろう。それを爆発させてほしぃ。安藤がんばれ。

あとはやっぱりガンちゃんの覚醒に頼りたい。覚醒バージョンのガンちゃんはマジすげーから。澤さんよりすげぇじゃんと思わせたあのプレー。また観たい。

とりあえず三位決定戦の日曜まで、代表ユニを着て寝ます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年07月27日(木) 17時07分30秒

AFC 女子アジアカップ オーストラリア2006 オーストラリア戦

テーマ:女子サッカー

『AFC 女子アジアカップ オーストラリア2006』 が行われています。


本日は来年の女子W杯出場を賭けた準決勝。日本対オーストラリアが行われました。


※注意 結果アリ※


【先発メンバー】

●なでしこジャパン
GK12 福元 美穂
DF2  磯崎 浩美
DF3  下小鶴 綾
DF5  矢野 喬子
DF7  安藤 梢
MF8  柳田 美幸
MF10 澤 穂希
MF13 中岡 麻衣子
MF18 宮間 あや
MF19 大野 忍
FW20 永里 優季

●オーストラリア女子代表
GK1 BARBIERI,Melissa
DF4 ALAGICH,Dianne
DF5 SALISBURY,Cheryl
DF6 DAVIES,Rhian
DF7 GARRIOCK,Heather
DF13 SLATYER,Thea
MF10 PETERS,Joanne
MF14 MCCALLUM,Collette
MF15 SHIPARD,Sally
FW16 MUNOZ,Caitlin
FW8 WALSH,Sarah





【試合結果】









日本0-2オーストラリア(前半0-2)


無念。

北中米およびカリブ海地区3位とのプレーオフが決定しました。

10chで午後6時45分からTV放送があります。俺は録画で観ます。


今云える事はひとつで、まだ終わっていないという事。W杯への道は閉ざされていないという事。

3位決定戦も大切に闘ってもらいたい。


大橋監督は次戦が最後という事になるのだろうか・・・・・?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年07月27日(木) 01時16分04秒

決戦当日

テーマ:女子サッカー

『AFC 女子アジアカップ オーストラリア2006』 が行われています。


7月27日、女子日本代表(なでしこJAPAN)×女子オーストラリア代表 当日になりました。

勝った方が来年の女子W杯出場を決めます。

サポ、ファンとしては今更過去を振り返って分析する必要は無い。

未来へと続くこの試合の勝利を信じ、応援するのみダ。


この試合はゴールデンな時間帯に民放放送される。ひさびさのチャンスだ!!

オーストラリアも相当な勢いでW杯に出たいだろう。でもハッキシ言って他人事です。オーストラリアは思いっきり負けてください。てか負ける運命だ!アジアから出てけー!そんな意気込みです。

そのオーストラリアの意気込みってやつを、女子日本代表がガッと受け止め、言い換えれば利用して、女子サッカーもこんな熱い試合やってんよ。というところを日本国民に見せ付けてもらえたら俺、うれしい。


でも、本音を言うと、勝てばなんでいぃ。勝つ事が内容よりも未来へ続く試合だから。でも、やっぱり2004年4月の女子北朝鮮戦みたいな感動を、再度女子サッカーで日本国民に与えてもらいたいな。男子W杯で、日本のサッカーモチーベーション下がってないかな。ここでグイッといったら、一気に女子サッカー選手がCMに踊り出ちゃったりするんじゃないのかな。って勝手に思ってます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月25日(火) 09時36分16秒

ベルカンプ

テーマ:サッカー

アーセナルの新しいスタジアムthe Emirates Stadiumのこけら落としも兼ねて、アンフライングダッチマン デニス・ベルカンプ大先輩男爵の引退試合が行われていたようです。

動画1

動画2


ラーション師範代も、引退する時にはセルチックパークかカンプノウで引退試合するのかな。セルチック対バルサで。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月24日(月) 20時56分09秒

ガンちゃん

テーマ:携帯から
P1000769.jpg
また覚醒しないかな。
大舞台に活躍するらしいからネ。準決勝は同じ79年産まれとして頑張って欲しいなと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月24日(月) 02時13分56秒

『AFC 女子アジアカップ オーストラリア2006』 中国戦

テーマ:女子サッカー

『AFC 女子アジアカップ オーストラリア2006』 が行われていますね。


本日、日本は中国と対戦し、1-0で勝利したもようです。これでグループリーグを3連勝でトップで通過が決定しました。


勝てた試合もあった過去の中国戦。それでも勝てなかったとTV解説者の堀池さんが言っていました。その中国相手にひさびさに勝てた事はチームの大きな自信となる事でしょう。相手国のスカウティングがまったくできていない私は、中国の5番9番みたいないい選手がアジアにはいるんだナァ・・・と感心してしまいましたが、その敵に勝つ女子代表は、強くなってるんだなと感じました。昨年の東アジア選手権では1本しかシュートを打てなかった永里ボシュテン選手を観れば分かるように、やはり選手個々が成長してチームがより強い集団に成長しているのだなと思いした。あとは個々の成長をいかにまとめチームの総合力に変えていけるのか、大橋監督にいい仕事をして導いて頂きたい。このトーナメント中にまたさらに強くなってもらいたい。


次の準決勝に勝利すれば来年のW杯の出場権を獲得する事になります。某角澤さんは、“サァ全てを決めるこの試合”とおっしゃっていましたが、その表現は準決勝、決勝までとっておかなくてはいけません。勝利後の選手の顔を見れば、まだまだこれでは笑えないという自覚を感じます。


この大会の目標は『優勝しアジアチャンピオンとしてW杯に出る。』


そして世界と闘い勝つ。という事。


これを、夢ではなく現実にできるという自信が選手にはある筈です。

アテネ五輪で、もしかしたらメダル?という現実味の有る夢を見た日本女子サッカーでしたが、アメリカの前にそれは儚き夢に変えられてしまいました。

澤さんをはじめ、主力選手は五輪でいい結果が出ていたら引退していたかもと言っていましたね。

まだ辞められないと思ったのは、来年のW杯、再来年の五輪があるからです。

その舞台で勝つことが目標なのです。

彼女達は夢を追っています。

出る事を目標にしている選手はきっといないと思っています。


P1000771.jpg

澤さんは「夢は叶えるもの」という言葉を残しています。

足をテーピングで固めながら闘う澤さん、チームのみなさんには是非とも夢を現実に昇華させて下さいと思うばかりです。


日本で勝利を信じています。

J'sGOAL にレフさんがハニカミフェイスで出ている。元気そうでナニヨリ。

最近たまに『通知不可能』という表示の方から電話の着歴があるのが気になっている。

出れなくて申し訳無い。「賭け直し不可能」です。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年07月22日(土) 21時38分07秒

屈辱

テーマ:携帯から
image.jpg
今日はリーグ戦第五節。
結果は1勝2敗2分け。
今日を入れて残り二節で首位との勝ち点差が4。全勝しなければ、自力優勝が消える節の結果としては、最悪の部類に入りますね。

助っ人なので、チームのやり方には文句は言いづらい。勝ちよりも、来たメンバーは使う。という方針もいいと思う。が、週末の練習日に参加せず、公式試合にだけ参戦し、何もできずにミスを連発するメンバーに若干名がピリピリきていた。私も、助っ人じゃなければガン切れだったと思う。だって勝ちてぇよ。

やはり、スポーツは日々の練習の積み重ねを試合に出し、そして勝利する喜びのためにしたいと考える。練習をしないモノに平等にピッチに立つ資格はあるのだろうか?エンジョイサッカーだから、いいかもしれないけど、一生懸命勝つために練習に出ている人の心中穏やかじゃないのはしょうがないと思う。毎週毎週練習試合もやってるんだから、公式戦だけ来て試合慣れしていなくてパロッてる姿を露呈するのはカッコ良くない。


初戦、首位チームと勝ちに等しい内容で引き分けたにも関わらず、次の試合はローテーションで私は出れず二位チームに0ー2で惨敗。相手が二位だから・・次こそ!と、最下位チームと対戦。勝っている状態でバトンを渡すも追い付かれ引き分け。グハッ(吐血)!
そして今まで一回も負けていないチームを相手に0ー4で完敗。グボハッ!(入院)。この試合もローテで一分くらいしか出れなかった(泣)。
最後の試合は最後の一分くらいだけ出て一応勝った。最後に勝てたのは良かったが自力優勝が消え、練習皆勤賞者は少しだけキレ気味、練習来ない組はそんなに悔しそうな素振りは無し。助っ人の私が言うのもなんだけど、最終節は練習出た組で全部やりたい。全勝して、メンバー固めりゃ優勝できたんだ。って自己満したいわ。そんな気分。

どんな試合でも、勝つためにプレーしたい。負けたら悔しがりたい。そして練習したい。一ヵ月後の最終節や如何に。


帰りにおもてさんどぅーをぶらりんこしたりした。ラフォーレはセールが始まっており、付き添いの男性客は決まって瀕死状態なのが笑えた。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。