メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年04月29日(土) 23時32分44秒

テーマ:日テレ・ベレーザ

今日はランドにベレーザ×マリーゼのTMを観に行った。

結果はベレーザの勝利。40分×2本、30分1本やってTOTAL5-0で勝った。詳細はスミマセン。


いろいろメンバーの加わったマリーゼとの試合は自分達サポーターにとっても、そしてベレーザの選手にとってもいい機会だったと思う。あちらにしても、新加入選手たちが4冠のベレーザの力を肌で感じる機会となった筈だ。

選手のタイプにもよると思うがドリブラータイプなんかは80%くらいでこなしたのではないかと思う。それは手を抜いているのではなく、ふむふむこれくらいならボールを取られる、ならこれくらだったら抜けるかな。今日は手の内は隠しておこう。そんな感覚的なものをつかむ。そして、実戦でそのプレーを実行する。あくまで実戦のためのTM。そんな感じもあったと思う。


難しい分析は、おつむがついていかないので不可能なのでできませんが、今日はゴッド松田監督がFW陣に対していろいろとお話をしていたように感じる。どんな話をしたかは分かりませんが、僕が感じたのはベレーザのFW陣は優秀ゆえに、国内リーグでは1人で点が取れてしまう場面が少なくない。これが世界との試合になると、なかなか難しい。そのギャップは選手が感じていると思うし、うーんどうしたものか・・どうしようもない点だ。そこで重要なのが、ボールのもらい方の基本的な動作を徹底する事。例えばサイドからセンタリングが上がる時、一人がニアに走りこんだらDFが1、2人引っ張られる。その引っ張られた事で空いたゾーンに、この場合だったらファーに入り込む動き、こういった動きを常にする事が重要だと思う。

なぜこんな、選手は既に分かっているようなことを書くかというと、ラーション大先生がゴールを上げ続ける理由はこういった基本的スマートな動きをし続ける事にあると改めて思っているのだ。今のバルサで最も、得点率(得点÷出場時間)が高いのはラーション大先生なのだ。90分に1点らしい。彼は特別なフィジカルを持っているわけではない。そんな先生が得点をし続ける事ができているのは、常にシンプルに基本的にプレーしている事だと思う。あのチェルシー戦での安定したプレー。素晴らしかったな。普通にプレーしてた。まさに大人のサッカー。先生のプレーは生で観ると本当に感動する。なんてスマートな動きをする先生なんだと。このへんのスマートな動作が、似ているなと思うのが実は近賀さんなのです。もちろんひいき目に観ているかも知れませんが、近賀さんのプレーを観ていてたまに「エクセレント!」と私がつぶやくのは、もはやラーション大先生と同じ動き!という感嘆の意味が込められているのでした。知ってた?

【先生吠える!】

【先生オブッ!】

【先生、実は背は高くないの。】

【ラーション。】




長くなってしまった。


今日は、出待ちしている人が多かったのでランドに咲く花の写真を撮っていた。なかなかにエクセレントだった。帰り道にも、暗い中1人でパチパチ写真を撮ってかなり世界観を持っている人だった。

【花だ】

【はっぱだ】

【イルミネーション】


終わり。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年04月28日(金) 21時51分06秒

ひきで

テーマ:携帯から
image.jpg
関係ないケド これは、ネズミ男の真似。小学校で極めて、しばらく封印して今のは復刻版。レアだょ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年04月28日(金) 21時46分57秒

ニョキニョキニョッキ

テーマ:携帯から
image.jpg
前髪がすごい伸びた。目に刺さる。
2000年に短髪にして以来、一番前髪が長い状況にあると思う。邪魔だがかわいい。どうしようもない子ダナ。まったく。夏にはオサラバダゼ。

明日はランドでベレーザ対マリーゼのTMがある(14時からかな?)。かなりいいカードだ。しかし雨が降りそうで今から震えている。かなり楽しみにしていたので没収されたくない。

我が愛しの左足の状況はゆっくりだが良くなってきている。今週末もフットサルの誘いを断腸の思いで切った。行きたーい!来週ジョグにトライしてみようと思う、慎重に。メッシがまた足を悪くしたらしい。スプリント系の選手場合、その爆発力ゆえに筋肉の怪我はクセになる。そうすれば自然とイメージとおりのプレーができなくなる。悲劇だ。他人事ではなく、メシ男が心配だ。トランキーロ・レオ。オレモガンバモス。
逆に朗報としてはバルサの潤滑油クンことチャビ男くんが復帰間近との事。これはうれしいょ。おかえりチャビ男。オレモガンバモス。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年04月28日(金) 00時35分28秒

病弱

テーマ:F.C BARCELONA

昨日のバルサ戦は非常に楽しめた。


まずバルセロナ時代の友達と観戦するのはたのしい。

俺は、サッカーを観る事に集中するとスペイン人のようなリアクションをとってしまう。日本人が「ウォ!!」と言う所で間違いなく「ウイー!!」と言ってしまう。たまに、ハテナ?の顔をされる。それには正直照れる。

そんな心配が無い。


あとは、たのしむ観点が似ているのかな。たのしいとこをクローズアップして観れる。これがいい。


例えになるか分からないが、映画を観た後、いろいろと分析してしまう事があるが、非常に感動した映画に関しては自分の心の中でゆっくりと余韻に浸りたかったりする。人とアレコレ話してしまうと感動が別の形に変わってしまうから。サッカーも同じで、いろいろ分析されてしまうと、ふーんとなる。だって難しいんだもの。単純についていけない。すごいプレーをスゲースゲー云って終わりたい。だってサッカーで食ってないもーん。(サポーターするようになってからやっと分析するようになりましたけどね。。)


俺のお勧めは、バルサのサッカーが好きだから、たのしんで終わり。次の日に選手の真似して捻挫。これでいいと思う。分析しているだけではサッカーはつまらない。

日本にも、もっとサッカーをできる公園ができればいいのに。日本はサッカーやらないサッカー好きが多いと思う。もったいない。バルサの選手達のプレーを観て球を蹴りたくなったひとはたくさんいるだろうて。そんな人は、サッカーをする場所が無くてフットサルに流れ、2時間で¥2000払い、高いなと感じて観戦専門になる。恐ろしいスパイラル。次の首相は公園を作れ。日本のスポーツが発展すれば経済も良くなる。頼む。


話がそれたので終わり。






バルセロナクレの間では、最近イニエスタの評価が高いようだ。ミラン戦も良かった。中盤に怪我人が多く、与えられたチャンスを見事ものにした。

彼は体が小さく細い。それだけじゃなく、右足しか使えないらしい。それでも、第1線で活躍できるのはナゼか?そんなところに興味をもって観戦するとまた一段とバルサのサッカーが楽しく感じる筈だ。日本人としては参考にしたい選手だ。

【ピルロ以上に病弱キャラのイニエスタ。彼の体の使い方は勉強になる。】


個人的にはスタムは怖かった。特に顔が。ミランでの最後のチャンピオンズリーグ。気迫が顔に表れていて怖かった。彼はCBとしてドーンと構えているタイプかと思っていたが、かかんに右サイドを駆け上がりセンタリングを上げてた。中澤がSBをやっているような違和感を感じた。ロニーを激しく削るなど、守備面では頑張っていたが攻撃面ではバルサは助けられたようだ。もしカフーがミランの右サイドに居たら危うしだったなと感じている。シェフチェンコやピッポ君はゴール前で粘りに粘って頭にポコチンと当ててゴールに流し込むことを身体で覚えているようだ。クロスが冴えなくて助かった。

【顔的にも絶対ボブサップより強い。】


あと、エジミウソンが気になる。チェルシーのドログバとやりあってから、なにか一皮剥けてしまった。前まで、やたら手の長いブラジル代表という印象しかなかったが、ひそかなお気に入り。それに顔が優しそうだ。真面目なキリシタンらしいし。きしたんじゃないよ。バルサで中盤の働き者はデコ先生だけど、実はバルサでイエローカードを一番もらっているのはエジミウソン。彼も体張って頑張っているっぽい。


ちょっとマニアックなバルサクレを気取るなら、イニエスタ、エジミウソン、(あとはオレゲール、マルケシュ)あたりの背番号入りユニを買うことをお薦めしたい。ちなみにラーション大先生が居なくなる来シーズン、私は誰のユニを買えばいいのか早くも悩んでいます。

【跳び過ぎのエジミウソン。つーか跳び過ぎ。5メートルくらい跳んでいる。】


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年04月27日(木) 07時05分50秒

ステファニー♪

テーマ:携帯から
image.jpg
フランス人のステファンを捕獲(写真は大佐とステファン)。
ステファンはリヨンが好きらしいがナゼか居た。よくこのバーに来るらしい。今度ペーニャのフットサルに来るらしいので楽しみだ。フォーリナーとプレーするのには慣れているが、独特の感覚がある。リズムもそうだが、球蹴りでコミュニケーションできる喜びを感じられる瞬間だ。
彼はジュリが活躍してると、その大胆につながった眉毛をクイッと上げ「ジューリィ!!」と叫んでいた。やはり同じフランス人として誇りに感じているようだ。
彼は日本代表の監督がジーコであることを知ると「ああああああのブラジリアンガイが!?」とえらく驚いていたのが印象的だった。私としては、ガイでは無いな、いう見解を持ったが。彼は、2002年のときの日本の監督はヒディングでしょ?と偉ぶってみせたが、フィリップ・トルシエ。フランス人でした。オーじゅてーぃんむ。

しかし、チャンピオンズリーグ決勝のカードがなんとバルサ対アーセナルとは。
夢のカード実現。私の好きなチーム同士の対決になりました。といっても10:0でバルサを応援しますが。
アンリはもちろん、リュングベリ、アデバヨール、そしてバルサ育ちのセスクに要チェックメイトだ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年04月27日(木) 05時44分29秒

パリ♪

テーマ:携帯から
image.jpg
0ー0で終了!バルサパリ行き!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年04月27日(木) 00時57分22秒

新宿駅に

テーマ:携帯から
image.jpg
人が居な・・。壮観。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年04月27日(木) 00時55分16秒

ナゼか日の丸でほな参りまひょか

テーマ:携帯から
P1000587.jpg
今からチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、バルサ対ミラン(カンプノウ)の試合を観戦しに新宿のスポーツバーに逝ってきます。
クライフのドリームチームがこの大会の決勝の檜舞台でミランに4ー0で破れ去った試合は、忘れられない記憶として鮮明に残っている。バルサ対ミランの組み合わせが決まってからはテレビでもこの試合の事がよく取り上げられていた。

因縁の試合。

という結びが使われる。
しかしアノ日バルサが大敗を喫したには決定的な理由があった事は、あまり語られていないようだ。紹介しよう、イヤ言い訳しよう。

決勝の数日前にバルサはリーガの最終節を戦い、勝利。最終節で見事首位に立ち大逆転でリーガ4連覇を成し遂げた。つまり、チームはあまりにも劇的な最終節大逆転優勝により(しかもたしか2年連続)お祭りモードとなり、そのお祝いモードが途切れぬまま決勝のピッチに立ってしまっていたのだ。これは当時の選手が、言い訳としてハッキリと言った事だ。

勝ちに慣れ過ぎたチームが招いた悲劇だったといえよう。リーガを4連覇し、前年にはチャンピオンズリーグもクラブ史上初で制したバルサ。たしかに、きっと勝てるさと思ってしまう背景があったのは事実だ。

では、今のバルサはどうだろう。獲得したタイトルは、(イベント的タイトルを除けば)昨年のリーガのみである。今のバルサには油断は無い。

エーシーミランのみなさんジョガボニート。アデウ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年04月25日(火) 20時59分37秒

アー

テーマ:携帯から
金縛りになってもうた。
ひさしぶり。

毎回毎回、なんかが居るカンジがしてモヤが見えるんです。毎回違うものをカンジるんだけど、いつも何だか分からない。

統計的に金縛りになるときは、心身ともに疲れてるとき。休もうではないか。
早く球を蹴りたい。それが一番ストレス発散になるから。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年04月24日(月) 08時55分08秒

ロペヒュ

テーマ:携帯から
image.jpg
クラウディオ・ロペス。この男が、日本にやってくる。

といってもJリーガーになるわけじゃない。

クラブW杯(旧トヨタ杯)北中米カリブ代表に決まったクラブアメリカ(メキシコ)の一員として来日が決定。こんなところに長らく消息を絶っていた快速レフティドリブラーが潜んでいたとはサプライズでした。クラブW杯出場の切符のかかった決勝戦にもスタメン出場し延長もフル出場。顔も相変わらず濃い。バティやオルテガの側に居たから慣れていたが、単体で見ると濃い!これは来日が楽しみだ。

あと蟹ばさみのブランコも居た。

ところでこの決勝戦。相手チームの名前は忘れたけどメキシコのチーム同士で行なわれました。が、メキシコ代表が召集されていて代表組抜きの決勝になってました。

ありえん。

ヨーロッパのチャンピオンズリーグ決勝で、代表選手抜きで試合なんかやったら暴動やね。
驚きました。



メキシコといえばペップはメキシコのドラドスなんとからってチームで5ヵ月の期限付きでプレーしてますね。カタールの後だったのでこれは驚きませんでしたが次はどこに行くのか。。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。