メロメロパーク
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年04月30日(土) 23時59分20秒

Lリーグ 題4節 観戦記(?)

テーマ:日テレ・ベレーザ

さてさて、4月29日(金)神戸ユニバーで行われましたベレーザ対ペルーレ戦に行ってきました!

女子サッカー界のクラシコと呼ばれているこの一戦の結果は、1対1のドローでした。

(ちなみに下のフォーメーションはスタメン時のもので、酒井選手の負傷・交代後かなり変わりました。)

ベレーザの得点は酒井選手!中地選手からのセンターリング、こぼれ球をペルーレGK秋山とどっちが先に触るか!という争いに勝ち無人のゴールに球が転がりました。結果、怪我をしてしまいますが本当に貴重な1点を決めてくれました。

TASAKIの得点は、右サイドを突破した新甫(ニイホ)からの低いニアへのクロスを大谷がプッシュしてゴールに流し込んだものです。散々、頭を狙ったセンタリングをしてきながら、前半終了間際にあの低く速いニアへの球。にくい。でも、オフサイド・・・。アウェィ!!

新甫に関して言えば、確か去年の国体に選手兼監督として参加していたような気がします。今後も、対戦するときにはチェックせねばいけません。


試合内容に関してはtakuma さんやコチラのサイト がお勧めです!


もうこの日は“声”優先。試合後はボーっとしてしまい、そのボーっとしている間に記憶にサヨウナラした気がします。(倒れたとかじゃないです。モリモリ元気です)

特に後半は・・ほとんど覚えていない。ただアツイものだけが体に残ったかんぢです。試合中はやっぱり試合展開をみて「ココだ!」ってところでコールを入れたい。だから試合展開を書けないはずは無いんだけど・・。修行が足らんなぁ。ただ、気持ち入れてきましたよ、みなさん!



個人的にはとてもうれしいことがありました。

この日、V.Bは6名でした。

ただ、後半からかな・・現地のサッカー風小学生がちょっとずつ、ちょっとずつ僕たちの周りに席をずらしてきたんです。

それで、僕たちに合わして手拍子してくれたんですよ。すごくうれしかった。

僕もそんな少年少女の心意気に感動して、体は彼等の方に向けて叩くタイミングが分かるようにオーヴァーに手を叩いてみせたりした。ただ、スマン声だけは選手に届けたいんだとピッチの方に向けていた。その結果

「チンパンジースタイル」という応援スタイルをあみ出した!(アメヒサ 命名)想像がつくだろうか?

隣に居たヒサ も「いっしょにやろうよ!」と子供に声をかけた!

今、思えば・・

澤選手がボール持つと「サワー!」って子供がはしゃいでいたので、サワソング、入れればよかった。やっぱり澤選手は人気者でした。


試合後、本当は結構人見知りするランキング上位の僕とヒサ で彼等の中の二人と暫しお話しができた。

ありがとうに始まり、

少年「ワシなぁ・・カズすっきゃねん!」

りゅう「マジで!!?俺もカズさん大好きよ!?おなじジャァン」

アメリカンな握手!!ガッシ!

少年「ワシな、カズダンスみたんやぞ!」

りゅう、ヒサ 「(カズダンスを踊る。)これな!」

りゅう「ナニナニ、これやっちゃう?(またぎ)」

少年は微妙に喜んだ・・・。微妙にね。


こんなところでカズさんのファンに会えるとは・・!と思いきやココは神戸か。ナルホド!と一人納得しながら彼等とお話できたことは本当に価値のあること!サッカー少年、少女がLリーグを観ることはいいことだと思う。小学校時代はまずサッカーを好きになることが大切。Lリーグはサッカーのたのしさや彼らが憧れるような素晴らしいテクニックに溢れている。彼等たちがサッカーをもっと好きになる要素がたくさんある。ヨカッタ!


その少年は最後、

「あのな!ワシの夢はヴィッセル神戸に入ることなんよ!」と言っていた。ほんとにがんばれよと思ったからそう伝えました。スゴイ目が生き生きしていたし、アツかったな。

じゃぁねと10メートルくらい離れてから

「今日はありがとうございました!」

て叫ばれた。こちらこそありがとうだな。うん。


試合の応援で行ったわけだが、こんな出会いもあり、いい遠征になったと思っている。

アウェーでの勝ち点1。選手も納得いっていない筈。

次節浦和との大一番で勝ち点3獲ろう。少しでも多くの声援をベレーザに向けよう。

場所は駒場。浦和のサポーターの大切にしている場所だ。ここで、ベレーザに勝ってもらおう。その意味はとてつもなく大きい。

今こそ波に乗るときだ!!


 

この日、はばタン の人形が先着500名に配られた。このはばタンという方は、2006年に行われる兵庫国体 のマスコットキャラをやっています。

ナンダヒヨコか・・。と思っていると怒られます。フェニックスであられます。

この日、TASAKIのサポーターの方々が運営スタッフとしても働いており、そのうちの一人からはばタンを授かりました。運営スタッフまでやって、素晴らしい。


あと、入場者数2500人という数字。いいのではないかと思う。

いい場所で試合をやればお客さんは入る。

昨年の、オリンピック前に稲城で行われた同カードも同じくらいの数だった。喜ばしいこと。

選手には、いい場所でプレーしてもらいたいと思う。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年04月29日(金) 02時03分58秒

犯罪の臭い

テーマ:日テレ・ベレーザ
今夜は、スパとカプセルホテルが合体してるとこに泊まってます。
さーて、温泉で疲れを取り明日に備えんべと更衣室のある四階へ。んで、浴室は六階みたく、階段を登ってくシステムみたいだ。ふーん。階が違うんだね。

タオルを腰に巻きテクテク歩いていると、ふいにおばちゃんたちとスレ違った。ゴキゲンだ。

でも、
明らかにおかしい。腰にタオル一枚だけの状態でおばちゃんとスレ違っていていい歳だろうか?いいや、そんな筈はない。
まわりを見回すとみんなガウンを着ていた。僕だけが布しか当てていない勇者スタイルだ。完全に浮いた。

ハメラレタ!

危うく犯罪者になるところでした。

犯罪者といえば、昨日の高速バスであきらかにねっぺコイた人が居た。夜中の三時くらい。みんな寝てるから誰が犯人か分からず、見えない恐怖に怯えてた。ウププ。
たのしくなって眠れなくなった!

今日はゆっくり眠れそうだ。おやすみなさい。がんばれベレーザ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月28日(木) 19時52分31秒

原点回帰!& 好きな選手その壱。

テーマ:日テレ・ベレーザ
さて、4月29日に神戸ユニバーで行なわれる試合に参戦するため、とりあえず大阪にやって参りました!僕はみんなより一日早く関西入り。朝七時に大阪の難波に到着しました。

今日、やりたいことは決まっていました。これから長いリーグを戦う上で(もう始まってるけど!)、ベレーザサポとしての原点に戻りたい。それを今日やってきました。

鶴見緑地公園。コレを聞いてピンと来た人は既にブラザーの域です。2004年7月19日、ベレーザは大阪の鶴見緑地公園スタジアムで宝塚バニーズと戦い6-0で勝利したのですが、この試合で僕ははじめてV.Bのみんなと顔合わせをし、一緒に応援をさせてもらったのです。
鶴見緑地は僕にとって本当に出発地点!鶴見緑地公園改め、中地舞100試合出場記念スタジアムに、今日行ってきた!ベレーザサポりゅうの原点!震えた~。メロンソーダガブ飲み!腹イテェ。

ここまで読んで中地舞100試合出場記念スタジアムが気になった方は下を読んでください。

僕は当時ベレーザを応援するのかペルーレを応援するのか、悩んでいました。はじめはペルーレを応援しようと思っていました。でも、近場だったこともあり行ってみたベレーザの試合を観て、その度に、ベレーザというチームに魅せられていきました。こんなにいいチームだったんだ!うまいのは予想道理(以上だったけど!)だけど、スゴイ気持ちを感じさせてくれる人たちだ。試合が終わればニコニコ子供と遊んでる。いい雰囲気。こんなにいいチームだと気付いていながらなんで僕はこのチームを応援しないんだろう。必死にプレーする選手を見て、申し訳なさがでてきた三回目の観戦の日、・・ベレーザの中に好きな選手ができてしもうた!それが中地舞。ソノ人だ。冬でも半袖!のエピソード。これには泣いた。気持ち全快だ!右サイドバック!味方が球を持ったらライン際を走る!球が出てこなかったら同じ速度で戻る!大変な距離だ。ただ、君が走ることで相手の守備は横に広げられ中央にスペースができるんだ!エライ!取られた球は取り返す!気持ちを全快に出すそのプレース
タイルは、お客さま想いの人柄以上の魅力だと思う。貴重な点を呼ぶクロスも好き。チョンマゲも似合うし。

長くなりましたが(笑)、鶴見緑地でのバニーズ戦が、この中地選手の出場100試合目の記念試合だったのです!
この試合が僕をベレーザに近付けました。

この100試合の事を知り、葛藤が生まれました。
中地選手の偉業を讃えに行きたい。でも、ペルーレは?そんなわがままな葛藤に襲われ、いい加減にしろ、と決心したんです。7月18日に淡路で行なわれるペルーレ対くノ一戦できちんとペルーレの試合を生で一回観よう。そして次の日に鶴見緑地のベレーザの試合もきちんと観よう。それでどっちのチームを応援していこうか絶対に決めようと。ほんとに怠慢な話だけど。
そんな状況を、鶴見緑地の試合前にメンバーに打ち明けた上で、中地選手の100試合目は始まりました。(ここでまず、そんな自分を受け入れてくれたメンバーにオブリガード)
そして、試合が終わったときに、やっと答えがハッキリ見えました。

ベレーザを応援したい。中地選手のいるベレーザを!そして彼等(V.B)とベレーザを応援していきたい。ハッキリそう思った。
暑苦しいV.B、彼等は女子サッカー全体の発展を望んでいるって事が、煮え切らない自分を受け入れてくれた事でなんとなく解った。非力ながら、女子サッカーのために尽力したい。自分がしたいのはソレだ!それができるのはV.Bだと思った。
北朝鮮戦で受けた感動の続きはベレーザで追い続けたい。カッコ良すぎるけど、感動はちゃんと続いています。全選手に感謝感謝です。



明日の田崎戦、勝つよ。まぁサポは頑張って声を出す!笑顔を忘れずに!それしかないけど気持ち入れていこう。

ちなみに、鶴見緑地の前日に泊まったカプセルに泊まります。さみしいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005年04月27日(水) 22時27分28秒

帰ってきたヒーロー。

テーマ:日テレ・ベレーザ
帰ってきました。俺のお守りが。足首に巻いてあるヤツがお守りです。ブラジルの・・なんか?やね。お守りだと思ってつけてます。カッコよろしいべ!
んで、高槻から帰ってから気付いたんですが、足首から旅に出ちゃってたんですよ。コレが。
まぁ、四月だし、旅立ちの季節だしと黙認してたら、やっぱり帰ってきた!昨日たまった洗濯物洗って干してたら靴下からポロリ。


・・ほんとうは逢いたかったんだょ。(吐きそう)

早速装着し、いざ関西へ!一日早いけど、高速バスで南へシュパァツします。目的は、勿論29日に神戸ユニバーで行なわれるLリーグ第四節、ベレーザ対ペルーレ戦に参戦するため、です!

お守りも帰ってきたし、勝って帰ろうや!ンベレーザッ!!がんばれ~!!!

韓国で戦っていた日本代表(U-17)は、見事優勝!すごい!おめでとうございます!レフティさんもよくやった!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月26日(火) 21時20分16秒

ポルファボール法皇!!

テーマ:日テレ・ベレーザ

ローマ法皇をベレーザ後援会に入れた。


い・・。


この記事 見てそう思いました。

今度のローマ法皇はバイエルン・ミュンヘンが好きらしいです。

そして法皇に、今度バイエルンの会員証が発行(贈呈?)されるらしいです。


ほほぅ・・。イキなことをするもんだ。

しかし、法皇。ベレーザ後援会にも入って頂きたいのです。


とても、お願い。

ポルファボ~ル・・。


コレが僕のベレーザ後援会カード!常に財布に入っているエリートだ。

裏!(昨年2004年度のカード)

裏!!(今年2005年度のカード)

昨年は469番目の後援会員だった僕だけど、今年は10番目だ。ヤル気を見せた結果だと思う。1番の人が居たら是非、後ろから拝みたい、勝手に。


さて、この後援会にどうやったら入れるのか、今度法皇に会う予定の人は是非覚えておいて欲しい。


ベレーザ後援会は、①ヴェルディーノや、②ベレーザのホーム試合が行われる会場(ブースがあります)で入れます。

申込用紙に住所、氏名とかを記入して、後援会費を納めればすぐに入れちゃいます。(僕でも迷わず入れました!)

ベレーザ後援会には個人会員と団体会員(企業、法人、学校、団体など)があって

個人→1口¥3000  団体→1口¥30000 です。

何口からでもOKなのでアブラモビッチ以外は1口から!

特典もあります。

・後援会会報(手作り感があって最高)

・後援会会員限定のイベント(毎年違うみたいだけど運動会とか。これは夢の世界への入り口です。)

・ベレーザオシャレグッズ↓

・等!



それもこれも、まずは試合を観て、ベレーザに興味を持てたらですよね。(法皇が。)

もし、興味を持てた方は是非、係りの方や僕みたいなサポーターにでも声をかけてください。


女子サッカー選手は、プロではないのでお金稼ぎでサッカーをしている選手は居ません。ベレーザは援助面では恵まれている方ですが、他のチームでは遠征時の移動代が実費だったりもします。

純粋にサッカーが好きだから一生懸命やっている。そんな女子サッカー選手に対して、いつも無料でいい試合を観せてもらいアリャーシャース!!そんな気持ちで、会員になってもらえたら・・・うれしい。

法皇・・。好きだ。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年04月25日(月) 21時17分12秒

信念持ってます。

テーマ:日テレ・ベレーザ

4月23日、ベレーザ対マリーゼ戦のことを改めて話そうと思う。

この日、会場には僕たち声で選手に伝えたいサポーターと、楽器で伝えたいサポーターが居たことは、会場に居た人たちには分かると思う。応援の仕方は違っても、どれもベレーザを応援したい人たちの集まりだ。


このどちらにも所属しない人たちが、どちらに加勢しても構わない。

(それぞれのやりたい応援があるんだから、僕たちに同じモノを感じてくれた人たちと一緒に応援したい。これは強制なんかできない。)


ただ、ちょっと解ってもらいたい事がある。


自分が大切に思うチームのために、自分たちの考える最高の応援をしているときに、少なくとも顔を知っている、言ってしまえば元旦に、一緒に戦った人たちが、

“たのしいから”という理由で、自分たちの応援とは違う応援をし出したら、そりゃガッカリするよ。親しければ親しいほど、ガッカリするよ。だってソコには信念がないじゃん。


冒頭にも書いたとおり、いろんな応援がある。信念がある。

それによって応援のスタイルが違うのはしょうがない。結果、応援がバラバラになってチームのためにならないなら、必死の話し合いが必要で、それは必死にやっているこちらの話だ。


ただ、たのしいから”よりも“大切”って気持ちの方が重要じゃないのか?

大切なチームを持っている。そのアツイ気持ちを理解している筈の人間が、他人の大切なチームの試合で楽しんで帰って・・・それでいいんだろうか?僕はヴェルディが好きであってもサポーターではない。だから、ヴェルディの試合を座って黙って観ている事もある。そんな奴が、ベレーザの試合のときだけ応援一緒にやってよ!なんて言えるわけないから言ってないつもり。ただ、ヴェルディのことを大好きで、信念持って応援している人間の姿を、敬意を持ってきちんと観てきたし、ノリで応援したりはしなかった。一緒にヴェルディの応援をさせてもらった元旦には、必死に応援させてもらった。応援したいと思って参加したから。んで、逆にベレーザの応援に来てくれた人には、アリガトウ!って言ってきた。


だからこそ言いたい。

こっちゃ必死なんだよ!!!

って。分かる筈。大好きなチームを持っている人間なら。



4月23日は、とても大切な日だった。

場所は国立競技場。

一年前の2004年4月24日、サッカー女子日本代表はアテネ行きのチケットを賭けてずっと勝てなかった相手・北朝鮮と国立競技場で戦い、勝った。この日は世界への扉を開いた日とも言えるが、女子サッカーの未来を、代表選手と選手も含めたサポーターとすべてが力を合わせて守った、忘れられる筈の無い大切な日でもあった筈だ。

そのちょうど一年後に、同じ場所で女子サッカーが行われる。偶然かもしれないし、この日を“大切な日”とするのは、僕のエゴかもしれないが、大切な日を楽しまれちゃったのはなんか残念。この悔しさをバネにして、少なくとも声、体、跳ねと気持ちでいい応援を作っていこうと思う。


結構、ヴェルディの応援している人のブログ、楽しみに読んでるけど、マリーゼ戦の感想読んでたら、楽器がたのしかった的なコメントが多くてちょっとショックだった(一部)。ぜんぜん悪意も無いのは分かってるから、だから書いてみました。楽しい応援が悪いとは思ってないです。ベレーザの応援してくれたことも、ほんと感謝してます。だけど、ベレーザのために少しでも真剣に考えてもらえる仲間になってもらえたら、かなり嬉しい。真剣に考えて、アノ日の応援があったならこんな日記は削除だ!

1年で一回の国立開催は、そんなカンジでした。

力不足!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年04月24日(日) 23時41分57秒

ラモスだ!

テーマ:日テレ・ベレーザ
先日、静岡にある病院に行ったときにこんな絵が壁に飾ってありました。
ちょうどベレーザの試合に向かうべく、病院を発つ直前に撮影したので特に気に気にならなかったけど、静岡にヴェルディの絵だ。

この絵が描かれたのは1995年。肝臓が弱くて運動ができない子供が、移植手術により運動できるようになったとたん、サッカーが大好きになり、ヴェルディの大ファンになったらしい。好きな選手はラモスとカズ。だから絵の人はあきらかにラモスなんだ。
スゴクいい話だし、絵だと思った。スポーツって、いい力を持っている。
Lリーグも本当に力を持っていると思う。選手は観客にやさしい。だから、子供はほんとうに選手と話せてうれしそうだ。よくそんな光景を見る。これは明らかに、Lリーグの魅力だと思う。
子供といっしょに応援できたらいいね。いろんな応援スタイルがあるだろうけど、そのチームやリーグに合った応援をすることが一番選手のためになるんじゃないかと思う。サポーターのエゴを突き通す場所がスタジアムなのか?タダであれだけの試合観せてもらってるんだから、ナニがチームのためになるのか、Lリーグのためになるのか、考えていきたい。その点、うちのリーダーはほんとよくやっていると思っている。子供にも人気だ。たぶん。メンバーからはたまにいぢめられている。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年04月24日(日) 01時10分00秒

Lリーグ 第3節 観戦記

テーマ:日テレ・ベレーザ

4月23日(土)

国立競技場にて日テレ・ベレーザ対TEPCOマリーゼの試合が行われました。

結果は2ー0でベレーザの勝利!

フォーメーションは以下のとうりです。ちょっと違ったらごめんなさい。

基本的にベレーザの中盤は、自由です。右も左もありません。だから、オモシロいのです。

川上選手のクロスから澤選手のハイボレーがマリーゼのゴールネットを揺らして先制。多分、語り継がれるゴールだと思う。北朝鮮戦のときも一発のブチかましで勝負を決めたと言われる澤選手だが、今日の試合もこの一発が大きかったのは一目瞭然だったと思う。

なるたけ会場に足を運んで頂きたいので、試合中の画像は一切アップしない予定でしたが、うるぐすで放送があり、奇跡的に録画してしまい、疼くため、急遽コマドリアップします。見て、目を瞑り、つなげてください。それが伝説のゴールです。

ゴールネットまるコゲ!との噂。

 

こんなおしゃれシューを観たい方は、是非会場へ!!!

僕は会場の芝くらいしかアップしませんよ!プレーは会場で観てほすぃ!

 

後半、大野選手がドリブルで抜け出して、キーパー増田選手の手の届かない低い弾道のシュートをゴールに流し込み追加点。なんか、感覚で打ってるカンジ。止められないと思う。

 

試合前、個人的には、ベレーザは何点かは獲ってくれるはず。という気持ちは少なからずあった。油断ではなくて。あとは、四方、須藤選手を中心にマリーゼの二人のFW、丸山、佐藤というタイプの違う二人をいかに封じ込めるか、に注目していましたが、FWへの決定的なパスは出させないし、丸山が下がり目でボールを貰いに来てもベレーザのツメが速くてまともに前を向けないし、クロスへの対応も、問題なかったと思う。セカンドボールをシュートにもっていかせることもほぼないし、集中の途切れる時間が無い。なにより、獲られた球は必ず取り返す!外に出そうな球も、諦めず走る。そんな気持ちのある、貪欲なカンピオーネ。そんな風にベレーザを観ていて感じました。

攻めに関しては、中盤での、ノートラップでの崩しはひゃぁあ・・と、ノメリ込みそうになりました。アレでゴールまで行ったら、V.Bは倒れてしまうと思います。

やっぱり、いいピッチ、いい環境で球を蹴らせたらベレーザ強いワァ・・。と思いました。

 

でも、アウェーでのJビレ、危険な戦いになりそうです。チームもサポも、すごい勢い。Lリーグは成長している。マリーゼは、そう感じさせてくれる素晴らしいチームです。個人的にはぬまた先生は好きです。なんとなく。(話せなかった!)

 

さて、今回のヴェルディ、ベレーザの共同開催について。少しでも多くの方にLリーグを観てもらいたい。そう考えている僕たちV.Bにとって、今回のヴェルディ対アルビレックス戦の後座試合というモノは、大きなチャンスだった。本来なら自分自身もヴェルディの応援をしていつもは来られない分も少しでも力になり、また学ぶところは学び、そのままベレーザの応援も、少しでも多くのヴェルディファンの方にしてもらいたかった。でも個人的事情で会場に着いたのは6時50分。弾幕取り付けも呼びかけもできなかった自分には言い訳もできない。また、次節TASAKI戦に向け考えたい。

今日のために、僕なんかより尽力した、V.Bメンバー、一緒にベレーザに声を届けてくれた方、一緒でなくてもベレーザを好きで応援した方、お疲れ様でした!今日の勝ちは大きいですよ!

 

取り留めの無い話ですが、

4月23日・・今日の試合と、去年の4月24日を重ねて考えた人が何人いたか分からないが、4月24日にアノ場所で震えた自分が居て、今日また同じ場所に居れた事。これは正直うれしいし、同じ気持ちの人間が一緒に居れる事が、今とても貴重に感じる。一試合一試合が、まずは僕たちの大好きなベレーザにとって、そして僕(たち)にとっても大切な戦いだと感じた。生きていく上で大切なモノだ。感謝せねばいけないね。選手に。

 

勝手にそう感じたんだな!!!

下に、会場風景を。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年04月23日(土) 04時29分07秒

大切な人のこと。

テーマ:日常
今日、僕の大切な祖母は手術を受けました。二十年以上のとうせき生活、僕の半分しかない体重、病状から、難しい手術だということは誰もが理解していたが、生きるための手術を一番受け入れていた、祖母の気持ちを尊重し、今回のオペは決行されました。
祖母は、今、生きています。まだ麻酔で寝ていますが約束道理、生還しました。手術が成功したのかどうかは時間を置かないと分からないようだけど、僕は成功したと信じている。
先生、家族、支えてくれたすべての人にこの場を借りて感謝をしたい。V.Bにも気を使ってもらい、助かりました、心からありがとう。
明日は、少しだけおばあちゃんと面会して、東京に戻ります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月21日(木) 00時25分31秒

試食

テーマ:日常

ついこの前まで、某お菓子メーカーに勤めていた僕は、今でもお菓子の新商品には興味があります。

先日、高槻に遠征に行く途中にセブンイレブンで発見したお菓子があるのですが、遠征中に食べるものじゃないなと思い、そのときは諦めました。

それを今日食べました。

辛い系スナックで最近ブームを起こしたスナック菓子といえば

「暴君ハバネロ」です。世界一辛い唐辛子“ハバネロ”の利いた辛さが刺激的でヒット。

個人的には、そんなに辛くないじゃん。って言うのが感想。だから興味はうすかった。

でも、今回セブンイレブン限定で発売されている「暴君ハバネロ」はちょっとちがう。

辛さが1.5倍なのである!!!

もう一度、言う。1.5ヴァイヤイヤイ

やるね~。中途ハンパな倍率だけど、辛いの大好きよ。

食べてみた。

パクッ

瞬殺ダ。

結構辛いけど・・・まだまだ あめぇな。

「脳ミソ揺れるくらいのが食べてみたい。」そうコメントした僕の額にはじんわりと汗が光ったことは記す義務があります。

最後に、屍にお香を焚いて試食を終わりとした。

チーン


ちなみに、カラムーチョやわさビーフとかもあったです。セブンイレブンのそういうキャンペーンのようです。しかし、サッカーとかやってる人間て辛いモノ好きって多い気がする。気のせいかな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。