涼夏 ライブ・お仕事情報



【告知】

「ららサタデー」ファン感謝祭 開催決定!

涼夏・ウメちゃん・ジュニアが揃ってリスナーの皆さんと

交流会を開きます!(久々にうたいます)


7月9日(土) 14:00~

場所:50Since (

(岐阜県可児市広見7-90 ケーブルテレビ可児 1F)

http://yahoo.jp/-ojJYj

料金:800円(ドリンク・お菓子つき)


参加ご希望の方は以下の応募フォームよりお願いします。

応募フォームは

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5b189b7e438318


ラジオのパーソナリティーをしています!

FMらら(美濃加茂、可児、御嵩地域・76.8Mhz)

土曜9時~「ららサタデー」





エンタメコーナー、地元の情報などもりだくさん!

公式HP(http://fm768.jp/ )、スマホアプリ(無料です)で

全国でお聞きいただけます!





涼夏へのメッセージ、舞台挨拶司会、ナレーションなどお仕事のご依頼は

https://ssl.form-mailer.jp/fms/83492f27135961

で受け付けております。

メッセージをいただければご返信いたします。




涼夏 ライブ動画配信中

オリジナルやカバーを公開しています。


きみと僕の・・・。(栄ミナミ音楽祭2011)

http://www.youtube.com/watch?v=FFlRcKLgOaA



KNOCK(栄ミナミ音楽祭2011)

http://www.youtube.com/watch?v=CA-SX6m6mhw


Sing

http://www.youtube.com/watch?v=Y8h27p9gcaw


Cafe Mirage

http://www.youtube.com/watch?v=FrpP-XrHsyM



歌えるところ、歌う機会、芝居する機会募集中です。







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-23 14:21:38

製作側が語る劇団☆新感線の裏側(ゲキ×シネ『蜉蝣峠』トークショー)

テーマ:映画情報・取材ブログ



予告もしましたゲキ×シネ『蜉蝣峠』ミッドランドスクエアシネマ2
オープン記念特別上映のトークショーの取材に行ってまいりました。

取材レポートをお届けします。


憧れの劇団☆新感線。
いつも大好きな役者さんが出ていたり、最近は友人が出るようにもなって
遠くて近い、近くて遠い劇団☆新感線。


劇場でよくお見かけしていた凄い方
劇団☆新感線のエグゼクティブプロデューサー細川展裕さんがゲスト。


「言えないこといっぱい。」といいながら実はよく読むと知らない情報も含まれていますので
最後までレポをご覧ください。
処々今回は私の思ったことも記述しております。




・名古屋でポケモンゲット中

朝からスマホに夢中な細川さん。

「もう6匹は捕まえました。レベルが5になっていないのでまだジムに行けない。」

名古屋駅に4匹、ミッドランドスクエアシネマ2に1匹いたそうです。

「今日は頑張って帰ります(笑)」






・この業界に入ったきっかけ

企画、俳優のキャスティングやそれにかかわる諸々

とにかく一言では言えない仕事をしている細川さん。
「第三舞台の鴻上尚史さんとは愛媛県で幼稚園から中学校まで一緒で幼なじみなんです。

 それが縁で第三舞台のプロデューサーになったんです。それが1985年。13,4年やって

 そこから新感線に。鴻上さんに紀伊国屋ホールで芝居するから製作やってくれと言われて。

 『製作ってモテるのか?』と聞いたら『モテる!』と言われたので演劇なんか見たこと

 なかったんですけど、じゃあやろうかなと。」

実は細川さん、独身です。



細川さんを劇場で初めて拝見したのは
新感線の公演ではないですが外部公演の「天保十二年のシェイクスピア」。

この数年後、新感線の舞台を映画館で観るゲキ×シネが始まろうかと
いう頃。



・名古屋に来ない新感線

現在ミッドランドスクエアシネマと名演小劇場でゲキ×シネTIMEが上映されている

名古屋。一番ゲキ×シネが見られる場所。でも…。

「そもそも新感線が来ないですからね。失礼ですよね。(苦笑)

 キャストが40人程度、現場についてるスタッフが50人強。100人近くが動くので

 なかなか移動できない。打ち上げもホテルでやらないとできないんです。

 居酒屋でやると戦争になる。『お湯割りが15分ぐらい来ないんですけど…。』と。

 いつになっても乾杯できない。

 名古屋で公演を打とうとすると仕込みや準備を考えてもう1か月役者の拘束時間が

 ないとできない。それが物理的に難しいんですよ…。」



・初めて見た新感線
「大阪でパチンコで勝って。儲けた分をどこで使おうかなと
 思っていたところに看板があったんです。

 『スター・ボーズ~ジェダイ屋の女房』っていう。
  その当時いのうえ(ひでのり)さんは細くて革ジャン着て舞台に立っていて。

  バックダンサーが筧利夫と渡辺いっけい。

  その後に僕は鴻上さんに誘われて第三舞台に入って。
  その後二人(筧さんといっけいさん)は第三舞台のオーディションに来て

  筧利夫は合格して入ることになります。

 古田との出会いは古田が19歳の時。新感線に入ってきた頃。

 「宇宙一芝居がうまい。」と言っていったとき。
  堺雅人くんも早稲田の演劇研究会のころに会ってるし、

   永作ちゃんはribbonのころから。

 石原さとみちゃんもホリプロスカウトキャラバンで選ばれた頃に

  いのうえさんが演技を教える機会があって、その頃に会っています。」






・蜉蝣峠が生まれるまで
「『犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート』の時に

 宮藤官九郎君に役者として出てもらっていて。
 その最中に2年後になるけど新作を書いてほしいと頼みました。

 いのうえさんから出たリクエストが『記憶喪失の男が女の人を守るために戦うんだけど

 最後はすれ違っちゃう。そんな話でお願いします。分岐点。

 峠を越えた向こうとこっちだからなんとか峠っていうのがいいんじゃないかなあ』と。

 そんな話を二人がしている裏で僕は時期的にはそろそろ堤じゃないかなあと思って

 堤真一くんのスケジュールを聞いたり、ぼんやり押さえる様に動いたりしていました。」




『犬顔家~』で凄い勢いで劇場をかけめぐっていたクドカンさん。
あの時にもう『蜉蝣峠』のオファーが来ていたんですね。
『犬顔家~』はパロディだらけで劇場でお腹が痛くなるくらい笑った作品ですが
映像化されておりません。悪しからず。






・『蜉蝣峠』主人公の名前が「闇太郎」なわけ
「今回、このイベントのためになんか面白いことあったっけ?
 と聞いて、思い出しました。
 吉祥寺にね「闇太郎」というお店があるんです。

 ここで午前1時ぐらいになると池田成志さんという人が記憶をなくされるんですよ。

 財布を忘れたり、携帯無くしたり、家と逆の方向の国立までいっちゃったり。

 いのうえさんから記憶喪失の男と聞いて宮藤官九郎さん的には

 『古田新太の役名は「闇太郎」だな。

 池田成志が記憶をなくす店の名前にしよう。』と思ったみたいで。」



こういう話、池田成志さんご本人がTwitterでよく呟いておられますが
闇ちゃんはそこから来ていたんですね。ありがとうございます、成志先輩。



・役者のスケジュールを押さえるのは大変
「舞台を中心にしている役者は2、3年先までスケジュールが先行しちゃうんです。

 今例えば2016年の7月ですが17年はもうアウト。18年アウトの人もだいぶいます。

 とある人に18年の夏はどうかと聞いたら

 『2019年の秋以降ならなんとか。』と言われましたよ。

 昔は大河ドラマとの競争だったんですけど今はシス・カンパニーと競争。

 自分のところの事務所の役者を中心に決めてしまうのでとにかく早い。

 いのうえさんが17年の終わりか18年にやらなければいけないものがあるんだけど

 話をもらったのが2013年ぐらいですね。どんどん早くなってる。

 生きてるか死んでるかわからないのに。(笑)」





・夏公演は完売。来年の『髑髏城の七人』花鳥風月について
豊洲に新たにできるIHIステージアラウンド東京で行われます。

キャストを変えて4種類の『髑髏城の七人』が上演されるという

今までにない試み。
「来年1年間は東京のみになります。稽古と本番がかぶるので東京しかできません。

 客席が360度回ります。見える舞台が違ってくるんです。

 変わった劇場ができます。1年やっているので
 ディズニーランドに行くついでとか親戚の法事のついででいいので見に来てください。」


公演情報は↓をどうぞ。
http://www.tbs.co.jp/stagearound/


私の場合は新感線を見に行くついでに東京に何かしに行きます。

発表になっていない他の公演もびっくりするキャストと演出があるとすると

全部見に行きたくなってしまいます。





・(観客からの質問)花鳥風月の鳥以降のキャストは教えていただけませんか?
「昔はこっそり言えたんですけどね、今はいろんなところから漏れちゃうから。
 予想を裏切って期待に応える内容になっています。
 鳥以降のキャスト発表は来年になる予定です。」




最後に「役者を目指している人いますか?」
と細川さんが聞かれたときに取材で行ったせいもあり、手が挙げられなかった自分。
もし挙げていたら細川さんはどう反応してくださったのでしょう?


やっぱり近くて遠い新感線。遠くて近い新感線。
役者を志したものなら一度は出てみたいと憧れる劇団なのです。
ってここでアピールしても仕方ないのですが。


名古屋の皆さん。名古屋公演はまだまだ先かも知れませんが期待して待ちましょう。
それまで見たいものは自分たちで遠くまで足をのばすしかないのです。
近くに来なくても見に行きたい。そう思わせてくれる魅力が
劇団☆新感線の作品にはあるのです。
来年は何度豊洲に行くことになるのか…。
今からドキドキです…。(チケット取れるかなあ…。)


名古屋では名演小劇場で12月に『髑髏城の七人』(2013)のゲキ×シネが上映されます。
来年の公演を見る前に前作を見てみるのもいいのでは。

ゲキ×シネTIME
http://www.geki-cine.jp/gekicinetime/


以上、全てではありませんが名古屋でのトークショーのレポートをお送りしました。







・ブログ主より 

映画紹介、エンタメ紹介できる媒体さんを探しております。 

一緒に歌をやってくださる楽器を弾ける方を募集しております。 お声がけください。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-21 23:09:58

ゲキ×シネの醍醐味を製作側が語る!(ゲキ×シネ『蜉蝣峠』トークショー告知)

テーマ:映画情報・取材ブログ


劇団新感線の舞台はここ数年、チケットを取るのがなかなか難しい。


しかも良席で見られる確率はそんなに高くない。

あんなにすごい芝居なのに!あんなにすごい殺陣なのに!

あんなに衣装すごいのに!



すごいを並べているが見た方ならわかるはず。

あの体全体を揺さぶられる感じ。

一度見るとまた見たい、次の公演も見てみたいと思う。



まるで何かの毒気にあたったかのように中毒性があるといってもいいかもしれない。

もっと近くで、またあの興奮を!



そんな声に応えてくれたのか劇団新感線の作品はゲキ×シネとして今映画館で見られるのだ。

映画館で見ていると劇場の結構前の方で見ているような妙な臨場感を感じられる時もあるし、


映画なのに、つい役者さんの合いの手に乗せられて「エイ、エイ、オー!」ってやってみたくなったり。



今年ゲキ×シネは名古屋でもミッドランドシネマと名演小劇場という毛色の違う2つの

映画館で上映されている。

毎月違う作品が上映されている。



私にとっては生で見たときの臨場感を取り戻す作業をしている作品もあれば

あの時こんな表情をしていたのか、見れてよかったと思える作品もある。

過去に見られていない作品を見られるのもいい。

(染様の『阿修羅城の瞳』は見に行けていないから嬉しい。)



今回、名古屋のミッドランドスクエアシネマ2のオープンに合わせて特別上映されるのが

『蜉蝣峠』。

劇団の看板俳優古田新太そして新感線にはすっかり常連、殺陣もすばらしい堤真一が

がっつり芝居合戦を繰り広げる。

脚本はクドカン・宮藤官九郎。

アウトローな男たちの過去と今が交錯する人間臭い物語。


ミッドランドスクエアシネマ2の音響は非常にいいので一層芝居が楽しめるはず。



7月23日には9時50分からの上映後と14時からの上映後の2回

劇団新感線の舞台を製作するヴィレッヂの代表取締役であり

劇団新感線のエグゼクティブプロデューサーである細川展裕さんの

トークショーが行われる。



役者側から聞く裏話もおもしろいが、制作の方の方がいろんな裏話を知っていたり、

ゲキ×シネができる流れや『蜉蝣峠』の話だけではなく、

来年の演目のことももしかしたら聞けるかもしれない。



名古屋とばしをしはじめてかなりの年数経つ新感線。(西遊記以来か…。)

そんな新感線がらみのイベントが名古屋であるというのがとにかく貴重。




芝居は高くてちょっと見に行けないという方、

まずゲキ×シネから演劇に足を踏み込んでみたらどうだろうか。



チケットの詳細はhttp://gxcblog.exblog.jp/25434920/






私もららサタデー終わりで見に行く予定です。

劇場でよくお見掛けしている細川さんどんなお話をされるのでしょう?




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-18 00:11:27

セトとウツミの会話の裏側(映画『セトウツミ』舞台挨拶レポート)

テーマ:映画情報・取材ブログ

高校生の瀬戸と内海の無駄話を描いた映画『セトウツミ』

短編を数話繰り返す75分は飽きが来ず、面白い。

無駄話だけのようで、高校生らしい悩みもカットインする。



セトとウツミを演じているのは様々な映画に出演している

池松壮亮さんと菅田将暉さん。



ミッドランドスクエアシネマ2のオープンの話と同時に

FMらら「ららサタデー」で紹介したこの作品。



名古屋公開2日目の7月16日、

監督・大森立嗣さんの舞台挨拶が
ミッドランドスクエアシネマ2にて行われました。



司会は宣伝プロデューサーの小口さん。

小口さんからまず質問が監督へふられました。






・音楽が印象的ですが。


大森監督:

「あれはタンゴでやりたいなと思っていて。

 タンゴはリズムで前に向かっていく感じとちょっとした悲しみがあるけど

 でも暗くならない。くだらない話をする中で時々ミーニャンの話になったり

 ウツミの家が心配になったりとか。くだらない話をしながらもそれだけではない。

 この2人がここで話をするのはあと2,3年くらいしかないけど

 その先、社会に出て行っても生きていけるように見えたらなと。」



舞台挨拶はほぼお客様からの質問を受け付けるティーチイン方式。

フランクに監督が色々と答えていきます。
ネタバレになりますがいくつかレポします。





・2人の後ろに結構人が通るんですが、あれはエキストラですか?偶然ですか?


大森監督:

「1話の中で喪服の方が家に入るんですが、あれはあの家の方です。

 ある程度自分たちでコントロールしてエキストラさんに

 歩いてもらったりしているんですが止めきれなくて入っていることもあります。

 車通りが多くて止められない時もあって混ざってます。」



・宇野祥平さんが出てらっしゃいますね。ピエロだとおもんですが。

 宇野さんってわからないですよね?


大森監督:
「宇野君、これ見た後『僕とはわかりませんね。』って言って帰っていきました。(笑)」



・「このポテト長ない?」のポテトは本当にあるの?


大森監督:
「実際にあります。大阪にああいう長いポテトを作ってる会社があるんです。

 助監督が探してきて。食感はなんか違うみたいですね。」


小口さん:
「映っているお店のポテトではないんです(笑)

 違う店のを用意して入れました。」



・後ろを歩いていて映っている人たちは普通の方ですか?


大森監督:
「喪服を着て歩いている人たちはあの家の人だと思います。(笑)」


・猫がまっすぐ歩いてくるんですけど撮り直ししたりしてますか?


大森監督:
「あのシーンはよかったんです。夕方で一発撮りを狙っていたんでよかったんですけど、

 他のシーンは結構苦労してます。菅田君が抱き上げるところとかは何回かやってます。

 子供な猫だったですけど、おとなしくてよかったです。

 ギャラ高いんですよ、猫。本当に。プロの猫なんでね。」



・大きいミーニャンとは違う猫ですか?


大森監督:
「違う猫です。最近って三毛猫少ないじゃないですか?
 なのであのシーンのためにだけ京都に行って撮影してます。」




・初共演の池松さんと菅田さん。二人にどのように人物像をつげたんでしょうか。


大森監督:

「漫画原作でキャラクターははっきりしているんで。とりあえずやってみなと。

 僕が細かく言うと芝居がちっちゃくなっちゃうので。

 二人がなるべく自由に芝居できるようにしてます。

 いろいろ制約があって。カット割りが多いとさっきと同じ芝居をしないといけない。

 そういうのをなるべく少なくして自由に反応できるようにすると

 力があるのですごく生き生きして。まるで芝居じゃないように見えるという。

 あんまり細かいことは僕は言わないです。」




 
・漫画のファンです。映画の構成が原作に忠実なんですが

 脚本を作る上での工夫を教えてください。


大森監督:

「ほぼ漫画通りです。この作品に関していうと原作を大事にして

 そのままやった方がうまくいくんじゃないかと。

 構成については短編の重なりのほうがこのセトウツミという河原でしゃべってるだけ

 という話が合うと思うんですよ。

 1本の長いストーリーにしちゃうと伏線張って回収して大きな出来事があってという

 ”映画”になっちゃうんで

 この予算の少ない映画だとねえ…(笑)」


・伏線張って回収してという続編はありそうですか?

小口さん:
「おかげさまでヒットしておりまして前向きに調整しています。

 池松さんと菅田さんがとてもこの作品を気に入ってまして。

 池松さんと菅田さんはこの作品がきっかけで仲良くなって
 次の作品『DEATH NOTE』も一緒でしたし、二人はやる気になってます。」


大森監督:

「ああ、そうですか。よかったですね。」


小口さん:

「まだわかんないですけどね。」


大森監督:

「二人とも忙しいからね。」




・役者さんとどう接していますか?


大森監督:

「自分で考えるということをさせてます。俳優さんって不安で愛されたがっています。

 だから僕は誰よりも先に愛す。役者は頭で考えたことではなくて感じたことを

 出していかないといけない。だから不安なんですけど

 それを全部受け止める姿勢でやってます。自分が考えたことが世間に通用するのか。

 それを見守るしかない。」



・0話を3話と4話の間にいれたのは?


大森監督:

「オープニングは二人の会話にしたかったんです。

 なので間にどうしてこの二人こうなったんだろうっていうものを

 入れたいなってなんとなく思ったんですよねえ。」



・アドリブはどれくらいあったのでしょうか?


大森監督:
「月刊シナリオでも見られますが、ほとんどは台本通りですが、

 ミルクティーの部分とか、線香花火のところとか

 『あのおっさん手、長ない?』はそうです。マイクが入っているって知らないで

 話していたのが使われてます。意図的に自由にさせてる部分もあります。」

満席でのティーチイン。オープンしたばかりのミッドランドスクエアシネマ2で

上映が始まったばかり。いい映画館でセトウツミの無駄話

聞いてみませんか?



映画『セトウツミ』(http://www.setoutsumi.com/ )は

現在名古屋ミッドランドスクエアシネマ2で公開中。



ブログ主より


映画紹介が出来るメディア様を求めております。ラジオ、サイトなど。お声がけください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

涼夏

涼夏’sFacebookページ







Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。