涼夏 ライブ・お仕事情報



【告知】

「ららサタデー」ファン感謝祭 開催決定!

涼夏・ウメちゃん・ジュニアが揃ってリスナーの皆さんと

交流会を開きます!(久々にうたいます)


7月9日(土) 14:00~

場所:50Since (

(岐阜県可児市広見7-90 ケーブルテレビ可児 1F)

http://yahoo.jp/-ojJYj

料金:800円(ドリンク・お菓子つき)


参加ご希望の方は以下の応募フォームよりお願いします。

応募フォームは

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5b189b7e438318


ラジオのパーソナリティーをしています!

FMらら(美濃加茂、可児、御嵩地域・76.8Mhz)

土曜9時~「ららサタデー」





エンタメコーナー、地元の情報などもりだくさん!

公式HP(http://fm768.jp/ )、スマホアプリ(無料です)で

全国でお聞きいただけます!





涼夏へのメッセージ、舞台挨拶司会、ナレーションなどお仕事のご依頼は

https://ssl.form-mailer.jp/fms/83492f27135961

で受け付けております。

メッセージをいただければご返信いたします。




涼夏 ライブ動画配信中

オリジナルやカバーを公開しています。


きみと僕の・・・。(栄ミナミ音楽祭2011)

http://www.youtube.com/watch?v=FFlRcKLgOaA



KNOCK(栄ミナミ音楽祭2011)

http://www.youtube.com/watch?v=CA-SX6m6mhw


Sing

http://www.youtube.com/watch?v=Y8h27p9gcaw


Cafe Mirage

http://www.youtube.com/watch?v=FrpP-XrHsyM



歌えるところ、歌う機会、芝居する機会募集中です。







1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-18 22:19:38

名古屋で上映、応援2本(「スタジオリマップ特集上映」、「Picking」)

テーマ:ららサタ映画ブログ

名古屋で上映される2本。

お仲間が頑張っておられますのでご紹介。


まず、1本目!(ららサタデーを聞いている方は私のあのテンションでどうぞ。)


「スタジオ リマップ」特集上映 in シアターカフェ


名古屋の映画紹介、取材を積極的に、どこよりも熱く行う シネマカラーズ(http://eigairo.com/ )が

どんなジャンルも幅広く上映し、作品についてその場で語れる名古屋大須のシアターカフェとコラボ。



将来性のあるものは積極的に紹介するこの2つのブレインがコラボして送る企画は

「スタジオリマップの特集上映。



「スタジオリマップ」の作品は‟大人にこそ見てほしいアニメ”

観る者に突きつけ、ある時は優しく気付かせてくれる強いメッセージ性がある。


『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』、『山形国際ムービーフェスティバル』、

『Japan Film Festival LA』をはじめ、国内外の映画祭で

多数の受賞を誇っている作品の中から選りすぐりの6本を上映。

作品を見るだけで何かを教えてもらえる。そんな作品たちだ。



5月28日(土)の16時と19時の上映では、監督・制作陣による舞台挨拶を予定。

直接コミュニケーションも取れるため、アニメーションや映像制作、

映画業界に興味のある方にも足を運んでいただきたいイベント。

(しかも21時からはシネマカラーズ編集部の皆さんも参戦しての居酒屋交流会もあるとか)







シネマカラーズ×シアターカフェ Presents
『スタジオ リマップ特集上映』(6作品/90分)
【上映スケジュール】 5月27日(金)~5月30日(月)
5月27日(金)19:00
5月28日(土)16:00/19:00 ※2回とも、監督と制作スタッフによる舞台挨拶アリ!
5月29日(日)14:00/19:00
5月30日(月)19:00

【会場】シアターカフェ (大須観音駅より徒歩4分) 
名古屋市中区大須二丁目32-24マエノビル2F http://www.theatercafe.jp/

【入場料金】 500円



詳しくはシネマカラーズの特集HPへ(http://remap.eigairo.com/




続いて2本目。

過去に「RINGING」に出演させていただいたご縁もあり。


「Picking」

有馬監督率いるクラゲクラブの新作が上映されます。

今回はなんとなんと!シネマスコーレだけでなく、刈谷日劇、東京のユーロライブでも

上映が決まったとか。



名古屋の小劇場界で有馬監督の琴線に触れた役者たちが参加している作品。

どこか心の闇を覗くようなそんな部分が見える作品を有馬監督は描き出す。



さて今度の新作ではどんな闇が見えるのか。

(今回は全くお呼びがかからなかったので私もまだ作品未見。楽しみ。)





「Picking」上映会        
<名古屋上映会>
6月18日(土)19時~               
6月19日(日)19時~
(入場料)800円


シネマスコーレ(名古屋駅ビックカメラ南西角)
名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F
http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/

※ 各日とも受付は18時30分から。

入場料金と引き換えに入場整理券をお渡しいたします。
※ 開場は上映時間の10分前です。 整理番号順にご入場いただけます。
------------------------------------
<東京上映会>
7月2日(土)
13時30分~ 15時30分~ (入場料)800円

ユーロライブ
ユーロスペース内/渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
http://eurolive.jp/

※ 各回とも受付は12時30分から。

入場料金と引き換えに入場整理券をお渡しいたします。
※ 開場は上映時間の10分前です。 整理番号順にご入場いただけます。
------------------------------------
<刈谷上映会>
7月30日(土)17時~ (入場料)800円

刈谷日劇(名鉄三河線「刈谷市」駅徒歩1分)

愛知県刈谷市御幸町4-208 愛三ビル5F <無料パーキング有>
http://kariyanichigeki.com/

※受付は16時45分からです。受付順に入場いただけます。


詳しくはFacebookページへ(https://www.facebook.com/kurageclub/



メジャーだけが映画じゃない。素敵な作品は自分の目で見つけよう。






AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-16 08:46:09

岐阜出身役者を応援しよう(映画「鼻歌」「ASO」)

テーマ:ブログ


岐阜の柳ヶ瀬にある映画館CINEXでは今年「CINEX映画塾」と題して上映と同時に
イベントを開催している。

その第3弾 岐阜県出身俳優出演上映作 一挙上映&トークショーが5月14、15日に開催された。
今回の上映はショートフィルムに限定。
トークショーのゲストに登場したのは
土岐市出身の尾関伸嗣さん、岐阜市出身の桜木梨奈さん、各務原市出身の佐藤睦さん。

(司会のゆっこちゃんがぶれてる…ごめんなさい)




午後3時開始で夜7時まで4本上映された。
2本上映した後でトークショーを開催する構成。





前半に上映された2本を紹介。


1作品目は「ASO」
阿蘇山を舞台に撮影された。
人類が少なくなった世界でタツはロボットのケイと共に放浪の末命のオアシス「ASO」に
たどり着く。タツはそこで一人でたくましく暮らしていたツイメという女性に出会う。


ツイメ役が佐藤睦さん。
劇中ではとてもたくましいですが
トークショーの佐藤さんはほわんとした雰囲気がとても可愛らしく。
高校の同級生の桜木さんは高校の時にかわいい佐藤さんに
「お友だちになってください!」
と頼んだとか。


けがをしているシーンが多いですが実際に阿蘇山に生えている草に触って
切れてしまったところもあるようで。



熊本を舞台にした映画でもある。

頑張れ熊本の意味も込めていろいろなところで上映されることを願う。



2作品目は「鼻歌」
日本の映画館ではこのCINEXでの上映が初。いわばジャパンプレミア。
48時間映画祭という企画映画祭で作られた作品。
編集までのすべてを48時間で作る。
ほぼ眠ることができないこの映画製作で作られた作品のうち優秀作が
海外の48時間映画祭に出品され
そこで評価された10作品がカンヌ映画祭で上映される。
その内の作品がこの「鼻歌」。
5月19日にカンヌ映画祭で上映される予定。

主人公の夢破れて故郷に帰ってきたトランペット吹き役を尾関さん、
鼻歌を歌う女性を桜木さんが演じている。

尾関さん&桜木さんトークより:

「寝ないで撮影して編集して。僕は運転手で皆さんを運ぶ役目だったので
 少し仮眠はしましたが、みんな寝てないです。」
「みんなかけもちでやっていて私もメイクを手伝ったりしています。」
「48時間で撮るだけではなく、決まったものを作品に入れなければいけなくて。
 今回だと『もう、捨ててしまえ。』という台詞。一言一句変えてはいけないんです。」
「あとは錦鯉枕という人物と小道具に傘とか。」


「鼻歌」のなかでも上手に取り入れられているのでこれから見るかたは探してみては。


ちなみに「鼻歌」は東京大会からの出品だが、
大阪大会の様子がノンフィクションWとしてWOWOWで5月21日にオンエア予定。
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/107831/index.php#content


ショートフィルムは短い分だけテーマがはっきりする。
わずかな時間に込められた思いをしっかりと楽しめた。
「鼻歌」は涙腺が弱い私には泣けて泣けて。


「いつか岐阜で岐阜出身の役者で映画を作りたいですね。」と

尾関さんと話をした。

気が付いたら一線で活躍する岐阜出身の役者さんはすごく多くなっている。

岐阜を舞台に何か書いてみるか。(え?私が?いやいや。)

あとは費用?

撮るなら私ももちろん出たいと思いつつ

いつか現実になることを祈ろう。




尾関さん、桜木さんと。



CINEX映画塾 第4弾は5月28日。
岐阜出身の篠田正浩監督をお迎えして
「あかね雲」「瀬戸内少年野球団」を上映。
製作の裏側が聞けるトークショーつき。詳しくは以下のCINEXホームページへ。
http://www.tochiko.co.jp/information.html


瀬戸内少年野球団といえば夏目さんの遺作ではなかったかと。

そして、「あさが来た」で気になる存在だった大番頭・雁助さんこと山内圭哉さんも

子役で出演されているのでまた新鮮な目で見られるかも。



AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-15 08:43:09

人の思いは時を超えて伝わる(映画『ひそひそ星』)

テーマ:ブログ


・ストーリー(公式HPより抜粋)
機械が宇宙を支配し、人工知能を持ったロボットが全体の8割、人間は2割になっている世界。
すでに宇宙全体で人間は、滅びていく絶滅種と認定されている。
人間の人口は、宇宙の中でしだいに消え入るローソクの火のようだ。
アンドロイドの鈴木洋子 マシンナンバー722は、
昭和レトロな内装の宇宙船レンタルナンバーZに乗り込み、
相棒のコンピューターきかい6・7・マーMと共に、
星々を巡り人間の荷物を届ける宇宙宅配便の配達員をしている。
宇宙船での旅は退屈極まりない。しかし、マシンである洋子は退屈を感じないし、
まめに船内を掃除したり、相棒の故障を修理したりで長い宇宙時間をマシンらしく過ごしている。
人間に届ける荷物は配達には何年もの年月がかかるのだが、
マシンである洋子には、なぜ人間が物体をどんな距離にでも

瞬時に移動できるテレポーテーションがある時代に、

数年もの時間をかけて物を届けるのか理解ができない。
洋子は様々な星に降り立ち、かつて人々でにぎわった街や海辺に荷物をとどけていく。
荷物を受け取る人々の反応は様々だが、誰もがとても大切そうに、荷物をひきとっていく。
30デシベル以上の音をたてると人間が死ぬおそれがあるという“ひそひそ星”では、
人間は影絵のような存在だ。
洋子は注意深く音をたてないように、ある女性に配達をする。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


園子温監督が自分のプロダクション・シオンプロダクションで製作した自主映画第1弾。
自主映画だからって甘く見てはいけない。
東宝のスタジオ内に宇宙船のセットを作って撮影。妥協なんてない。
いやむしろ監督が25年前に構想を作っていた自身のオリジナル。妥協するわけがないのだ。
全編モノクロームの撮影。主演は監督の妻でもある神楽坂恵さん。




まず宇宙船の姿に驚き。
神社の住吉造の玄関がある宇宙船なんて見たことない。
宇宙船の中身がすべてレトロ。
昭和30年代からの家庭用品がぎっしり。
オープンリールのカセットデッキのあの独特なにおいを
匂いはしないはずなのに主人公が嗅ぐと感じられる。




しかし、ふと思う。
懐かしく感じるのは私たちが日本人だからであり園監督が見てきた時代を
知っているからなのだ。
懐かしさをこの作品で感じられるのは日本人の特典かもしれない。


ひそひそ星の姿の描き方もなんだか懐かしいのに切ない。
人間に溶け込めない洋子との対比にもなっているように思う。




全編モノクローム。
人間がひっそりとくらす様々な星の様子は福島の浪江町などで撮影されている。
立ち入り規制のある中、2014年の浪江町が映し出される。
震災から時がたっても復興とは縁のないような浪江町が園子温監督の視点で収められる。




セリフが少ない分、想像することもたくさんできる作品だ。
考える余白がある方が見る側にとっても深く残る。
失われた懐かしいものとすべてを失ってしまった場所の今。
過去のものとして忘れられていくこの一緒にはできないようなものが

この作品では見事に収められている。




園監督といえば『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』から『ラブ&ピース』まで描くジャンルは幅広い。
どの作品でも見つめているのは人。
今はなきものに思いを馳せ、優しさや、人の切なさ、寂しさを捉えるのも絶妙。



この作品を見ながら私は『火の鳥』や『銀河鉄道999』を思い出した。

見た後の何とも言えない寂寞感はそこに通じるものがある。でも悪い感じはしない。

見る人によって思い出す作品はきっと違うに違いない。



なくしたものにも思いを馳せることのできる人という生き物はやはりすばらしい。

時は経過してゆくが、人の心の中にはあの時のままで生き続ける。

その記憶が残る思い出の品を受け取ったとき、人はあの言葉を配達員に伝えるのだ。

心を込めて。





25年前に書かれたものに、今の園子温の気持ちが乗っかって

ひそひそ星はやっと完成した。

25年寝かせたことで素敵な味わいが出たと言える。





『ひそひそ星』と同時上映で『園子温という生きもの』という監督を追うドキュメンタリーも

同時に公開された。
ドキュメンタリーを見てからひそひそ星を見るもよし、逆もよし。

両方見ると園子温ワールドをもっと見たくなる。



公開初日の5月14日 名古屋シネマテークでは上映後に園子温監督、神楽坂恵さんの

舞台挨拶が開催された。劇場は立ち見が出るほど盛況。

舞台挨拶は大半がティーチイン形式で観客から上映後ということで質問を受け付けた。

(注:内容に触れない部分のみのレポ)




・作品を撮るきっかけ

園監督:

「25年前に絵コンテを書きまして、向こうに飾ってあるんですけど

 (シネマテークロビーで絵コンテ展も開催中)、

 25年前は製作できなかった映画なんです。おととし、シオンプロダクションといううちの奥さんと

 製作会社を立ち上げて、1作目に何を作ろうかと。

 福島で『希望の国』を撮って、もう一本撮りたいって思っていたんです。

 『希望の国』でメッセージ性の強い映画はやったので

 福島の無人区域の風景を撮る映画をやりたいと  

 思っていて、その時に奥さんにも歩いてもらって16ミリフィルムで撮ってたんですけど

 福島の風景が言葉をしゃべりだす。風景が物語を語る、そういうものを撮りたいと。

 25年前の『ひそひそ星』の話を読み直したら、

 この福島の風景の映画を作ろうとしていたものに

 ぴったりと合って、第1弾の映画はこれにしようと。




 25年前のシナリオに基づいて、99パーセント忠実に絵コンテを作りました。

 25年前高円寺の四畳半に住んでいたんですがそこは畳でこの映画に出てくる宇宙船と

 ほぼ同じ感じで映画百年の中でSF映画はいっぱいあったけど斬新な宇宙船にしたくて。

 25年前の僕のことを‟彼”と呼んでいるんですけど

 その頃の彼の野心をそのまま書いてます。答えが一つではない作品を作りました。

 見た方はそれぞれ違う見方ができるというか見方をするための映画なので。

 この後僕は皆さんの質問に答えますけど、それが答えではないので。

 撮影終了後は1年半ぐらいかけて編集をやり直しました。」



神楽坂さん:

「試写会やった後も直してました。」






・撮影中に印象に残ったこと、プロデュースという面で気づいたこと。

神楽坂さん:

「怒られるシーンがいっぱいあったのでどれと言われると…全部印象深い。

 プロデュースという面では、普段は見えないこと、お金のこととかがわかって勉強になりました。」

園監督:

「二人だけの製作会社なので二人だけで色々やって。そこは規模が違うだけでやってることは

 変わらないんです。でも撮影中は(神楽坂さんとして)芝居に集中してもらって。

 自分だけの映画を作りたいというためのプロダクションって昔はいっぱいあったじゃないですか。

 大島プロダクションとか若松プロとか新藤兼人さんのとか。」




・監督の今後の予定は?ライブもやってほしい。

園監督:
「今台本を6本、オリジナルっで書いていて。しばらく映画に集中しようかなあと。

 寄り道はしないように。

 日活ロマンポルノが完成しています。アンチポルノのつもりで撮りました。」






「ひそひそ星」 http://hisohisoboshi.jp/

「園子温という生き物」 http://sonosion-ikimono.jp/


名古屋地区では今池・名古屋シネマテーク(http://cineaste.jp/ )にて公開中。




・お知らせ

 名古屋シネマテークにて

 5月22日『ひそひそ星』大ヒット御礼舞台挨拶決定!

 10時40分の回上映後。

 園子温監督再び来場。


 5月22日『園子温という生きもの』大島新監督舞台挨拶も決定!

 16:30の回上映後。




AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

涼夏

涼夏’sFacebookページ







Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。