エービーマンです。



最終目的地はマニラ。

国内最終目的地は成田。

しかし何故か有楽町にやってきたエービーマンです。



有楽町駅は京橋口を出ます。

$フィリピンでマネージャーやってます



ちょびっと歩きます。



そして。。。

$フィリピンでマネージャーやってます

「目的地付近に到着です。

 ルート案内を解除します。

 お疲れ様でした。」

いやいや、ナビは使ってないんですけどね。。。

$フィリピンでマネージャーやってます

階段を上がって。。。

$フィリピンでマネージャーやってます



辿り着きました。。。ヽ(゚◇゚ )ノ



実はこのお店、

エービーマンがいま使っているiPhoneケースを

作ってくれたお店なのです。



あるきっかけでiPhoneケースを出すことを知ったんですが、

もうその写真に写っていたケースに一目惚れ。

iPhone持ってないのに(!)、ケースを先に注文。

そして後から台湾に出張した際にiPhoneを購入したエービーマンです。

わはははは。

完全に本末転倒。

たかがiPhoneのケースと考えれば決して安くないんですが、

しかしもう火が点いちゃいましたからね。

へへへ。



このお店は、革製品のオーダーメイドが主体です。

オーダーメイド。。。

すごく近寄りがたい響き。。。

高そう。。。



決して安くない、でも一目惚れしたiPhoneケースを1年間使った感想。



良い物は良い。



これに尽きます。



良さは3つあります。



1つ目。

デザインが素晴らしい。

見た目だけじゃないんです。

薄くて軽いのに、機能的。

これ、とっても難しいハズ。

革製品って、なんか無骨で、厚くて丈夫で、でも重たい、

そんなイメージがあるんですが、

このお店の革製品はどれも薄く、軽い。

特にポケットなどの皮が重なる部分が、厚くなってない。

凄い工夫と努力がしてあるんです。

革製品に対するイメージが覆されてしまいました。

革ってこんなに薄くて軽く、しなやかだったんだ。。。



2つ目。

造りが極めて丁寧。

細かいところも丁寧に作り込まれています。

当たり前なのかも知れませんけど。。。

でもホラ、財布とかって、そこらへんで良い値で買っても、

結構細部は「こんなもんかな」って造りだったりするわけですよ。

しかし、このお店の製品は、ポケットの中まで綺麗に出来ています。



3つ目。

使っている革の品質が素晴らしい。

実はこれ、教わるまで解らなかったんです。

出来るだけ手をかけない革なんですね、このお店の革は。

手をかけない革の方が高級だなんて、どうにも理解しにくいのですが、

確かに厚化粧した革ならどの部位でも使えてしまって、

大量に同じ品質の革が手に入ることになるわけですね。

でも、手をかけない革のどこが高級なんだか。。。

と思うわけですが、使えば解ります。

1年経ったエービーマンのiPhoneケースです。

$フィリピンでマネージャーやってます

うーん、写真を撮るのは難しい。。。

現物を見るがごとくは伝わらないかな。。。

手に入れた当初の鮮やかさは消えてしまいましたが、

しかし代わりに独特の風合いが出てきました。

実に良い感じ。

実物は光の当たり方で色合いも変わります。

少し色が黒くなってきて手入れが悪いのかと心配しましたが、

黒っぽくなっていくのが良い革の証明なんだそうですよ。



いやあ、買って、使って、良かった。

あらためてそう思いました。



となると面白いもので、

他の店の商品には、興味が失せてしまいました。\(゜□゜)/

極端すぎる?



といっても、なかなかオーダーメイドには手が出ないんですが、

このお店はいわゆる”定番商品”も用意してくれているので、

エービーマンの様な初心者にはありがたいですな。



そんなわけで、iPhoneケースは通販形式で購入したこともあり、

いつかお店を訪問してみたいな、と思っていたのでした。

実現できて何よりでした。



そうそう、意外なことを知りました。

お店には大きな鏡があるんです。

実は小物でも大きな鏡の前で「合わせ」てみると良いのだとか。

合う、合わない、がハッキリするんですって。

革に限らず、腕時計とかも。

あぁ、知らなかった。。。



そんなわけで、いろんなお話をさせていただき、

大変勉強になったエービーマンです。



最後に、その鏡の前で色合わせをして、お時間となりました。



なんで色合わせしたか、って?

ヒ・ミ・ツ。。。



エービーマンでした。
AD