あるがままに

私はアスペルガー症候群と言う発達障害を抱えています。その為、障害の癖で人に迷惑を掛けてしまう事がしばしば。人の役に立てず生きてて辛い事はたくさんあります。そんな私ですが、ブログを通して何か人に役立てればよいと思い、このブログを始めてみました。

NEW !
テーマ:
最初はタイトルとは違う話題になりますが、

昨日の晩ごはんはハンバーグでした🍴
ハンバーグのソースは、ハンバーグを焼いた残り油にケチャップ7対ウスターソース3の割合で作った【デシャメルソース】です。

小さい娘用のミニハンバーグプレートも作ってます。

材料や作り方は一般的なハンバーグと同じですが、調理に使う道具が違います。
我が家では、保存バッグを使って材料を練ってます。
練るときに手が汚れなくて良いです😉

因みに余った物はこのまま保存出来ます。




へぇ~と思ったら【へぇ~ボタン】をお願いします✨

                          《Google Play~へぇ~ボタン




ここから今日の話題『文章が書けない』です。


私はブログで、こうして文章を書いていますが、実際のところ文章は上手く書けません。
【発達障害のディスグラフィア傾向であることや、曖昧な指示がよくわからないこと】が理由です。
ある程度は勉強をして簡単な感想や、ブログを書けるくらいにはなりましたが、ビジネスに於いて実用的な文書作成は、いつも苦労をしています。
将来を見据えて計画的な考えを述べる、過去のデータを推測してこれからのテーマを述べる…空間的認知力、予測、推測の能力が乏しい私にとっては、難しいものなのです。


学生の頃、感想文や小論文には苦労しました。いつも、作文用紙3行程度しか文を書くことが出来なかったのです。
『3行革命だ!(笑)』っていつも馬鹿にされてましたね。

初めて作文に挫折を感じたのは小学1年生の頃です。『天空の城ラピュタ』の映画を見て、その感想文を書く宿題が出されました。

しかし私は1文も書けず、先生に白紙を提出。もちろんかなり怒られましたね。

読書感想文も、小論文も必ずテーマがあります。
『星の王子様の感想文を書いて下さい』

『地球温暖化問題について、自身の考えを述べよ』

このようテーマを出されても、曖昧なテーマであるかつ、文の全体図の組み立てが苦手なので、書くことができないのです。

先生に怒られながら、たくさん書いた文章の中から、たくさんの書き方のパターンを覚えて、そのパターンを真似る方法で作文が書けるようになりました。

当時は発達障害の事は知りませんでしたが、何気ない方法が対策になっていたんですね。

しかし、人の真似をする文章は『考えがない』って言われます。
大学時代と社会人になってからは、だいぶ苦労しましたね。


文章を本気で勉強したのは、自身が発達障害だと判明した、20代後半からでした。

ともかく解りやすい参考書に目を通す方法から勉強を始めました。
当時の自分が書いた文章を見返しながら、自己採点して、文章を直していきました。

参考書は以下の内容ですね。具体的なタイトル名は忘れましたが、こんな感じの参考書です。

・小学生が書く作文の基礎
・小論文の作り方
・人が納得する文章
・伝える力
・見やすい文章の作り方
・プレゼンテーションを成功させる秘訣
・発達障害関係の書物


毎日書いているこのブログも、読者の皆さんが読みやすい様に工夫はしています。
ブログを書く時に気を付けている点は、以下の通りです。

・文字や文章構成は他人が見てわかりやすくする。中学生くらいが見ても、解りやすい内容と漢字の使い方。

・最終的に書くテーマは一つに絞る。

・起承転結に書く。


これを踏まえて、当時書けなかったラピュタの感想文を、小学1年生レベルで書いていきます。


ぼくは、きのうラピュタをみたよ。【起】

おそらに うかぶ おっきな ラピュタにびっくりしたよ。【承】

ぼくは ムスカがすきになりました。

ムスカの 「3ふんかん まってやる」が すきです。【転】(←テーマを絞る)

カップラーメンを つくるときにつかって みんなを わらわせたいです。【結】


小学生1年生が書く程度の文章ですが、

・ラピュタを見た
・ラピュタが大きいと感じた
・ムスカが気に入って、モノマネで人を笑わせたい

短い文章ですが、伝わるものがあると思います。

しかし、これだけでは3行革命になってしまいますので、この文章に言葉の肉付けをして、ラピュタの感想文を書いていきます。

【天空の城ラピュタをみた感想】

喜予名


昨夜、小学校の体育館で『天空の城ラピュタ』の上映会が行われました。
全校生徒が集まり、皆で映画を楽しみました。

『ラピュタ』の内容は、パズーと言う名前のラピュタに憧れを持つ少年と、飛行石を持った謎の少女シータと出会いから始まり、その後ラピュタを探しに行くという冒険ストーリーです。

映画の中に登場する『ラピュタ』は、映画のスクリーンいっぱいに広がる程の迫力があり、その大きさに驚かされました。
ラピュタ内には、かつては栄えた立派な都市の跡があり、ラピュタの文明のすごさが伝わってきました。

映画の登場人物でムスカがいました。彼はラピュタを我が物にし、世界を支配しようとしていた悪者です。
攻撃的で人を侮辱する台詞『見ろ!人がゴミのようだ!』『終点が玉座の間とは上出来じゃないか!』『その銃で私と戦うつもりか!』などは、印象的でした。
台詞は汚い言葉ですが、私は頭に残るこの台詞がとても気に入りました。

私は人を笑わせる事が好きなので、このムスカの台詞を使ってギャグをやります。
カップラーメンにお湯を入れた後は必ず『3分間待ってやる』と言っています。
こうしたムスカの物真似をする事で、皆が笑ってくれるのです。
これからもムスカの物真似でみんなを笑わせたいと思います。



文章の〆はいい加減でしたが、伝わる文章だったでしょうか?(笑)

障害の程度にもよりますが、勉強と工夫をすれば、ある程度は文章を書けるようになります。
文章を書くのに挫折した方が、このブログを見て頑張ってくれたらいいなと思います。


最後に

『へぇ~と思ったらへぇ~ボタンをお願いしますm(__)m』(←コラッ!)




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。