昨日、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク主催『第10回 テクノロジー犯罪フォーラム』に参加して来ました。
今年は大沼安史さんが来られるということでそれだけを目的に雨の中渋谷まで出向きました。

ああそれなのに会場に入ってすぐに大沼安史さんの被害が酷いために今日のフォーラムに参加されないことを知りました。

しかもその連絡が入ったのは一昨日(11日》だったどのこと。

ホームページに大沼さん不参加のことを掲載する時間がなかったとは思えません。

確かに大沼さんが不参加となれば入場者が減ることは容易に想像がつきます。
しかし、当日になって止むを得ず不参加というのではなく事前に分かっていながらそれを公表しなかったことには誠意が欠けていたと言われても仕方ないのではと思います。

お陰でフォーラムのあいだ眼を閉じてひたすら時間が過ぎるのを待っていました。

興行面を考えれば黙っていたことで成功だったのかも知れませんが少なからずNPOの信用を落とすことになってしまったのではという思いを抱いて会場を後にしました。
AD