イクメン書道家 山村龍和オフィシャルブログ 

臨在主義・臨在アートを提唱する 書道家/現代美術家 山村龍和のオフィシャルブログです。


テーマ:

胎教協会®発起人のわたしですが、

以前から「胎教」と「書」の関係について着目してきました。

 

胎教はその歴史を紐解けば、かつては王侯貴族というように

いわゆる特権階級のみに伝えられた秘儀のようなもので、

一般庶民は知る由もありませんでした。

それもそのはず、古来より特権階級は

「知識」「教養」が大変重要なものだと考えていました。

権力の頂点に君臨する人となればいわずもがな。

自分の娘を将来、帝の妃にしようとありとあらゆる教育を施しました。

 

 

 貴族社会の周辺から

 

わたしが拠点を構えているここ京都は、千年王城と呼ばれます。

その名の通り、千年の都。すなわち千年以上にわたり天皇がおわした

日本の中心地であったのです。

 

都において貴族文化は大いに隆盛しました。

したがって、日本における「胎教」の中心地は京都にあるといえます。

 

先般、国士舘大学教授 細貝宗弘氏の記事を拝見しました。

 

”当時の貴族社会は、母方の親が、女子の教養に力を注いでおりました。

妃の地位にある女子、あるいは将来妃の地位につくような女子には、

優雅な筆跡で書かれた美しい和歌・漢詩の写本を与えることが

日常よく行われていたのです。”

 

「書」は古代にあっては単なる情報伝達の記号から芸術の域に高められたものでした。

 

わたしたちの祖先は、日常を芸術に昇華せしめることでその身を、

その心を清廉に保ち美の感性と英知を神に通じるものとして重要視していたのです。

 

”藤原道長は中宮彰子(道長の娘であり第66代後一条天皇の后)

が実家から内裏に帰る際に、藤原行成や行成に次ぐ書の名人に命じて、

名家の歌集の新写本を中宮に献上しています。

「胎教」という考えは、人間形成の第一歩として古くから重要視されていました。

「道長が中宮の胎教にふさわしいテキストを書かせるとしたら、誰に書かせるだろう・・・」

と考えてみました。藤原行成という人の名が、直ぐに浮かんできます。

それは、行成は当時第一の書の名人として尊重された人で、

道長のためによくつくしておりますし、また、行成は道長にかわいがられ、

何かにつけ道長に命ぜられていろいろなものを書写しているからです。​”

 

※藤原道長

 

藤原ばかりでややこしいので・・・。

藤原道長といえば、日本史の教科書でおなじみ、時の権力者です。

藤原行成というと、書をたしなむ人にとってはおなじみの人物です。

三蹟に数えられる日本の歴史上屈指の書の名人ですね。

その人物が中宮彰子の胎教テキストの文字を書いていたかもしれないというわけです。

 

ちなみに中宮彰子の胎教のテキストは、「新楽府」の第二巻であり、

詩よりも音楽的要素が強く、平坦なメロディーのごく歌いやすいもので、

胎教の実用的効果があるものといわれています。

中宮彰子の教育係は紫式部ですから、このテキストを選んだのも

おそらく紫式部だったのでしょう。

 

 祖先たちから学ぶもの

 

このように、日本では古くから「胎教」を重んじていました。

そして、その内容の1つは、おなかのあかちゃんに歌を聴かせるということだったのです。

 

※かつて紀子さまが「胎教にクラシックコンサートに行かれている」

ということがニュースで紹介されましたが、その原型がこんな昔にすでにみられるわけですね。

 

しかも歌うことにとどまらず、そこに書かれている文字の優雅さにまでこだわった。

文字は視覚的な情報であるといえますが、これにはどのような意味があるのでしょうか。

 

1つは、おなかに向けて雅な文字を見せてあかちゃんの感性を刺激したのでしょう。

胎教を施すということは将来の帝位につく胎児を1人の人間としてみなしているわけですから、当時の人たちが「胎児はおなかの中から外界を見ている」と考えていてもなんら不思議ではありません。

 

もう1つは、中宮が雅な文字にふれることでリラックスることをねらったのでしょう。

 

胎教協会®によると

”胎教とは、おなかのあかちゃんによい環境づくりをすることであり、

妊婦がリラックスすることは最高の胎教”

であるということです。

 

受講生☆募集

胎教協会認定 胎教の資格

しめきり☆10月7日
国内初キラキラ胎教専門の資格
C2012
特許庁・商標登録 《 胎教の知識の教授・印刷物 》
 
 

長い歴史と確かな蓄積のある「胎教」と「書」

 

実に興味深いですね。

 

そしてその関連性も、「リラックス」というキーワードでつながり、

当時の文化(印刷ではなく書道の手書き)を絡めて殿上人の優雅な日常が垣間見られます。

 

あわただしい現代を生きるわたしたちにとって、

余裕ある豊かな生活を送ることはよほど意識を向けなければ困難かもしれません。

 

古代の人々の日常が現代人に忘れかけている大事なことを示唆してくれます。

連綿と受け継がれてきた日本独自の古代からの英知と文化を

私たちはしっかり受け継ぎ、次の世代に伝えていかなくてはなりません。

 

2016年9月

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「イクメン」 の記事

テーマ:


「愚公、山を移す」

この言葉、中国の古典、列子に出てくる故事がいわれです。
その内容は簡単にいえばこうです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
あるところに90歳になる腰のまがった老人(愚公)がいた。
老人は自宅近くにある山を邪魔だと思い、家族総出でこの山を崩そうとする。
それを見ていた人々は、
「人の力で山を動かせるものか!」
と批判する。

ところが、老人はこう言うのである。
「山は増えない。人間が子々孫々までこの事業を継続すれば、
いつか必ず山は動かせる」

老人の言葉に胸を打たれた神様が、
使いの者をよこし、この山を動かした・・・。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


 志こそが原点

松下幸之助氏は、
「どうしても2階に行きたい。
 この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくりあげる。」
という言葉をのこしています。



人間、いつの日も原点にあるのは、この「やむにやまれぬ思い」
ではないでしょうか。

前述のお話であれば、老人の
「どうしても山を動かしたい」
というやむにやまれぬ思いがスタート地点。


しかし、これだけでは老人の
個人的な「夢」で終わってしまうのです。

そんなことは老人もよくわかっていた。
だからこそ、この腰のまがった老人は
家族総出で山を崩そうとしたのです。


「山を動かしたい」

家族みんなで、その夢を共有したのです。


みんなが共有できる夢、

それを

「志」

と呼びます。


夢はその人が死ねばその時点で、はい、終了。
風と共に去りぬ。

ところが、「志」は人から人へと受け継がれて行くのです。


老人はそれをよく知っていた。


だから、たとえ自分が死んでも、自分の思いは子から孫へ、

孫からその孫へ受け継がれて、いつか必ず思いは果たされる。
そう信じて疑わなかったのです。


企業経営で置き換えれば、老人は社長、そして家族は社員といったところでしょうか。



 社会(みんな)にとって利益になるか

この老人のすごいところは、
みんなにとっての利益を生み出そうとしたことです。

「自宅近くのあの山がなければ街へ移動する時間が大幅に短縮できる。」
「あの山は土砂崩れで大きな被害が出るかもしれない」

みんなにとって利益になるからみんな必死で頑張ります。


みんなとは、「社会」ということです。

社会的な意義があるか、公のためになるのかどうか。

志を立てる本質が集約される部分ではないでしょうか。


「志」は「理念」につながっていきます。



あまねく社会に利益を及ぼすことを企業理念に掲げれば、

企業の永続的な発展につながっていきます。



松下幸之助氏の「水道哲学」や孫正義氏の志、スティーブ・ジョブズの志。

どれも社会を発展させること、社会をよい方向に変えることを使命と捉えた。


なによりも、みんなで共にみられる最高の未来があるということは、

なんてハッピーでワクワクすることなんでしょうか。




このブログをご覧になっている方は、主に経営者や事業主の方のようです。


あなたの夢は何ですか。

あなたの夢の先に見える、志はなんですか。





私・山村龍和の志は、書道を通して、芸術を通して社会を良くしていくことです。

その1つは、企業理念を毛筆の書作品にお仕立てすることです。

企業の魂である企業理念を「書」にすることで、

どんなよいことがあるのでしょうか。


それは、こちらを・・・
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

元ページはこちら→ http://ryou-wa.com/rinen/

 

東京・足立区/葛飾区を中心に外壁屋根塗装を手掛けられる
株式会社楽塗様の経営理念を制作させていただきました。
社長様をはじめ、社員様お1人おひとりが、定めた経営理念・行動指針を忘れないように
毎月行われる定例会で確認を行い、日々コツコツと努力を重ねられ、
顧客、地域住民の皆さまから絶大な支持を得られておいでです。

        

制作年月2016年5月
ホームページhttp://www.rakuto-kk.jp/
経営理念

“技術で創る確かな未来”

以下、楽塗様ブログより引用
この経営理念には、代表の思いが詰まっています。
「我々は優れた専門性の高いプロフェッショナルである。
その技術の集約された力で携わる
多くのお客様の大切な資産を守り確かな未来をご提供する。
様々な環境下から資産、そして生活環境を守っていく。
それが人を、地域を守ることに繋がっていく。
我々にしかできない大きな使命である。
株式会社楽塗の繁栄は“誠実な仕事と思い”を持ち多くのお客様から
1年後、5年後、10年後、20年後とご支援いただき、
成長企業を目指す。
そして、働くすべての従業員が安心し確かな未来を描ける企業となり
共に成長していく企業とし、永続的な未来を創る。」

引用ここまで

 

行動指針一、「専門分野で技術の習得、専門性をみがきます。
二、報告・連絡・相談の連携をしっかりと取ります。
三、自身の生活、仕事に目標を持ちます。
四、今日よりも明日、今よりも1年後、
  すべてにおいて向上心を持ちます。
五、お客様を・仲間を・会社を・自分の携わる人々を大切にします。
六、『来た時よりも美しく』を心がけます。
七、常に謙虚な気持ちを忘れません。
八、たくさんの人々に支えられている
  『感謝』の気持ちを大切にします。
九、社会人の一員として常識を重んじます。
十、反社会的勢力との関わりを持ちません。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。