イクメン書道家 山村龍和オフィシャルブログ 

臨在主義・臨在アートを提唱する 書道家/現代美術家 山村龍和のオフィシャルブログです。


テーマ:

写真:生後3週間、筆を持つ長女

産まれたての君は、
すき通る瞳で
僕をじっと見つめて笑っていました


「やっとあえたね」 
そんな言葉は出てこなくて
こころに浮かぶこともありませんでした

「やっとあえたね」 
そう それは君がママのおなかに来てくれたと
知ったその日に感じた言葉だったから


僕たちのところに来るずっと前から
君はぼくたちをじっと見守っていて
僕たちの歩幅に そっとよりそって来てくれたんだ


だから 君がママのおなかの中に来てくれたと、
知ったその日から、
産まれてきた君の姿を想い浮かべて 
語りかけていたよ


考えてもごらん 
君はもうそこにいるんだ

君に語りかけ 君と同じ時間を共有することは
君のパパとして あたりまえのことじゃないか―――


でもね それに気づいているパパやママは
今のところ そんなに多くはないらしいんだ

イメージしてごらん
世界中のパパとママがみんな同じように
おなかのあかちゃんとの時間をすごしたなら
どんなに幸せはひろがるだろう


ぼくたちは知っているんだ
おなかの中から 笑顔はひろがってゆくって

今 目の前にいる君を笑顔にしたら 地球の裏側にいる
誰かまでをも笑顔にする光がうまれる


だから ひとりでも多くのパパとママに 
知らせよう
気づいてもらおう


おなかの中からもう 君は君でいるってことを

おなかの中からもう 
君ははじける笑顔でパパとママの
「あいしてる」を待っているってことを



世界に笑顔の光を1つ また1つと灯してゆくために


4歳 書道「平和」
写真:長女4歳になった時



---------------------------------


「あなたは運命の人。」

2010年11月22日、
その日はじめて会った妻に、言われた言葉です。

「は??」

と完全にひいてしまった私。


「10日間で運命の私に出会い、
2週間で婚約、
2か月で結婚、妊娠」
ということで、
新婚さんいらっしゃ~いに出演しました(笑)

妻は、その一週間後に、
一回のいきみで出産という、
超・安産でした。


ところで、運命の赤い糸というのはどうやら存在しているようです。
あれよあれよと何かに導かれるまま、2か月後には入籍、
1年後には長女がうまれました・・・(驚)

妻は、こどもたちの未来を真剣に想う人です。

「真の教育を追求すれば、
胎教に行き着く」


そう常々僕に話していました。

当然、二人の子どもにも胎教をしました。

生まれてきたわが子は二人とも、

「夜泣きしない」
「よく笑う」
「社会性が高い」


生後2か月で、「ママ」「パパ」
「おっぱい」と話してくれた時は、
正直、耳を疑いました。
※妻は、
基本の胎教だけでなく、
胎教の上級編を
しました。

なぜ、そんなことができるかは、
山村尊子プロフィールから
推察してくださいね(*^_^*)




子育て経験豊富なおばさま方も
みな口をそろえて

「育てやすい子」

と、こう言っていました。


胎教のおかげで、
父性が育ち、
イクメンにもなれました。







私はこれが妻の言っていた
胎教の成果なんだと確信しています。

お腹の中に、
宿った瞬間には、
そこにこどもはもういるんだから、
もうその子の人生始まっていますよ。

よい胎教をすれば、こどもの人生もよくなる。
そんな人が増えれば世界ももっとよくなる。

しかし、正しい胎教を伝えられる人がまだまだ少ない――。




結局、今日の記事で私が伝えたいことはなにか、

「胎教アドバイザーになってください!!」

と、ただこれだけです。


本気でこどもたちの未来を想う人であれば、
必ず胎教に行き着きますし、
胎教は絶対に必要。

4~5年前まで子育て
まったく素人だった私がこういうのですから
間違いありません。






筆をとられて困る書道家ryowa
写真:赤ちゃんに筆をとられて困りました
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「イクメン」 の記事

テーマ:

元ページはこちら→ http://ryou-wa.com/rinen/

 

東京・足立区/葛飾区を中心に外壁屋根塗装を手掛けられる
株式会社楽塗様の経営理念を制作させていただきました。
社長様をはじめ、社員様お1人おひとりが、定めた経営理念・行動指針を忘れないように
毎月行われる定例会で確認を行い、日々コツコツと努力を重ねられ、
顧客、地域住民の皆さまから絶大な支持を得られておいでです。

        

制作年月2016年5月
ホームページhttp://www.rakuto-kk.jp/
経営理念

“技術で創る確かな未来”

以下、楽塗様ブログより引用
この経営理念には、代表の思いが詰まっています。
「我々は優れた専門性の高いプロフェッショナルである。
その技術の集約された力で携わる
多くのお客様の大切な資産を守り確かな未来をご提供する。
様々な環境下から資産、そして生活環境を守っていく。
それが人を、地域を守ることに繋がっていく。
我々にしかできない大きな使命である。
株式会社楽塗の繁栄は“誠実な仕事と思い”を持ち多くのお客様から
1年後、5年後、10年後、20年後とご支援いただき、
成長企業を目指す。
そして、働くすべての従業員が安心し確かな未来を描ける企業となり
共に成長していく企業とし、永続的な未来を創る。」

引用ここまで

 

行動指針一、「専門分野で技術の習得、専門性をみがきます。
二、報告・連絡・相談の連携をしっかりと取ります。
三、自身の生活、仕事に目標を持ちます。
四、今日よりも明日、今よりも1年後、
  すべてにおいて向上心を持ちます。
五、お客様を・仲間を・会社を・自分の携わる人々を大切にします。
六、『来た時よりも美しく』を心がけます。
七、常に謙虚な気持ちを忘れません。
八、たくさんの人々に支えられている
  『感謝』の気持ちを大切にします。
九、社会人の一員として常識を重んじます。
十、反社会的勢力との関わりを持ちません。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
京都を拠点にしている私ですが、本当にこの街には驚かされます。

先日は、書聖とも謳われる空海の書展があり、東寺へ。
このお寺までなんと自転車で15分ほど。

そして、ついこの前のお話ですが、
幕末の三筆と謳われる貫名菘翁の書にばったり出くわしたのです。


写真:貫名菘翁筆の屏風

それが美術館などではなく、清水寺近くの二年坂にあるお香のお店です。
ずらずらと素敵な商品がならべてある背後にさりげなく
飾られている屏風が。

「ほほう、いい書ですな~」

と眺めていると、

「ちょっと待て」


「これはよい書すぎる!」


同行していた妻(胎教協会理事)は、

「そんなにいい書なの?」

と、いかにもフツ~の反応。

しかし、この時すでに私の脳みそは、はちきれそうでした笑。
一応店員さんに確認をとったのですが、

「これは、ぬきなかいおくの書です」

といかにもお店から教育された言い回しのご回答(*´▽`*)

まさか貫名海屋(菘翁)の書に自転車15分で出会えるとは思いませんでした。


再度、店員さんに

「この書を見にお店に来る人、いるんじゃないですか?」

「はい、たまにいらっしゃいます」


それはそうでしょう。

どのような経緯でこの書がこのお店にあるのかまでは
うかがわなかったのですが、

「素晴らしい」と、思う反面、

こんなところに置いておかないでしっかり管理するなどなど
作品の保全に尽力していただきたいと思いました(笑)

~~~


さて、話は夏至の日に遡りますが、妻と共に京都の聖地巡礼へ。
鞍馬寺と貴船神社に参拝してまいりました。
貴船神社に参拝するのは墨を磨る水を採取するためです。

おりしも妻もエネルギーチャージしたいとのことで、
一緒に参拝させていただきました。
鞍馬寺から徒歩で貴船神社に参ったのは初めてのことでしたが、
本当に素晴らしい大自然に包まれていました。
自分をリセットし、内観することができました。



写真:貴船神社の神水

先だって、某企業様の経営理念を書かせていただきましたが、
この時は洛中の御金神社のお水を使わせていただきました。

その時々のインスピレーションで書に使う水も変えています。
水は本当に不思議な存在です。
貴船の立て看板にはこのように書かれていました。



水は私たちを本質的な状態にしてくれる性質があるような気がします。

儀式の前の沐浴とか、毎日の入浴とかもきっとそうなのでしょう。

芸術家とは、本質との対話者だと私は思います。
なにも書道家や作家に限ったことはないでしょう。

経営者の方であれば、本質を見極めることは重要なのではないでしょうか。
軸というかブレない芯というかそういうものがある
人や組織はやはり強い。

言葉化したものが理念だと思うのですが、
理念ありきの経営か、理念なしの経営か。

それは本質が見えているか見えていないかの違いでもあります。

ほんの数年であればよいのかもしれませんが

10年20年先、100年先を見据えるのであれば、
「理念」が本当に重要ですね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。