'un - D

Jewelry & Accesary 『 'un-D 』 official...


テーマ:

まぁ、タイトルから想像がつく人もいれば


何のこっちゃ?と言う方もおられるでしょう。


と言うか


何のこっちゃ比率の方が、圧倒的に高いと予想。笑




さて、つまりなんぞや?となるわけですが


Google Chrome(日本語Ver)の機能には 外語サイトを翻訳誘致する機能がついています。


英語のページを開く

自動的に 「翻訳しますか?」 と言うメニューバーが出る。


と言う感じです。


ところがこの機能。


場合によっては、日本語のサイトを閲覧しようとする時にも出てきます。


某Officeソフトに入っていた、アシスタントイルカのように


要らん所でドンドコ出て来るわけです。


ちなみに


HTMLの表記で日本語指定がされていたとしても、これを無視して出てきます。


なんでや・・・


と、Web製作者を悩ませる機能の一つと言うわけです。


そりゃー、レイアウトも崩れますし


要らぬ動作(翻訳しますか?→しない)も発生しますし


ほんと、悩みの種です。



日本語の指定が、HTML内でされているのに


何でそんな翻訳しますか機能発動するんの~?!


と、疑問が沸くわけですが


どうやら


ヘッダーやHTML表記での日本語指定は完全に無視。


じゃ、どんな要素で判断してるんでしょう?


確定はしていないのですが


HTML内での言語(日本語・外国語)の割合が


一つの要因として上げられるみたいです。


と言うのも


同じ文章で書いたページで


日本語の数を減らしたりすると、出たり


増やすと、出なかったり


と言う検証結果がございます(・ω・)




いやいや


Googleさん、HTMLでの指定で判断して下さいよ・・・


内部検証で判断する機能は無駄に凄いんですけど


そこはシンプルに、製作者の意図を組んで下さいよ・・・(´・ω・)


だって


ページ内での日本語の割合なんて


ページの種類とかデザインで変わってくるんですから・・・(´;ω;)




そんなこんなで


もう少しのところで、少々悪戦苦闘中。


そして、予定していたよりも


キャストから帰ってくる期間が長くて


ちょっと焦っている今日この頃


問い合わせしてみるか・・・





記事を見返してみると


あまり一般の方には分からない内容になったな・・・と


ちょっと反省。


まぁ、そんなちょっと深い悩みもあるんです(´・ω・`)

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード