坂口涼太郎 オフィシャルブログ powered by Ameba

坂口涼太郎 オフィシャルブログ powered by Ameba











テーマ:
{E11F9A4A-7C79-4817-9394-0D476360FF8D}

{D20A563B-CEA6-4C5C-A1DE-865F478179D4}

{130829CF-96A0-4024-B65D-C13971B50D8A}


木ノ下歌舞伎「勧進帳」 全公演終了しました。

今年5月末から稽古が始まり、7月の松本公演を経て10月に豊橋、11月に京都と北九州公演。
途中間が空けど、約半年に渡り携わりました。
何のしがらみも無く、大好きな人達と胸を張って自信作と言える演劇を創作できて、本当に幸せな現場でした。

そして富樫左衛門という素晴らしい役を演じる機会をいただき、邦生さん、木ノ下先生、共演者の皆さんとディスカッションをしながら創作したおかげで、僕からは想像し得ないような富樫の感情や思考を発見でき、勝手に体と心が動くような、まるで操られているかのように全く予想し得なかった表現が自分から出てくるという貴重な体験をしました。
俳優として勧進帳以前と以後では比べものにならないほど進化できたと思います。
今まで知らなかった自分に出会うことができました。

富樫と出会わせてくれた杉原邦生さんと木ノ下裕一さんには感謝してもしきれません。
心から信頼できるお二人と作品を創れて毎日が幸せで充実していました。
この出会いを大切にして、これからもっと高くに、前に進んでいきます。


そして、ほとんど初めての演劇にも関わらず、日本人でも理解するのが難しい弁慶の長い台詞を稽古場の隅で一人で何度も繰り返し、細かいニュアンスや意味も完璧に覚えて、弁慶の心情を見事に演じきった素敵でかっこいいリー5世さん。
外国語の台詞でその国の文化が詰まった作品をその国の人達の前で披露する。
その苦労たるや計り知れないものだったと思います。
それを見事やってのけたリーさんは本当にすごいです。
心からリスペクトしています。

美しく気高い、気品溢れる義経を演じた高山のえみさんには本当にお世話になりました。
いろんな所に一緒に行き、いろんな話ができてとても楽しかったし、僕の知らない世界のことをたくさん教えてくれました。
本番の舞台上では義経と富樫は一度も目が合わないんです。
でもお互いの存在は一番意識し合っていて、心の中では最も寄りそっていたような気がします。
佇むという一番難しい作業をのえみさんはとても真摯に、丁寧にされていました。
のえみさんには見習わなければいけないと思うことがたくさんありました。

そして、人一倍頑張って気を利かせようとするのだけれどなぜか空回りする残念な人を演じさせたら右に出るものはいないベテランの岡野康弘さん。
酸欠になるほど全力で、絶妙なコンテンポラリーダンスを踊る姿が大好きでした。
穏やかな岡野さんがいてくれて、現場の雰囲気がとても和みました。

亀島一徳さんは温かく柔らかい羊毛のような人で、そこにいてくれるだけでなんだか安心できる、信じられないほど優しい方でした。
舞台上でも同じで、どの瞬間でも緻密に役を演じられているので、目が合ったときにいつも物凄く心を動かされました。
とても頼りにさせていただきました。

ばくさんこと重岡漠さんには一緒に遊んでもらったり、僕のわがままに付き合ってもらったりすることが多く、一番甘えてしまいました。
特に松本では二人でいろんな所に行きました。
その時にご馳走してくれた蕎麦がいままでの人生の中で一番美味しくて、とても嬉しく、いい思い出です。

大柿友哉くんは永遠の少年のような人で、心のどこかに失くしがちな純粋で無垢なものを持ち続けている稀有な人です。
何事もとても真剣に、実直に取り組む姿がとても素敵で、見習わなければいけないと思わされました。
いつも明るくてとても気持ちがよかったです。


誰一人欠けてもこの作品の仕上がりにはならなかったと思います。
奇跡みたいに巡り合ったこの7人で創作した勧進帳。
もっともっとたくさんの人に、世界中の人に観ていただきたい。

いつかまたこの7人で木ノ下歌舞伎の、僕らの「勧進帳」を上演できることを願っています。


この作品に関わってくださった全ての方々、観てくださったお客様に心から感謝の気持ちを伝えたい。

ありがとうございます。


{02D407C0-D72D-4563-8BFA-B7F0908B6794}






写真で辿る、旅の思い出。

in 豊橋
10月22.23日

穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース

{FB5BF6DE-8C35-4E54-84FD-B520F1C61911}

{B5B7EA8A-C254-430F-A7E6-077164D98283}




in 京都
11月3〜6日

京都芸術劇場 春秋座 特設客席

{568EDF3D-DA75-4EDE-A379-14B7E85D51D4}

{2DECFED5-ACB3-4E85-BD58-7353E567791E}

{84ACD32F-CA11-4A8E-8DCD-06835174D103}

{44FA908C-2EDE-4651-977B-D515C88C5F1B}

{94B5D2EC-C561-431B-BEC0-20580FE9CB80}

{61B69ADF-8CA2-40EE-8776-2081B9973982}

{BCA4BC0C-7B63-4A73-B170-91CDC93AD97A}

⛴ #イノダコーヒー #inodacoffee

A photo posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on



初日🏛🏁 #KyotoExperiment #木ノ下歌舞伎 #勧進帳 #春秋座 #京都 #京都国際舞台芸術祭

A photo posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on





そして、京都国際舞台芸術祭
KYOTO EXPERIMENT 2016


#KyotoExperiment #京都国際舞台芸術祭 #木ノ下歌舞伎 #勧進帳

A photo posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on




{6F40BA01-168F-4E7D-9EE2-BC9E3A7971D8}




#KyotoExperiment #京都国際舞台芸術祭 #MartinCreed #understanding #マーティンクリード

A photo posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on



A photo posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on



#KyotoExperiment #京都国際舞台芸術祭 #MartinCreed #understanding #マーティンクリード

A video posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on







{06ADDD45-0B4F-49A3-A579-DB14DDAC75FC}

#KyotoExperiment #池田亮司 #ryojiikeda #theradar #theradarkyoto #京都国際舞台芸術祭

A video posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on




in 北九州
11月19.20日

北九州芸術劇場 小劇場

{530D5E7B-20D0-4AD0-AC67-159A6581A682}

{AF8850A1-4537-4715-B7FC-CFBA9F3A9528}

{A3D6997F-75DE-4A61-9A81-AFC3956BE35A}

Thank you 🎨@momomonmon55 #木ノ下歌舞伎 #勧進帳 #富樫左衛門

A photo posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on











世界が平和になりますように。








{60EF415C-B09E-46A1-927F-ABB10EABA487}

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{37379CD6-BAB7-4162-AF0D-8DC201A498F5}


舞台「露出狂」閉幕しました。
御来場ありがとうございます。

濃密な1ヶ月でした。
Zeppブルーシアター六本木で過ごした日々はこの先もずっと忘れません。
間違いなく僕の青春でした。
情熱と仲間さえいれば、青春の煌めきはいつでも味わえるのだと実感しました。

野宮という役を惜しむことなく全力で演じることができたのも、俳優として自信になりました。
今回は肉体と精神の限界に挑めたような気がします。
ずっとハイライトのお芝居なので、感情もずっと沸点に達していないといけなかった。
だから頭に血は登りっぱなしだし、胃の中はからっぽでないと駄目だったし、酸素が足りなくなるし、視界は真っ白になるし、膝が笑い続けるし、もし自分が弱い人間だったら芝居の後半で挫けていたなと思うほど、毎日全力で自分の肉体を駆使することができて満足でした。

舞台上で役を演じていて、意識の中に7%ぐらい残っている坂口涼太郎が
「あ、俺ちょっともう無理かもしれない、、」
とうっすら思うだなんて、人生で初めての経験でした。
乗り越えれてよかった。
いや、乗り越えなくてはいけないのだけれど、、。

そして何より共演者の皆さんと最高の仲間達に出会えたことに喜びを感じます。
特にチーム「」のみんながどんどん成長していく姿は俳優としてとても勉強になったし、そんな彼らの奇跡ともいえる素晴らしい千穐楽を見届けることができたのも心から嬉しかった。
なかなか立ち会うことのできない貴重な経験をさせてもらいました。
ありがとう。

チーム「」で本当によかった。
舞台上で本気でぶつかり合える仲間達と共演できて幸せでした。

最後に、全ての根源である中屋敷法仁さんに最高の感謝を。
ありがとうございます。


{42BF36A8-617F-4975-B319-7F77CB4222F2}

{84A0F4F2-A5AB-40A3-B1E2-10706B4023B2}

{39F9BF03-AA6E-40F7-8FF5-C379D1DBB1D9}

{53792654-B68C-4BE2-B7ED-07D84A26C7D3}

{33D9997E-97B5-49BF-B405-8373ACB2004C}


さて、今週末から
木ノ下歌舞伎「勧進帳」秋ツアーが始まります。

10月22日,23日 穂の国とよはし芸術劇場 PLATアートスペース
11月3日-6日 京都芸術劇場 春秋座
11月19日,20日 北九州芸術劇場 小劇場

詳しくはこちら


{0EB7AD83-647A-4399-BF64-128948119159}

{0100CBB7-254A-48D4-AC50-61CDB947088F}

{0712CE62-D398-4A70-98E0-BDF8229333FE}

{0C46BC8D-64A2-4962-A4D1-63746229B5CC}

{903195DE-4ADC-4D61-8EA0-948C753A888F}

{20FD7C76-6E5D-44DF-A736-4BB895FBCABB}


7月の松本公演で好評を博し、いよいよ豊橋京都北九州へ参ります。

いま秋ツアーへ向けて稽古しているのですが、3ヶ月の間に経験したことが無意識のうちに芝居に込もって、より一層深いところまで辿り着けそうな気がしています。
生きているとたった3ヶ月であれど、人は変化するのだなと。
ゆっくりすぎて普段は気づかないけれど、3ヶ月ぶりに同じ演目で同じ役を演じてみて、気づきました。

今この瞬間だからこそできる富樫左衛門を、勧進帳を、鮮度を保ってお届けできたらいいなと思います。

是非お近くの劇場へ、、いや、お近くでなくとも旅行や逃避行を兼ねて、お越しください。





{749EBD4D-CCB2-4185-8E87-3DD51F10C1A1}

{573965EC-3C5D-4702-8969-5764D0088318}

{5D505BD9-6869-4D6C-B924-91541E1D0A14}

{E7CACC83-3E4C-4BF2-B549-F143325C1002}

{3F54E0EE-E456-4D61-92FD-585B1656AE04}

{C05BC5D5-C5AF-4124-92E4-BDE21244EE35}



来年の2月松本にて、串田和美さん演出の「K.テンペスト 2017」に出演することになりました。






今年の7月に木ノ下歌舞伎「勧進帳」で初めて長野県の松本へ訪れて、人と街の温もりに感動し、また戻ってこれるようにとブログにも綴りましたが、こんなにも早くその願いが叶い、またあの素晴らしい環境で演劇ができると思うと心が踊ります。

2017年の冬、お客様の心に嵐を巻き起こせるように全力で挑みます。
楽しみに待っていていただければ幸いです。

その前に、今は秋の豊かさを存分に味わいたいと思います。
では、御機嫌よう。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
肌寒くなり、秋の訪れを感じる今日この頃。

「カーディガンでも羽織ろうかしらん」
「ストールでも巻こうかしらん」などと思う世間の皆様とは裏腹に、
僕は尋常じゃないほど熱い稽古場で、致死量ほどの汗を流し、時速200㎞くらいで流れていると思われる己の血流を感じながら、舞台「露出狂」の稽古に励んでおります。
ほんとうに熱い!暑い!暑死しそう!

そんな露出狂は、まもなく9月30日から開幕します。

舞台「露出狂」公式サイト

{DDE1810C-50B9-4E2E-B9C6-052EEE0288E7}

{A953F646-6286-49E6-A9DD-6A46E0228310}






同年代の同性の俳優がこんなにたくさん集まる現場は稀なので、最初は、お互いのプライドやエゴがぶつかり合い、血眼になりながら血で血を洗うほどの恐ろしい現場になるのではとハラハラしていたのですが、蓋を開けてみれば32人全員が心根の優しい好青年であることがわかり、一切ぎすぎすすることなく、和気あいあいと一丸となって作品を創作しています。

同じ作品を3チームで3通りの完成形に到達させるというのは初めての経験ですし、自分の出演している作品と役を、リアルタイムで他の人たちが演じている姿を外から観れるというのは本当に面白い体験です。

結論。
演じる人が違うとこんなにも違うものかと。
頭ではわかっていたつもりでしたが、実際に目にして、体感してやっと理解しました。

「露」「出」「狂」の3チーム、それぞれで終演後にお客様がどんな気持ちをお持ち帰りになるか、どの部分を刺激されて何を連想するか、3チームそれぞれで全く違います。
これは断言できます。絶対に違う。

もちろん脚本も台詞も全く同じだし、始まり方も終わり方も同じです。
同じことをやっているのにチームごとで見終えたあと心に残るものは全く違う。
人の力ってすごいんだなと。
演じる人間が内包するものが、こんなにも作品に、役柄に影響するものなのだということを肌で感じました。

なので、同じ作品と言えど、どのチームを観ても違う作品を観たぐらいの違いと魅力があると思います。
ひとつのチームを観たら、きっと他のチームも観たくなると思います。
でもあとはお客様次第。
どのチームを選ぶか、いくつかのチームを選ぶか、その時点から観に来てくださるお客様の感覚と感性を刺激したい。
役者の力を、生き様を目の当たりにしてほしいです。




…とは言ったものの、坂口涼太郎っていう俳優はチーム「」に出演いたしますので、本音を言ってしまえば僕が演じる野宮を観ていただきたい!

チーム「出」で僕が演じる「野宮」は永島敬三さん演じる白峰先輩のことをとても好きな男の子です。


{CDC60E13-99A7-4BD5-B1CC-66409B988100}


こんな別マ風な一コマもあったりします。

恋に全力を注ぎ、懸命に青春を謳歌しようと努力する野宮という男の子を愛しく思っていただければ幸いです。

チーム「出」の共演者の皆さんも本当に素敵です。
一生懸命だし、思いやりに溢れていて、人生を懸けて共演してくださる。
本当に早く皆さんに観ていただきたい。

もちろんチーム「露」と「狂」も魅力的です。
どのチームを選んでくださっても心に響くこと間違いなしです。
是非ご覧いただきたい。
劇場でお待ちしております。


今日から映画「ちはやふる上の句」のBlu-ray&DVDレンタルが始まりました。
特典満載の豪華版の発売は9/28です。
是非ご自宅で青春の煌めきを味わってください。


#soulmates #奥村佳恵 #加藤諒

A photo posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on




先月26歳になったお祝いに奥村佳恵、加藤諒をはじめ親友たちがセルジュルタンスのアラニュイという香りを贈ってくれました。

これまで出会ってくれた皆さんに感謝して、これから出会うであろう素晴らしい方々に希望を抱いて、日々を全力で生きていこうと思います。

このブログを見てくださっている方々に感謝を込めて。
ありがとうございます。

これからもどうぞよろしく。

{FF60B452-335D-4283-800F-221AA6781294}

{8936EB66-CA5F-44B7-B6C6-6391B17D7AB6}

{73129141-7955-4709-9488-988BB2316213}

{564D283C-7D6A-42BF-99E2-E04E1C0D76B1}

{72F22F54-4893-43D5-89E1-7419172FE4F4}

{69E27655-7D33-41A4-9378-4F7159791980}

{21E1DFBF-5FC9-4461-9BFA-DCCD03BAB627}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{2B504A12-23D1-49E4-88C2-CC0D06509408}

木ノ下歌舞伎「勧進帳」松本公演が無事に閉幕しました。
皆様、ありがとうございます。

素晴らしい日々を振り返ろうと思います。

松本に到着した日は信州・まつもと大歌舞伎「四谷怪談」を観劇しました。

{4DFD4ABD-ECCF-4D68-9A9A-5432AA68ACD0}

まつもと市民芸術館はお祭りムードに包まれていて、ロビーには屋台やお化け屋敷があり賑わっていました。

{8CF37AFB-FCF3-4464-9090-570AF97398A2}

本当に素敵な劇場で、松本の街が歌舞伎に染まり、これぞ大衆演劇という雰囲気!

串田和美さん演出の「四谷怪談」は驚きに満ち溢れていました。
贅沢で斬新で格好よく、圧巻でした。
お岩さんとお袖さん、二人の女性の生き様に涙し、運命の悪戯に翻弄される人間たちの姿を目の当たりにし、一生忘れられない壮観なラストシーンで幕が閉じる。
最高でした。
本当に観れてよかった。
そして活力になりました。


いよいよ僕らの「勧進帳」開幕!

入り口はこんな感じ。

{D968B083-9DCF-4A66-B28E-0A30FAD46089}

3回公演、素晴らしい体験でした。
こんなにもお客様の反応が波のように僕らに押し寄せてくるなんて、思いもしませんでした。
松本のお客様は温かく、前のめりで、自由に観劇してくださいました。
遠方から来てくださる方や俳優仲間、四谷怪談チームの方々、なんと中村座の皆さんと串田さんも観劇してくださり、有難いお言葉をくださいました。
なんて幸せなんだろうと、実感する日々でした。
歌舞伎役者の皆さんに僕らの勧進帳、歌舞伎に対する思いが伝わり、交流できたことが嬉しかったです。

富樫左衛門を演じることで、確実に僕の人生も豊かになりました。
感謝。

チーム勧進帳のみんなで。

{1999E582-50FF-4FAD-A3FC-E18C6F04FEC9}

最高のチームワークです。
10月、11月の豊橋、京都、北九州の公演。
是非観に来てください。
さらにパワーアップしてお届けします!



さて、松本の街も満喫しました!

{9E6E15A8-BB92-471A-BC57-E29D0B65CEE4}

川や水路が街のあちこちにあり涼しげ。

{1A6DA7B7-3A04-4D50-A623-0D7FB0C368F3}

自然に囲まれていて穏やかです。

{8528A949-626B-493C-BBDA-AC771BA2E178}

お花を見ていたら川の下流から大柿友哉くんが現れました。
よく見ると一枚目の写真にも小さく写っています。

このエピソードは分類するなら「怖い話」です。


松本最終日は念願だった草間彌生さんの聖地、松本市美術館へ。

{2A883110-0ACA-4F6D-A392-2EA4AC5F1AC7}

ばくさんこと重岡漠さんと。

{E4BA2C1C-3002-4B6A-A790-4D74245FBB46}

命のにょろにょろたち。

{BA192AC7-1903-469E-A04F-B1A9A756D172}

「こいつが一番好きだな」と言っている僕。

{41E804E3-A1D7-4B17-AF25-6FE4F157D064}

LOVE FOREVERの缶バッチを付けて。

{2BBCD2AA-CCB9-4C2D-A01B-59DD88CCD288}

彌生さんの世界に浸って、心が元気になりました。
彌生さんありがとう!


その後は国宝松本城へ。

{E58A87FE-4D02-49A2-A256-E97B5F511F79}

美しい。

見えてはいけない妖怪みたいに写ってしまったばくさん。

{98898117-F907-4EDA-96EB-4730C4202596}

松本城は風が気持ちよかった!


その後は旧開智学校へ。

{5CEA6EE5-9EBF-4DE9-A829-53A4AA7F7E87}

装飾がモダンで最高に素敵でした。

椅子や机が小さい!

{55F2AD07-C526-43DF-A417-584113675E2F}

二人で当時の授業風景を再現。

{6D0E6BEF-789E-439E-9619-A0C3A9D6131D}

「先生!」

「はい、坂口くん」

「なんでもありません!」

「坂口くん退学です」

当時の学校はものすごく厳しかったみたいです。(台詞はあくまでイメージです)


最後に蕎麦を食べました。
人生で一番の蕎麦でした。
本当に美味しかった。

松本はどのお店も珈琲が美味しかったし、水に恵まれた潤った街です。

また松本でお芝居ができるように、戻ってこれることを願います。

松本の皆さん、ありがとうございました!


次回は舞台「露出狂」に出演します。


{9D147AE7-D713-4F59-ADD3-1B8EF9D4B6ED}



3チームありまして、僕はチーム「出」(いずる)です。


{B29EA801-7BCC-4016-82CC-F119C081D304}


ご来場お待ちしております!

詳しくはこちら


🚹 #selfie 🚺 #草間彌生 #yayoikusama

A photo posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
{533FD08E-29F8-452C-830D-E036966762D9}

{1816641E-E9E4-44CC-B00B-CFAAAFCF4D8D}


この一ヶ月、木ノ下歌舞伎「勧進帳」という演劇の稽古をしています。

まもなく7月14日から長野県松本で本番を迎えます。

{7B83FA0A-28BD-42E4-8ADD-040BFEC89F86}

{3B6C5BAB-515C-4E91-BE3E-93D2B230D990}


まず歌舞伎の「勧進帳」の動き、台詞、全てをコピーし、現代演劇に再構築していくという作業をしました。

その感想やこの作品に対する僕の意気込みがこちらに掲載されていますので、是非ご覧ください。


{0935B52D-0738-4F59-9FE0-06A6D79BF9F5}

僕は安宅の関を警護する富樫左衛門を演じます。

僕にとってこの役を演じることは挑戦であり、大きな財産になると思います。

今まで経験し、培ってきたものを全て注いで、自分自身に驚くような未知の領域へ到達できることを信じて、稽古に励んでいます。
是非たくさんの方に観ていただきたいですし、本番を観てくださったお客様に驚いてほしいです。


{4F3A9CC0-64B8-4BCC-88AE-BF83C7E4FE6F}


共演者の皆さんも素敵な方ばかりです。
毎日稽古場に行くのが楽しみなほど、みんなで試行錯誤して作品を創作しています。

真ん中にいる木ノ下歌舞伎主宰の木ノ下裕一さんはいつも温かく見守ってくださる最高のリーダーですし、演出の杉原邦生さんは僕らの個性を最大限に尊重してくださり、最高の形で作品に取り入れてくださいます。演出は実験的で挑戦的で格好良いです。
以前から邦生さんの作品に参加してみたいと思っていたので、今回やっとご一緒することができて、とても嬉しいし光栄です。
邦生さんほど信頼を寄せることができる演出家に出会えたことは貴重だし幸せなことだと思います。


{75C296D2-58A1-49D4-AF8C-0FC34765C036}


この「勧進帳」は今年の10月11月豊橋京都北九州でも上演しますので、是非お近くの劇場にいらしてください。

詳しくはこちら


さて、ラストスパート頑張ります!

松本公演に来てくださる皆さん、ありがとうございます。
楽しみに待っててください。
来週お会いしましょう!

#RyanMcginley #BodyLoud

A photo posted by 坂口涼太郎 (@ryotarosakaguchi) on





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み