今井亮介でよかろうもん!!Ryosuke Imai's Blog

Ryosuke Imai expresses in English and Japanese 株式会社ワンダーイヤーズ代表のブログ 英語/日本語


テーマ:

As a former national breaststroker, and given I have swimmers coming in from all over the nation almost every weekend, I tend to spend time on thinking of how I could help the future breaststrokers to improve their technique. 

 

Playing with the water pressure on their particular body parts by using gears, such as usinig paddles and fins, is what I strongly believe that would help swimmers be aware of what they had been doing wrong and what they should do to swim easier, longer, and faster.

 

Thus, I would say the core elements for my approach to help improving breaststroke are tactual stimulation and giving proprioceptive information.

 

How wide your breaststroke kick should be is ratated to above. I met numbers of breaststrokers, wide range of age and competitive level, wondering how wide their kick should be. 

 

I am aware of the fact that narrow kick is encouraged in many places, especially the US. I was shocked to see how narrow Ed Moses's kick was when I saw him swim at the warmup pool at the NCAAs in the year 2000, where he broke the world record in both 100 & 200 breaststroke. 

 

I, of course, tried to copy his kicking technique, but it never work out. My kick actually ended up contributing less for propulsion. The reason the deterioration occured was my ankle flexibility did not match this particular techique. 

 

I actually came to the conclusion well after I stopped swimming as a professional. Then, I got to watch a bunch of elite breasktrokers' kicks ever since I got involved with swimming as the founder of Wonder Years. Their knees are wide apart especially when grab the water with their feet!

 

You can open knees when you kick breaststorke. You just need to know by how much. 

 

For that, I think "The Kick Pro" by FINIS is valuable. 

 

 

 

In their commercial, the kick pro is supposed to be teaching narrow kick, but I would use it for the opposite. You learn that you need to open your knees until the band surpress your movement. Of course, you need intially to set the appropriate width (which is using the hole for narrower kick for Japanese breaststrokers), but I think this can be quite useful for those who wonder how wide their kicks should be. 

 

Swimming could be difficult when you do  not know if your technical attempt is on the right track. Gears like the Kick Pro would give signal of sensation of band's tension. 

 

競泳平泳ぎの元日本代表(世界水泳2001など)という立場だったり、日本各地やアジア諸国からスイマーが毎週のように久留米にレッスンを受けに来てくれている中で、

 

平泳ぎを上達したいスイマー達に対して、何が一番効果的なアドバイスだったり、サポートだったりするのかを考えることにかなりの時間を割きます。

 

パドルやフィンといった道具を用いて、泳いでいる際に体が受ける水圧を部分的にコントロールすることは、ブレストストローカー達に動作における問題点と、改善部分を伝えられ、短期間でのフォーム矯正や技術の洗練に非常に有効であるというのが個人的に達した結論。

 

従って、僕のアプローチにおける核となるのは、触覚への刺激と、固有受容感覚向上のための体への情報享受ですね。

 

平泳ぎのキックはどのくらいの幅であるべきかというのも上に関連するかと思います。競技力や年齢に関係なく多くのブレストストローカーから質問を受ける点。

 

割と多くの国や団体(特にアメリカ)で、膝の幅を著しく狭くして、膝下の回旋で水を捉えて蹴る「ウィップ・キック」に近いキックが推奨されていることは認識しています。

 

2000年に出場した全米大学選手権(NCAA)にて、100mと200m平泳ぎを当時の世界新記録で優勝したE・モーゼス選手のとても蹴り幅の狭い、強烈なキックに驚愕したのがウィップ・キックとの出会いです。

 

以来、僕も彼の技術を真似ようと、真剣にトライを重ねましたが上手くいかず、結果的に推進力の減少を招いてしまいました。この技術に対して僕の足首の可動域が適していなかったことが原因。

 

足首の柔軟性が原因で、結果的に泳ぐことを妨げてしまったという結論に達したのは、実は現役を退いてしばらく経ってからなんです。

 

ワンダーイヤーズの代表という立場で、世界のエリート・ブレストストローカーのレース、練習、ウォーミングアップを近い位置で観察することができるようになる中で、速い選手の膝は思ってたよりずっと開いてることを発見しました!

 

平泳ぎのキックにおいて、膝を開いて蹴って良いんだと思います。ただ、どこまで開くべきなのかを予め決めておく必要がある。

 

それに対して、FINIS「キック・プロ」は役に立つんじゃないかと個人的に思うんですよね。


FINISのコマーシャルの謳い文句では、幅の狭いキックの学習に役立ちますとあるんですけども、僕なら逆説的な理由での使用にします。蹴る時にバンドが張るところまで膝を開くことを指示した上での使用。

 

 

当然、予め蹴り幅を設定(日本人ブレストストローカーならバンド幅が狭くなる方の輪っかに連結させるべきかと)した上での使用となりますが、どのくらい広いキックが平泳ぎで適しているかで悩んでいるスイマーにとって基準を与えてくれるので有用なのではないでしょうか。

 

水泳を難しくする要素の1つとして、技術的なアプローチにおける正誤の判断がつきにくいことが挙げられますけども、キックプロのようなアイテムはバンドが張る際のテンションで、スイマーに蹴り幅のシグナルを送るんですよね。

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

今井亮介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります