しゅみLog!

出来事や趣味等をまったり記載


テーマ:

みなさんどうも!(*ゝω・*)ノ
今回はS.H.フィギュアアーツの【オメガモン】です!。

こちらのオメガモンは過去に発売されていたのとは違い、映画ぼくらのウォーゲーム仕様です。

まずは全体から。

前側。


後ろ側。
マントはやわらかい布製なので動きに制限があまりありません。

各部アップ。


目の部分も綺麗で、アニメに忠実です。


メタルガルルモン側。


ウォーグレイモン側。


足は爪部分も可動します。

可動範囲。

腕もロール軸があるので案外かなり自由にか可動できます。


膝の可動はこれが限界ですね。
足はそんなに可動広くないです。


接地面はこれが限界。
接地じゃなければ足自体はもっと開きます。

特徴的なマント。

スタンドに追加パーツを付けることによって、マントを広げてるように見せられます。


先端はクリップなのでしっかりと固定もできます。

ここからは適当に。




武器を装備。

武器は腕の部分に差し込む感じで取り付けます。


【グレイソード】特徴的な文字は、「オールデリート」と読みます。


【ガルルキャノン】こちらも砲の太さといいイメージ通りですね。


フル装備。
うん、やはりかっこいいですね。















そして今回の、ぼくらのウォーゲームver.では太一とヤマトのフィギュアが付属します。

クリア成型ですが、かなり細かく造形されています。
こちらは肩のパーツごと交換。
ただツノを掴む感じで触れるので、頭部の可動が制限されます。

このイメージですね。
似たような感じで照明を落として撮影してみました。
(あくまで雰囲気で!)








以上S.H.Figuartsオメガモンでした!。

最初に発売されていた頃は購入していなかったので、今回の、ぼくらのウォーゲームer.ですが、入手できてよかったです。
個人的にはこっちのが思い入れも強いのでよかったです。

過去のとの大きな違いはカラーリングとマントですかね。
カラーは映画のウォーゲームに近づいて、マントは硬質なやつから、布製に変わったことですね。
ガンダムのクロスボーンもそうでしたが、マント関連のパーツは賛否両論ですね。
硬質のが形状がリアルで良いとか、布のがポージングも自由で良いとか分かれますね。
HGUCのクロスボーンのマントは微妙な感じでしたが、このオメガモンのマントは実際に装着してみてみると悪くはななかったですね。
個人的にはイメージ通りで満足しています。
ただ、箱から取り出して装着するのに少し苦戦しましたね(笑)
後は飾る時も付属の支柱をうまく使うともっとかっこよく飾れそうですね。
これが中々難しいです(汗)
付属のミニフィギュア、太一とヤマトですがこちらはクリアー状態ですが大きさといいイメージ通りです。

オメガモン、映画のぼくらのウォーゲームでのイメージがありますが、個人的には過去Vジャンプで連載してました、「Vテイマー01」に登場しました、太一のライバルキャラ「ヒデト」が従えていたウォーグレイモンの「オーグ」、メタルガルルモンの「メルーガ」のジョグレスして現れたオメガモンのイメージもありますね。
知っている人いるかな・・・。

それではまた次回に!。 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

りょうちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。