サイゼリヤの株主優待が改良されます。

100株以上 2000円分のお食事券

500株以上 10000円分のお食事券

1000株以上20000円分のお食事券

になります。幸楽苑(7554)、ハイデイ日高(7611)の株主優待によく似た金額です。

同じ麺類がメインのお店だからでしょうか?


サイゼリヤの株主優待の変遷(1000株の場合)は


①24000円分のお食事券+30%引き券20枚

②12000円分のお食事券+30%引き券10枚

③20000円分のお食事券(次回・30%引き券は廃止


となってきました。お食事券の金額の推移は①⇒②の2/3戻しで、③になります。


優待減額や廃止が数多く続く中、お食事株主優待の雄、サイゼリヤが決定した英断はとても評価できるものだと思います。

イタリア輸入パスタがこの価格★GranMuli(グランムリ)1Kg×12袋
¥4,548

サイゼリヤでは、粉チーズはテーブルに置いていませんが、

「粉チーズください。」とお店に人にお願いすると快く持ってきてくれます。

私はちょっとだけ粉チーズをかけたミラノ風ドリアに、はまっております。




AD

家族4人で東京ディズニーランドに4月13日(日)に行ってきました。

公立小学校の始業式の次の日曜日はすいているという鉄則があるからです。あと夏休みの最終日もすいていることが多いようです

さらに今回は25周年のパレード開催前であることと、開園時間前に雨が降っていたことさらに追い風となって、絶好のアトラクション乗り放題日和になりました。

開園の8時半から夜の8時半までに30のアトラクションを体験することができました。ファストパス5枚発券し、ビックサンダーマウンテン4回、スプラッシュマウンテン2回、スペースマウンテン2回をはじめ乗り物好きの子どもたちは大満足でした。

25周年のプレパレード(一部のみ)もよかったですよ。


Waonキャラクターネーミング応募キャンペーンで

『Happy Waon』が最優秀作品に選ばれました。

イオンから記念品をいただきました。


これが、ネーミング入り記念カードです。

Happy Waon

最優秀賞は他の応募者ということで、残念ながら

ぬいぐるみはもらえませんでした。

Waon当選

イオンは前期末は100株保有していたのですが、

あまりにも安くなったので900株買い増し1000株になりました。(祝)

平均買いコストは1760円です。


次は、3000株目標ですが、平均1550円あたりで買い増しできないかなあと思っております


ミニストップのように、15円⇒17円⇒19円⇒21円と毎期増配を願ってます。


近くのイオンには、イオンラウンジがあり、

申請した株主にはご優待カードが郵送されます。

これは↓旧バージョンのカード(ジャスコ時代のもの)です。

イオンオーナー

隠れ家的に、時々仕事帰りに利用させもらい(15分くらい)、日経新聞を読み、

セルフサービスの飲み物(約十数種類あります)をいただいて、買い物をして帰ります。


収益的には私は7&i(3382)派なのですが、よき時代の日本をイオンに感じてます。

公募増資があり、100株を25万円くらいで買えそう?なので1単元いかがでしょうか。

ミニストップ、マックスバリュー(東北、北海道、中部、東海、西日本)、イオン九州のほうが割安感があるかもしれませんが・・・(投資は自己の判断でネ)

私の家のポストにも次のような不審な不在通知が入っておりました。

商品代引き郵便

金額 19950円

差出人 スリーバード

配達日 3月15日

です。

Yahoo 掲示板

トップ > ビジネスと経済 > 金融と投資 > 株式 > 運輸・通信業 > 陸運業 > 9001 (東武鉄道)

で情報を得ていたので、ひっかからずにすみました。

新手の詐欺なので、絶対受け取らない(お金を払わない)でください。

準急 浅草~伊勢崎、太田、館林、新栃木が朝夕ラッシュ時を除き、全廃となり、

その代わりに、半蔵門線直通「急行」が新設され(10分間隔)、東急田園都市線直通~久喜、南栗橋が

メインの列車になります。

有料特急関係も、一部りょうもう号の久喜停車など、より多くの方に利用してもらう工夫がされています。

太田~伊勢崎や桐生線、佐野線でワンマン運転をはじめるなど、効率経営を意識した内容になってます。


私は、東急電鉄に見習う、今の東武鉄道の意識改革に将来性を感じます。

墨田タワー(第二東京タワー)の話も出てきていますし、浅草拠点から押上、三越前、渋谷と都心への利便性が格段に向上してくる可能性が高いと思います。

東武

沿線のイメージアップ、30~40年前の東急田園都市線沿線開発にみるような夢が膨らみます。


千円台のせ鉄道銘柄、JR東海、阪神電気鉄道、京浜急行と増えてきています。

いつかは、東武鉄道も・・・

ネタが大きく百円回転寿司の2倍くらいありそうです。価格も一皿100,150,250円とお手頃です。
今日は100株(約18万円)保有で半期3枚もらえる、25%割引券を使用しました。支払いも5100円→3825円となり、お徳感があります。
12月19日(日)に「ゴハン」(1人で)
12月25日(土)に「和民」(大学のときの友達と3人で、株主優待券使用不可)
12月26日(日)に「わたみん家」(家族+α、6人で)

ゴハンは、はじめて体験したのですが、料理がとてもおいしいです。
そのせいか女性同士のお客さんが8割(日曜日だったからかもしれませんが)残りがカップルでという感じでした。
おいしいものをすこしずつ、料金は多少高くてもO.K.という層をターゲットにし、お客さん(たぶん独身の方?)でいっぱいでした。

わたみん家は、家族でもO.K.という感じで、料理が充実していて、飲まない人も満足でき、串もの、揚げ物、おでん、おすし、鍋物など、とても安い値段で提供してくれます。お金の窮屈なファミリー層も気軽にいけます。

和民は久しぶりの利用でしたが、メニューも充実していましたし、ぷち個室のような雰囲気があり、落ち着いて飲んで話ができるお店です。

3店に共通していることは従業員の対応がとても気持ちのよいものだったことです。教育がしっかりしている(マクドナルド級の笑顔で応対してくれる)のでリピーターも増えるでしょうし、さらなる発展が期待できると思います。

次は、和み亭 にいってきたいと思います。 
BLDYは比較的小店舗で気軽に入れるお店です。価格設定がガストよりも安いです。
ガストはすかいらーくの主力業態なので、今後のすかいらーく(8180)を占う上で重要だと考えて調査?にいってきました。

ジョナサン、BLDYは大きなメニュー(冊子タイプ)なのに対して、ガストはメニューの絵(写真)が小さい(見開きタイプ)です。ファミレスは選ぶ楽しみが重要な来店動機になるので、テーブルにあるメニューにもっとお金をかけるべきだと会社に提案してみたいと思います。

あと、「すかいらーくグループ」のよさは、注文するのが面倒くさいほど長いメニューの名前(まるでホテルのコース料理のお品書きのような)「○○○○の○○○○○の何某」をガストでも復活させてみてはどうかな?と思います。注文するときのうきうき感が増してくると思います。ガストの料理の単価も上がってきていますし・・・

デニーズのようにきめ細かな接客サービスを期待して「すかいらーく系」にいくお客さんはすくないでしょう。それより、自由に明るくのびのび食事を楽しめるところを期待してくるお客さんが多いのではと思います。ジョナサンの要素をガストにも取り入れてみては?どうでしょう。

日本の外食No.1企業として大きく発展してほしいです。