相場が崩れ、相場が復活するとき、それを先導する仕手っぽい動きをする株が必ず出てきます。サイゼリヤやワタミ株は今後の日本株が大きく成長するか否かを占う試金石になるだろうと思います。


 強弱観が対立し、ウリ=カイの厚みが増せば増すほど相場は大きく成長していきます。日本の個人投資家が相場の下支え役をするのであれば、大型株主優待銘柄が大きく動いていくことが、個人投資家を市場に呼び込む大きな宣伝効果があると考えます。

 

 私は、サイゼもワタミも持ち株はしばらくホールドし、大相場に成長していく夢を愉しませてもらおうを思っておりますが・・・・。優待株、内需株がんばれ日本!

AD

QUOカード株主優待

テーマ:

QUOカードはすかいらーくグループ、デニーズ、コンビニエンスストアで使える便利なカードです。株主優待でクオカードのもらえる会社を調べてみました。

銘柄 株価(11/7)
アサックス   65,100
トプコン   446
岡藤HLD 200
大証金   219
エフテク 700
エヌアイシ 23,900
日電計 590
ベルパーク 71,400
TSテック 747
ビジ太昭 416
サンヨーハ 83,400
センチリス 846
フエルト 425
タチエス 499
エイティン 50,000
東リース 512
日ケア 52,700
イヌイ建物 539
東海運 296
スズデン 593
沢藤電 199
Dアドベン 67
プロネクサ 679
藤森工 698
コマニー 710
OBC 4,350
ニイタカ 733
日精線 233
Jフーズ 787
ヨロズ 810
ラサ商事 409
岡部 416
ゼンリン 849
YAC 450
東映アニメ 1,954
シモジマ 983
ソーダ 297
小松ウオル 1,020
YKT 220
BPカスト 222
英和 261
わらべや 1,400
トムス 210
近鉄エクス 1,421
エース交易 325
三和HLD 328
大石産 509
TBS 1,706
ホリプロ 895
大証 359,000
日レヂボン 915
コロナ 935
SES 187
大和自交 390
マーベラス 21,700
因幡電産 2,425
日ジャンボ 1,285
エルク 315
テレビ東京 4,070
キッツ 341
創通 248,000
加賀電子 1,078

QUOカード株主優待のアサックス(8772)が優待の減額を発表してます。

1株以上の株主

半期5000円のQUOカード⇒半期3000円に変更です。(権利確定3月・9月)

年率10%を越える株主優待は減額されるリスクが高く、最近ではシダックス が減額しています。特に、会社が当面の業績に不透明感をもったときに高い率の優待は減らされることが多いようです。


さらに⇒中断

 QUOカード優待は不景気に弱いです。