年末で、本業の仕事が忙しく、しばらくブログの更新をお休みさせていただきました。

冬休みに入り、ようやく、株のほうにも目が向けられます。

今日、3時半からテレビ東京の番組で、澤上さんが来年の見通しを話されていました。

「1,2度のショック安はあっても、来年の平均株価のレンジは1万5千円~2万4千円あたりでしょう。」

とのことでした。澤上さんの見方は大いに勉強になりますし、たとえ、ブラックマンデーやバブル崩壊のようなことが再び起きても、その考え方を実践していれば、なんとかこの世界で生き延びて行けそうです。

久々に四季報を見ると不動産関連(土地持ち会社)の株が絶好調です。

資産の多い銀行もすごいことになっています。

電鉄も「阪神に続け」ですね。京急や京成、阪急、JR各社どんどん騰がってます。


こんなときは、私は出遅れ株探しをします。


優待株で隠れ資産株、9631東急レクリエーションに注目しております。

バブルのときは1株含み資産5000円とも専門紙でいわれていましたから、半減したと考えても1株の含みは2500円になります。12月権利落ちで安くなった今がチャンスとおもいます。


あと、年末の節税対策で、安くなった株を売り、損を確定し利益と相殺する動きが見られます。

例えば、2702マクドナルド、7421かっぱクリエイト、7428江戸沢は損確定売りで安く売りたたからています。澤上流では「とてつもなく安くなったときに買って、じっくり永く持とう。」といいます。

AD

日本マクドナルドホールディングス(2702)の11月の既存店売上高は前年比+7.8%

客数+16.1%、客単価-7.1%ということだそうです。


10月末から11月末まで「えびフィレオ」で客数増加、「マックグラン」廃止で単価減少なのでしょう。

「えび」戦略成功です。

サンリオ(8136)ピューロランドのクリスマスにいってきました。

ディズニーリゾートもよいのですが、こちらも、魅力があります。

1日遊んでも、座っている時間が多く、それほど疲れません。


サンリオ株も好調です。


イルミナントのクリスマスバージョンがとてもよかったです。


さらに、多摩センター駅からピューロランドまでの夜のイルミネーション

毎年、毎年、ますます素敵になっていますよ。


 ココス3000円台のせで、行き過ぎもまた相場か?業績に裏づけのある実質的な企業価値の向上あってのものか? どちらにせよ、上昇相場を楽しめる環境にありそうだと思っています。


一方、宮(9901)は複数年における、不適切な決算処理のの疑いから管理ポストに移行し、値を切り下げております。


優待株の明暗をみるようです。


イオン(当時:ジャスコ)とマイカルを思い出します。両社とも年間配当22円の時代がありました。


昨日は、ココスの親会社ゼンショー(7550)のグループ会社大和フーズの九兵衛屋にいってきました。

こしのあるうどんでとてもおいしかったです。そして安い!

4人で2266円ということで、大助かりです。


ココスのやる気を挙げていくと、

1、つつみやきハンバーク等の独自料理

2、子どもへのどらえもんシール、ぬりえなどの配慮

3、優待券の汎用性(すき家、九兵衛屋などでつかえる)

4、株主優待ゴールド・シルバーカードの贈呈

5、100株株主にも年間1万円の食事券(株価下支え&1度も優待改悪なし)


宮もがんばれ!宮ステーキおいしいと思いますよ。あとはやる気。