ゆっくりした1日でした。

ワインこそっと置いてます。

 

いつも、夕食作りの時間に動画を見ています。

大抵は、大好きなムージやバイロンケイティーの動画を。

よく意味は分からなくてもメッセージが好き。

どこかに響いてくる感じがします。

 

今日はバイロンケイティーの動画を見ていました。

これです。

 

 

"Who are you without your story?"

あなたが信じている思いや信念を手放したら、あなたは一体誰ですか?

 

タイトルは、そんな風な感じでしょうかね。うん。

 

ケイティーの話は、以前もしていますが

このストーリーというのは

自分が信じていること、

考えとか信念とかそういうものです。

だから、その考えを手放した時、

私がどんな風であるのか?

という面白い質問であり、ハッとする指摘です。

 

誰かの態度でも、誰かの言葉でも

『私』が理解した時点で、自分のストーリーになります。

だから、いろいろ外との関係で悩んでいても

原因は(ん?発端というのかな?)自分だってことになる。

 

そんな風に考えると

私の中でぐるぐると回る不安とか悩みとかって

相手のことじゃなく、自分の考えについて悩んでる。

でも、私たちには判断しチョイスすることがたくさんある。

自分で選んだ道、、、、みたいなこと。

失敗しないように悩むけど、

失敗や成功も自分のストーリーに基づいていて。

さらにその自分のストーリーは過去の経験値。

私たちは一瞬一瞬でどんどん変わる思考。

未来は全てひっくり返るかも?!

だからこそ、このストーリーを手放した時

どんなことを思うのか?っていう別の次元が存在してます。

チョイスだってひっくり返ることもある。

ぜひ、やってみよ〜。

(もちろんストーリーが強すぎる時は手放せないから、簡単な思いから外していくのが良いと感じるな〜。)

 

よく、専門学校とか、ボーカルスクールにいた頃

生徒さんたちに聞いていたのは、

「今、自分が本当になんでも選べる状況だったら何を選ぶ?」

という質問だったなあ〜。

 

お昼の買い物でも、

曲の選曲でも

将来の道でもな〜んでも、

実はとっても狭いエリアから選んでる。

お金のこととか、自己イメージとか

過去の嫌なイメージから逃げてたりとか。

 

だから、最初の最初まで戻ってみて

自分は何が好きなのか?ワクワクするのか?

そんなことから始めるといいよ〜っていうのです。

 

なかなか、初めの初めに戻るには

ステップがいるようです。

結構、トラウマ多いよね。みんな。

戻りきれないで、これが「私」って思ってたり。

私もそうです。

 

"Who are you without your story?"

今のあなたを手放したら、あなたは一体誰ですか?