『販促カフェ in 宝生亭 加賀本店』販売促進や経営に悩む人のための珈琲店

何も知らないクセに生意気な若造だった頃の自分に言い聞かせるように書いてます。マーケティングを学んで実践した事。そこから気づいた視点などなど。僕と同じような事業継承者さんのためになれば嬉しいです。


テーマ:


こんばんは。グランプリな僕です。

って、知らない人はまったく知らないネタからスミマセン。


てな訳で、何があったかご紹介いたしますと、



▲全日本DM大賞贈賞式でスピーチする僕




なんと!!日本郵政が主催する、『第30回 全日本DM大賞』でグランプリを獲得してきました。




▲アワード会場の様子





▲銀賞の壁下くん と はた中ようこ さん



て事で「全日本DM大賞」ってどんなの?て事を、アワードに参加してきた僕の目線で書きたいなと思います。

先ず、全日本DM大賞とは、

大企業では、SOFTBANKやGoogleやセゾンやアウディジャパンやベネッセコーポレーションなど沢山の企業が応募参加し、もちろん中小企業からの応募参加する30年の歴史を持つ、権威あるアワードです。今回の応募総数は625企業。

30年の歴史を持つってスゴいですよね。

しかも調べると、第1回~17回の最優秀賞は郵政大臣賞、もしくは総務大臣賞という名で贈賞されているようです。

ちなみに僕の前の前は、Googleがグランプリ。すげー話です。

→詳しくは 過去入賞作品


全日本DM大賞のホームページを見ると、

ダイレクトメール(DM)の審査・表彰を通じて、DMの企画・表現技術の向上および広告メディアとしての役割・効果の紹介を図るとともに、DMの広告主、制作者にスポットを当てることで、DMというメディアが広く認知され、多くの方に親しまれる存在となることを目的とします。

主催:

日本郵便株式会社

特別協賛:

株式会社宣伝会議

協賛:

公益社団法人日本通信販売協会公益、 社団法人日本マーケティング協会、 一般社団法人日本印刷産業連合会、 一般社団法人日本ダイレクトメール協会、 東京コピーライターズクラブ株式会社、 JPメディアダイレクト

審査委員長:

恩藏 直人 早稲田大学商学学術院教授

審査員:

・明石 智子
株式会社電通ワンダーマン ダイレクトソリューション部ソリューションエンハンスメントグループ グループマネージャー

・加藤公一レオ
株式会社 売れるネット広告社 代表取締役社長

・大槻 陽一
有限会社大槻陽一計画室 ワード・アーキテクト

・柿尾 正之
公益社団法日本通信販売協会 理事

・佐藤 義典
ストラテジー&タクティクス株式会社 代表取締役社長

・椎名 昌彦
一般社団法人 日本ダイレクトメール協会 専務理事

・鶴田 信夫
日本郵便株式会社 執行役員

・向田 裕
通販クリエイティブディレクター・コピーライター、編集者

・ルディー 和子
マーケティング評論家 立命館大学経営大学院教授セブン&アイ・ホールディングス社外監査役トッパン・フォームズ(株)社外取締役


とありますね。

うん、ハンパねぇ。こんな僕がグランプリを頂いちゃってそのスゴさは霞みますが、歴史も審査員の方々も立派でとっても栄誉ある賞です。




早稲田大学商学学術院教授 恩藏 直人 と僕



実は金賞を受賞したという事は事前に知っていたのですが、まさかグランプリとは露知らず。。。

銅賞12組 → 銀賞8組 → 金賞4組 → 特別賞 → グランプリ と次々と発表されていく中で、まさかのまさかでした。

金賞の中からグランプリが選ばれる訳ですから、金賞受賞が終わってから「もしかして自分じゃないの?」という空気が、発表を待つ金賞テーブル4組それぞれに高まります。

まさか自分じゃないだろうなぁ という思いと、 実は自分がグランプリなのじゃないか? って思いが交錯してドキドキも最高潮!!

そして、会場2ヵ所の大きなモニターに繋がるカメラが、金賞テーブルの4組にじっくりと目線を合わせます。

ん?でも、何故か・・・ グランプリ発表の封を開ける前から、ずっとカメラが僕のほうを捉えてる・・・



まさかっ!?




と思った次の瞬間・・・




「グランプリは、山代温泉 宝生亭!!!」


「VIPのお客様は同封の金のバッジを付けてお越し下さい!!」





マジかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!???




まさかこんな僕のDMがグランプリだなんて・・・

だってね、この賞に応募している皆さまは、電通とか博報堂とかフュージョン株式会社さんとか、それはもう宣伝広告の超有名企業とともにこの賞に挑むわけで、

そんな中、僕と来たら・・・





広告主:山代温泉 宝生亭

制作者:山代温泉 宝生亭




自作っす(笑)



いやほんとスミマセン。

僕はDMやチラシ、社員バッジなんかも全部自分で作っちゃうんですよね。

そんなのがグランプリですから、ほんと申し訳ないというか、いえ内容は自分で言うのもなんですが素晴らしいんですが・・・。



てな訳で、こんな僕を中心にして記念撮影をしたのですが、ここからはグランプリの特権ですよね。




▲審査員の皆さまと参加企業の皆さまと自撮り



だってそりゃこのそうそうたるメンバーが集まったとなれば自撮りをしなければ損でしょう。





▲銀賞の壁下くんとも自撮り





▲金賞を頂いた壇上でも自撮り




あ~長く書きすぎて、何が書きたいんだか分からなくなってきた~



とにかく僕が言いたいことは、






#壁下は銀賞どまり





そういうことです。





→そんな壁下くんのブログはこちら

いいね!(108)  |  リブログ(0)