『販促カフェ in 宝生亭 加賀本店』販売促進や経営に悩む人のための珈琲店

何も知らないクセに生意気な若造だった頃の自分に言い聞かせるように書いてます。マーケティングを学んで実践した事。そこから気づいた視点などなど。僕と同じような事業継承者さんのためになれば嬉しいです。


テーマ:



「僕達は何を売っているお仕事なのか?」



「お客様が大切な人と心から喜びあえる場所を提供するコト」を売っているお仕事。

そのために温泉でほっこりしてもらったり、

そのために美味しいお酒料理を提供したり、

そのために居心地の良いお部屋を用意する。



温泉旅館は、温泉・料理・部屋を売っているお仕事ではない

お客様が大切な人と心から喜びあえる場所となるために、温泉・料理・部屋があるだけ



先日、宝生亭にお越しになったお客様をおもてなしさせて頂いて、つくづくそう思いました。

みんなが感動し、みんなが喜ぶ場となった。



LOVESHINYAの皆様と、のっぽくんと短パン社長



去年に引き続き、小松老舗ブティック「LOVESHINYA」さんのスタッフ皆様が新年会で宝生亭においでました。

今回のLOVESHINYAさんの新年会はいつものお客様と違って、とてもユニークな試みをされました。

それは、社長の新年度の初心表明を行い、外部から講師を呼んで講演して頂き、さらに異業種の社長の方々にもお集まり頂きその講演を聞いていただくという内容。

外部からのゲスト講師は、最近テレビにもよく出演されている短パン社長こと、株式会社ピーアイ社長の奥ノ谷圭祐氏と、石川県野々市にて自然食品のお店「のっぽくん」代表の小浦隆造氏。

僕は彼ら二人のゲスト講師の事も、LOVESHINYA新谷社長の今回の新年会に対する想いもよく知っていたので、新谷社長の想いがみんなに伝わるように、短パン社長や小浦代表の想いが届くようにと、宝生亭なりに最適な場を提供しようと裏方に徹しました。


実は、僕自身もよく色んな地方で講演に呼んで頂けるのですが、その度に思うのはその講演を段取りして頂いた皆様への感謝。

その裏方で尽力されている方が色んな気遣いをいて頂ける会場は、やっぱりとても話しやすいし、そして場も盛り上がる。


今回のLOVESHINYAさんの新年会はかなり特殊な場。

心を知り尽くした大切な友人が沢山参加されるという事もあり、色んな事情や好み分かるだけにやるべき事が複雑に絡み合って難しい。

想いと想いが重なり合って、とても感動的な空気を産みだす。

いやほんとスゴい体験をさせて頂きました。

そして講演の部は、新谷社長・短パン社長・小浦代表の講演に感動あり涙ありで皆さんとても素晴らしい笑顔で過ごされてました。

その後も皆さんで温泉に入って頂いたり、宴席で楽しいお酒を飲んで頂いたり、お部屋で朝まで語り合われたり、各々皆さんが楽しんでた(^^)




「僕達は何を売っているお仕事なのか?」



泉質の良い温泉を売っていたら、LOVESINYAの皆さんは喜んでいたのか?

格式高い部屋を用意していたら、LOVESINYAの皆さんは喜んでいたのか?

原価度外視の料理を提供していたら、LOVESINYAの皆さんは喜んでいたのか?



もちろん、それぞれ良いに超したことはないけれど・・・


「お客様が大切な人と心から喜びあえる場所を提供すること」


そのために僕らが出来る事を、現場で一生懸命に考えながら応え続ける。

その想いが無ければ、旅館なんてただの箱。

つくづくそう思った、LOVESHINYAさんの新年会なのでした(^^)


大好きな親友達のブログ

◆LOVESHINYA 新谷社長のブログ
http://ameblo.jp/shin0094/entry-12125983034.html

◆株式会社PI 短パン社長のブログ
http://tanpan.jp/blog/archives/9214

◆元気な野菜たち「のっぽくん」小浦隆造代表のブログ
http://ameblo.jp/noppokun/entry-12125829059.html

いいね!した人  |  リブログ(0)

販促カフェをやってる「ぼっち」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります