『販促カフェ in 宝生亭 加賀本店』販売促進や経営に悩む人のための珈琲店

何も知らないクセに生意気な若造だった頃の自分に言い聞かせるように書いてます。マーケティングを学んで実践した事。そこから気づいた視点などなど。僕と同じような事業継承者さんのためになれば嬉しいです。


テーマ:


こんばんは。自分でホームページを作ると決めたものの、デザインの勘が戻らなくてなかなか進まない僕です。

こりゃ、ヤベ―な。。。


そんな僕を他所に、PM20:00、事務所の内線が鳴る。

右斜め前の営業マンさんが取ってくれて、何の内線か気になって聞き耳を立ててみると・・・



「え?来年の2月に団体さんですか!?」

「スゴイですね!」




そうなんです。

最近、嫁がノリに乗っていて、お客様がチェックアウトする前に宴会場で次の予約を取っちゃう始末。

僕らの目指す集客スタイルは、常連様のご予約のコントロールができるようになる事。

①ご予約日が満室の場合は、別の日にして頂く。

②ご宿泊されてる時に、次のご予約をして頂く。

これって予約商売では究極で、よっぽどのお客様との信頼関係が無ければできないし、そんな事をこっちから望んじゃうってのは売込み行為も甚だしいから、よっぽど気をつけないとお客様にめっちゃ嫌われる行為です。

でも、このノリでやってきた約6年。

あ、どのノリ?って、このノリ。








ヒマだからって、


あ~ひまやわ~

0761-77-1143

まってます!!



って、バカなんじゃないのーーーーーーーーーーー!!!!???



そんなのふつうお客様に送るーーーーーーーーーー!!!???




宝生亭ウケるわ~(笑)




そんなノリについてきてくれたお客様だから、

①ご予約日が満室の場合は、別の日にして頂く。

②ご宿泊されてる時に、次のご予約をして頂く。


それが可能になってきちゃった訳で、先ほどのお電話の続き・・・


営業マンさんが内線で女将に聞きます。


「ちなみに会のお名前は何ですか?」


「え?」


「もう一度言ってください(笑)」





ちゃんと聞き直して、営業マンが爆笑をする。





麻衣ちゃん会ですか(笑)」


「了解しました(笑)」




嫁、やりたい放題やな(笑)


そんなやり取りを聞いていて、頭の中で電卓をはじいたのですが、

この1週間ほどで嫁が宴席で取ってきた予約は、○○○○○○○円。

うん、言えない。お金の話なんてやらしくって言えない。



でもね。 僕が思ったのはね。



今僕がめっちゃ頭を悩ませてるこのホームページには、一生懸命に勉強したデザイン知識、HTML、CSS、ユーザビリティ、SEO対策、気持ちが伝わるキャッチフレーズ作り方、共感を呼ぶ文章構成、美味しそうに見える食材の魅せ方、などなどとんでもない時間と労力とお金をかけて培ってきた経験と知識がめっちゃ詰まってます。

さらに言えば、旅館のプロがホームページ制作のプロ顔負けの知識を持って作る訳だから、僕以外誰も作れないものです。



でもね。 僕が思ったのはね。






女将がいれば、そんなホームページいらない!!







▲随分、すっきりしたホームページになります





だって、↓こっちの方がよっぽど集客してくれるもん。






「あ~ひまやわ~。 ブヒッ」    って(笑)



それでも僕が出来る事って、これくらいだから・・・

ちゃんとホームページ完成させようっと。



でも、マジでHPいるんかな?

いっその事、無くしちゃおうか・・・


ブヒッ





いいね!した人  |  リブログ(0)

販促カフェをやってる「ぼっち」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります