【魁!GP塾 】帽子山宗の販売促進塾

何も知らないクセに生意気な若造だった頃の自分に言い聞かせるように書いてます。マーケティングを学んで実践した事。そこから気づいた視点などなど。僕と同じような事業継承者さんのためになれば嬉しいです。


テーマ:

 

自分が楽しそうにしてて、それを嬉しそうな顔で寄ってきてくれて、一緒に遊んでくれる。

 

そんなビジネスが最高で最強だと思います。

 

 

僕は年収3千万円!一億円!とかの暮らしは想像つかないし、その人達の幸せとかを論じるには全く及びもしないですが、

 

そんなすごい金額に達さなくても、人生を豊かに、幸せな仕事をする事は可能なんじゃないかと思います。

 

 

もし仮に、毎日の仕事が楽しくって仕方ない状態だったとしたら?

 

日本には現在6,495万人の就業者数がいて、そんな人って何人いるんでしょうか?

 

色んな人に会う仕事をしてる僕の勘ですが、1,000人に1人くらいかななんて思ってます。すごいテキトーですよ。

 

日本の幸福度調査で4187人を対象としたアンケートで約5.5%=232人が10点満点中10点の

非常に幸福と答えたそうですから、僕の勘とはかなり違うかもしれませんね。

 

 

てことは、僕の周りはみんな不幸なのかよ!!(笑)

 

 

 

もし、ありのままの自分を賞賛してくれて、

 

それがビジネスになるとしたら?

 

 

 

いや、そんな甘い話なんてどこにも無いと言う人がほとんどだと思います。

 

だって、ほとんどの人が体験してないですから、そりゃ否定されますよね。

 

 

でも、僕の知ってる人達は実際にそう。

 

ありのままの自分を受け容れてくれてくれるお客様と幸せそうにビジネスをしている。

 

 

もちろん私利私欲満開!なんて人の気持ちや人の財産を傷つけるようなありのままではありません。

 

 

相手に喜んで貰える事を自分の喜びに出来る人

 

 

そういう人って、年収や地位に関係なく幸せそうにしてる。

 

いえむしろ面白い事に、相手に喜んで貰える事が死ぬほど好きって言う人こそ、大きな会社の社長をやられたり、急成長する会社のリーダーだったりします。

 

 

そうなっちゃう理由ってカンタンな理屈ですよね。

 

お客様が喜ぶ → 自分が喜ぶ → 嬉しいからお客様をもっと喜ぶ事を考える → お客様ももっと喜ぶ → お客様は自分と良く似た人に大好きなお店を紹介する → お客様が増え続けてどんどん業績が良くなる → そんな会社のスタッフは人を喜ばせる事が大好き → 取引き先さんも喜ばせようとする → 取引先が喜ぶともっと良い条件になる → お客様の笑顔が大好きな会社だから良い条件はお客様に還元される → その笑顔に経営者はもっと喜ぶ 

 

どんどん良いスパイラルになっていきますよね。

 

 

いえ、こんな素晴らしい会社は稀の稀なので見た事が無い人には、嘘にしか聞こえないでしょうが、実際にあるんです。

 

自分が楽しそうにしてて、それを嬉しそうな顔で寄ってきてくれて、一緒に遊んでくれる。

 

はたから見てたら遊んでるようにしか見えない会社もあります(笑)

 

 

でも、それを信じるか、信じないかで自分の未来って変わりますよね。

 

少しでも信じれるのであれば、そういう会社になるアイデアを思いつく可能性があるし、その反対ではあり得ません。

 

また信じてなければ、そういう経営者に出会えないのもまた当たり前の事。

 

そういう世界を疑ってるので、どんな素晴らしい人が目の前にいても、そう見えない。

 

当たり前の事ですよね。

 

 

最近、僕の仕事って超楽しい。

 

僕が知ってる素晴らしい会社の皆様には遠く及びませんが、良い感じだと思います。

 

 

▲大好きな人達を乗せてマイクロバスでGO!

 

 

 


▲料理を作る事も始めようとしてます

 

 

 

さらに、SNSもまめやってるし、ブログを2種類書いてて、販売促進もしてるし、広報もやってますし、事務職もこなすし、4人の子育てもしてて、たまにセミナーもしてて、遊びにも出かけてる。

 

もちろん、お前働きすぎやろ!口も手も出しすぎやろ!身体大丈夫なん?

 

と思われる方もいると思いますが、

 

 

すみません・・・ 超楽しいんです・・・

 

 

やっぱり職人とか仕事師とか言われる仕事が僕には一番楽しい。

 

大工の見習いとか、料理人の修行とか、カメラマンのアシスタントとか、画家の弟子とか、絵画の修復作業とか、そんなんめっちゃしたい。

 

自分の職人芸で誰かを驚かすのが好きなんですね。

 

正直なところ、旅館の仕事は好きじゃなくて、旅館の仕事の自分に合った部分が好きで、旅館にそれが無かったら勝手に自分で足したり創ったりしてる。

 

 

楽しくなかったら、楽しくすれば良い

 

 

だから楽しいんでしょうね。

 

 


▲いつも娘と嫁にお寿司を食べさせに泊まりに来てくれる滋賀県のお客様
大好きなお客様達の内の一人です(^^)

 

 

そして、そんな僕を応援してくれるお客様が来てくれれば良いと思っています。僕が笑顔になれますからね。そしてそんな僕を見てさらにお客様が笑顔になればさらに嬉しい(^^)

 

遊んでるより楽しくて、遊びか仕事か分からなくなっちゃいます。

 

 

自分が楽しそうにしてて、それを嬉しそうな顔で寄ってきてくれて、一緒に遊んでくれる。

 

 

そんな最高な日々って無いですよね。

 

あと何十年働けるか分からないですから、その年月は楽しい日だらけの最高の人生にしたいと思います。

 

 

 

 


 

≪セミナー参加者&塾生を募集しています≫

 

と言ってもほとんどグルメツアーですけどね(笑)

 

  •  第1回 2月21日(火)
    YAZAWAを大音量で聞くステーキ屋 『アミーゴ・アミ』 で、ハンパなくファンキーなマスターやママと仲良くなる旅(仮)
    ※15時宝生亭集合&セミナー開始、夕食をみんな一緒に食べて、旅館に帰ってきて温泉入って解散
    ※定員15名

     
  • 塾生になるには詳しくはコチラの→ブログ記事

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
は二度と来ないんだから、ぼやぼやしてると後悔しちゃいます。
 
 
人はどんなに後悔しても過去に戻る事は出来ません。
 
人はどんなに思考を巡らせても未来を生きる事始まる出来ません。
 
 
どうしようもないくらいに「今」しか無い
 
 
格言とか名言とか、そんな事を言いたい訳ではありません。
 
 
今、しか無い
 
それが現実で
 
どうしようもない
 
 
過去の失敗に後悔したり、怒りや悲しみにとらわれるから、を感じれなくなる。
 
未来の不安にとらわれるから、を感じれなくなる。
 
でも、人は過去にも未来にも生きれない。
 
常にアップデートされているにしか実態がないんです。
 
 
だから、どう後悔しようと、どう不安を持とうと過去も未来も今はどうしようも無い
 
イライラするのもハラハラするのも無駄なんです。
 
でも、しちゃうんですよね。それも人間だもの。
 
そんな時に、指が動いてること、足に血が通ってること、眼を閉じている事、肺に空気が入って出て行くこと、温度や香りを感じること、そんな身体が機能して存在してる事を「今」なんだと感じると良いらしいです。
 
それにさらに眼を閉じながら深呼吸を繰り返すのが、瞑想というらしい。
 
テレビで偉い人が言ってました。
 
確かに早朝に深呼吸しながらウォーキングをして、ふと周りを見渡すととても素晴らしい景色に感じて幸福感を感じたりするのも同じ効果なのかなと思います。
 
 
イライラしてる内に、いつの間にか今が過去になって。
 
ハラハラしてるうちに、いつの間にか今を感じる事を忘れて。
 
あーもったいない。
 
そんな事をしたってどうしようも無いんだから、せっかくなら今を意識して、その繰り返しが素晴らしい未来に繋がるとワクワクしてた方が良いですよね。
 
思考だけなのでお金もかかりませんし(^^)
 
 
そして、今を満足するしか人には選択肢は無い。そうも思います。
 
何度も書きますが、過去も未来もどうしようもないんだから今を受け入れるしか無いんですよね。
 
という事は、今はベスト。そうでしかない。
 
 
生きているという事は、幸せであるという事。
 
それを忘れて、認められたい、他人と差をつけたい、屈辱を晴らしたい、もっと欲しい!もっと欲しい!と、欲ばかりを優先するから、後悔し不安を増長させます。
 
そうではなくて、今を満足する。
 
むしろ、今はどうしようもなくベストでしか無いと理解する。
 
それを忘れないでい続けたいと思う、今なのでした。
 
 
{2229BCD0-FDFF-4889-BEFB-6316CB352D15:01}

 
 
こんな髪型で起きた朝も、
 
それはそれで面白いし、それはそれで残念だと思うのも自分次第。
 
楽しみましょう♪
 
また、そういう人でないと良い人は寄って来ないし、もし寄って来たとしても愚痴や不平不満を並べる人だと辛いよね。
 
 
残念ながら、人には『満足』という今しか無いんだから、無理に抵抗せずに満足してきましょう(^^)
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ぼくって結構怖いらしい・・・。

 

 

「それほんと!?」 と驚くくらいめっちゃ自分で意外なんだけど、きっと妙なものが漏れてるんだろうね。

 

ラオウ的な何かが・・・ 気をつけます。

 

で、そんな僕は販促を教える先生の顔を持っているのですが、どうも通ってくれるその数名が僕の怖さにすすんで支配されようとしてるように感じたのです。

 

いや、本当は怖くないんですよ。マジで。

 

必要だと思う事を率直に聞いて、感じる事を素直に答えてるだけ。

 

 

ん?それが怖いのかな?

 

 

やっぱアメブロいいわ~。

 

旅館のブログで書けない事を自由に書ける(笑)

 

 

 


▲旅館のブログはテーマを絞ってるから書かない方が良いネタもあるよね

 

 

 

もとい、支配⇔依存の話。

 

何でも上から目線で自分が思った通りに物事を動かしたくて、その通りにならなかったらいじけたり暴れるって支配者ぶりには困ったものですが、

 

それが無いと動けない。指示しないと自分で考えないという依存者にも困ったものです。

 

組織というのは、どんな小さな組織でも、優秀な組織でも、接客する人とお客様、医者と患者でもその支配⇔依存の関係は多かれ少なかれ必ず存在します。

 

 

独裁者的な経営者 ⇔ ボスが言うなら仕方ない

 

理想の上司 ⇔ 素敵なリーダーに一生ついてきます

 

お医者さん ⇔ お医者さんが言うならその通り

 

 

支配⇔依存は、意識的にも無意識にもどこにでも存在しますよね

 

それって自然発生的なものなのでどうしようも無い事でもあって、それが必要な場合もめっちゃあります。

 

でも、支配する側の言い分に都合よく合わせて脱力したり、依存する側の従順さに甘えて言いたい放題だったり、そのお互いの都合の良さを長い年月を経てたら・・・ その後が危険

 

 

カンタンに言うと、

 

 

「支配する側がアホだったらどうするの?」

 

「何もかも相手の印象にお任せで大丈夫?」

 

 

という話です。

 

 

もちろん僕がそんなアホ支配者だとは思ってませんが、依存する側に自分にそういう傾向があるって気付いてないと長い目で見てヤバいと思う。

 

 

こういう人っていますよね?

 

  • 有名な経営塾に通ってるから大丈夫
  • 実践しないで何度も同じセミナーに通う
  • 一度成功したけど次に何をやって良いか分からない
  • 何となく上手く行ってるようだから何となく大丈夫
  • 夢は語るけど数字は見たくない
  • 下の人が働けば良いから自分は働かない

 

こういうのは全部、依存者の傾向です。

 

自分で何かを考えて、行動する気なんて全く無い。

 

 

いや、自分で言ってて自分の耳が痛いですね・・・

 

 

 

僕には何でも聞いてくれれば良いです。

 

そのために高いお金を払って販促を学びに来てくれてるんだから。

 

すごく怖がってたとしたら、たぶん、最初来た時なんて緊張で死にそうだったと思う。

 

 

だからって怖いからやります!厳しいから有難いです!言う通りにやります!なんて発信しちゃうのは依存症の問題だからね。

 

支配されたがってる。

 

もちろん、良い兄キだと思ってくれてるからだと思うし、それは嬉しい(^^)

 

 

でも僕は僕で支配もしないし、依存もしない。

 

僕が僕自身に求めるのは自律。そして僕を慕ってくれる人にも自律して欲しい。

 

自分の足で立てる自分の頭で考えて、一緒に考えたアイデアを実践してみて、その失敗や成功の相談に乗ったり、お互いを高め合いたいと思う。

 

そういうのが良いよね(^^)

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(1)