『販促カフェ in 宝生亭 加賀本店』販売促進や経営に悩む人のための珈琲店

何も知らないクセに生意気な若造だった頃の自分に言い聞かせるように書いてます。マーケティングを学んで実践した事。そこから気づいた視点などなど。僕と同じような事業継承者さんのためになれば嬉しいです。


テーマ:

 

アメブロさん、12周年おめでとうございます!!

 

 

こんにちは。僕です。

 

 

えっと、突然ですがこのブログ辞めます。

 

 

その理由は、こちらのサイトが完成したから。

 

 

 


親バカ日誌in宝生亭

 

 

バカでしょ~(笑)

 

親バカ日誌だなんて(笑)

 

 

こちらのサイトを作ってくれたのは、新潟の印刷会社のウィザップさん。担当は、海津さんと岸さん。

 

ヤバいですこの印刷会社。

 

何が凄いかって、

  • 僕が釣りが大好きだって事と、
  • 僕が子育てが大好きだって事と、
  • 僕のお客様との極端に近づく距離感の事と、
  • 僕がシュールなユーモアが大好きだって事と、

 

それと釣りバカ日誌を掛け合わせてパロディで表現しちゃった。

 

 

 

 

ほんと、僕自身が書くことが楽しみで楽しみで楽しみで楽しみで、ずっと書いていたいくらいのサイトです。

 

ここまで僕にカスタムしてくれちゃうと、そりゃ書きますよね。

 

ウィザップさんの仕事を見てて、コンサルの考え方も少し改めたもんなぁ。

 

僕が講演活動やコンサルの仕事も少ししてるってのは、このブログをずっと読んで頂いている方はご存知の通り。

 

でも、講演でもコンサルでも何が最も苦労するかと言うと、

 

 

体現性

 

 

たい げん [0] 【体現】

( 名 ) スル

思考理念などを具体的な形として表すこと。身をもって実現すること。具現。 「人類愛身をもって-した人」

 

 

 

それに尽きます。

 

要するに、みんなやらないんです。

 

講演で涙を流してもショックを受けても、その多くの人は動かないしやらない。やっても続かない。

 

極端な話しですが、TUTAYA書店に行ってビジネス書を1冊直感で買って、その本に書いてある内容を半分で良いから徹底的に続けたら、誰でも成長しますし結果も出ます。

 

でも、それが出来ないから講演に通ったりするんですよね。

 

ほんとみんな勉強とテストが嫌いなんだなって思います。気付いたらやれば良いのに依存傾向ハンパない。

 

いえ、その体現性の低い講演をするって事は、僕のレベルが低いって事でもありますけどね。

 

高いお金を払っていただいて、感動してもらって、懇親会で質問を頂いて、すごく納得してもらって、仲良くなって、SNSで繋がって、、、、でもやらない。

 

だから大変。  というか悲しい。

 

 

でも、この新しいブログは凄いわ。

 

僕が内に秘めたやりたい事に実がなるようにと色んなコンテンツが網羅されてる。しかもこのブログは僕にしか書けない。誰も真似できない構成です。

 

もちろん、僕のブログやFacebookやツイッターをずっと読んでくれてる海津さんだからこそなんですけどね。

 

あと、今後のビジネスで最も?重要なキーワードとなる関係性の本当の意味が腹に落ちてる人が作ってるからってのもある。

 

こんなの書きたくって仕方ないですよね=体現性が高いってこと。

 

 

あ、アメブロ12周年おめでとう!そしてサヨウナラって話しでした(笑)

 

いやぁ、本当にお世話になりました。

 

アメブロランキングで全国2位になった事もありました。

 

 

 

 

 

僕が販促やDMの事をこのブログで表現することで、それが郵政全日本DM大賞グランプリにも繋がりました。

 

 

 

 

 

 

DM大賞グランプリがきっかけで、尊敬する藤村正宏先生の書籍にも取り組みを載せて頂きました。

 

 

 

 

 

ガンバリます!!

 

 

 





 

も局地的に流行りました。

 

先日、9月14日に日経BPの取材を受けたのですが、それもやっぱりこのブログの発信がきっかけ。

 

 

いや、もっともっと色んな事があったような気がしますけど忘れました(笑)

 

これもほんとブログを発信し続けた事がきっかけですよね。

 

 

 

アメブロって凄い!!!

 

 

でもサヨウナラです。

 

ではでは、新しいブログをよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

流行の設備投資や料理やサービスを真似て他社に勝つ。今どき、それが出来る企業は超強いと思います。

 

だって、建築デザインや商品の作り方やレシピ情報やノウハウなんてネットですぐに公開されて、その材料を確保するのはカンタンな時代だから。

 

今流行ったものが、3ヵ月後には流行ってない。

 

 

「誰でも出来る」

 

 

それが今の商売をとことん難しくしています。

 

例えば、流行の建築デザインは建築デザイナーが余ってるこのご時勢、カンタンに真似できる。珍しい建築資材も、大手の工務店でなくても個人取引でカンタンに手に入る。ネットにさえ売ってます。

 

10年前はこうはいかなかった。

 

例えば、流行の料理は少しでも流行ればレシピがネットに流布する。真空調理などの家庭に馴染みのなかった調理技術だってネットに詳しく書いてあるし、器具も家庭用の廉価版まで手に入る。また、昔はプロの手元にしか現れなかった包丁や調理器具もプロと同じかそれ以上のものを個人でもネットでカンタンに買える。

 

10年前はこうはいかなかった。

 

ティラミスというイタリア料理のデザート、このデザートはアメリカで1970年代終わりから1980年代初めにかけてブームになった。それから、日本でも1980年頃に大ブームになり、デニーズを皮切りに、多くのファミリーレストランでメニューに加えられた。

 

ブームが去るまで約20年のロングラン。今はこうはいかないですよね?

 

流行ったものがすぐにコンビニやファミレスに並び、一通り消費者に届くと一瞬で飽きられる。

 

 

だから流行の設備投資や料理やサービスを真似て他者に勝つ事は、本当に難しくなりました。

 

出来る企業もあります。でも僕にはそれが出来ません。弱者だから。

 

 

僕は心配性で臆病者です。だから誰にも出来ない事を常に考えます。

 

 

設備投資をしても損をせずに、真似されても負けない

 

 

そうなるために必要な事は、常連様の気持ちを見ながらお仕事をする事だと思っています。

 

宝生亭に限らず、会社が何年か続いていればこういうお客様がいるはずです。

 

 

「他の方が安くて質が良くても、アナタから買いたい」

 

 

そういうお客様。

 

そういうお客様が喜ぶ事を考える。そこから先にお金をかけていく事を僕は目指しました。

 

てな訳で今度設備投資するのがコレ。

 

 

 


▲宝生亭が大好きな子供達のために4階が絵本フロアになります

 

 

宝生亭の4階改装中。
設備投資なんてしなくても再生できる!と融資先さんにも強気に廃業旅館を引き継いだ僕。
旅館がよくやる露天風呂付き客室とかは相変わらずやらないけど、宝生亭の事が大好きなお客様が喜びそうな設備投資をする所まで出来るようになりました。
今回は金沢の建築デザイナーの谷重 義行さんとNPO法人里山みらいの木育玩具インストラクターの木村 明子さんにチカラを貸して頂き、『絵本と玩具で繋がる親子の温かい関係』を形にしてもらいます。
4階フロアの壁面全てが1,000冊の絵本の本棚になります。
旅館のプロ×郷土建築のプロ×木育玩具のプロで、宝生亭を大好きでいてくれる子供達を喜ばせますよ〜(*^^*)
あと、菓子缶メーカー社長の清水 雄一郎さんが読んでる絵本を並べる「世界の清水文庫コーナー(仮)」も作りますよ。
さてさて、楽しみ♫
7年かけて常連様を大切にして家族の笑顔に会える宿 宝生亭らしい事がようやく出来るようになってきました!

 

 

 

▲絵本大好き&そのセンスが最高の菓子缶メーカー社長、世界の清水さん

 

清水社長のインスタグラム

 

 

 

きっと、旅館の廊下の壁全部を本棚にするなんて誰でも出来ます。

 

でも、他の旅館がそんな事をする意味があまりありません。その新規の設備投資で集客するのは難しいですから。

 

何故なら、この設備投資は宝生亭の事をよく知る常連様が喜ぶための投資だから。

 

僕は自分が大好きな事をお客様に伝えるお仕事をしてきました。

 

↓宝生亭Facebookページの黄色いアンケートを見て頂けたら、どういう人が宝生亭を好きかが分かります。

https://www.facebook.com/housyoutei/

 

ね。この本棚を喜んでくれそうなお客様達でしょ?

 

 

価格競争や商品力競争をする差別化は、僕ら零細企業には難しい事です。

 

でも、僕らの個性に共感して頂いたお客様に喜んで頂ける事を必死に考えるのは、楽しくて仕方が無い。喜ぶ人の顔を想像する仕事ですから。

 

そして、そこには勝ち負けも競争も無い。とても楽です。

 

僕はそれを差別化ではなく独自化と考えています。

 

 

「差別化ではなく独自化だよ」と教えてくれている藤村先生のブログは→コチラ

 

 

 

建築の美しさに常連様が喜ぶ姿、そしてそれを包み込むスタッフ。

 

さて、どんな宝生亭にどんな景色=企業文化が拡がるんでしょうか?楽しみです!!

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

おはようございます。

 

中学生の長男をバスケの練習試合に送り、金沢で電気自動車を高速充電しながら書いてます。

 

子供が中学生になると、家族みんな一緒の時間って少なくなるんですね。

 

長男が生まれて13年、まだまだ一緒にいる時間が長いんだから一緒に海外旅行したり、本格的なキャンプをしたり、そういうのをするのは後にして先ずは仕事仕事仕事仕事仕事仕事・・・と、先延ばしにしてたら、いつの間にか一緒の時間が少なくなってしまいました。

 

家族みんなが一緒の時間って、長く感じれるのは小学生までなんですね。

 

特にうちには子供が4人いて、みんな一緒となると難しい。

 

あ、この件につきましてブログと一切関係ありません。

 

すみません。僕です。

 

 

SNSの発信は等身大のものが良い。それは当たり前の事なんですが、ビジネスで使うとしたらさらにそうだと思う。

 

よく、

 

 

「会社でfacebookをやれって言われたんだけど何をしていいのか分かんない」

 

 

「スタッフにSNSをさせたいんだけど、何を書かせて良いのか分かんない」

 

 

そんなお話をよく聞きますが、いや、それって無理して飾ってるから書けないんでしょ?

 

 

会社だからお客様に失礼の無いように・・・

 

 

そんな事を思ってるから投稿できないんです。

 

 

自分らしさに共感して貰えば良い

 

 

それが僕がSNSをビジネスで使う上で意識してる事です。

 

「お客様」なんて意識してたら、ついつい書けなくなっちゃう事は僕にもありました。

 

でも、 SNSで投稿をずっと楽しみに見てくれたり、コメントしてくれる人は何も買わなくてももう常連様のようなものです。投稿をいつも見てくれている人は、何度も何度も商品を買ってくれている人のようなもんです。

 

常連様って通えば通うほど仲良くなり、どんどん友達や家族や兄弟のような関係になっていきますよね。

 

あ、通えば通うほど「金、使ってやってんだぞ!」と偉そうな態度になる人もいますが、そういう場合は僕は常連様とか思いません。

 

僕にとって常連様とは、もう常連でも様でもなく、ほんと友達のような関係の人。

 

「ただいま!」って旅館に帰ってきて、お互いの近況を語り合ったり、時には説教されたり説教したり、時には無茶なサービスも心からしたくなっちゃうような人。

 

そういう人って、変にかしこまった言葉や、背伸びし過ぎた接客や、きっちり決まったマニュアルとかそういうのを期待しないものです。

 

そして、心を開いてくれる人にいつまでもそういう態度を取ってると、いつかは嫌われてしまうものです。

 

それってSNS上だけではなく、リアルの人間関係でも一緒ですよね。

 

SNSに投稿する上で、自分らしくも無い言葉づかいや、気取ったサービスや、商品の紹介、思っても無いおもてなしの心とか、思っても無い事業展開の夢とか、そういうのを載せてると、いつかは嫌われるという事です。

 

もしそれでも投稿を継続する事が出来て、それにお客様が反応したとしても、そんな投稿をいつまでも楽しみにしてくれると思いますか?

 

先が見えていますよね。

 

 

ちょっと厳しい事を言いますよ。

 

ビジネスでSNSを使う上で投稿に困っちゃう人って、人としてどう人と付き合いたか?ではなく、客に何を売りたいか?そればっか考えてるんです。

 

大事な事なんでもう一度言います。

 

 

人として人とどう付き合いたいか?

 

 

ではなく、

 

 

客に何を売りたいか?

 

 

そればかりを考えている。

 

また、会社のこと、商品のこと、ビジネスの展望、企業理念、そういう事だけ投稿してる人って、そういう人って事です。

 

 

また、これってSNSの投稿を見てる側にも同じ事が言えます。

 

仲が良いから何か良くしてくれ!買ってやろうと思ってたのに!そんな事をいう人は、人として人とどう付き合うか?を忘れている。

 

 

はい。だから等身大が大事。

 

ずっと常連様が見てるんですよ。逆に等身大じゃなきゃ失礼だし、いつかボロが出るし続けられないでしょ。

 

 

 

▲ビジネスで使うと言ってもSNS投稿なんてほんとこんなんで良い

 

 

 

今の時代、一つの会社の情報を様々なサイトから見る事が出来ます。もう360度、常に監視されてるって感じ。

 

例えば、旅館では楽天トラベル・じゃらんネット・トリップアドバイザー・ホームページ・求人情報サイト・2ちゃんねるなど様々な角度からその会社の事を覗く事が出来ます。

 

さらに僕みたいに、SNSはブログ・facebook(会社・個人・すーさん)・Twitter・Instagramとやっていれば、もう360度監視されているようなものです。

 

ていうか、自分から出してるんですけどね(笑)

 

企業情報も出すし、個人情報も出てる。

 

どんなに良い顔したって、等身大の自分らしさも逆にバレちゃうんですよね。

 

だったら、最初から変に格好つけずに(格好良い人は格好つけても良いけど)気取らずに(気取るのが様になる人は気取ったほうが良い)、何せ自分らしく投稿すれば良いんです。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)