涼平、ニートやめるってよ

the telephonesのベーシスト 長島 涼平のブログ


テーマ:
うぃーす、お疲れさまでぇす!!



眉毛の濃さが異常!でお馴染みの涼平です!





久々にブログ更新です。


いやー2016年はダラけようと思ってたのですが、そんなことも言ってられず気づけばもう下半期に突入してました。ヤバ。こわ。



かなり前にTwitterで色々バンドを始めたことをブログで書くと言っておきながら、正直すげーめんどくさくてしまいにはブログの存在すら忘れてた俺はどうかしてるんだと思いました。

たまーに人から突っ込まれるので今日話しますね。






まず、僕は今年の初めに8年程お世話になりまくったUKProjectという事務所を個人的にやめました。


これはですね、社長の遠藤さんに何度か相談して決めたことなので円満な退社です。

今でもたまに遠藤さんには色んなことを相談させてもらっていて、自分にとっては本当に東京の父親みたいな感覚です。今でも頭上がらねっす。



理由としては去年ぐらいから色々誘われてたり水面下で始まっていたバンドをやる為でありまして、そうなると事務所にもバンドにもかなり迷惑をかけそうな予感がしたのでそうしました。

もう1つはせっかく始めるなら違うメンバーと違うスタッフともう1度0からバンドを始めてみたかったということ。


これは別にlovefilmやFINAL FRASHがダメと言ってるわけではないです。自分がそうしてみたかったという話。





今年に入って正式に

『フレンズ』


『FINAL FRASH』

というバンドを組みました。



これは同じ時期にそれぞれ話があって、どっちも面白そうだし、どっちもメンバーの人柄が好きなのでサポートではなくメンバーという形をとりました。




フレンズは最初にヒロセとエミソンが趣味?みたいな感じで作ってる曲を聞いたときに瞬間的にビビビっときました。あ、ベース弾きたいって思いました。で、当時暇そうにしてたルイにすぐ声をかけました。


テレフォンズが活動休止が決まったすぐ後に声をかけてくれたバンドなので、そういった意味でもとても愛情を感じています。




もうすでにかなりライブをやっていますが、秋からフレンズ初のワンマンツアーが始まりますので、ぜひ楽しみにしていてください。

最高のツアーにする自信しかないです。



あと、ギターのタローさんが『天然』の世界ランカーだったことは嬉しい誤算でした。









FINAL FRASHは皆さんすでにご存知かと思いますが、戦うラッパー、DOTAMA君とやってるバンドです。



最初のほうの話に戻りますが、当時僕の中にはせいじ君ともバンドを組むっていう構想は全くなかったんですよね。別に変な意味じゃなくてね。


だけどもこのバンドも自然な経緯でこうなったわけで、そもそもはドタマ君とせいじ君と僕で始まった話なので、せいじ君とまたバンドをやるってのも結局当たり前のように決まっていきました笑。

まぁ10年連れ添った相方ですからね。その辺の話も早かったっす。


それにDOTAMA君もthe suzanのRIEさんも元々普通に好きなミュージシャンだったし。




FINAL FRASHも各地でライブが続々と決まってますので楽しみに!

まだ詳しくは話せないけど、色んなことが着々と進んでますので。










そしてさらに最近『Megsri』というバンドも発表されました。


これはBIGMAMAのカッキーとリアドとTOTAL FATのクボティーさんと組んだバンドなのですが、お察しの通りこの2バンドとても忙しいので中々ライブはできないと思います笑。


しかしながら、もちろんしっかりと楽しむ熱量は持ってます。




今年のUKFCが初ライブになりますが、UKProjectを個人的にやめた自分がまたUKFCに出れることはとても嬉しいことですし、少しでもイベントを盛り上げることが遠藤さんへの恩返しだと思ってるので結構頑張ります。


とにかくMegsriのライブはレアだと思うので当日は絶対見たほうがいいと思いますよ。









とまぁ最近の僕はこんな感じです。


もちろんどのバンドも応援してほしいとは思うのですが、それぞれバンドのスタイルや活動ペース、シーンも違うと思うので気に入ってくれたら色んな形で応援してほしいです。それだけですげー嬉しいっす。




変な話ですけど、僕はその時に弾いてるバンドが1番好きで弾いてるんです。

フレンズのときはフレンズが1番かっこいいバンドだと思ってるし、FINAL FRASHのときはFINAL FRASHが1番かっこいいバンドだと思ってます。


これは別のバンドでサポートで弾いてるときも変わんないっす。



だから日替わりで別々のバンドのライブがあってもどっちも超楽しいです。

当たり前か。





あと、ちょくちょく聞かれることあるんでこれはハッキリと伝えておきたいんだけど、今やってるバンドは決して


“テレフォンズが再開するまでの繋ぎ”のバンドじゃないです。


本気でやってます。



テレフォンズが嫌になったとかそんなんじゃないんです。今は今やってるバンドが超楽しいんです。




すげーめんどくさいんですけど、

今は


フレンズ   FINAL FRASH   超時々Megsri


の涼平なんです。




忘れてた。あと北本市の観光大使も。
(こういうの地元の観光協会の人が意外と気にするから)








そんな僕ですが、これからも色んな形で良い音楽を届けることができるように頑張りますので、適度にかまって適度にほっといてください!

よろしくお願いしますm(_ _)m





ではまた!!


ライブハウスで会いましょう!!


{EB079766-7101-42BA-ADFE-F5A3C757D668}

{3F0CCCC9-0916-4F41-8D43-BFB2B1E1408A}

{CDC28E2A-5167-462D-BBD2-407D5FD7BED3}


AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
うおー!本当に皆ありがとー!!


このブログかくまでにマジで100回ぐらい書いたり消したりしてたらもうめんどくさくなってきちゃいましたw!!

やっと落ち着いたんで更新しまーす!



えー。

この10年間で俺がテレフォンズをやりながら思ってきたことの中に今すごく言っておきたいこともあるし、言っちゃダメなこともあるような気がする。それはきっと皆が知りたいことかもしれないし、知りたくないことかもしれない。


だから突っ込んだ話はあまりしないことにする。もしうっかり誰かを傷つけてしまったら嫌なんで。言いすぎて自滅するのも嫌。


別に愚痴を言おうってわけじゃないよ。

ただ、俺言葉選ぶのが下手なもんで。






だから最後まで適当なブログでいこうと思う!!


ぴょ~い生ビール



まず感謝の気持ちなんだけど。さっきも言ったように感謝の言葉を文章にしていったら一生読み終えないぐらいの量になっちゃったから全部消しましたっウインク



やっぱりこれからも直接会える可能性のある人達には直接感謝の気持ちを伝えていきたいから、会うことがないかもしれない人達にだけ言っておきます。




本当に10年間ありがとうございましたm(_ _)m

これを読んでる皆さんがテレフォンズや俺個人に関わってくれたり、応援したり支えてくれてたのかと思うと本当に感謝の気持ちで胸いっぱい。

バンドを続けてくうえで色んなことがどんどん当たり前のように思えてくる。感謝もたぶんそう。『感謝する』ってことが当たり前のようになってた。感謝っていうルーティーンかな。


でも今回のそれは今まで思ってきたものとはなんか違う。



なんかね、今すごく皆に対して思うのは、



テレフォンズの面倒見てくれてありがとう!!




みたいな感じ。



正確に言うとこれもなんか違うな。

やっぱりこの10年間で体感してきたものを感謝の言葉にするのは今の俺の脳みそでは無理みたい。すんません。


いきなり安っぽくなってるかもしれないけど、なんか本当そんな気持ちなんだよね。


テレフォンズって本当に10年間色んな人達にかまってもらってたんだと再確認しました。







なんていうのかなー。テレフォンズをやってきた10年間はただ楽しいだけじゃなかったな。

凝縮された特濃の喜怒哀楽を味わったような気がする。



それはやっぱりそれだけ真剣にバンドと向かい合った証拠だし、そんなバンドにいれた俺は幸せ者だと思う。



ただやっぱり最後のライブでも思ったけど、テレフォンズの不器用さ加減は異常。


なんかあの日で不器用を完成させた気がする。

辞書で『不器用』で調べたら、

『the telephonesのラストパーティー』

って出てくるぐらい。





まぁでも。そんなことを含めてもあの日は本当に素晴らしい良い日だったのは間違いない。






全然話変わるけど1つ、これってひょっとしてインタビューとかで言ってないかもなぁって話を。(もし言ってたとしたらすんません。知らないフリして聞いて。意外と結構言ってる可能性もあるw)




俺はライブ中にヘラヘラするようにしてる。良く言えばニコニコ。

笑顔を褒めてもらった経験もあるから、自分でもライブ中にヘラヘラしてるのは自覚してる。そりゃ前歯も出るわ。



今は当たり前にできてるそれも最初はそうじゃなかった。

実はそれってテレフォンズを組んだときにライブの度に毎回緊張とか照れとかで下を向いてつまらなそうに演奏してる俺にメンバーが言ってくれたことだ。




「ステージ上でヘラヘラ笑ってればいいんじゃない?」




これはもうメンバーも覚えてないかもしれないし、こんな言葉じゃなかったかもしれない。でもたぶんこんな感じだ。



皆からしたら、は?その程度?

って思うかもしれないけど、当時の俺はバンドマンて四六時中カッコつけてなきゃいけないと思ってたから、なんかこう突き刺さったんだよね。



わ、笑ってもいいんですかい~www!?
って思った。


でさ、ライブでヘラヘラしてたら自然と前向いて演奏するようになったんだよね。これって俺からするとものすごい進歩なんだよ。

すごい相乗効果。前向いて弾くようになったらさ、お客さんの顔が見えるでしょ、皆すげー楽しそうに踊ったりしてるでしょ、そうするとこっちもますます楽しくなってくる。


だから最初は無理矢理笑ってたかもしれないけど、やってくうちに自然に笑えるようになってきた。だからもうライブは本当に楽しくて仕方なかったよ。



そういう話もなんか今になってすごい思い出しちゃうよね。何でもないようなことで色んな人から救われてたんだなーって。


これからもそういう経験ができるといいなー。













さて。では、これからの話を。


これは結構色んなところで言ってきたけど、俺は別に“音楽”自体が特別好きなわけじゃなかった。それこそ音楽もバンドもハマればハマるほど金も時間もかかるしね。

あ、でもミュージシャンていう仕事自体はとても誇りに思うし、今でも最高にかっこいい仕事だと思うよ。



俺は音楽にハマる前からずっと釣りもスポーツも同じようにやってきた。音楽と同等かそれ以上に好きかもしれない。本当ならそっちでプロになりたかったぐらいだ。


俺にとっての音楽っていうのは生活に少しだけ彩りを与えるオプションぐらいなもんで、決して生活の中心にあるわけじゃない。

俺はそれぐらいでちょうど良かった。





いっぱい話が逸れちゃったけど。

何が言いたいかっていうと、俺が好きだったのは“the telephones”そのものだったんだよね。

テレフォンズさえ続けていければ自分の他の音楽活動はたまにサポートやるぐらいでいいやーって思ってた。



だから最初活動休止を決めたときも音楽をやるかどうか凄く悩んだ。





でも色んな人と話したり相談したりするうちに、やっぱり音楽を続けようと思ってきた。

それはこの10年間でだんだん音楽が好きになってきたからだと思う。
んー。これも表現しずらいな。音楽を音楽として好きになってきたってことかな。



まぁそれは色んな要因があるかもしれないけど、ベース弾くことだってどんどん楽しくなっていってるし、それこそ11月3日にだって自分で演奏しながら新しい発見はたくさんあった。


だからこれはテレフォンズが俺にくれたボーナスだと思う。ベーシストとして頑張っていくためのボーナス。


それを無駄にしない為にもまだまだ音楽を続けるよ。



これからは色んなところで、色んな音楽でベースを弾けたらなーって思う。

自分がどこまでやれるかとかあんまり考えてないんだけど、今すごくワクワクしてる。楽しみだ。

テレフォンズが活動休止したばかりで不謹慎かもしれないけど。



でも何かが始まるときって絶対そうだから。これは嘘つくわけにいかない。




まぁこのブログはこれからも続けていくから今後の動向も兼ねてチェックしていってくださいね!















テレフォンズは解散ではなく活動休止だけど、とりあえず俺が『テレフォンズの長島涼平』として書くブログは一旦今日が最後かな。



俺が1番寂しいのはテレフォンズをやれないことじゃない。メンバーと会う機会が減ってしまうことだ。



別に普段仲悪いとかじゃなくて、バンドって長く続けるとそういうもんだと思う。理由がなければ会いづらい。



今後モンストの話は誰にすればいいんだよ。俺がアヴァロンをドロップしたら誰が喜んでくれんだよ。






俺実はまだメンバーのブログをちゃんと読んでない。理由はないんだけど。




でもきっと素敵なブログに違いない。



10年やってきたからわかる。


彼らの言葉は本当に素直だ。そんなところが今もずっと大好きだ。










では最後に。

うまくまとまらなかったし、言いたいことが伝わらなかったかもしれないけど、とりあえず今俺が書けるのはこんな感じだ。



これからどんな活動をしていっても俺の心の根っこにはテレフォンズがあると思うから、皆さんもふとしたときにテレフォンズを思い返したり、聴き返したりしてくれたら嬉しいな。



またいつか皆と一緒にDISCOと叫べる日が来ることを心から楽しみにしてる!




またね!!Thank you DISCO!!!



{DBB2F7F8-DBF9-449F-97AB-88E919A8B4D6:01}

{622C1DC9-544B-400F-9325-39B937AE7C0D:01}




AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
{F5F2EF0C-97CB-4617-B2FC-5B1D3E1DCBEB:01}

おいっすー!

もうすでにお腹が痛い涼平です!




いよいよ明日ですねっ!!


んーでもやっぱり実感湧かないんだよなー。明日が終わったら活動休止とはいえ、しばらくテレフォンズって名乗ることもないんだなって思うと寂しいっていうか不思議な感じだね。

今もずっとふわふわしてるような気分だよ。

なんでだろう。皆そうなのかな。




明日は特別な日だからね!いつもよりほんの少しだけ頑張ろうと思うよ!


10年間の思いとかね。色々そういうのが自然とこみあげてきて、泣くのこらえすぎて下唇がべっこべこになってる可能性もあるね。


でも最後まで一生懸命DISCOを叫んでアホほど踊って帰ろうぜタコ


大好きで尊敬していて素敵な先輩方や仲間達も出るのでぜひ最初から来てほしいな。


これは自分も含めてだけど、本当に悔いを残さないようにね!





{C35E1BE6-5201-4EFA-B942-473CC6AC844B:01}

{358F9A58-7A05-46EE-B4EE-0B3E1DEF9327:01}

{A19FE7D5-7356-4C18-8A85-0B1EC4E862B5:01}




{140BCE32-5CE4-41F8-86F4-8C22953E46AF:01}





明日はテレフォンズをやってきた10年間で1番良い日になるって信じてます。

全ての人達へ感謝を込めてやります。


では。また明日。




AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
{B7D7231B-CBEA-49CE-8859-EFD339C2B769:01}


{AC9864EB-A964-4C23-BB0C-E25C713873CF:01}


こんちゃ!!

歩くトリックオアトリートこと涼平です。



もうすぐだね、スーパーアリーナ。

今年は夏が例年以上に忙しかったので、活動休止というのがもはや他人事のように思ってたけど、もうあと1週間切っちゃってるね。いよいよヤバいぜくま




寂しいなー悲しいなーって思う人もいるだろうね。

逆に、え?まだ辞めてなかったの?どんだけーwwwって思う人もいるかもしれない。うっせーよ。

てか、11月3日に初めてテレフォンズを見る人もいると思う。



どんな日になるのかね。


まぁでも僕らとしては大前提としてまず楽しんで欲しい。ひたすら楽しんで楽しんで、最終的に『楽しすぎて泣けてくる』ぐらいがいいかな。




テレフォンズが初めてCDを出した頃にある人に言われたことがあったんだよね。

『楽しすぎて泣けてきました!楽しすぎて涙出ました!』って。


なんかそれすごくいいなーと思ってその言葉をずっと覚えてたし、そんな感情が毎回溢れたら最高だろうなーと思ってた。
テレフォンズってそういうバンドなのかもなと思ったね。


ただ単純にあいつらバカだーwwwつって涙出るほど笑ってただけかもしれないけども。

でも『面白い』と『楽しい』って似たような感情かもしれないけどだいぶ違う気がするんだよね。どっちがいいとかじゃなくてね。






11月3日どんな日になるのかまだ全然想像できないんだけど、皆さんのことを心よりお待ち申しておりますので、よろしくお願い申す。モース。




モース↓


{AD05E986-AE62-404C-A3F5-F037C6796B95:01}

エドワード・シルヴェスター・モースEdward Sylvester Morse1838年6月18日 - 1925年12月20日)は、アメリカの動物学者。標本採集に来日し、請われて東京大学お雇い教授を2年務め、大学の社会的・国際的姿勢の確立に尽力した。大森貝塚を発掘した。日本に初めて、ダーウィン進化論を体系的に紹介した。名字の「モース」は「モールス」とも書かれる。







よっしゃ!11月3日は皆とにかく楽しモース!!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは!


『心配すんな…カスリ傷だ…』でおなじみの涼平です。



なんと私涼平、この度ベースマガジン8月号の表紙をやらせていただきましたー!


う、嬉しい。これは本当素直に嬉しいぞ。




まずは送っていただいたベースマガジンを色んな角度から撮ってみた。


{B282B912-C8C9-47D6-82CE-9902858FA987:01}

{027CC6CC-177E-4A83-B51D-E5223DD2172F:01}

{14580A56-8A15-4F25-AD21-3AAC6472E21F:01}


うん。間違いない。俺だ。絶対に俺。チェコのまさみ?いや、俺だ。




ちなみにイスにも座らせてみた。

{3399DC77-4756-4A3B-82E0-670543BD0818:01}





いい!なんかいいよ!すごくいい!





これまでインタビューや試奏を含め何度かベースマガジンに出させてもらってましたが、まさか自分が表紙を飾る日が来るとは思ってなかったっす。


少しはベーシストとして認めてもらえたのかと思うと本当に嬉しい。



もう読んでくれた人もいるかもしれないけど、内容も本当に豪華だと思う。

盟友の9mmのカズ君、師匠であるVOLAの有江さん、そして相棒である雷太鼓の誠治君との対談。対談というか皆さんインタビュアーみたいな立ち位置で参戦してくれました。

インタビュアーがミュージシャンて豪華すぎるでしょ。変な汗かいたわ。

これは全部編集長の近藤さんチョイスなんだけど、個人的にこの人達と対談のようなことができたのはとても嬉しかった。

近藤さんありがとうございます。




カズ君は同い年で、同じ時代をお互いのバンドで切磋琢磨してきた仲だと思ってる。(正確に言えば少しだけ先輩だけど)

ベース友達、バンド友達の仲で1番プライベートで飲みに行くのは彼。一緒に釣りにも行くし、水族館も行ったかな。めっちゃいいやつかよ。

彼と話してるといつも刺激だらけで、本当ボディブローのように後から効いてくる。頑張らなければと思わされる。

そんな彼とベースマガジンで対談ていうのは一つの夢が叶ったというか。そんな感じ。




有江さん。有江さんはとにかくテレフォンズとしての俺のベースの基盤を作ってくれた人。

俺はテレフォンズを始めた頃はさほどプレイヤーとして頑張ろうとも思わなかったし、別に上手くなりたい欲求もなかった。てか、プレイヤーとしての自分にそんなに興味がなかったのかもしれない。


でも有江さんに出会ってから変わったというか、ベースを弾くことがとにかく楽しくなっていったし、逆に言えば弾けないことが悔しくなっていった。そんな自分に期待もした。たぶんそのループがどんどん自分を楽しくさせていってくれた。


対談相手(インタビュアー)の1人が有江さんだと聞いたときすげー緊張したけど、始まったらすごいリラックスしていい話ができたと思う。楽しかった。




誠治君は1番緊張しねー。全然しねー。
てか、むしろ何でいんの?って感じだったwww


すまん、嘘だぞ。


でもテレフォンズの中でもリズム隊として1番意見交換をしてきた誠治君とだから話せたこともあると思う。


付録のCDは誠治君と一緒に録った。

『Bye Bye Hello』がテレフォンズとしての最後のレコーディングだと思ってたから、それより後に最後にもう1度テレフォンズで僕がやってきたベースを誠治君と一緒に録れたのは本当に嬉しかったな。

ぜひ聴いてみてほしい。





あと、1番不思議だったのはなぜか近藤さんがわざわざ地元に来てくれて北本市を回ったりしたんだけど、ベースマガジン感ゼロの不思議な取材だったw


{B0E7BDD6-8549-4F04-9373-21012AF38150:01}




まぁ俺は地元である埼玉県北本市の観光大使をやらせてもらってるんだけど、地元をPRすると地元の方々が喜んでくれるから良かったっす。

名産は『トマト大福』。

今は『トマトカレー』がヤバい。きてる。完全にこれでもうけようとしてる。でも本気でうまい。熱したトマトが嫌いな俺ですら難なくたいらげました。

皆さんも北本に立ち寄った際にはぜひ。



まぁそんなこんなで、今回の表紙で大好きな3人のミュージシャンとの対談、付録CDのレコーディング、北本市の散歩と本当に取材期間毎日楽しかったです。


編集長近藤さんに改めて感謝です。

近藤さんは

「表紙とかドッキリでしたーwww」

みたいなことをちょくちょく言ってくるんですけど、そのドッキリはたぶん普通に泣いちゃうので勘弁してくださいw







とにかく皆さん興味あったら読んでくださいってことです。他では話してないようなことも話してますので。テレフォンズとして、長島涼平としての過去、現在、未来を話したつもりです。








ではまた(●⁰౪⁰●)





いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。