2009-03-01 11:05:34

銀魂 二次小説 君死ニ給ウ事ナカレ

テーマ:夢小説 沖田

銀沖祭参加小説

(銀魂ファンサイトであって公式とは関係ございません)

※血の表現があります


もっちの銀恋∴銀魂夢小説-銀沖祭2



『君 死ニ給ウ事ナカレ』




本当は助けられる筈だった


ほんの少しの油断がすべてを狂わせた


もう何も感じたくない 感じられない


誰かオレを消してくれ



「ど~したの総一郎君」


「ど~したもこうしたも・・・・桜を見てるんでさぁ」


もうすでに「総悟」だと言い返す気力も残っていないまま、ほんの数輪枝に咲いた桜をじっと見つめる


「そ~んな血まみれで花見たぁ風流にも程があるぜ」


古寺の桜の下、倒れた姿でうるせぇなぁと万事屋の旦那を睨みつけた


油断したとはいえ攘夷志士の一撃を足にうけ、ここまで逃れてきて動けなくなったってわざわざ言わせる気かよ、このドS!


口に出さなくてもこちらの言いたいことは分かるようで、旦那は袖を抜いたいつものいでたちのままこちらを見下ろしていた


「もう行ってくだせぃ あとしばらくすりゃあ血も止まりやすんで」


「へぇ 行っちゃっていいんだ」


ニヤニヤしながら座り込んで傷跡を覗き込んでいる


「こりゃあ手入れの悪ぃ刀で斬られたな 傷が残る」


「別に 女じゃないんでかまわねぇですが」


「あと血が足りねぇんじゃねぇの?顔真っ青だぜ?」


いい加減にほっといてくれと体を起こそうとしたとたん強い力で体が浮き上がるのを感じた


「な・・・何」


「いいから 黙ってろ」


気がつけば軽々と背おわれていて、それはひどく屈辱的に感じた


「降ろしやがれぃ」


「うお!!おまえ階段で暴れんな!!道づれは銀さん勘弁だからな!?」


石階段の上でふらつきながら文句を言われ、じゃあ降ろせと返すがまわされた手に力がこもる


「だ~め ほっぽって帰ったのがばれたらお前んとこの保護者が怒鳴り込んできやがるだろ」


頭に近藤さんと土方の顔が浮ぶがそれでもと銀髪を掴み引っ張る


「イデデデ てめーなにしやがんだ」


「アンタに借りは作りたくねぇんだよ」


「三倍返しなんて要求しやしねぇよっ」


そんなんじゃない


ただ・・・借りを作りたくないだけ・・・・


「まぁいいじゃねぇか 助けたくても取りこぼしてきた命の方が遥かに多いんだ 少しは穴埋めさせてくれよ」


「・・・・いくらオレを助けたからって過去の償いなんかにはなりやしやせんぜぃ」


そんな事を言いたいんじゃないのにと唇を強くかみ締める


「分かってるよ ただ 助かる命は助けたいんだよ」


後ろからでは旦那の表情は分からねぇが声はいつものおちゃらけたものとは違う


そういや近藤さんが言ってたっけ・・・・もう誰の命を落とすとこなんざ見たくねぇんだと


別にいいじゃねぇか 桜のようにパッと咲いてパッと逝くのも人生


大事なものを抱え込んで生に執着するなんざかっこ悪くてみっともねぇ


「命に汚くしがみつくような年寄りにはうんざりだ」


思わず声にしてしまうとしばらく旦那は無言で石階段を降りていく


別に旦那の事を言ったわけじゃなが、気まずい空気にマジで貧血気味の思考が停止しそうになる


「お前知ってるか?“君 死に給う事なかれ”って詩を」


「は?」


唐突な言葉に眉間にしわを寄せて言葉を返す


「姉が戦争に行ってる弟にむかって詠んだ詩だ ああ弟よ、君死に給う事なかれってな」


総ちゃん・・・・


耳元に懐かしい声が聞こえた気がした


暖かくて甘い響きを持つ・・・二度と聞くことは出来ない声を・・・


「・・・・なにが言いてぇんですかぃ」


「さあねぇ」


小さく舌打ちをした後だんなの肩に顔を押付けた


夕暮れの景色が闇に滲んでいく時間


「旦那アンタはどうなんでぃ」


「大事なもの抱え込まねぇ生き方選択したところでなかなか上手くいかねぇもんよ・・・今もこうして重き荷抱え込んじまってるし?」


そうつぶやくと旦那は「総一郎君重すぎ!!」と文句を垂れていた


「じゃあ降ろしやがれ」


「っとに甘やかされて育ってんな!!」


そして辺りが闇に取り込まれたころ旦那がポツリと言い歩みが止まる


「君、死に給う事なかれ そう思ってるのは姉ちゃんだけじゃねぇだろ」


「旦那?」


「実はおめぇを見つけたのは偶然じゃねぇ 探してたんだよ」


そう言って一度止めた歩みをゆっくりと再開する


「依頼されたんだよ、ゴリラとマヨ王子に・・・あいつらが頭下げるなんざ信じられねえだろ?」


「近藤さんに?」


「奴らも怪我して大変そうだったけどよ、必死にお前が行方不明だから捜してくれってな 何?総一郎君ポカしたんだって?」


カッと頭に血が上り、体をそらして無理やり旦那の背から飛び降りた


「痛ェェェェ」


「足怪我してんのに無理すんなSってのは打たれ弱いんだから」


うずくまったまま旦那を睨みつける


「その通りでさぁ! ポカして救えるはずの隊士一人死なせちまったんでさぁ!」


叫んだあとさすがに血の気がたりないのかめまいに両手を地面につける


「あの時・・・油断さえしなけりゃ・・・」


何度もスローモーションのように脳裏に妬き付いた映像


目の前で倒れていく隊士


どうしてあそこでオレは油断を・・・いっそオレを誰か斬ってくれ


そして桜のように・・・・


もう一度体が宙に浮く


「しょーがねぇな コレだから現代っ子は打たれ弱ぇ」


「ちょ・・・離してくだせぇ っつうか離しやがれ!!」


男の身で世に言うお姫様抱っこをされる屈辱に暴れようとしたが体に力が入らない


「おめぇはちょっと壁が立ちはだかっただけで逃げちまう弱虫だったけか?」


顔を上げればじっと見つめてくる紅眼は信じられないほどに暖かく言葉を失う


「おめぇの保護者たちもその壁乗り越えてきたんじゃねぇの?なんせおめぇみたいなガキ護ってここまでやってきたんだからなおさらだよな」


“君、死に給う事なかれ そう思ってるのは姉ちゃんだけじゃねぇだろ”


「頼んだわけじゃねぇ」


「そりゃまぁそうだ?」


クックと旦那が肩を揺らして笑う


「やっぱサド王子はそうでなきゃな」


くやしくて・・・


くやしくてただ黙って旦那の胸に顔を押付けて泣いた




旦那に抱き上げられたまま屯所に戻ると近藤さんと土方が駆け寄ってきた


気恥ずかしくて寝たふりを決め込んだけど、近藤さんの泣き笑い声が耳に心地よかった


ああ・・・これからもかっこ悪いィ毎日が続く


とてもじゃないが桜のように潔く死ぬなんざSのオレには出来そうにねぇ


だけど


誰かに生きていてほしいと思われるのは悪い気分じゃねぇ


誰かに生きていてほしいと思うのは・・・悪い気分じゃねぇ


今は護られる身でも、いつかはこの人たちを護っていきたい


そっと目を開くと旦那が半眼の魚の死んだような瞳を向けてニヤニヤ笑っていた


まぁこの借りはいつか必ず返しやすぜぃ サド王子の名にかけて。




「土方さん 厠に行きたいんでおんぶしてくだせぃ」


「ふっざけんな!!」


見舞いに来た土方に布団の中からか細い声で頼むと、結局しょうがねぇなと背を向けてくる


「ったく いつまでたっても末っ子だな・・・けど お前少し重くなったんじゃ・・・」


言葉とは裏腹に少し照れた土方の横顔に笑いながら声をかける


「土方さん~大量の爆弾背負ってどこにいく気ですかぃ?」


「あ?!」


爆弾のスイッチを押しながら叫ぶ


「あばよ桜の如くパッと散りやがれぃ」




「あ~あ まぁた副長 沖田さんに遊ばれてるんですか?」


煙が朦々と上がるなか山崎が覗きに来た


「総悟、てめ~~~~っ!!!!」



屯所にうるさい声が響くなか、中庭に目をやれば日脚が伸び春を待ちわびる桜が蕾をゆるめていた




にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へ ←どこかに「鴨」って入れようとしたのに計画倒れのもち子さんに励ましのポチをw


お祭りの31日までにもう数回銀沖書きたいな~♪


※気がついた これ夢じゃなくて二次か~( ̄Д ̄;;


AD
コメント(42)  |  リブログ(0)

もっちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

42 ■和さん

お読みいただきありがとうございます~~~!!
総悟がお好きなんですね~~!!
カッコイイですもんね!Sだし カッコイイし!Sだし!!w

リクエストは申し訳ないのですが、受けておりません~たまに企画で名前を募集しておりますのでよろしければそちらでお願いしていいですか?

本当、ご期待に添えればいいのですがリクエストだと緊張とプレッシャーで何もかけなくなるマダオなんです ごめんなさ~い!

41 ■感動しますた☆

さすがもっちさん!
いつも楽しく読ませてもらっています(*^^)v
どのお話もとても楽しいのですが、
私は総悟が大好きなので、暇さえあれば
総悟の小説をよんでいます。
リクエストになりますが、もしよろしければ
和(のどか)という主人公と総悟の夢小説を
書いてくださいませんか?お願いします!

40 ■junさん

鴨出そうとしても出そうとしても出てきません
ゆみちゃんの呪いにかかったようでございます( ̄Д ̄;;
ぜひゆみちゃんの呪いに打ち勝って土方だしてくださいww

沖田はっていうか末っ子は本当に皆が手をかけちゃって要領がいいけど、いざって時は甘え方が分からなかったりするのかな?な~~んて感じだったらいいなって思ってます!(あれ、日本語が変)

39 ■あやちゃん

そうだね~一番近い表現は友達とか友情?
でもお互いに一線を引いちゃったりしてなかなか踏み入れないけど、銀さんは少し大人な分必要な時は軽く飛び越えてきちゃう感じだったらいいな~~~~( ´艸`)

でも結局ザキねたで落ち着くあやちゃんが大好きです!
銀さんが殿堂入りはわたしも同じくだからはやく認めちゃいな~w(って何を?)

38 ■ヒュ~♪←口笛

素敵なお話でした♪
さすがだなァ(〃∇〃)
もうホントにこの子は!心配ばっかりかけてッ!な総ちゃんがみんな可愛いいんですよね~
でも、あそこで見つけてくれたのが銀ちゃんだったから素直に負われてたのかな・・・
それが銀沖の絆(イト)でしょうかね?
鴨・・・残念でしたね?
私は絶対、土方絡めていきますからッ!!(笑)

37 ■ドSコンビいいなぁw

ドSコンビの関係、いいなぁ…。
親でもなく先生でもなく、
少しだけ離れたところから自分を見てくれてる人、
そんな存在って、とっても貴重だよね。
銀さんのあったかさも、涙出る…。
この人はほんとに、どれだけ器の大きい人なんだろう…。
沖田くんは、みんなに愛されて、
もっともっとイイ男になるんだよ、きっとw
ラスト、結局素直にダマされる土方さんがかわいいwww
そして、そんなかわいい副長を、
ちょっとはあわれんであげて!ザキ!(笑)
わたしも銀さんにおんぶしてもらいたいー!!
などと悶えつつ、失礼しまーすw(爆)

36 ■嶺ちゃん

すまね~な~土方に痛い目にあってもらっちゃってw
でもそれもこれも末っ子の照れ隠し?な訳はない?ww

ドS対決はなかなか難しくて手探り状態だよ~(;´▽`A``
うん、一ヶ月あるからね~大丈夫大丈夫

反対にスタートダッシュでこけるタイプのわたしです~

35 ■無題

ぐはっ!
桜と銀さんと総悟!
画が目に浮かぶようですだ~♪

銀さんにかかると総悟も子どもって感じだよね
泣いちゃうなんていいな・・・・
近藤さんや土方には見せられない姿を
銀さんには見せてるのかなーなんて思っちゃったよ

最後の爆弾背負った土方には大笑いでしたけど
それでこそ総悟だわ~♪

あたしまだまだ考え中!31日までには
頑張る!

34 ■かのえさん

甘やかされ過ぎてこんなになっちゃったんでしょうか~っていうくらい甘やかされてますよねw
それだけ魅力があるのかもしれないですが~
そんんあ対等じゃない関係が末っ子には腹立たしいのかななんて思いながらの反抗期でしたw

そして土方はやはりあんな扱いです~~~w

33 ■ゆみちゃん

マミー頑張ったから!w
いやもうこんなんでいいの~?ってひたすら自問自答( ̄Д ̄;;

二次が苦手なんじゃなくて、「お題」が苦手なのよ、だからお題しなくてごめんね

なに?褒め殺す気ですか!?
もう逆さにしても鼻血一滴もでないほどに搾り取る気ですか?!

それともあれですか 変な呪いをかける気ですか?w
マミー怖い~~~~~!!(-^□^-)

32 ■保護者がいっぱいw

末っ子で、皆の気持ちも分かってるのに
素直になれないドSな沖田は、可愛いです♪

でも本当に、周りの大人達が
その性格も全て分かった上で、
温かい目で見守ってくれてる感じがして、
何かいい関係ですよね(*´艸`)フフ

土方は最後はやっぱりあんな扱いですかw
でもそんな遊ばれっぷりがまた好きです(*ノωノ)

31 ■うはっww

先に謝っておきます。
二次元書けるの?なんて言ってすみませんでした。

最高じゃねぇかぁぁぁぁヾ(*≧∀≦)ノ←げんきん
いや、喜んじゃダメなんだ・・・・暗い話なんだ・・・・
でも、でも、おんぶに姫抱っこ最高でぷ。笑

大人と子供にここまで差がでるなんて
でも昔は銀さんも苦しんだんだろうな
自分一人で背負い込みすぎたりしてて
だからこそ真選組からの依頼を受けて
必死になって沖田を探して

その辛さをわかってるからこそ
沖田にもがんばってほしかったじゃないかな、と
勝手に思いましたとさ。笑←台なし

苦手分野なのにありがとうございました~!!!
でも全然そんな風に見えない!!
つーかさすがとしか言えない完璧な出来!!!

これシリアスでいいのかな?
ギャグではないもんな~違ったら教えて~( ̄▽ ̄;)

30 ■詩銀 さん

こんな沖田も書いてて結構楽しめました
日頃強気でドSなぶんギャップといいましょうか~♪

君死に給うことなかれ
はいつか沖田に使いたかったんですが、ようやく書けました(-^□^-)

そして最後はやっぱりドSモード♪そんな彼がやはり一番好きかもです~~
一緒に銀沖祭楽しんでいきましょうね~~( ´艸`)

29 ■ななさん

ダメージっすか?あははは~~~すんません~~~♪
総悟が可愛くてしょうがない土方ってのが大好きなんですo(゜∇゜*o)

こちらこそ読んでいただいてありがとうございます~~!!

28 ■ののさん

なんだか土方大人気♪
沖田は結局土方に甘えまくりですよね~~(*´Д`*)

明日からテスト!!コレを乗り切れば楽しい春休みですね~!がんばってください~~!!

27 ■あまみー

もち子頑張ったわフルフルww

あまみーのとこの凶悪コンビいったいどんだけになるか違う意味で楽しみにしてまっす♪

こちらこそ読んでくれてありがとう~~~~!о(ж>▽<)y ☆

26 ■ソラさん

「テストが終わったからご褒美だぁ!?てめぇ誰のために勉強やってやがんだ!?なんかものっそい・・・・まぁよぉ お前が前から行きたがってた店にメシぐれぇ食べに連れて行ってやるよ あ?そんなんじゃなくてキスしろだぁ!?」

すんませんすんません妄想スイッチ入って書いちゃいました

あ、ついでにもう一言「おまっ・・・・ちょっとこっち来い!!」

で、ブチュ~~~~~~ww 

25 ■銀沖祭サイコー!!

銀沖祭私も楽しみにしてました(≡^∇^≡)

今回は参加できなかったんですが、ばっちり楽しんじゃおうと思います☆

沖田さんが弱気になるなんて珍しい・・・
でもやっぱり隊長としての責任とかも考えちゃうんでしょうか。

君死に給うことなかれ

姉が送るというのも沖田さんにあってますね!
たくさんの人に生きててほしいと思われることは、
悪くないことです♪

銀ちゃんはやっぱ大人だなーって改めて感じました。
最後はいつもの沖田さんに戻ってよかった(^O^)

24 ■無題

ななは1000のダメージをうけた\(゜□゜)/
土方さんなんかおにいさんぽい☆彡


ほんと、マジ、もっちさぁーん あざぁーす

23 ■やっぱりS!!

ドSコンビ大好きです(‐^▽^‐)
なんだかほっこりきますねw
最後の土方さんの照れた感じ。
沖田さんも嬉しいと思いつつ「まんまと引っかかったな土方め」

みたいな~~~!!
あ、銀沖か。スンマッセン。

是非ともまた書いてくださいね!!
明日からテストがあるののでした☆

22 ■おおお!

私も頑張らねばと思いました!
分かりにくい甘え方で分かりにくい甘やかし方で
でも二人には分かっているみたいな!
そんなドS二人にきゅんとしましたvv

私もドSの中に入るときっと凶悪のしか
書けなさそうだけど甘いのも頑張ってみようかな、とか;
いや無謀なんですけどね;;
素敵な銀沖ご馳走様でしたvv

21 ■むおっ!

ふぁ~~やっとテスト終わったから、集中してもっちさんの小説が読めますよ~(*´Д`)=зふぅ。

総悟と銀さんいっすなぁ~
深いながらもあったかくて…。
局長とトシも含め、みんなあったかくていっすなぁ。
是非もう数回かいてください!!


トシ~テスト終わったからなんかご褒美ぃ~!!!
な~んて言ってみたいす。笑

20 ■マヨケチャさん

マヨケチャさんもテストなんですね~~~
明日からってところが多いのかな
ぜひぜひ学年最後のテストがんばってくださいませ~!!

沖田はやんちゃだけど皆に大切にされていいですよね♪
土方もお兄さんモードww

わたしも鴨に抱っこされたです~~~!!って緊張で意識なくなりそうですw

19 ■神楽じょーさん

銀さんとのやり取り考えるのすっごく楽しかったです!!
ドS同士ですからお互い負けてられませんよね♪

土方さんは~~~やはりですね
ごめんなさいオチにつかっちゃってとしか言えない~~~~
でもこんな感じの家族的なみんながすき~~~!!о(ж>▽<)y ☆

18 ■かぐちゃん

だ~よね~
甘えた自分は嫌いだよきっと
で、優しい自分は見せたくないと!
どんだけ気が強いんだw
たしかに銀さんは他の二人と目線が違う気がする
過去の自分と重ねてる感じかな?

探し出せたのは、めっさ本気で探してくれてたらいいな~~~(≧▽≦)

ドSレーダー!?じゃあわたしたちはドMレーダーもってるんじゃない?

17 ■みぃさん

きっとお姫様抱っこは相当頭にきたのではないでしょうか?ww
きっと三倍返しですww

土方さんは弟分の総悟が可愛くてほっとけなくて、も~~仕方がないのでは?なんて思ってます

16 ■さららさん

総悟と銀さんは結構似たもの同士で、まだ経験の浅い総悟を兄目線で見守るってパターンが大好きなんですわたし~~~( ´艸`)
お互い健気ですよね~

それを喜んでもらえて嬉しいです!

15 ■ショコラさん

ショコラさんのコメが回を追って壊れていくのはわたしの気のせいでしょうか~~!?ww

いやいや、あいたいですよわたしも!!
きっと斬られちゃうけど・・・それでも会いあたいなぁ 鴨に!←

14 ■えそらえるう さん

最初は咲いてない予定だったのですが、昨日我が家の桜が咲いたので急遽咲かせてみましたww

やっぱり少し元気がないくらいの総悟のほうが皆楽なんじゃないかと・・・・(;´▽`A``
ついお笑いに走ってしまうわたしです

13 ■ごまさん

自分で思ってるより人から大切にされてるのって嬉しいですよね~♪
総悟もそこに気がついてほしい~(*´Д`*)

土方はなんだかんだ言って兄なんですかね
大変だなぁお兄さんw

鴨もね!!うんうん絆でつながってるといいな~!

12 ■華さん

そうそう、どっちもドS同士なんで話が会話がお互い一歩も引かずですっかり長くなってしまいました( ̄Д ̄;;

でもそんなに褒めていただいたら嬉しくてしょうがないですよ!!ありがとうございます~~~!!о(ж>▽<)y ☆

11 ■朱雀飛鳥 さん

総悟はやはり末っ子の自由さがチャームポイントでは?ってどんなチャームポイント!?ww

キュンキュンしていただいて嬉しいです(-^□^-)

10 ■無題

わぁ~。感動ですっ!!
銀さんの言葉って身にしみます。
沖田も、いつもゎドSですけど涙を流す沖田に
こっちまで涙がッ(ノ_・。)・・・うっ。
そして、トシも・・・。なんだかんだいって
優しく、沖田のこと、とっても大切にしてますよね。

あぁぁ!!私もトシにおんぶされたい←
お姫様だっこには、むふふでした。

テスト勉強しなきゃ、しなきゃ。そう思ってもなかなかできず妄想に走っています。明日なのに~ィィ

9 ■無題

桜の描写がなんか沖田さんの気持ちというか心構えというかそんな感じに感じましたww


素敵ですね(* ̄∀ ̄)


銀さんと沖田さんのやり取りも良いですね♪


最後はやはり土方さんが沖田さんの暇つぶし対象になってましたが(´艸`)

8 ■ステキ~~~☆

いいですね!
銀さんや土方さん、近藤さん…
皆の気持ちは十分分かってて、でもそれに甘えたままでいるのは悔しくてならないんでしょうね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
沖田くんは、本当はすごく優しい子だから、それに強いからこそ自分の身を省みないで他の隊士達を助けようとしちゃうから…
保護者の皆は気が気じゃないんだろなぁ。
銀さんは、近藤さん達とはちょっと違った目線で、いつかの自分を見るような気がして放っておけないのかな。
銀さんが沖田くんを探し出せたのは、ドSレーダーが反応したからなんだろなぁ( ´艸`)
ステキなお話、ご馳走様でした♪

7 ■無題

素敵ですねぇ~♪
沖田が銀さんにおんぶされて、さらには
お姫様だっこだなんて・・・♪

近藤さんと土方さんにも、感動ですよぉ~
土方さんがなんだかんだ言って優しいのが
大好きです(笑)

6 ■はぅあ(゜Д゜)

ぅああああ総ォ悟ォォォ!!!!!
総悟………なんて健気なんだろぉ………(泣)


銀さんの言葉はなんか一言一言重いですね(^ω^)

だめだ泣きそう…(/-\)うっ…

5 ■沖田さん…(*ノωノ)

ラブ!!!!!

SだSだと言ぃながら、救えたはずの隊士を思って涙する姿が……

斬られてもいぃんで、抱き締めても良ぃですかっ!!!!(ノД<)

もちろん銀さんは言うまでもなくステキ☆スタイルお兄様wだったんですが、やっぱり沖田さんのツンツン具合にはうっとりです。

あ~~~~
会いたいぃ~~~~…
(続・末期w)

4 ■すてきです!!!

サクラのはかなさと、総ちゃんの気持ちのやり場のなの描写が切なくて
ウルウルきちゃいました

最後のオチも総ちゃんらしくて大好きです!

3 ■おんぶ!!

いいですね~☆銀さんやっぱ、いいこと言う~!

自分で思っているよりももっと多くの周りの人が心配してくれていたりするものですょね。

土方さんもなんだかんだ言って優しいなぁ♪

でもまた殺されそうに……いつも絶対死なないですけどね…(・・;)

今日のお話に鴨を入れるのは難しそうですね…でも同じように絆で結ばれているんだと思います!!!

2 ■キュッ・・・

キュン死にぃぃ~( ´艸`)

ヤバいですっ!
銀ちゃんも沖田もカッコイイ♪
どっちもSなのがイイですよね('-^*)/

春らしくて、銀沖が素敵で、
大好きな作品のひとつになりました(。・ω・)ノ゙

1 ■またまた萌えキュンです(*^_^*)

もう~萌えキュンしてしまいました(*^∇^*)
総ちゃんは末っ子というのがいいですよね(--)(__)
良かったらバトンを回してみるんでよろしく(>人<)

コメント投稿

AD


ここは「銀魂」の非公式ファンサイトです。
伊東鴨太郎への並々ならぬ愛と、二次小説、夢小説をご理解いただける方のみ、よろしくお願いいたします。

ハート夢小説目次

当ブログからの無断転載、複製、流用はご遠慮下さい。

アメンバーについて

自己申告で結構ですので、中学生以上で(小学生の方ごめんなさい)女性という事を教えてください。
確認できない方、「よろ」のみの方などは、スルーさせていただきます。


リクはプレッシャーに弱く、バトンは消化できそうにないので、お受けしておりません。

にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へ
にほんブログ村
右上矢印押すと鴨マガモが飛び出します(え?サギが出た?)


もっちの銀恋∴銀魂夢小説

Powered by NINJA TOOLS

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。