教育系デザイナーや現代評論インタープリター、国語インストラクターなどの肩書きで生きています。ここでは、教室から見える風景(=現代)についてお話しいたします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-20 09:21:30

「予備校講師のつくり方」

テーマ:ブログ
これは、現代文科・小論文科予備校講師のつくり方である。生物科予備校講師のつくり方でもある。つまり、ミウラせんせーのつくり方だm9っ`・ω・´)シャキーン

















教育行政に関係している人たちは、ひとに何かを教えることの大変さを理解していないと思う(一部の教育機関にも言えることではあるが…)。ひとに教えるとなれば、何倍もの「広さ」や「深さ」が求められる。また、人として「高く」なければならない。人生において修行する者にしか教えることは無理。






[ミウラせんせー]

三浦 りょう

大阪府藤井寺市出身。高知大学大学院理学研究科中退。大学受験予備校生物科(小論文科・面接対策)講師。一つの国や民族にとらわれず、全世界を自国として考えて生きていく世界市民でありたいと考えている。

目下のところ、真の国際人を自らの教室から輩出すべく奮闘している。

また、医系専門予備校では、総合生物(生物基礎+生物)以外に、医学・医療概説の講座も担当している。



これまでの主な出講先
(〜平成17年3月)
東京アカデミー(関西地区)
大検科と看護医療系受験科の生物・現代文・小論文を担当。

(〜平成21年3月)
YMCA国際専門学校国際高等課程(大阪市西区)
国際学科では、帰国子女を対象に現代文・小論文を担当。また、表現コミュニケーション学科では、発達障がい者や学習障がい者を対象に文章講読も担当。

ECC予備校(梅田校・天王寺校)
国公立大看護医療系コースと私立大歯・薬・獣医系コースの生物を担当。また、学校法人百合学院(尼崎市若王寺)に特別講師として出講。

四谷学院(梅田校・なんば校・神戸校)
55段階個別指導と科目別能力別授業の現代文と小論文を担当。

(〜平成24年3月)
医学部受験専門予備校リニア(大阪市北区)
私立大医学部と私立大歯学部受験の生物と小論文と面接対策を担当。

(現在)
現役合格予備校創学ゼミナール(加古川校・姫路校)
神戸大や岡山大などの医学部志望者を対象に、スーパー理系生物やセンター試験対策生物を担当。

東京国際ビジネスカレッジ専門学校(神戸市中央区)
ベトナムや中国からの留学生を対象に、日本留学試験対策生物と大学受験生物を担当。

学校法人近畿予備校Kinyobi医進(京都市上京区)
私立大医学部の志望者を対象に、生物と小論文を担当。


京都で医学部受験予備校なら、
Kinyobi医進へ

学校法人近畿予備校(1949年京都に開校)は、医学部受験専門コース(既卒生対象) Kinyobi医進を2016年度に新規開講いたしました。2017年度は新校舎一期生を募集します。プロ講師による少人数授業を基本に生徒ひとり一人を講師・スタッフが一丸となって強力にサポートします。

✱特待生制度導入(2017年度生)
 授業料最大50%免除





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-18 23:46:13

「現代文・小論文を勉強するなら…」

テーマ:ブログ
現代文・小論文を勉強するなら…

ミウラせんせーは、このあたりがオススメ(^^)/  学生時代に本気で世の中と格闘する気があるのなら、これらで勉強しなさい!m9っ`・ω・´)シャキーン










[ミウラせんせー]

三浦 りょう

大阪府藤井寺市出身。高知大学大学院理学研究科中退。大学受験予備校生物科(小論文科・面接対策)講師。一つの国や民族にとらわれず、全世界を自国として考えて生きていく世界市民でありたいと考えている。

目下のところ、真の国際人を自らの教室から輩出すべく奮闘している。

また、医系専門予備校では、総合生物(生物基礎+生物)以外に、医学・医療概説の講座も担当している。



これまでの主な出講先
(〜平成17年3月)
東京アカデミー(関西地区)
大検科と看護医療系受験科の生物・現代文・小論文を担当。

(〜平成21年3月)
YMCA国際専門学校国際高等課程(大阪市西区)
国際学科では、帰国子女を対象に現代文・小論文を担当。また、表現コミュニケーション学科では、発達障がい者や学習障がい者を対象に文章講読も担当。

ECC予備校(梅田校・天王寺校)
国公立大看護医療系コースと私立大歯・薬・獣医系コースの生物を担当。また、学校法人百合学院(尼崎市若王寺)に特別講師として出講。

四谷学院(梅田校・なんば校・神戸校)
55段階個別指導と科目別能力別授業の現代文と小論文を担当。

(〜平成24年3月)
医学部受験専門予備校リニア(大阪市北区)
私立大医学部と私立大歯学部受験の生物と小論文と面接対策を担当。

(現在)
現役合格予備校創学ゼミナール(加古川校・姫路校)
神戸大や岡山大などの医学部志望者を対象に、スーパー理系生物やセンター試験対策生物を担当。

東京国際ビジネスカレッジ専門学校(神戸市中央区)
ベトナムや中国からの留学生を対象に、日本留学試験対策生物と大学受験生物を担当。

学校法人近畿予備校Kinyobi医進(京都市上京区)
私立大医学部の志望者を対象に、生物と小論文を担当。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-16 23:47:05

「獣医学科受験対策〜面接」

テーマ:ブログ
獣医学科受験対策〜面接

[本日は○○大学へお越しいただき…という感じで始まる場合が多い。]

・(試験会場まで)どうやって来ましたか?
・(遠方からの場合)どこかに宿泊しましたか?
・(雪だった場合)電車の遅れはありませんでしたか?
・○○大学は初めてですか?
・他にはどのような大学を受けましたか?あるいは、受ける予定ですか?

▶︎どうして獣医学科を志望しましたか?
▶︎どうして○○大学を志望しましたか?
▶︎貴方が知っている獣医師の職業の種類を3つ答えてください。
▶︎将来、どんな獣医師になりたいですか
▶︎夜中に犬が吠えて隣人から苦情がくる事について友人から相談されたとします。あなたはどんなアドバイスをしますか?2つ答えてください。
▶︎(回答を受けるカタチで)あなたはどちらの方法を勧めますか? それは何故ですか?
▶︎実験動物の世話(エサやりや糞尿の処理)や殺処分については知っていますか?
あなたはそれについて大丈夫ですか?
▶︎自分の手で動物を殺すことがありますが大丈夫ですか?
▶︎(回答を受けるカタチで)安楽死・安楽殺の意味を答えてください。
▶︎貴方が考える安楽死・安楽殺についての考えを教えてください。
▶︎貴方が考える殺処分とは何ですか?
▶︎獣医師は体力が必要です。貴方がいま、体力作りでしていることはありますか?どんなことをしていますか?
▶︎貴方が今までに体験した悔しいことは何ですか?
▶︎(回答を受けるカタチで)その悔しさは、どのように活かしましたか?
▶︎私たちに質問はありますか?また今までの質問の答えに付け足しはありますか?

[ありがとうございました。]


口頭試問(面接)で問われること

聞かれる内容はさまざまですが、全体として、ほんとうに「獣医師になる覚悟」があるかを確認するための質問になっています。

獣医師になるのは、簡単なことではありませんし、勤務時間の長さや動物の死に直面するなど、動物が好きという気持ちだけでは続かない厳しい仕事でもあります。

ですから、大学側は、口頭試問(面接)を実施して受験生に志望動機などを質問することで、本人が、獣医師という仕事に対してどれだけ強い思いを持っているのか、また、仕事内容に対する理解度の高さを確認しているのです。

そのため、受験生は、獣医師という仕事についてくわしく調べ、志望動機についてしっかりと考えておく必要があります。

何となくカッコいいからといった曖昧なものではなく、きちんと目的意識を持っている人であれば問題はありません。

また、動物病院で病気の動物を救うばかりが獣医師ではありません。公務員として食肉検査や公衆衛生などに関与する獣医師、研究職としての獣医師など、さまざまな方面で活躍している人がいます。

動物実験についてどう思うかという質問もあります。病院で、動物を救うばかりが獣医師の仕事ではないということも、理解しておかなければなりません。

きちんと対策をしておくことが必要です。


旭川市旭山動物園 園内動物病院
アムールトラのいっちゃんと安楽死処置

 5月2日、麻酔をかけて行った検査では、発熱と腹部膨満が認められました。血液検査で、炎症、貧血、肝臓の障害、腎臓の機能低下、黄疸が明らかとなり、触診、エコー検査と腹部穿刺で出血を伴う腹水の貯留と硬く腫大した肝臓を認めました。肝臓を広範囲におかす腫瘍を疑い、5月11日にエコーを当てて肝臓の腫瘤病変を採材し、病理検査を行いました。 
 
 結果は、肝臓のガンでした。手術は不可能な状態で、余命は1ヶ月くらいと考えられました。私たちは、決断を下さねばならず、担当者と獣医師と園長で毎日話し合いました。

 獣医師としては、助からないという事実を伝えた上で、生活の質が維持され、生きていることで幸せな時間があることを科学的に評価しました。いっちゃんが弱って立てなくなっていても、決して一緒の部屋には入れません。オリの外から呼吸数を数えたり、呼びかけや刺激に対する反応を見たり… 治療は、主に鎮痛剤、出血を止める止血剤、強肝剤、細菌の二次感染を予防する抗生物質、整腸剤などを投薬して行いました。中でも痛みのコントロールは欠かせません。5月20日には、外に出て昼寝をしたり、のびをしたり、ノンが近づくと挨拶を交わしたり、生きていることをまだ楽しんでおりました。いつも動物園に来てくださっている方が何人もいっちゃんのお見舞いに来てくれていました。胸が熱くなりました。

 安楽死処置は、最後まで迷いました。獣医師としての科学的判断に基づく決定を押しつけることはできません。飼われている動物の運命を決めるのに、飼育担当者の意向が重要です。体力が続く限り、太陽の光を浴びて新鮮な空気を吸わせてあげるため、運動場に出し続けようと決めました。5月24日以降、寝室内に入ろうとせず、一日中外で過ごすようになりました。そのまま立てなくなって入園者の前で息を引き取るのではないかとも感じていました。31日には、雨が降り出し、身体が冷えるのでまずいなと不安になりました。すると、雨に濡れるのが嫌だったのか、驚くほどすんなりと中に入りました… そして、この日が最後の外出になるだろうと確信しました…

 部屋の中に入ったいっちゃんは、一日中ほぼ寝たっきりになり、よろよろと立ち上がったり、ライオンの咆哮に少し反応して顔を上げるくらいでした。6月2日、獣医師と担当者ともに昼休みに事務所に上がってきても、互いにその話はなかなか切り出しません。いつものようにたあいのない雑談を交わし、一見楽しそうに会話しているのですが、何か変な重い空気が漂っていました。誰もが明らかに避けていました。
 
 昼休みの終わり際、また今日も避けて終わるなあというとき、決心して担当の中田に決断を持ちかけました。

 獣医F「イチ、どうしますか?…」
 担当N「…、う~ん」
 獣医F「刺激にも反応しなくなりましたね… あとは、人間側の気持ちの問題ですよ…」
 担当N「毎日見ていたら、そのまま自然に死を迎えさせてやった方がよいのかな…、って迷うんだ…」
 獣医F「寝たっきりが長くなってきたので、これから床ずれが起こる可能性があります。身体が糞や尿で汚れてただれて来るでしょう。これ以上は…、苦痛もコントロールできません。」
 担当N「もう少し、待ってくれる…、かな?」
 獣医F「中田さんがそう言うのならば、待ってもいいですけれど… 現実的な話ですけれども、後の病理解剖のことも含め、人員が揃っている日を選ばないといけないですね…」
 担当N「5日まで待って…」
 獣医F「わかりました。」

 獣医は、安楽死処置やその後の検死にかかる人員のことを考え、日程を調整し始めていました… 非情にも思えますが、感情的な判断ではなく、的確な判断が必要です。生活の質(QOL)を考えると、もう限界でした。

 6月5日、飼育係全員の合意の上でいっちゃんの命を自ら絶ちました。もう立てない、攻撃してこないとわかっていても事故を防ぐために、健康診断や治療のときと全く同じように、オリの外から吹き矢で麻酔薬を打つことから始めました。麻酔がかかったら、痛みを確実に消失させる別の麻酔薬を注射し、痛みを示さないことを確認した後、最後に心臓を止める薬を打ちました。獣医が死亡を確認したとき、周りに集まっていた飼育係はそのことに気づいていませんでした。

 獣医F「終わりました…」
 担当N「えっ!もう?!」
 獣医F「はい。」
 担当N「もっと、苦しむのかと思った… あっという間だね…」
 獣医F「苦痛は限りなく取っていますから…」

 周りの飼育係が気づかないくらい、速やかに静かな死を迎えさせました。適切に安楽死処置を行うには、多くの知識・技術と動物福祉倫理の理解が必要となります。動物の安楽死処置は、その判断から始まり、獣医師の技術の結集とも言えます。

 死亡確認後は、飼育係みんなでいっちゃんに感謝の気持ちをこめて合掌しました。悲しみも脱力感もつかの間、すぐさま病理解剖に移り、みんなで作業に入りました。
 旭山動物園では、獣医と担当者が一緒に自分たちの動物を解剖します。前担当者の辻栄もいっちゃんの身体にメスを入れにやって来ました。 

【トラの展示場前のいっちゃんの死を伝える青パネルと祭壇に手向けられた花】

 解剖の結果、肝臓は正常な部分が見つけられないほど、ガンに置き換わっており、肺にも転移を疑う病巣が認められました。次に、精子、体細胞や遺伝子保存のための臓器を採り、最後は、剥製用に皮を剥ぎ、骨格標本用に骨を残しました。希少な動物が死亡したときには、その死を生かすことは動物園獣医師の務めです。私たちには、貴重な動物の死後、言わば“おくりびと”としての役割があるのです。     

 動物病院にある希少種の方舟“冷凍動物園”(細胞やDNAを保存した液体窒素タンク)には、いっちゃんの精子や遺伝子が保存されています。いつか、何かの研究に、地球上のトラのために役立てられるでしょう。

 いっちゃんとは、本当に色々ありました。一生忘れることのない思い出だらけです。

 いっちゃん、ありがとう。



[ミウラせんせー]

三浦 りょう

大阪府藤井寺市出身。高知大学大学院理学研究科中退。大学受験予備校生物科(小論文科・面接対策)講師。一つの国や民族にとらわれず、全世界を自国として考えて生きていく世界市民でありたいと考えている。

目下のところ、真の国際人を自らの教室から輩出すべく奮闘している。

また、医系専門予備校では、総合生物(生物基礎+生物)以外に、医学・医療概説の講座も担当している。



これまでの主な出講先
(〜平成17年3月)
東京アカデミー(関西地区)
大検科と看護医療系受験科の生物・現代文・小論文を担当。

(〜平成21年3月)
YMCA国際専門学校国際高等課程(大阪市西区)
国際学科では、帰国子女を対象に現代文・小論文を担当。また、表現コミュニケーション学科では、発達障がい者や学習障がい者を対象に文章講読も担当。

ECC予備校(梅田校・天王寺校)
国公立大看護医療系コースと私立大歯・薬・獣医系コースの生物を担当。また、学校法人百合学院(尼崎市若王寺)に特別講師として出講。

四谷学院(梅田校・なんば校・神戸校)
55段階個別指導と科目別能力別授業の現代文と小論文を担当。

(〜平成24年3月)
医学部受験専門予備校リニア(大阪市北区)
私立大医学部と私立大歯学部受験の生物と小論文と面接対策を担当。

(現在)
現役合格予備校創学ゼミナール(加古川校・姫路校)
神戸大や岡山大などの医学部志望者を対象に、スーパー理系生物やセンター試験対策生物を担当。

東京国際ビジネスカレッジ専門学校(神戸市中央区)
ベトナムや中国からの留学生を対象に、日本留学試験対策生物と大学受験生物を担当。

学校法人近畿予備校Kinyobi医進(京都市上京区)
私立大医学部の志望者を対象に、生物と小論文を担当。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。