KR

Kogure Ryo


テーマ:
2012年

1月 隊員総会。連絡所運営委員会の色々でモメごと。一応は妥協できた、かな。

2月 村人に本気で詰められる。

3月 活動でバタバタ。村の人々とも分かり合える瞬間が出てきたように思う。

4月 活動、ラストスパート。村人には感謝の念しか抱かなくなってきた。

5月 草の根関係でモメごと。その後、何とか申請書提出まで漕ぎつけた。

6月 帰国。

7月 就職活動。内定。

8月 家→図書館→水泳→家の日々。

9月 海外旅行。楽しかった。日焼けが痛かった。

10月 福島県いわき市に転居。

11月 いわき市での活動にも慣れてきた。夜は目光と又兵衛で決まり。

12月 2012年さよなら~。

できたこと
・協力隊としての活動にめどを付けること
・英語
・仏語
・就職活動

できなかったこと
・仏検
・人を悪く言わないこと
・人の気持ちに配慮すること
・腹筋を割ること
・冬場の早寝早起き

--
2012年を振り返るとざっとこんなものだろう。

今年は変化が大きかった。
協力隊の任期満了、帰国。就職活動。
ターニングポイントといっていい年だと思う。
福島県での活動もボチボチやっています。

まだまだ不安定ながら、自分の持っている力の使い方が分かった気もした。

しかし、

ガボンでも、日本でも、おそらくどこでもだけれど、
一番大切なのは実直さと人間関係だと感じる。

仕事でもプライベートでも。

ロジックが通っているかどうかとか、
カッコいいプレゼン資料作るとか、
的確な質問するとか、
気づきと学びでなんちゃらとか、
そういうイケイケなビジネススキルみたいなものにすがるのは空しい。

それが無意味なのではなくて、
学んだだけで悦に入る「意識高い()」なのは意味がない。

それより、相手方へ足を運んで頭下げて挨拶するとか
お礼をしっかり言葉で伝えることなどから始まり、
お願いしたり、されたりしながら、
相手の気持ちに配慮して、人間関係を築く方がよっぽど大切で、

そのうえで、知識とかスキルが活きるのだと思う。

ガボンでも、日本でも、何だが今年はこれをとてもよく感じた。

最近、「あの人はイケてる」というような言い回しを聞くことが多い。
能力が高いとか、行動力があるとか、成功者だ、みたいな意味かな。

それはそれでいいと思うが、自分はそう思われたい願望は少ないと思う。
てか、そういう事は気にしないで行きたい、という潔癖です。

東に震災があれば 行って復興のお手伝いをし
西に貧困があれば 行ってボランティア活動に勤しみ
南に先達がいれば 行って話を聞き
北に仕事があれば 行って自分の最善を尽くし
日々に学び
うわべを人から評価されないことに窮せず
世の中のために仕事を成し遂げることを求め
褒められて奢ることなく
失敗して卑屈になることなく
誰からも苦にされない
そういうものに わたしはなりたい

ついに来年からはサラリーマン。
自分の価値をしっかり出せるように、準備して、一歩を踏み出したい。

今年はみなさま、大変お世話になりました。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

これは今年の自分へのご褒美(^-^)/ プレミアムだぜぇ~
Ryo Kogure's blog-プレミアムだぜぇ~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月19日に日本に帰国したわけだから、もう一ヶ月以上経ったんだなあ。今日で7月も終わりか。

この一ヶ月は友人・知人に会って飲んでいたか、就職活動に費やした。

キャリア採用と新卒採用、どっちも受けていたけれど、新卒協力隊参加の帰国後就活はやはり世知辛くて、総合戦績でいうと十戦一勝七敗ニ途中辞退くらいだと思う。正確にエントリーした企業の数を覚えているわけではないのだが、、

結果的には来春から働けることになり、一安心である。

最近、どこでも「グローバル人材」って言われ、それだったら協力隊経験者を雇えばいいのに、と思ったけれど実際に採用に至るまで評価する企業は少ないのが実感だ。

とある一次選考がグループディスカッション(実際はディベート?)でテーマが「日本の大学において教授言語を英語にすべきか、日本語にすべきか」というもので、二グループに分かれて議論したのだけれど、やはりそこでも「グローバル化が・・・」という話しになり、こういう問題に興味が集まっているのだなと思った。

グローバル、、、っていうとき、いつも思うことがある。

グローバル化というのは人やモノや情報、お金などが国境関係なしに移動していくことの総体だと思うが、それは決して人が国籍を失うという事ではない。

一人の人を捕まえてきて、この人は日本人でもないし、米国人でもないし、英国人でもないし、中国人でもインド人でもニジェール人でもブラジル人でもオーストラリア人でもない、グローバル人です、なんてことはあり得ない。

世界は異なった個の集合体のようなもので、押し並べてその性質を論じることはできないと思う。

もし自分が「グローバル人材とはどういう人か?」と聞かれたら、今は

・自分と違う考えや文化を持っている人がいることをわかっていて、理解できる
・そのなかで、自分が何者なのか分かっている ←ここ重要
・そういう異なる個が入り乱れる環境でコミュニケーションがとれ、自分の強みを発揮して行動できる

と答える。
コミュニケーションとれるってことは、もちろん英語のテストでスコアが何点だとかそういうことではない。点がよいに越したことはないが、会話の能力はまた別のものだ。

協力隊OVも、もっと頑張ってグローバル化をリードしていけたらいいな。

それから、「若者が内向き志向だ」という論調があるけれど、一概にそう言ってしまうのはおかしい。とりあえず、駒ヶ根か二本松にでも見学行けばどれだけの若い人が世界に出ようとしているのか分かるだろう。

話しは飛ぶけれど、こんな感じで、世の中みんなして「あれがダメだ、これがダメだ、あいつはダメだ、、」と言って自分を満足させてしまっては話にならない。

失われた10年、20年、そろそろ30年になっていくんじゃないと思うけれど、他人の足引っ張ったり、自分で努力しないことの言い訳を見つけたりしてないで、本気で行動しないとマズいんじゃないかな。自分らでももう遅いくらいだと思うけど、若い人たちも大人が悪いとか社会が悪いとか人のせいにしてないで、自分がどうしたら良いか考えて行動しないといけない。

やはり自分は、自分のしたことが少しでもいいから社会をよくしたと思えることがしたいし、自信を持って自分の子供とか孫に引き渡せる世の中にしたいと思う。

「おれたちの時代はこうだった、次の時代を築くのはあなたたちだから、このバトンとしっかりと受け取って欲しい」ってくらいには自信を持って言いたい。今のまま行ったら、「こんな世の中に生きるなんて大変だろうけど、頑張ってね」とかしか出てこないだろう。。

自分としては、それぞれの人がそれぞれの生き方を選択できる、それをみんなが承認する世界であって欲しいから、自分はこの自分の人生を己の選択で生きていきたいと思う。

ってすっかり話しが発散したけれど、とりあえず最近思ったことを書いてみた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最終上京して、今はドミ暮らし。

残された予定も、銀行の解約と表敬、最終報告会くらいのもので、
一週間後にはガボンをたち、日本へ帰国します。

思ってみればあっという間だったな。一年間は。

自分なりには満足というか、
こんなものだろう、と納得して活動終了できた気がする。

そんな今思うのは、
できない理由を探すのはつまらない、
できるように頑張る方が楽しい、ということ。

協力隊の活動、
ただ一人でいきなり配属先に放り込まれて、
誰だって困難も多いと思うけれど、

お金がないから、できない とか
配属先にやる気がないから、できない とか
自分がやっただけでは帰国後の継続がないから、できない(意味ない) とか
気候の関係で、時期じゃないから、できない とか
今はバカンスだから、できない とか
言語が完璧には使えないから、できない とか
・・・

そういうできない理由は、探しだすとキリがないし、
活動をはじめる前に問題点を指摘するのは実はすごく簡単で、
そしてもっともらしく聞こえるから、
ついつい、行動を起こさない理由を求めてしまって、ベクトルが内に向かない。

だが、自分で考えて出来ることやってみた人はわかると思うけれど、完全に

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

である。

やれば、何だかんだで、できるものだ。
理由つけてやらなければ、絶対にできない。

人は困難に突き当たると怯むかのように思われたり、
失敗したらとんでもない絶望を感じるように思うかもしれないけれど、
大概の場合、むしろ壁を感じたほうが奮起する。

実行している最中は嫌になることもそりゃあるけれど、
問題が一切起きないプロジェクトなんかないし、
それを事前にすべて把握して置くなんて無理なんだから、
トラブルとか失望とは付き合わなければならない。

成功の秘訣は成功するまでやり続けることだ、
と誰かが言っていたけれど、確かにそういう面がある。

それに、失敗したっていいと思う。
というか、今の自分では届かないかもしれない目標設定にして
わざと失敗しに行くくらいの気持ちでいいと思う。

事を起こす前の自分に出来ることしかやらないなら、
面白い活動などできようもないし、自分の成長もない。

「やってはいけないことは、失敗ではなく、何もしないことだ」
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
8月1日から31日の予定で首都の国立公園局にて研修をしてきた。

研修といっても決められたプログラムがあるわけではなく、
研修先機関に一人で放り込まれただけですが。。

その研修も明日、最終版レポートを納めて終わり、、
と思っていたら明日は休み(断食開け休日)。。。

結局、ガルディアンに仲介して渡してもらうことになったけれど、
全然、挨拶も出来ずに帰るのは悲しい。

予定変更には慣れて行かないといけない。
そして、出来る時に出来ることをやらないといけない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本を発ってから一ヶ月が過ぎた。

ガボンは思っていたよりも涼しくて、
夜は毛布を掛けて寝ないと凍えるほどです。

生活はなんていうこともなく、
というか恵まれすぎで、快適すぎるくらいです。

物価が高く、野菜・果物の種類が少ないといえばそうだけれど、
そこまで困ることはないと思われます。

家具は政府提供だし、
メナジェさんという掃除婦さんがいて、掃除と洗濯はやってくれるという贅沢。

ベッドがなくてゴザで寝ているのが唯一の問題かもしれないけれど、
ゴザはゴザの気持ちよさがあるので大丈夫。

活動の方は週1回全3回のワークショップを企画して先週から開催中。
ファシリテーターは私です。

しかし、ここにはワークショップっていう概念がないみたいだ。

とにかく講師役がバーっと話しするだけして、
参加者が「うん、わかった」ってなるのが啓発だと思っているらしい。

それでみんなが全てわかり行動を起こすなら、すでに世界は平和に満ちているだろう。

いや、そのやり方の全部が全部悪いわけではないが、
参加者に考えてもらうとか、そういうスタイルがいいと思うので、
今回はとりあえず内容よりもやり方の紹介的な感じで。

第一回目の現地人参加者は全部で8人。。
「全然人集まらなかったねー」と言われてしまったけれど、
そんなものでいいと思うのですよ。

本当のゼロからの、初めの一歩だから。

環境教育の成果が不確かというのはいつでもあるけれど、
これは環境に関して考える場の提供、機会の設定が狙いで、

つまり、やること自体が目標なのであり、

環境に関して考えて意見交換するキッカケになればそれで充分。

金を払う払わないでガボン人と怒鳴り合いでモメたり、
嫌になることもあるけれど、
とりあえず結果ではなくやることが大切と思ってやっていきます。

小さく生んだので、大きく育って欲しいです。

--
最近は帰国後のことばかり考えています。

就活サイトにも登録しました。

復興担当相辞任とか原発問題とか、ネットで日本のニュースを見ていると
日本はだめだなーと思うこともあるけれど、

食事は美味しいし、モノは多いし、
ざっくり言えば人々に道徳心はあるし、
選ばなければ職はあるし、
そのあたり、かなりいい国だと思うのです。

帰りたい…。という心の呟きと、
全力で頑張る!という信念と

抱えつつ今日もやっていくほかないのだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一時帰国してから早2ヶ月、
ようやく振替派遣国ガボンへの出発日が決まった。

6月13日深夜にたちます。

後一ヶ月を切ったとはいえ、まだまだあるな。
現地語学訓練もあるらしいし、
時間がどんどん少なくなっていっている。。

でも、文句ばかり言っても仕方ないので、
後1年、全力で頑張ります。

そろそろ次の進路も考えつつ行かないとなー。
ということで、成績証明書をゲットするために
昨日はつくば、今日は大岡山へ行ってきました。

3年ぶりのつくばは変わってたなー。
学生時代はあの大学嫌いだったけれど、
今回訪問したら、結構いい雰囲気かもと思った。

街も学園都市としてより整備されてきて、
構想倒れ感のあった以前よりは、何か起きそうな空気。
日本のシリコンバレーとは言い過ぎだろうけど、
技術の巣窟ではなく、産学連携の中心になってほしい。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

2011年3月ニジェールから国外退避し、5月(?)からガボンへ振り替え派遣が決まりました。


砂漠から熱帯雨林。


砂漠化対策からエコツー。


ラクダからゴリラ。


いや、もういろいろ違いすぎて整理できない。


新しいカメラのメンズがほしい。


双眼鏡がほしい。


物欲。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
安全対策上の理由から、
ニジェールにおいて活動中だったJOCV全員の国外退避が決定されました。

自分は3月20日に日本に避難一時帰国しました。

これでニジェールでの活動は強制終了です。

新しい任国探し、もしくは進路を探します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
漁師グループとの活動がいよいよ始まった。

とりあえず、漁具を一緒に作って、投網の練習会に参加した。
延縄、網、簗などを作成。

延縄を作るとき脚のすねで糸をヨるのだけれど
すね毛が絡んでしまい、できなかったので
毛を剃ってツルツルにしてみた。

案外、気持ちいいかも。

--
KTC終わったとき、あらゆる人から

「真面目なのがいいところだけど、たまには肩の力を抜いて楽しんで」

と言われ、
その通りだなとも思うけど、

やることやっておかないと、自分への言い訳になる気がして、

自分で自分を制限しないようにしたいと思う日々でもあり、
やっぱり実践できない。

いろいろ逃げ倒したのが大学時代の後悔でもあるし。

しかし、

「逃げないのが私の主義」

みたいのを人から聞いたら

そんな頑張らなくてもいいんじゃ・・・

と思った。

人に優しく、自分に厳しくしていきたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
首都に上がっています。

予防接種
隊員総会
健康診断
フランス語の語学研修
新隊員受け入れ

などなどでこれから一ヶ月間は首都で隊員宿舎生活。
先輩隊員とかと話せるのは楽しいけれど、ちょっとストレスでもある・・・。

それにしても、ネットが使いたい放題ってすごい。

--
近頃、帰国後の進路のことをよく考える。

ほんとどうしようか。
情報がほとんど手に入らないので妄想するほかないし
考えもころころ変わるのだけれど。。

最近はドクター取りたいとか思ったり思わなかったり。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。