作品撮りモデル募集


Tokyo Photo Life


facebookでつながる、クリエイティブな関係。

このブログの更新情報もお知らせ。

写真が好きな人とマイミクになりたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年05月15日(金) 02時00分00秒

お墓参りに行った話

テーマ:生き様日誌
ゴールデンウィークは
体調を崩していて
ほとんど寝込んでました。

最後の日、
少し良くなったので
叔父と祖父母が眠るお墓に
行ってきました。

3人とも大好きな人でした。

そして、
叔父は亡くなってから
1年経ちました。

先日1周忌があったのですが、
どうしても行けなかったので
そのお詫びをしました。

叔父は僕に
サザンオールスターズのCDをくれた人で
それがきっかけで
僕はサザンがものすごい勢いで
好きになりました。

だから、
お墓の前で
もらったCDで初めて好きになった
「海」という曲を
流しました。

叔父は去年
道端で突然倒れ、
病院に運ばれましたが
そのまま息を引き取りました。
59歳

また、
これは別の叔父なのですが
僕がまだ大学生だった頃に
普段通り妻である叔母に
「おやすみ」と言って
先にベッドに入り
そのまま息を引き取りました。
56歳でした。


悲しい別れは
いつも突然やってきます。

この体験から
「僕が過ごす1日は人生最期の日かもしれない」
という死生観を
持つようになりました。

「一期一会」という
言葉の意味を見つめ直し
大切にするようになりました。

その時会った人とは
笑顔で別れたいなって
思うようになりました。

電話とかメールやLINEも
最後は楽しく
〆たいなって
思うようになりました。

叔父や祖父母は大好きだったのに
1人もちゃんと写真を撮れなかったので
自分の本当に好きな人には
「撮りたい」って
言うようになりました。

ただ、残念ながら、
断られることの方が多いんですけどねw


そーいえばこのブログの記事は、
更新される数日前の朝に書いて
15日の丑三つ時に更新されるよう
セットしていますw

なので、
このブログが更新されるときに
果たして僕が生きてるかどうかは
僕自身分からないわけですwww

これは
ネガティブな話題でもなく
僕の死生観からすると
とても自然で当たり前の話なのでw

だからこれを読んでも気分が沈んだり
落ち込んだりしないでくださいねww

ただ、
僕が本当に好きな人たちに対して
伝えたいのは

この記事が更新された後も
めでたく僕が生きていたならば
死ぬまで1度で良いから
思う存分
撮らせてください。

愛を込めて
シャッターを
切らせて
いただきますm(_ _)m

僕が遺してあげられるのは
写真しかないので(^▽^)ニパッ
AD
いいね!(31)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

tokyophotolifeをフォローしましょう





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。