ひとりの時間。

テーマ:

諒たんの入園式も無事に済み、今週からバス通園が始まりました。

同じマンションから数人一緒に乗るので、

泣くこともなく今のところ元気に行ってくれています。


ただ、ひとつ気になることが…

いつも楽しかったと話してくれる中で「こわいお友達がいる」と

毎回言うんです。

そして、昨日は「今日ね、こわいお友達に、えいってされて(蹴られる

しぐさ)泣いたと。」って言われまして…

女の子か男の子か聞くと、女の子だと言います。


もしかして…


入園式後の教室内で、私は先生からのお話を聞いてて

気付かなかったんだけど、ダンナがずっとビデオを撮ってたので

帰ってきて見てみたら、隣に座ってた女の子に

ちょっかいを出されてたんです。


そのちょっかいが、かわいいちょっかいならいいんだけど

つねったり、蹴ったり、「あっち行け」みたいな感じでこづかれたり…


諒たんは無言で抵抗してはいましたが、

やられっぱなし。


うちの園は縦割り保育なんだけど、年長さんは基本的に年少さんを

かわいがってくれるようなので、あまり考えられないし

もしかしたら、またあの子かなーとか思ってしまいます。


これからしょっちゅう、泣かされただの泣かしただのって

出てくるんだろうけど、やっぱり蹴られて泣かされて帰ってきたと

言われると、親子そろって初めての幼稚園だけに

心配になってしまいます。


まぁ「もう幼稚園に行きたくない」とか言ってるわけではないので

ちょっと様子を見るしかないですね。

基本的には楽しく通えているようなので。



ってな感じで、一人の時間ができてうれしい反面、

やっぱり家の中がシーン…と静まりかえって

ちょっぴりさみしかったりもしています。

親ってホントに勝手なもんで(笑)


同じマンションのバス通園仲間には

生後2ヶ月と1ヶ月に満たない赤ちゃん連れのママがいます。

やっぱり新生児ちゃんってカワイイなぁ。


諒たんも「もうこのおもちゃは赤ちゃんにどうぞって

しないといけないね」って自分の昔のおもちゃを

分類したりしています。

お兄ちゃんになった諒たんを見てみたいし、

今年こそは授かれるといいなー。

 


AD