ダンボ。

テーマ:

諒たんに見せてあげようと『ダンボ』のDVDを買いました。


dambo


きのう、ちょこっと見せたら汽車が走るシーンとかを

ニコニコしながら見てたから、もう少し大きくなったら

もっと興味を持ってみてくれそうな予感♪←親のエゴか(^_^;)


日本語ではなくて、英語で見せようと思ってる。

友達の2歳の男のコはそうやって何も教えてないのに

単語を話してたりするそうだ。


ディズニークラシックスの作品はすごく好き。

ダンボなんて1941年作と自分が生まれるずっと前に

作られたものだけど、やわらかい雰囲気の映像や

大人が聴いてても癒される音楽とか、

見ててぽわ~んとあったかい気持ちになれる。


けど、諒たんも幼稚園児くらいになる頃には

なんちゃらレンジャーみたいなヒーローものが

好きになるんだろうなぁ。

それはそれで、男のコだし元気いっぱいで楽しみかな。

 


AD

発芽米。

テーマ:
20051028194108.jpg

諒たんは髪が薄くて、トップとサイドの髪だけ伸びてるから
まるで中華街の人形みたい(笑)

最近、そのサイドの左側が寝起きにこのような発芽米状態になりまする。
父と母はこの髪型が大好き♪


きょうは今からおでかけでーす。


AD

諒たん⇒ミニラ化。

テーマ:

こんな時間に寝てしまってる諒たん。

昼間、眠たいくせに寝ないでキィーキィー叫ぶ、叫ぶ。


いっしょに遊んで、あたしがちょっと他の事をしだすと、

ミニラに変身。


最初のうちはかわいくて面白かったりもしたけど、

そのキィーキィ声といっもたら、かなり周波数高めで

頭にキンキンくる。


『うーるさぁぁぁぁぁい(^_^;)』


と軽く怒ったりもしてみるが、あたしの顔が笑ってるせいか

ニヤ~っとして、むしろ諒たんにとっては遊んでもらえた的な

ニコニコ顔でさらに叫び続ける(笑)


だんだん眠さが強くなってきたせいか、ぐずりだしたので

授乳するとコテッ。

昼寝してないからしゃーないな。


おかげで自分の時間も取れたし♪

 


AD

今クールのドラマ。

テーマ:

諒たんも7ヶ月を過ぎ、育児もちょこっと慣れてきたんで

大好きなドラマを見ることができるようになってきた。


今クールで見てるドラマは以下のとおり。


『1リットルの涙』

『ブラザービート』

『今夜ひとりのベッドで』


ホントは『大奥』も大好きなんだけど、

今回は女優陣がパッとせず(あたし的に)、本木サンの方にした。

本木サン、いつ見ても男前。これまたメガネがよくお似合いで。


男前といえば、『ブラザービート』の玉山鉄二。

ダンナとふたりで毎回「かっこいいなぁ」とため息。

男から見てもカッコいいらしい。

ドラマの内容も田中美佐子の飛び蹴りに笑いつつ、

なんかのんびり見れるんで好きだ。


『1リットルの涙』は、フィクションってことで

エンディングで実際のあきサンの写真が出てくるだけで

ちょっと泣けてくる。

自分が今、元気でいられることに感謝しなければ。


↑のことをすごく実感したドラマが今月初め頃あった

『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』。

これは、もう久々に号泣してしまった。


最初は単に大好きな吾郎サンのドラマなので見ようって

軽い気持ちだったんだけど、実際の井村和清サンの話は

前にドキュメンタリー番組で見てたこともあって

なぜだか最初から泣けてきた。


『あたりまえ

 こんなすばらしいことを、みんなはなぜよろこばないのでしょう 

 あたりまえであることを

 お父さんがいる

 お母さんがいる

 手が二本あって、足が二本ある

 いきたいところへ自分で歩いてゆける

 手を伸ばせばなんでもとれる

 音がきこえて声がでる

 ・・・

 みんなあたりまえのこと

 こんなすばらしいことを、みんなは決してよろこばない

 そのありがたさを知っているのは、それを無くした人たちだけ

 なぜでしょう

 あたりまえ』     「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」(祥伝社刊)より


本当にあたりまえのことがすばらしいことだと思えるのは

自分がその機能などを無くして初めて知るんだよね。


あたしも出産後、5日間ほど立つことも歩くことも出来ず、

身の回りのことが何も出来ずに寝たきりになって

初めて動けない、寝たきりの辛さというものを味わった。

(妊娠・出産記の更新が滞ってますが、そのうち書きます)


このドラマはそういった意味をとてもよく映し出してくれていて

いつか諒たんがわかる頃になったら、絶対見せたいと思ってる。

見てくれるかわからないけどね。



辞退します(追記11/2)

テーマ:

11/2(水) 追記。

スキンコンテストに応募してみたんですが、素材を提供してあるサイトから

お借りしたものでカスタマイズしていますので、

応募する権利がありませんでした。


注意書きをきちんと読まずに応募し、投票してくださった方にお詫びします。

申し訳ありませんでした。


心霊写真じゃありません。

テーマ:
20051026173208.jpg
諒たんが一人遊び中に、自力でお座りできた!

慌ててケータイで撮ろうとしたら崩れちゃって、
その倒れる瞬間が撮れたのでした(^。^;)

さっき、三種混合の三回目を受けてきて
これでしばらく予防接種は受けなくて済むな(^-^)

7ヶ月を過ぎ。。。

テーマ:

なんだかんだですっかりサボリ気味(^_^;)

そんな間に諒たんは7ヶ月を過ぎ、日々成長いちじるしく

感動の毎日を送ってます☆


が、


ここんとこ、寝グズりがハンパなくなってきたりもして。。。


今までは授乳中に寝てしまってベッドに下ろしても

そのままスヤスヤ寝てたのに、

ここ最近は背中に「泣きスイッチ」ができたと思われ、

どんなにそぉぉぉぉぉっと下ろしてもふぇーんと泣きわめき、

添い乳じゃないと寝てくれなくなってしまった。


夜中も目は閉じたままなのにふぇ~んと泣きだして

そのまま一人レスリングが始まるのだ(笑)

まぁ、こうやって書いてる分には笑えるけど、

実際、夜中に何度かそれで起こされると笑えない(^_^;)


今朝っていうか、きょうの夜中なんて

乳を飲みたがらず、抱っこするしかなかったから

ゆ~らゆ~ら…なんとか寝かしつけてみたものの、

ふとんの上に下ろすとスイッチオン!


どうも、体が離れてしまうとダメのようなので

しょうがなく、腕まくら状態で一緒にムリヤリふとんに入り、

トントンし続けたらなんとか寝てはくれたものの、

あたしは身動きできず、ほとんど眠れず(+_+)


なが~い一生(たぶん)の中で考えれば、一時のことなんだと

頭ではわかっているけど、眠いもんは眠い。

今も、傍で遊んでたけどグズりだしたので、添い乳でお昼寝させて

きたところ。

さぁ、どれくらい寝てくれるだろうか?

この間に洗濯物取り込んで、皿洗いして夕飯の支度もしなければ。

ふぅ(^_^;)



一人レスリング。

テーマ:

最近の諒たんは、頭が上がらない四つんばいになってることが多く、

一人でレスリングしてるようで、なかなかおもしろかわいい☆


ところが、きょう、一瞬だけその頭が上がった!!

すごい!

子どもの成長ってホントいきなりできるようになったりするから

すごいし、うれしいし、大変なことの方が多いけど

育児って楽しいなぁと思う瞬間でもある。


きょうは、離乳食教室でお友達になった人のお宅へ遊びに。

先週もその時の一人のお宅に行ったので、次は我が家だわ。


きょう行ったとこのコは12月生まれの男のコで、

ハイハイ、つかまり立ち、離乳食モリモリで

諒たんと同い年だけど、すっかりお兄ちゃんって感じだ。


冷蔵庫の脚カバーをはずしたり、システムキッチンのスライドドアを

開けたり、障子を破ったり、イタズラ盛り。


でも、この頃って本人はイタズラしてるつもりはないし、

怒っても通じないし、とりあえずケガしないように

注意するしかないもんね。


あと3ヶ月もすれば、諒たんもこうなるのかぁと

いい勉強になる(^^)



すてきなおばあちゃん。

テーマ:

昨日、耳鼻科で順番待ちしてるときのこと。


診察を終えた40代くらいかな~っておばちゃんが隣に座った。

諒たんを見るなり、『何ヶ月?』と聞かれたんで、まもなく

7ヶ月になることを告げると、


『そうなの(^^) うちの孫が1歳2ヶ月でね』


は!?

ま、孫ぉぉぉ!?!?!?

思わず


『えっ?お孫サンがいらっしゃるんですかっ!!』

と声に出して言ってしまった。


だって、スラリとした体型にストレートのジーンズ・黒のカットソー、

そして腰にはポーターのウエストポーチだよ!?


決して若作りした風ではなく、品があって

とってもステキな方だった。

実年齢は50代なんだろうなぁ。


いやぁ~、あたしもあと20年後にはそんな感じになれてたら

いいなぁ(^^ゞ

 


耳鼻科デビュー。

テーマ:

週末から鼻がズビズビ言って苦しそう。

けど、鼻水が出てるわけでもなく…

前々から耳をかくのが気になってたし、耳鼻科で見てもらうことに。


電車で一駅の耳鼻科はウワサ通り混雑してた。

しかも、風邪っぴきのチビッコや大人がうじゃうじゃ。

うわー、うつりたくないなぁ。


30分ちょっと待って、いよいよ諒たんの番。

耳鼻科の診察って、専用のイスに座るだけで

親のあたしまで緊張(^_^;)

子どもの頃、あたしも鼻炎で耳鼻科には相当お世話になり

地獄を見てきたので。


先生に状況を話して、まずは耳を診察。


「あぁー、たまってるなぁ(^_^;)」


そう言って、細ーい針のような先に綿棒の綿が巻きついた棒で

諒たんの耳をほじほじ。

ボロボロと出るわ、出るわ、耳あかカーニバル(笑)


自分でも大きな耳あかが取れると気持ちいいもんだけど

こんなちっこい耳によくもまぁ、こんだけたまってたものかとビックリ。

このあかのせいで痒かったそうだ。


何本かその棒を取替えて、少し奥の方を取ったのが痛かったらしく

諒たん、そこから大泣き。抱っこして押さえ込むのも必死。

奥の方は固まってしまって、やわらかくしないと取れないそうで

今はガーゼを入れて点耳薬を点されてる。

今夜と明朝にも家でその薬を点して、明日もまた耳鼻科へ。


しかし、耳掃除って耳の穴の入り口の見えるところだけを

綿棒で軽く掃除する程度でいいって教わって、

そうしてきたんだけども、こんなに奥にたまってしまってるんじゃ

どーしたもんかなぁ。

定期的に掃除してもらうしかないのかな。


鼻の方は、お薬をシュッシュッとされるだけで済んだ。

明日はきっと、診察のイスに座っただけで

大泣きしそうだなー(^_^;)


がんばれ、諒たん!!


って、処置中に励ましてたら、耳鼻科の先生が処置しながら


『がんばれなんて言わなくていい。赤ちゃんは

泣くことしかできないんだから、十分がんばってるの!


そうかぁ、イヤかぁ、痛かったもんねぇ←諒たんに』


って言われちまいました(^_^;)

そんな言われても、きっちり説明とかしてくれて

なかなかいい先生だったな。

患者さんが多いだけある。


おっ、泣きつかれて熟睡してた諒たんが起きた(^^)

いっぱい抱っこしてあげよう♪