レオンと息子とのHappylife♪

ご訪問ありがとうございます♪
結婚6年目。
2009年11月29日に黒プーレオンを迎え、日々楽しく生活を送っています(^^)
また4年半の不妊治療の末、ファティリティクリニック東京で8回目の移植にて新しい命を授かり、2013年11月22日息子を出産しました☆

2012年6月に採卵、凍結していた胚盤胞。
夫婦で話し合い、
もう採卵はしない。
でもせっかく胚盤胞まで育ってくれたたまごちゃんを破棄することは出来ない。
なのでこれが最後の不妊治療と決めて、4/8に移植してきました。



凍結時3AB→融解後3BB

{29EA6664-9E3A-4FD1-ACFB-D110B3ABFA6E}


変性はしなかったけどグレードは下がってしまいました。
ブロ友さんで2人目3人目だと1人目の時よりグレードの低い胚でも妊娠出産する方が結構いたけど、私は自分の今までの経過からそんなに甘くはないだろうと常に冷静でした。


昨日4/20、BT12で判定日でしたがかすりもしない陰性。自分の中では予想通りでした。

今まで移植9回、2個戻しの時もあったのでお腹に戻した胚盤胞は計14個。
その中で妊娠出産に至ったのは息子1人だけ。

本当に奇跡であり幸せなことだと改めて思いました


ずっと担当していていただいていた副院長先生に最後の挨拶をしようとしたら、先生から予想もしていなかったご提案が!!


それについては今回の移植周期のまとめと一緒にまた記事を書きたいなぁと思っています。


また久しぶりのブログを最後まで読んでいただきありがとうございました
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
久しぶりのブログなのに、たくさんのいいね!や直接LINEを下さったお友達♡
本当にありがとうございました



*稽留流産手術当日の備忘録なので長文になります*



2015.12.18

朝、息子とレオンを両親に迎えに来てもらい、有休を取ってくれた主人とそのままクリニックへ病院

今回は自然妊娠だったため、息子を出産したクリニックで手術もしました。


9:00  受付
すぐに2階の入院病棟へ案内される。
迎えに来てくれた看護士さんが、息子が生まれた時に一緒に救急車に乗ってNICUに付いて行ってくれた看護士さんだったので思わず涙が溢れて、⚪︎⚪︎さんじゃない方が良かった…とひどい事を言ってしまった。
病院側は知ってる看護士さんの方が安心ではないかという配慮からこの看護士さんを担当にしてくださったとのことだった。私も少し落ち着いてから申し訳なかったなぁと思い、謝ってその日1日担当してもらうことにした。


9:30  点滴開始
私は血管が細いので看護士さんがしばらくどこの血管が良いか悩んでいました汗


10:00過ぎ
1番怖かった子宮口を拡げる処置。
処置室に向かう時にも息子妊娠中にずっとお世話になったヨガの先生に会ってまた泣いた。

処置は初めての病棟担当の先生。
処置の前に丁寧に丁寧にエコーを見てくれた。
流産と診断された日は胎嚢の中に何も見えなかったけど、小さな小さな胎芽が見えた。
もちろん動いてはなかったけど、嬉しかった。
胎芽は約4㎜だったから心拍確認してすぐに止まってしまったんだなぁと思った。

そしてラミナリア挿入。なんとも言えない痛みで痛いって何度か言ってしまった。その度に看護士さんが足をさすってくれた。


でも入れてしまえば多少の違和感はあったけど、痛みはなかったので良かった。


手術は外来が終わる12時半からと言われ、ここからは特にやることもなく、主人とたわいもない話をしたりTVを見たりボーッとしていた。


12時半いよいよ手術室へ。
息子をカイザーした部屋と一緒だったのがまた複雑な気持ちだったけど、あの時は本当に緊急でストレッチャーで運ばれたので、ゆっくり歩いて入っていった。

でもなかなか担当の副院長先生が来ないあせる
外来の最後に運悪く初診の患者さんが入ってしまったとのこと。

手術室には赤ちゃんの蘇生方法のフローチャートなどが貼ってあって、息子は生まれた時自発呼吸一切なかったんですよね?って看護士さん聞いたら全くなかったと言われて、改めて今息子が元気に育っていることに感謝した♡



そして、、
13時過ぎにやっと先生が来た。
先生が点滴に「薬入れるね。喉が冷たい変な感じになるよ~」と静脈麻酔を入れられてからは全く記憶がない。

麻酔が覚めかけてきた時に涙が止まらなくて、主人が拭いてくれていたのだけはなんとなく覚えているけど、
看護士さんによると
「赤ちゃんいなくなっちゃった」ってずっと言ってたみたいです…


あと術中も痛がっていたようで、麻酔が追加されたとのことでした。
その影響でなかなか覚めず起きてからも気持ち悪くて、実家に帰ってから少しご飯を食べたのですがすぐに嘔吐してしまった…


帰り際、看護士さんからこんなカードをもらい、また涙が止まらなかった。。



{CA2E10C4-CD25-455D-A14F-8FF9772D8CF2:01}





身体は思っていたより辛くないけれど、やっぱり心にぽっかり穴があいてしまった感じで何もする気が起きず…

でも元気有り余る息子とレオン、そして私と同じように悲しい想いをした主人の為にも早く元気にならなくちゃ


ベビちゃん♡
少しの間だったけど、たくさんの幸せをありがとう
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
一年以上放置していたブログ。
読んで下さる方がいるかわからないけれど、今の気持ちをIGやFBには綴ることが出来ず、でも残しておきたくてここに書くことにしました。

お陰様で11月22日に息子は無事に2歳になりました♡成長するごとにレオンと良い関係が築けているように感じますラブラブ


そんな息子の誕生日直前。
まさかの自然妊娠が発覚!!
結婚して9年…自然に妊娠したことはありませんアセアセ
ずっと読んでいた方はこ存じのとおり息子もIVF8回目でやっと授かりました。


ブロ友さんで何人か、一人目はIVFだったのに2人目以降自然妊娠する方がいたけど、私はもう39歳だし自分にはそんなこと絶対にないと思っていたので喜びよりも夫婦揃って驚きの方が大きかった。

でも、、、
胎嚢確認→心拍確認までは出来たのに、8wの診察で胎嚢には何もなくなっていた…
なんとなくつわりが軽くなったり、12週までは何が起こるかわからないと予防線を張っていたけど、涙が止まらなかった。


12週までの流産はほとんど胎児側の異常だと言うけれど、私の免疫細胞が少なかったから成長出来なかったのかもしれない。
今更何を言ってもしょうがないけれど、自然に授かったのだからきっと生命力があるはずだと信じて、名古屋の青木先生の所に行かなかったことだけが後悔でならない。
行こうかなぁと思ったけれど、息子に負担をかけてまで行く必要はないかなと躊躇ってしまった。


看護士さんやお友達が
「今回は残念だったけれど、自然に妊娠出来るんだよ!と教えに来てくれたのかもしれないね。」
と言ってくれた。

でもこんな奇跡を起こしてくれたなら、やっぱり無事に生まれてきてほしかった。
もうこんな奇跡は私には起こらない気がするから。
私達夫婦はいつも少数派少数派の方に入ってしまう…心拍確認後の流産は5%、体外受精していた時だって凍結胚が融解で壊れる確率は7%と言われていたのにそれが2回もあった…
今回の妊娠も何の試練なのだろうと思ってしまった…


でも人生に意味のないことはないと思うからきっと何かを伝えにきてくれたんだよね?
まだ3㎜しかなかったけれど、一生懸命動いてくれていたことずっと忘れないよ!


自然に出てくるのを待つのは辛すぎるので、明日手術をしてきます。
いつかまた会えると信じて…





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。