人生をかけて心身と向き合う讃岐人、 赤山僚輔の軌跡

治療家/スポーツトレーナーという2つの視点から本当に心身にとって重要な事とは何か。
自問自答しながら綴っていきます。


テーマ:

試合までの数日


本当に勝ちたいのであれば


何がどこまで出来るだろうか?


人生をかける大一番


これまで多くのアスリートの


大事な舞台に向けての準備を

見てきたが



一切の後悔も


心残りもなく


改善ポイントもなく


試合を迎えられ


結果を残せた選手なんて


見た事がない




それはきっと


私自身の準備が足りずに


伝えられていない


伝わっていない


そういった部分も

多分にあるだろう







でも言いたい事がある








どうせ後悔するなら





やるだけやって後悔しろ



見える景色が全然違うから



やらないでした後悔と



やるだけやってした後悔は






天と地ほど差がある



この数カ月で毎日の様に




感じている事







試合迎える朝に





人生で一番良いコンディションで

目覚める準備は出来ているか?



{4787FB62-0999-4282-8B0E-6FE968CE81F7}




些細ないざこざで

チームメイトと話したい話が

出来なくなっていないか?






その意思疎通が命取りになり

負ける可能性を意識できているか?





その食事

その仕草

今日の睡眠や疲れなど




全ての要素が




勝利に繋がり

敗戦の要素になる可能性が

意識出来ているか?






私は常に考えている


いつ何処にいても


サポート選手が

過去最高の成果を出す為に

何が出来るか




選手の為に

自分がまだ成長出来ていない

要素が何か





何が見えていなくて

これまでの選手が

結果が伴わなかったのか




自分の覚悟が準備出来ているか。





その身体も

感覚も

意識も


目も耳も鼻も口も内臓も




まだまだ出来る準備がある



相手を1秒足りとも

見逃さないよう


目を使いたければ




試合までの数日


寝る前の30


携帯から手を離してみよう


寝る際に携帯を

枕元から離してみよう




もっといいコンディションで

朝が迎えられるはずだ。




きっとその朝が新しい

自分の気づきのスタートだ。




まだ遅くない



まだまだ伸び代がある








最後までお読みいただき

ありがとうございました。





謙虚・感謝・リスペクト

行住坐臥

赤山僚輔




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は、指導している選手が

 

身体のコンディションなどを気にせず

 

勝利に向けての準備ができるような

 

段階になった時に

 

必ず伝える言葉があります。

 

 

それは

 

《謙虚・感謝・リスペクト》

 

この3つを忘れずにプレイすること。

 

そのように伝えています。

 

その中でも今回は

 

 

謙虚とリスペクトという観点について

 

私の考えをお伝え致します。

 

 

 

スポーツにおいて勝利に向けて

重要な要素は沢山あります。

 

 

勝ちたいと思う気持ち

 

何かの為にという自己犠牲の姿勢

 

戦術の理解や

 

パワーやスピード

 

身体操作や当日のコンディション

 

 

などなど

 

 

そういった中でも私が重要視しているのは

 

《出来る限りの準備をすること》

 

 

《自分を信じ相手を敬うこと》

 

この二つです。

 

本当はもう一つあるのですが

 

今日はこの二つを。

 

 

 

準備の重要性は改めて述べるまでもないかとは思いますが。

 

これまで多くのサポート選手の負けを

その場で経験してきたからこそ言えるのですが。

 

 

ほとんどの場合

 

負けた時には

 

もっとこうすればよかった

 

これをしていればよかった

 

と後悔する内容がいくつもあるのです。

 

 

そして

 

それを事前にできるチャンスは

いくらでもあったと

 

本人が認識しているのです。

 

 

でも試合が終わってからでは遅い

 

もう過去には帰れないから

 

でも試合前ならまだ間に合う

 

もし気になる事があれば

とりあえずやってみればいい

 

 

不安になることがあれば

 

誰かに聞けばいい。

 

 

1ミリでも後悔がないように日々を過ごせば

 

きっと勝利は必然だ。

 

 

そう感じる事ができるようになり

 

私自身は一切の妥協を捨てて

 

できる準備は全て行って

 

勝利という必然を待つようにと

 

考えられるようになりました。

 

 

 

そして

 

自分を信じ

 

相手を敬う為には

 

自分を知らなくてはいけません。

 

自分を知らない状態では信じるもなにも

 

何を信じればいいか分からないので。

 

 

自分の軸はなんなのか?

 

自分がなりたい自分はどんな自分だ?

 

強く相手に言えない心の弱さはどこから来ているのか?

 

なんで自分の思いが相手に伝わらないのか?

 

 

こんな思いを高校3年間でひとつずつ解決していったのが

 

先日も話に出てきた

 

高松商業高校の選手たちです。

 

 

この写真で一人だけいるバスケ部の選手は

 

1年生から施設へ通い

 

3年生となった今年はキャプテンとなり

 

インターハイ県予選で13年ぶりの優勝。

 

ウインターカップ県予選では14年ぶりの優勝を果たしました。

 

 

 

 

インターハイの初戦で惨敗し、赤山も帯同してその負けをベンチからみていたので

 

戻ってきてウインターカップに向けて強化したいと本人が決めたのは

 

仲間との関係性作りであり意思疎通がもっと図れるようになることでした。

 

 

それまでの2年間で

 

自分に意志がなく軸も何もなかったので

 

軸をしっかり形成するように鍛錬を積み

 

軸ができてきたら今度は

 

元来もっている優しさの影響もあり

 

強いハートや相手を圧倒する熱量が足りず

 

中丹田や上下丹田を強化していきました。

 

 

そういった強化も身を結んだのか

 

インターハイ予選で優勝したときには本当に嬉しかったのですが

 

全国の壁はそう容易くなく

 

インターハイでは初戦敗退

 

そこからたった4ヶ月で

 

しっかりチームメイトと関係性を繋ぐ架け橋である

 

リバースを形成して

 

ウインターカップへ向かう前日の彼の表情はこれまでにない

 

いい顔をしていました。

 

 

きっとサッカー部へ繋げるいい結果を残してくれるはず。

 

初戦は24日17時〜vs実践学園

 

 

頑張れ馨斗!!!

24日の夕方はもうベトナムだけど

心は東京体育館に送っておくから!!!

 


 

 

 

 

長くなりましたが、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

謙虚・感謝・敬意

行住坐臥

赤山僚輔

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんとまあ

久しぶりにブログを更新する事になりました。


なぜまた再開したかってことは

 

最後までお読み頂ければ

感じてもらえるかと思います。




さて、

スポーツトレーナーとして香川県を中心に

活動している赤山僚輔ですが。

 

いつから今のように勝ちたい

 

そう強く思うようになったのかな

 

 

という振り返りも含めて

 

今日のブログにしたいと思います。

 

 

 

私はスポーツトレーナーと名乗るようになって

 

今で約14年になります。

 

約というのは何月から名乗ったか不明なので

 

約なのです。汗

 

 

香川に帰ってくるまでは

 

本当にサポートチームの勝利に

貢献することができず

 

情けない、悔しい経験ばかりをしてきました。

 

スポーツトレーナー仲間が

日本一や勝利に貢献している姿や

報告を聞くたびに

自分のサポートしている選手には

何も勝利に貢献できておらず申し訳ない。

 

 

本当にいつもそのように思っていました。

 

ただ心のどこかでは

 

選手の実力が足りない

 

コーチの戦術がアジャストしていなかった

 

そう思っていたのも恥ずかしながら事実です。

 

 

そんな私が香川に帰って初めて

高頻度で関わる事になったのが

 

高松商業高校のバスケ部とサッカー部です。

 

 

今でも覚えていますが

 

初年度の関わり始めの保護者説明会で

選手も聞いている中、以下の夢を語りました。

 

 

「私の夢は勝って泣く事です。」

 

そう大真面目な顔でお伝えしました。

 

それまで10年以上

 

多くの選手やチームに関わってきましたが

 

 

負けたり、不甲斐なくて悔しくて

泣いた経験はあっても

 

 

勝って泣いた事は1度もありませんでした。

 

 

2016年のJARTAという

私が統括部長を務める

スポーツトレーナー団体の合宿研修でも

全員に私の目標は

 

《勝って泣く事です》

 

そう言いました。

 

 

そんな2016年に

スポーツトレーナー歴、約13年目にして

 

 

初めて勝って泣く経験ができました。

 

 

それは高松商業高校サッカー部が11年ぶりの

全国高校サッカー選手権大会を決めた時でした。

 

以下参考URL

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?206712-206712-fl

 

 

チームトレーナーではなく

フィジカルコーチ・トレーニングコーチ

としての関わりで試合は観客席から

観戦していたのですが

 

 

最後のPKが決まった瞬間に自然に涙がでてきて

 

自分でもびっくりしたのを覚えています。

 

そんな喜びも束の間

 

2017年の夏には

 

 

サポートしているK-1選手へのサポート時に

 

また大きな屈辱と不甲斐なさを感じ

 

大泣きする機会がありました。

 

 

本当に関わっている全ての選手のおかげで

 

どんどん勝利に対する飢えが強くなり

 

負けたくない

 

関わっている選手に負けて欲しくない

 

覚悟がある選手には全員日本一・世界一に

なってほしい。

 

覚悟の作り方がわからなければ

 

自分が覚悟を作って

 

その作り方すら伝えていこう。

 

 

 

その為だったらどんなことだってできる

 

だんだんとそう思えるようになってきました。

 

 

今思えば

 

過去の悔しさを感じた全ての場面で

 

自分自身の覚悟ができておらず

 

まだまだ甘かった

 

選手に申し訳なかった

 

 

そう感じています。

 

 

もうそんな思いをするのも

 

させてしまうのもごめんなので

 

 

毎日、覚悟と全力と自分を更新しています。

 

 

私自身が自分を知り過去を知り

 

新しい自分になれば

 

過去の過ちを繰り返すはずがない。

 

 

 

 

 

そう信じているから。

 

 

 

 

 

自信とは

 

自分を信じると書きます。

 

 

自分を知って、

 

選手を信じて

 

また勝って泣きたい。

 

 

そう思い日々を過ごしています。

 

 

幸せな事に今年は

 

高松商業高校の

 

男子バスケ部・男子サッカー部共に

 

全国大会に出場します。

 

 

どちらも出場するだけでは

目標達成できていません。

 

 

ひとつでも多く勝利して

 

 

うどん県のアスリートが

 

全国の舞台で躍動する姿を

 

楽しみながらみたいです。

 

 

長くなりましたが、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

追伸

高松商業高校サッカー部の初戦は31日。

 

西日本放送で放映予定だそうです。

 

見れる方は応援してもらえると嬉しいです。

 

きっと躍動する彼らがみれるはずです!!!

 

 

 

 

 

 

謙虚・感謝・敬意

行住坐臥

赤山僚輔

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。