鳩山由紀夫首相は13日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「6月以降も詰めるところがあれば当然、努力する」と述べ、明言してきた「5月決着」の先送りに初めて言及した。政府は既に、米国や移設・移転候補地の自治体、連立与党の合意を得ての月内決着を断念しているが、首相自ら認めたものだ。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相はまた、平野博文官房長官が鹿児島県・徳之島の徳之島町議5人に基地機能移転への協力を求めたことに関し「大変厳しいという話は聞いた。ただ、(地元の)意見を伺うのは大変大事なことだから、これからも続けていく必要があるし、政府の考え方に理解をいただけるようにしていく」と述べ、粘り強く地元に働き掛けていく姿勢を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

徳之島3町長、受け入れ拒否確認…首相と会談へ(読売新聞)
<市民後見人>支援・養成の自治体7% 取り組みに差(毎日新聞)
原田美枝子さん接触事故=自転車男性に、けがなし-東京(時事通信)
嘉手納基地の空軍1等軍曹、酒気帯びで逮捕(読売新聞)
広島被爆ピアノ NY公演ピンチ 輸送費募金 目標の4割(産経新聞)
AD