NDR and SOA perform German-Austrian Repertoire

Time: 2017-04-15 19:45    Saturday

Add: NO.1380 Middle Fuxing Rd Shanghai China

Venue: Shanghai Symphony Hall - Chamber Hall

NDR Elbphilharmonie Orchestra Principals
SOA Students
Conductor: Zhang Jiemin、* SSO Musicians
** SHCM Students、*** HKAPA Students

Mozart: Serenade in D major, K.239                                                                                 

Solo Violin: Roland Greutter, Rodrigo Reichel;

Solo Viola: Jan Larsen;

Solo Contrabass: Qu Siyuan*;

Solo Timpani: Stephan Cürlis;

First Violin: Chen Jingya, Huang Yilu, Pan Yi*, Wu Aolie;

Second Violin: Ma Qianyi**, Wang Qian’er***, Yu Renchao, Zheng Yang***;

Viola: Liu Kuan, Zhang Siyuan, Zhao Jiewan;

Cello: Shen Yue, Xu Ting***;

Contrabass: Zhang Kaixuan*

Richard Strauss: Metamorphosen                                                                                    

Violin: Rodrigo Reichel, Wu Aolie;

Viola: Jan Larsen, Liu Kuan;

Cello: Christopher Franzius, Shen Yue;

Contrabass: Qu Siyuan*

--

Richard Strauss: Suite in B-flat major, Op.4                                                                 

 

Flute: Wolfgang Ritter, Ho Iling, Huang Fangyu;

Oboe: Paulus van der Merwe, Chen Yiling, Yang Difan;

Bassoon: Cheng Min*, Jiang Shanlao, Zhao Sihong;

Contrabassoon: Ren Yixiang**

Horn: Jens Plücker, Shi Jieliang, Zhang Ye, Zhong Zhuoning;

Clarinet: Chiu Yanru, Shi Kaiyuan

 

 

Brahms: String Sextet No.1 in B-flat major, Op.18                                                        

First Violin: Roland Greutter, Huang Yilu, Ma Qianyi**, Pan Yi*, Xiong Yu*, Yu Renchao;

Second Violin: Rodrigo Reichel, Chen Jingya, Tian Junjun*, Wang Qian’er***, Wu Aolie, Zheng Yang***;

Viola: Jan Larsen, Chen Li*, Guo Weiqi*, Liu Kuan, Wang Guan*, Zhang Siyuan, Zheng Chenxi**, Zhao Jiewan;

Cello: Christopher Franzius, Chen Shaojun*, Shen Yue, Xu Jiajia*, Xu Ting***;

Contrabass: Qu Siyuan*

上海音楽院は北ドイツ放送響、今はエプなんとかフィルなったんでしたっけ?

ハンブルクの雰因気はない名前だこと、、、、、、の首席奏者のマスタークラスが

行われていて、昨年も4月に学生と主席奏者で見事なプルチネッラを聴かせてくれました。

欧州の放送響の管の首席は本当に上手いし、それだけでなく音色の次元が違う。

 

今日は4曲で最初はモーツァルトの239のセレナード。

昔、CDの廉価盤が珍しかったころ、新星堂が1000円シリーズを出して、

その中にフィリップス(ドイツシャルプラッテン提携?)でスウィトナー、ドレスデンの

この曲が含まれたCDがあり購入しました。セレナード?ドラマもないし

構築性もないし、なんて思っていたら何度か聴いている内に自分に馴染んで

何だ楽しい曲じゃないか、何て一人笑いしていた10代を思い出します。

実はこのスウィトナーの演奏を超える演奏は実現・録音共に聴いたことが

なかったのですが、今日の演奏はオールドスタイルで懐かしいながら、

ニュアンスたっぷり、リズム感もあり楽しい演奏でありました。

ところどころにアドリブも入り、でもフォルムが崩れないところが流石。

 

2曲目はメタモルフォーゼン、6人での演奏ですが、

NDR主席のクリストファー・フランツィウス(かなりのイケメンさん)の上手いことと言ったら

音色、表現力、一人で持っていっていました。とは言えアンサンブルとしても完成度が高く

混じっていた中国人学生も一歩もひかず、最後のベートーヴェンの英雄の葬送行進曲の

旋律がひっそりと織り交ぜられる箇所まで集中して聴くことができました。

うむ、素晴らしい。

 

休憩後はシュトラウスの管楽器のための組曲。オーボエなど名物主席が吹いてくれて

いましたが、この曲は何度聴いても良さが理解できず・・・・、熱演でしたけどね。

中国人女性指揮者がアンサンブルをまとめていましたが、気合入っていました。

そして、最後はブラームスの弦楽6重奏曲1番を弦楽アンサンブルで盛大に。

メタモルフォーゼンが6人で、こちらは学生入れた相当な編成。

何か意味があるのかしらむ。

この編成で聴くと、意外にもフォーレの初期のパヴァーヌや、マスクとベルガマスクの

ように聞こえてくる箇所が何か所もあり不思議な気が。

この曲は第2楽章がロマンティックで突出して有名ですが、この部分ではやはり会場の

空気も変わったような気がしました。

今日は前半が素晴らしかった、それにフランツィウスのチェロを聴けただけでも大収穫でした。

 

この日は皆さんも聞かれているかもしれませんが、中国でこの1年で大普及しているシェア自転車に乗って帰宅、ホントこれ便利で安いし、環境にも良いし、自転車置き場がたくさん整備されている中国だからできる良いサービスで使いまくっています。では。

AD