1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-17 21:00:24

この世界の片隅に

テーマ:映画

日曜のことですが、時間がちょうど合う回があったので気になっていた「この世界の片隅に」を観てきました。余談ですが、南町田の109シネマズに行ったら、どうやら2月でグランベリーモールそのものが閉まってしまうようで。あそこのショッピングモールは厳しかったのかなぁ。南大沢に比べると人が少なかったのだろうか。余談終了。

 

 

以下映画の内容のネタバレを含むのでご覧になる予定の方は読まないでおいてください。まぁそもそも誰も読んでないという可能性もあるがw

 

 

 

まずは主人公のすずさんをのんさんが演じていたけれど、これがまぁとにかくおっとりとした広島弁が何の違和感もなく、完璧にすずさんがそこにいるとしか思えないくらいの演技。彼女の演技の実力はすごいのに、なんだか干されてしまっていて可哀そうですね。

 

 

最初のうちはのんびりした嫁姑(義姉)の話からだんだん戦争の足音が聞こえ始めて、そこから戦時下の市井の人々の日常を描いていました。もちろんデフォルメした部分もあるのでしょうが、とてもリアルに生活を感じました。食べるシーンが多かったせいもあったかな。

 

そして空襲警報と爆撃は本当に怖かった。それくらいアニメではあるもののリアルに恐怖感があった。何でしょうねあの感覚。その中での姪っ子の死と、自らのアイデンティティとも言える右腕の喪失は見ていて本当に辛かった。絵空事なんだからそんなに主人公を痛めつけなくてもと思ったけれど、ああいったことが戦時下では当たり前にそこかしこで起こっていたことなんでしょうね。実際自分が小さいころに近所に隻腕のおじいさんが住んでらした。当時は隻腕がとても怖かったけれど、その方はたぶんそういう事情だったのかなと今になって思う。

 

 

そんな戦争が終わり、すずさんがほっとして「良かった」とか言うのかと思ったら、「最後の一人まで戦うんじゃなかったのか!(←こんな感じのセリフだったかと)」叫ぶシーンには驚いた。きっと当時の人たちはそんな感じだったのかと思った。戦争に疑問を持つ人は少数だったのだろうし、「鬼畜米英」とか「欲しがりません勝つまでは」という教育を受けてきた人たちがいきなり戦争に敗けた事実を受け入れられるわけがないものね。

 

あと「この町は常に誰かを探している」というセリフも胸に来た。辛いセリフだった。そんな中での母を亡くした少女がすずさんたちに連れられて行くのは少しだけ救われた。きっとお互いがお互いを補完しあう存在という意味合いなんでしょう。

 

そして最後に遊郭のリンさんが昔すずさんが会った座敷童なのか?ということを示唆するシーンがあったけれど、やっぱりそうなのかな?しかしなんで座敷童が遊郭に売られたのかな?うーん?

 

それと鬼も出てきたけれど、あれもやはりその世界での現実ということで良いのかな?職場の映画好きと話し合ったけど、鬼や座敷童はあの世界で存在していて、あえてそういった現実と非現実をごちゃまぜにしているのではという結論になった。そこらへんは作者的にはどうなんでしょうね?原作にはそこらへんはあるのかな?

 

 

評判通りの映画でした。たんたんと生活を描いているから、だからこそ爆撃も原爆もそこにあるような感覚で身近な怖さを感じる、ある意味では反戦映画だったのでしょう。ただ声高に「戦争はいけない!」とか「戦争反対」と叫ぶ戦争批判のプロパガンダ映画ではありません。じっくりじんわり感じる映画だと思います。

 

 

あーもう泣いた泣いた。良い映画でした。

 

AD
 |  リブログ(0)
2016-08-27 11:59:13

'16宮ケ瀬24時間リレーマラソン

テーマ:ランニング

今年も出ました「宮ケ瀬24時間リレーマラソン」。チームの人は少々入れ替わりつつも、例年と同じチームで参加。毎年思うけどみんな好きよねぇ(笑)

 

しかし今年は例年と違う大問題発生。何と朝から深夜までの雨予報。しかも午前中から夕方までは豪雨のおまけ付き。

 

現地について何とか小雨のうちに居住区となるテントを張ると、予報通りの豪雨が降ってきた。

そしてリレーマラソンなので、順番が回ってきたらどうしても走らなければならないわけで、豪雨の中でちょうど走る順番が回ってきてしまった。

 

一応雨ガッパのようなものを着るが、全く意味をなさない雨の強さ。バチバチと身体に雨が当たり、しかもコースは大雨のせいで足は池に浸かっているような状態。あー最悪だー。

 

とりあえずこれで自分の順番をこなし、テントに戻り靴を脱ぐとシューズも靴下も絞ると水が激しく出た。おう、これから20時間とか先が思いやられるぜ。しかもテントの上から下から水が攻めてくるし。

 

 

しばらくは曇りだった天気が一回雲がぬけて晴天になった。そしたら人がわらわらとテントから出始め、濡れたものをどこのチームも干し始めた(笑)

しかしそんなのもつかの間、天気予報を見たらまた豪雨の予報が。そしたらまたドガーっと再び豪雨が降り始めた。そしてまたそんな時に自分の走る順番が。せっかく服が乾き始めたのにー。

 

 

その後の天気はまぁまぁ小康状態で、昼間みたいにバカみたいに雨に降られることはなかったけど、走るたびに濡れた靴と靴下を履いて出陣。これが今回一番辛かったしイヤだった(笑)

 

そのあとは走って二時間くらい休んでを繰り返し、夜間シフト(4時間休憩→4時間走る)を過ごして朝を迎えた。

 

日が昇ると、

 

 

またやたらといい天気。前日がこれだったらよかったのに(泣)

 

この時間を迎えるともう残り少しで、「あーもう終わっちゃうなぁ」と感慨にふけり始める。

 

 

やっぱり天気が良いのっていいよねぇ(しみじみ)。

 

朝9時くらいから沿道でハイタッチが始まっていた。しかし沿道の応援で、トラメガで「ナイスラン!がんばって!」と応援するのはいいけど、「ほらほら!もっとイケるだろ!」って応援は鬼だと思います(笑)笑っちゃったけど。

 

そうこうしているうちに24時間終了。自チームもいろいろありながらも無事完走。良かった良かった。なんだかチームのみんなも楽しかったと言っていて、多分来年もやるのかなぁって。大人になるとこういう無茶はできないから、24時間走って疲れてもこういうのが楽しいんだね。

 

そういや今年もFC東京のユニで走っていたのだけど、今年も阪神ユニのお兄さんに「FC東京がんばれー!」と声をかけていただきました。毎年ありがとうございます。

 

 

何とか今年も終わりました。運営の皆様、参加者の皆様お疲れ様でした。また来年もお会いしましょう?

AD
 |  リブログ(0)
2016-08-14 17:21:43

「シン・ゴジラ」

テーマ:映画

今日、話題にもなっていたし時間もちょうど良かったのでTOHOシネマズに「シン・ゴジラ」を観に行った。そしたら今日はたまたま14日だったおかげで「TOHOデイ」に当たり、1100円で映画を観られた。突然観に行くことを決めたし1800円でも仕方がないかと思っていたので非常にラッキーだった。



*ここから盛大にネタバレをしていく予定なのでこれから観るという方はご遠慮ください。






あの映画は政治の映画だね。未曾有の災害の中で政治家はどう信念に基づいて生きていくのか、自分の職権の中で最大限にその権力(悪い意味ではない)を活かしていくか。それを骨太に描いた映画だったのかなぁと。


長谷川博巳さんはとてもカッコよかったです。前線に立つ指揮官はああでなくっちゃ。自衛官役の國村隼さんの「仕事ですから(ニヤリ)」ってのも本当にカッコよかった。


あの映画を「法律がないと動けない政治家(役人)はだからダメなんだ」と見るか、「職権を忠実に守り、決められた手続きで動いていく政治家(役人)は正しい」と見るかは意見が分かれるのかなと。自分は後者ですけどね。セリフにもあった「手続きで動くのが民主主義だ」(こんな感じのセリフ)が現実であり、それが本当に正しいと思う。


娯楽映画のヒーローが、指揮権を無視して敵に向かって行って倒すなんてのはやっぱりいかんのですよ。たとえ結果オーライであっても。そういう意味でも「シン・ゴジラ」は緊迫感があって本当にあっという間に時間が過ぎて行った。



ただなぁ、石原さとみは必要だったのかな?(苦笑)何か見えない力のキャスティングだったのかな?あの中で一人だけ「石原さとみ」だった気が(笑)



それにしても街が壊されるのがリアルで怖かった。自分の生活が失われていく怖さを本当に感じた。まぁゴジラについでに等々力競技場壊せ!って心の中で思ってたんですけどね(笑)見た限りでは等々力競技場は確認できなかったけども。



ゴジラは自然災害のメタファーだなんてのは散々言われてきた話だけど、想像以上に街並みがひどい壊されようだった。もう現実に重ねたら辛くて辛くて。



何だろう。ただ街が壊されてゴジラが倒されるだけの話なんだけど本当にドキドキしたし、感動すら覚えた。やるなー庵野。映画館が非常に混んでましたよ。それだけ人気だし評価されているんだね。確かに人に薦めたいもの。



洋画のゴジラ(新旧)も観たけど、やっぱり邦画はしっくりくるね。ハリウッドゴジラは正直うーんと唸ることもあったけれど、日本のゴジラは地味な政治の話なのにまぁ面白かったこと。もう拍手です。一人でスタンディングオベーションしてやろうかと思ったくらい。



いやー面白かった。いいもの観た。次は「スーサイド・スクワッド」かな。あれも面白そう!

AD
 |  リブログ(0)
2016-03-13 17:30:37

FC東京U23初戦観戦

テーマ:FC東京

今日は東京が初めてJ3に参戦して臨む初めての試合。しかも自宅から自転車で10分の場所のギオンスタジアム!これは行くしかないとうわけで行ってきましたJ3。



ギオン1


おととしに相模原×藤枝の試合を観に来た以来かな。まさかギオンスタジアムに当事者として来ることになるとは思ってなかった。スタジアムに着いて知り合いに「自転車で10分で着いた」と話すとみんな一様に「いいなー」の嵐(笑)。まぁその分味スタまで行くのが遠いってことですよ。たまには味スタ周辺に住む方たちの気分を味合わせてよw


試合前にフードコートを歩いていたら(元東京の)ルーカスが歩いてきた!相模線に乗っていたなんて情報があったので来るのかと思っていたけど本当にいた!握手してもらったよ。一緒に写真撮らせてもらえばよかったかな。そして相変わらずわが軍はフードコートを壊滅状態に陥れたようでした(笑)。しかし相模原は美味しいし安いしでいいよね。味スタのものが高いのは場所代含みなんだろうけどもうちょっとどうにかならないものかな。



ギオン2

そして試合開始。



ギオン3

うーん、どうにもペースがつかめない。やはりチームとして練習してきた相模原との差ができてしまうのは仕方ないのだろうか。ほとんどチャンスらしいチャンスもなく前半終了。


後半もほとんど相模原が主導権を握って東京は受けに回ることに。そうしているうちに失点。東京はたまに攻撃に仕掛けるも決定的な場面になるひとつ前で大体チャンスをつぶされていた。枠内シュートってあったかな?


そうしてタイムアップ。U23チームは初戦を落としてしまいました。しかし公式戦になかなか出られない若手たちをこうして出場させられるのはやはり良い機会なのではと思います。勝てばもちろんいいでしょうし、負けた試合からも得られるものはたくさんあるのかなと。ここに出場した選手からトップチームに出場できる選手が一人でも多く出られれば、それはそれでU23は意味のあるものなんでしょう。



ギオン4


ギオン5


U23チームの運営は大変だろうけどがんばって欲しいものです。近所で観られて自分は嬉しい(笑)



お仲間とわいわいのんびりと試合を観られて楽しく過ごしました。トップチームの胃がキリキリするような緊張感とはまた違ってこれもいいよね。遠くから来られたお仲間たちみなさまお疲れ様でした。


余談だけど、いつものLA EDOGAWAで「はじけよう~」の後に「田舎でも~」と歌われてちょっとショック(笑)一応政令指定都市なんです。スタジアム周りの光景はあれですけど結構都会なんです(必死)。でもちょっとしたら「はじけよう~相模原~」に変わってたけどね。



こんな休日でした。さぁ火曜日はACLだ!これは負けられないぞ!爆買いがなんぼのもんだ!

 |  リブログ(0)
2015-10-30 18:18:36

ゴールデンガン(MVPロナウド)降臨

テーマ:WCCF・ゲーム

今日は久しぶりに平日のお休み。明日土曜日は仕事だしね。


洗濯をして録画してあったMOTOGPを楽しみに見る。


・・・なんだこれ。ロッシは自分のシーズンを台無しにしてしまったんじゃないか?今までの努力と成果を自ら否定してしまったような行動だな。今年のチャンピオンはロレンソかな。何かどうでもよくなってしまったな。



そのあとに久しくやっていなかったWCCFをやりに行く。もちろん高レートカードを今度こそ引くつもりで。でもそんな野望も毎回砕け散って帰ってくるわけだがw



平日だからほとんど空いている席の内の一つに何となく座る。新チームを作ってあれやこれやと勝ったり負けたりしながらゲームは進む。


10クレを過ぎてもキラキラしたカードは出ずに、またこのままパック切れという恐ろしいこともちらつくが、13クレ目に「お?固い?」というカードが出てきた。


恐る恐る名前のところを見ると、「ロナウド」そして所属は「マドリード」と見えた。自分のことだからPOSロナウドかSOCロナウド辺りを引くのがオチだと、さらに恐る恐る選手紹介の欄を見ると「『CR7』の愛称で~」と書いてある。


ん?これって?特殊能力の欄を見ると「ゴールデンガン」の文字が。


ゴ ー ル デ ン ガ ン だ と?



!!!!



MVPAロナウドキターーー(゜∀゜)ーーーー!!!!!



MVPロナウド

いきなりMVPロナウドが来て驚いた。今シーズンは高レートカードを全く引いていなかったのがこれ一枚で結構報われた。


自チームに今ちょうどロナウド入れてるし早速使ってみよう。早く「ゴールデンガン」にならんかね。



という引き自慢でした。ふー一年ぶりにいいカード引いた。さぁ次はBMFアザール来い!たぶん来ない!


 |  リブログ(0)
2015-08-24 17:37:18

'15宮ケ瀬湖24時間リレーマラソン

テーマ:ランニング

22日朝10時~23日朝10時までリレーマラソンをしてきました。完全に夏の恒例になりつつある恐ろしいイベントw


我々のチームは13名で構成。上は60代後半から下は30代後半というもしかしたら他チームよりちょっと年齢層がお高めのチーム。でも走りの経験値はそれに見合って高いとも言えるチーム。


自分たちは橋本駅に集合して現地へ向かい、直行していろいろ手続きをしてくれていた仲間と現地で合流。現地で合流したら、みんなで建てなきゃいけなかったテントがもう出来上がっていた。少ない人数で隣のチームの人たちの手を借りて作ってくれたとのこと。お父さん(愛称)すみません。。。本人曰く「暑いし太陽の下でずっと待っているのが辛かったからテントを作った」だったそうで。




モザイクあり



準備をして朝10時にスタート!ここから一日をここで暮らす(まさに生活なのです)。日差しが見えるように土曜日は暑かった。自チームはスタートから少し経った頃には110位前後だったけど、毎年だんだん順位が上がるから特に気にしなかった。


そして自分の番が来て走る。あーやっぱり相当暑いなー。とはいえ、このために休みの日の真夏の昼間に走って暑さに慣れようとしたのだからがんばらなきゃいけない。一周走って仲間にタスキを渡す。ちなみにランの時にずっとFC東京のセカンドユニで走っていました。沿道で「FC東京がんばれー!」と声をかけてくれたのは阪神のユニを来た人だけでした。ありがとう阪神ユニを着たお兄さん。



仲間は自分のペースで走れているようで体調が悪くなる人も無く、なおかつ淡々と順位が上がって行った。うむ、いつも通りの展開だ。しかし始まってから数時間経って、あと20時間くらいあることに衝撃を受ける。このくらいの時間帯は「本当に終わるのか?」といつも疑心暗鬼になる。



会場でBGMのリクエスト(たぶんリクエストした人が持ち込む)の曲をかけてくれるのだけど、今年はやたらとももクロが多かった。そしてそれに合わせて踊り狂う選手たちもののふが多かったのか?そしてなぜか一日の間にやたらとかかった「とっとこハム太郎」のテーマ曲。仲間が「ももクロかハム太郎しかかかってなかった印象」と言っていた。まさに(笑)来年は何かの演歌でも持って行ってやるか。


時間も夕方から夜になりナイトランの時間。深夜走るというある種狂気の時間w自分は22時から2時までお休み時間をもらったので、午前2時から再び走り始める。一年の中でこんなことをするのは本当にこの日だけ。普段は徹夜なんて全くしませんし、遅寝といっても1時前には必ず寝るからねぇ。この頃には順位は70番台まで上がっていた。さすがの自チーム。そして朝5時くらいに食べるカップラーメンの美味さよ。


そうしている内に周りが白み始めてきた。明るくなってきてわかったのだけどすごい曇っていた。おかげで朝焼けの日差しにやられることもなく、ちょっと涼しいかと思えるくらいのコンディションで走れた。


午前8時を過ぎたころに最後の自分の役目が回ってきた。よーし最後は気合を入れて走るぞーと思ったけど、今回は走り込みが足りないのか今一つペースが上がらないままラストラン終了。今回はちょっと悔いが残ったなぁ。来年またあるならもうちょっと距離を走りこもう。


あとは仲間がきっちり朝10時まで走り切ってくれて、誰一人調子が悪くなることもなく見事ゴール!



ゴール!

最後はアンカーと半周ばかり一緒にコースを走ったけど、沿道で「お疲れさま!」「ナイスラン!」などずっと声をかけてくれて、この瞬間を迎えるとやっていて良かったと思える。


最後にみんなで記念写真を撮って終了!みなさん立派です。打ち上げをするのがとても楽しみな仲間たちでした。楽しく非日常の中24時間過ごすことができました。



なんだろうね、ただ24時間走り続けるだけなのだけど、別に記録を狙っているわけでもないけどなんだか面白いのだよね。



最後に一緒に走っていた他のチームの方々、宮ケ瀬財団のスタッフの方(特に○○さん毎年ご迷惑をおかけします)、運営のスタッフの方々ありがとうございました。またお会いしましょう。

 |  リブログ(0)
2015-08-20 17:25:32

不敗神話継続中

テーマ:FC東京

日曜日はバイクで味スタに乗り込んだ。バイクは暑いけど直接スタジアムに行けるから楽でいいね。この時期は尻が暑いけどね(マフラーがシートの下に格納されている)。フルフェイスヘルメットも暑いけどね。




仲間と合流して青赤横丁でだらだらと過ごしていると、バイクブーツがとにかく蒸れて暑い。サンダルを持ってくれば良かったかと思ったけれど、持ってきていないものは仕方がないので仲間の「サンダルならマルエツかユニクロにあるんじゃない?」との言葉を頼りに歩いて買い物に出かけた。




・・・売ってなかった。しかもスタジアムへの帰りに雨が降ってきて結構濡れた。その時点では雲はそれほど厚くなく、すぐ抜けていくと思っていたが、一応バイクにくくりつけていたヘルメットをスタジアムの中へ回収。しかしその後はご存知のように大雨でした。あのままヘルメットを外に放置していたら内装までびしょ濡れでそれを被る羽目になるところだった。我ながらナイス判断。




大雨になったころにはスタジアムの中にいたけど、雨が降り始めた瞬間に前の方の席の人がさーっと引けて行くのが見えた。こういう時は屋根の下は心配がなくてよろしい。しかし日曜日はスタジアムは蒸し暑かったねぇ。




そしてそんな雨の中、キックオフ。前半の印象は東京が主導権を握っていたように思う。もちろんガンバの攻撃陣は怖かったし、実際危ないシーンはあったが守備陣のがんばりと榎さんのスーパーセーブで事なきを得る。それでも東京は受けに回っていたとは思わなかった(実際のポゼッションでは下回っていたそうだが)し、前田とバーンズを中心に攻撃を仕掛けて行った。




そして前半15分にバーンズの突破から米本の先制点!!え?河野とか前田じゃないの?と思ったけど、そこに飛び込む米本にシビれる憧れる!よし!ガンバの不敗神話継続か、そして勝ち点7差だなと思ったが、やはり去年の三冠王者はそんなに甘くない。後半開始早々にサイドに振られてパトリックに決められてあっさり(そういう風に見えてしまう)同点。つい徳永がいたらばなぁとか思ってしまった。




ちょっとがっかりして声が出せなくなったけれど、ゴール裏はがんばって応援しているし何より選手はまだまだがんばっているのだからと気を取り直して声を出す。




そのうちにバーンズが突破してこれは決定的!というのを防がれてから、すっかりいつもの気持ちで応援できるようになった。




そして後半13分にカウンターからヨネが持ち上がって→羽生さんのふんわりクロス→バーンジィのジャンプ(書いていて『バーンジィジャンプ』とか言いたくなった)からの見事なヘッドでゲット!!!!




その瞬間ゴール裏は沸騰して、仲間とか周りの人ととにかくハイタッチ&雄叫びの嵐。




この後はかなりガンバに押し込まれたけれど、何とかしのぎ切ってリーグ3連勝!見たか味スタという魔境の力を!(ガンバ限定)。余談ですけど、遠藤選手が「味スタでの彼らは強いんで」とか言ったそうですけど、だったら浦和とか鹿島にも(ry






’15ガンバ戦後





何と10節を残して勝ち点48!!東京をずっと応援しているけどこんなこと初めてだ。今年は色々狙えそうな感じになってきた。とりあえず何とか年間勝ち点3位にはなりたいね。




余談。帰りにあまりに汗をかいてしょっぱいものが食べたくなったので近所の「らーめん花月」に寄って、ラーメンを注文して、「ライスを注文したら餃子がおまけに付く」というクーポンを使ったら、アルバイトのチャイニーズガールがクーポンのライスと餃子が一緒に写っている写真を見て勘違いして、ライス券のライスとクーポンに載っているライスを二つ持ってきたwそんなにライスいらないw




こんなに気分の良い年もなかなかない。名古屋は1stでやられているからね。やり返さないとな!

 |  リブログ(0)
2015-08-13 19:38:06

甲府遠征(バイクツーリング)

テーマ:FC東京

昨日は仕事を少し早めに上がって甲府へ遠征した。バイクならツーリング気分で楽しいし渋滞もかわせるだろうし、一人ならそのほうが速いだろうと。しかし車の窓が閉まらないというトラブルのため、晴れていようと雨が降ろうとバイクの一択ということになってしまった。うぅ。


八王子ICから乗ったら言われていたような渋滞が全くない。しかも進んでも雨が降り終わった跡があるのみでどうやら雨をすべてかわしたらしい。ラッキー。進んでいくと談合坂あたりで上りがひどい渋滞になっていた。どうやら午前中の下りの渋滞が午後になって上りの渋滞に変化したようだった。これもまたラッキー。



のんびり高速を進んで甲府南ICで降りると目の前に甲府のステッカーを貼ってある車がいたのである程度ついて行ってスタジアムを目指す。ひさしぶりに間違えずに真っ直ぐスタジアムに着いた(笑)




中銀スタジアム


ひさしぶりに甲府に来た。しかもバイクでアウェイのナイトゲームには近くのスタジアムにしか行ったことがなかった(川崎とか横浜くらい)。自分でも意外。


売店のエリアをうろうろしているとなぜかこの日はレーサー押し。F3とかBRZとかがあった。しかも二人とも女性レーサー。サッカーファンにはあまり相手にしてもらえてなくて可哀そうだったなぁ。



BRZ


F3の三浦愛選手は女性で初めてF3で優勝した人だったそうな。すごいじゃない。これからもがんばってください。


そしてスタジアムに入って仲間と合流。なんでも小作でひたすら飲んでたらしくすでに疲れ気味wサッカー観る前に終わっちゃってる感がw



中銀ピッチ


相変わらず山々が見える素敵なピッチでした。



そして試合開始!試合はいつもの耐えるような展開ではなく、こちらが明らかに主導権を握るサッカーをしていた。甲府には決定的なシーンを全く与えず、バレーにいたってはポストをしようとするものの丸ちゃんに完璧に抑え込まれて仕事ができなかった。丸ちゃんは足技もあるしこれからの主軸でもいいのではと思わせる仕事ぶりだった。



前半は東京は決定的なシーンはほとんど無かったものの、後半になったら何とかなるのではと期待していた。そして後半は東の惜しいヘディングやいくつか得点に近いシーンがあった後、羽生さんのシュートのこぼれ球を秀人が抑えたボレーでゴール!!先制!


先制した後は負けるとは全く思わなかった。ラッキーパンチくらいはあるかなと思っていたが、東京の守備陣はほぼ完ぺきに甲府を抑え込んでいた。しかし阿部選手のシュートをエノさんはよくはじき出してくれた。あれだけは肝を冷やした。


そしてタイムアップ!自分の観戦では’06以来の甲府での勝利だった。がんばって来た甲斐(甲府だからかけているわけではありません)があったー。



帰りも気分よくのんびりと中央道を走る。ほかの車は飛ばしていたけどバイクは疲れるのでのんびりと。それでも圏央道も使ったら約2時間で帰宅した。甲府はがんばれば行ける距離だなぁ。松本までだとちょっと遠いけど。


特にお盆休みはないけど、良い「なつやすみ」となりました。本当に今年はアウェイでも勝つから行った甲斐(甲府だから以下略)があって嬉しい。昨日甲府に行った方たち皆様お疲れ様でした。


今年は本当に上位を狙えるチャンスだよ。いつも以上に応援しなきゃね。

 |  リブログ(0)
2015-06-19 20:34:26

アウェイ松本戦のこと(今頃)

テーマ:FC東京

アウェイ松本は今年最重要アウェイの一つということで、行ってきました松本へ。’07の鹿島×FC東京以来の松本遠征。


自分の車で行くのは初めてなのだけど、グーグルで道順を調べると約190キロほどとのこと。しかし自宅からは圏央道にすぐ乗れるので、ほとんど高速道路での走行になることが予想されたので意外と楽かもと予想。


というわけで朝9時前くらいに家を出て、圏央道に乗ったらあっという間に中央道の相模湖の手前あたりで合流。これは八王子ICを経由するより全然楽だ。圏央道バンザイ。


中央道から長野道に入って、二時間ほどで楽々松本市内に入ることができた。


ちょうど昼時ということで、有名店の「みよ田」へ行くことにする。近くのパーキングに車を停めてお店へ向かった。その途中のメガネ屋さんで、



メガネ屋1
メガネ屋2


東京サポが大変歓迎されていた。正直驚くほどの歓迎ムード。ネットを見るとこのレベルであちこちで歓迎されていた模様。



みよた1

みよ田に到着。青赤い人ばかり並んでいる(笑)


20分くらい待って入店。そしてお待ちかねのおそば。おそば大好きなんだよね。



みよた2

葉わさびおろしそば。ピリッとして冷たいおそばに非常に合って美味しゅうございました。のんきに食べててツイッターに写真をアップしたりしていたら、知り合いが外で待っていて、あとちょっと店から出てこなかったらツイッターで「店から早く出ろ」と煽られるところだったらしいw


食事をしたので観光の一つでもということで松本城へ。国宝だったのね。知らなかった。

中は混んでいるということでスタジアムに行く時間も迫っていたので城の外回りをぐるっと散歩して松本城を離れる。



松本城



その後ナビに従ってアルウィンを目指していたら、なぜか田んぼの真ん中へ連れて行かれて「目的地に到着しました。案内を終了します」と言われ車内騒然。たまにこのナビやらかすんだよなぁ。


仕方がないので道路標識を見ながらスタジアムへ向かう。まぁ近いところにはいたのでほどなく到着。

有料駐車場の件を譲っていただいたのでスタジアム近くに停められた。そこで松本サポのおじさんに帰りの混雑回避方法を教えていただく。このおじさんはいつも他サポに教えているらしい。ありがたい人だ。


スタジアムに着いて仲間と合流。ここは今はスタグルも名物とのことで早速食らうw

山賊焼きを食べたけど、ほんのりみそ味が美味しかったです。もうちょっと人ごみが無ければなぁ。それと松本の人たちがやたらと武藤グッズに群がってたw


そしてスタジアム内へ。


歓迎されてる

うわーまた歓迎されてる。松本の人たちどれだけ暖かいんだよ。感動すらしたぞ。味スタ来たら覚えとけよ。歓待してやるからな。



アルウィン

久しぶりのアルウィン。やっぱりいいスタジアムだなぁ。くれ。


試合開始前の松本サポの一体感に驚くも、試合は前半に2点先制することができて東京ペースで勝つことができ・・・と思ったら、後半はやたらと押し込まれ、スタジアムの雰囲気と相まってやばい雰囲気しかなかった。正直なところ戦力差はかなりあると思ったが、あの観客を味方につける松本は強いよ。今年はJ1残るでしょ。


怖いシーン多数だったけれど何とか勝利!ここのところチームの勝率がいいから遠方アウェイに出かけて負けて、どよーんとした気分で帰らなくて済むから助かるよw


帰りはやはり中央道は混雑するが、道を知ってるし相模湖ICで降りて帰宅。行きに比べると一時間以上多くかかったがそれは仕方あるまい。そういやPAに寄ったら東京サポのみならずFマリサポもいたな。あちらは甲府だったのね。お互いお疲れ様です。


松本の人は暖かいし、食べ物は美味しいしその上勝ち点3をいただいちゃうしで松本を完全に満喫した。とても楽しかったです。


さて松本の人たちが味スタに来たらおもてなしたいものだけど何したらいいですかね。でも当日になったら結局何もできないシャイなあんちくしょう←古い。


さぁ武藤がいなくなるまであと2戦。どのくらい勝ち点のばせるかなー。

 |  リブログ(0)
2015-05-04 14:12:33

涙の逆転勝利

テーマ:FC東京

JリーグはGW中の過密日程。東京は山形・新潟と連勝して川崎との「多摩川クラシコ」へ。正直「クラシコ」というほどには川崎との因縁は感じないが、強いがゆえに倒さなければならない相手とは思っている。


午前中のみ仕事をして車で味スタへ向かった。そしたら試合開始2時間以上前というのに、いつも停めている駐車場はどこも軒並み満車。たくさん人が来ているだろうというのがこれからも想像できた。結局いつもよりかなり遠い駐車場に停めてスタジアムへ。まぁ停められただけましか。



味スタに着くとちょうど青赤お笑いオンステージが始まるところでゆってぃ氏が出てきた。



クラシコ1

お笑いは好きなので正直誰が誰だかわからないがステージを観る。・・・3組観てスタジアムの中へ。あと3組あったけどお察しください(笑)



スタジアムの中を見るとかなりの人の多さ。川崎との試合ということやいろいろ見どころがあることで観客の多さにつながったのだろう。この人の多さでがっかりして帰るのはイヤだなぁとか考えていた。試合開始前にイケイケの人たちがサイド席にも行って、応援の仕方を子供たちに教えていた。あれはとてもいいんじゃないかな。



試合前に「ヨシメーター」を見つけてあのカウンターを上げさせまいと誓う(結局上がるんだけど)。


試合開始後はいい守備を見せて川崎を凌いでいたが、前半にFKから大久保に決められてカズダンスを見せつけられる。アンブロシートの方はさぞかしはらわた煮えくり返ったろうなぁ。


先制されたが前半はこれといった攻撃も無く淡々と終了。逆にあわや追加点というシーンがいくつか見られたほど。


後半はマッシモ監督ならばきっと修正してくれると信じていた。実際「予想通りの展開だ。必ず逆転できる」とハーフタイムに選手たちに言っていたらしい。


そして後半は東、前田を投入後完全にペースは東京のものに。あとちょっとというところまでチャンスを生み続ける。


このころの東京ゴール裏は「負けないぞ!勝つぞ!」という意思表示をするように激しく応援を続けていた。その一体感になぜか感極まって涙が出そうになった。


川崎の車屋を退場に追い込み、さらにイケイケになる東京。そして太田の直接FKの場面。直接ゴールに叩き込み、とうとう同点!湧き上がる東京の応援スタンド。もうこのころには涙がじわじわ出て止まらなくなっていた。こんな観客と試合が一体化した感覚も珍しい。


こうなったら同点じゃあ終われないという思いで、沸騰したゴール裏で応援を続け、87分に武藤が身体を張って得たFKから武藤が決めてなんと逆転!その瞬間に知っている人も知らない人もハイタッチ&ハグの嵐。ああもう涙が止まらない。


そしてATも凌ぎ切り、とうとうタイムアップ!勝った!ここまでしょっぱいだの得点力不足だのと言われていたけど、この試合を見てそんなことを思う人がどこにいただろうか。感動的ですらあった。


上位を狙える川崎に勝つことでまた得るものがあったと思うのだが。もちろんこれで終わりなわけではないし、ここからまたずっと正念場が続くことも理解している。でもちょっとは川崎に勝ったことで喜ばせてよ。



クラシコ2


この日は誕生日でした。東京から川崎からの勝ち点3という素晴らしいプレゼントをもらいました。思い出すと、なぜか誕生日に観戦しているとかなりの確率で勝ちを見ている。ありがたいなぁ。


良かった良かったと仲間と別れ、妻と車に乗り込み帰宅すると稲城あたりで車のギアが入らなくなる。あれ?あれ?と思ってクラッチ操作するもやはりおかしい。惰性で路肩に寄せて停めてギアを操作するが完全にクラッチが故障してしまった。あーせっかく勝って気分が良かったのにー。


仕方がないのでJAFを呼んで車内で待つ。しかし車が止まってしまったのはもちろん良くないが、先週山形まで行った時にこのトラブルが起こらなくて良かったと本当に胸を撫で下ろす。あとは試合前にこのトラブルが起こらなくて良かったとか、止まった道路が広い幅の道路で、止まっていてもそれほど邪魔にはならなかったこととか、いわゆる不幸中の幸いがたくさんあってまあまあ落ち着くことができた。あとは帰宅するだけだったしね。


JAFの方に車をけん引してもらい、自宅近所のディーラーまで自分ともども運んでもらった。その時にJAFの人と話していたけど、やっぱりあの人たちはすごいね。本当のプロフェッショナルだよ。今回の話をJAFストーリーに応募したいぜ。


そして歩いて家まで帰宅。波乱万丈な誕生日は終わりました。しかし帰宅が遅くなったせいで誕生日の夕食はカップめんとおにぎり(笑)まぁ仕方ないですな。


楽しい&大変な一日でした。エイト早く帰ってこーい。

 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。