九州大学病院別府先進医療センター(大分県別府市)は27日、抗がん剤を過剰に投与するミスがあり、70代の男性患者が意識不明の重体になっていると発表した。
 同センターによると、男性は食道がんの放射線化学療法を受けるため、4月12日に入院した。主治医の40代の男性外科医は参考資料を見誤り、抗がん剤を必要以上に投与する治療計画書を作成。薬剤室などのチェック機能が働かないまま、19日から約2週間にわたり計画書通りに治療が進められた。抗がん剤は2種類あり、それぞれ通常の1.5倍と2.8倍投与されていた。
 5月6日の血液検査で男性の白血球数などに異常が見つかり、投与ミスが発覚。男性は14日から意識不明の状態が続いている。 

【関連ニュース】
興和テバと日本化薬、バイオ後発薬の開発・販売で提携
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待
日本イーライリリー、ジェムザールの効能追加
幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待

<参院選>政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく(毎日新聞)
「関西での基地受け入れ」橋下知事発言の真意はどこに? 府民不在と違和感も(産経新聞)
昨夏から資金繰り悪化か=従業員給与支払い滞る―200億流れ解明へ・岡本ホテル(時事通信)
住友不、耐震工事申請書類420件分改ざん=補助金返還命令へ―兵庫県・神戸市(時事通信)
知事公用車センチュリー、214万円でネット落札(読売新聞)
AD