電車内で携帯電話で話していたことを注意されて腹を立て、相手をホームから突き落としたとして、警視庁上野署は25日夜、殺人未遂容疑で東京都荒川区東尾久、自称運送業早瀬大介容疑者(33)を現行犯逮捕した。
 同署によると、「つかみかかってきたので振りほどいたら落ちた」と容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は、25日午後11時ごろ、JR京浜東北線車内で携帯電話で通話しているのを注意した男性会社員(42)に「降りて話をしよう」と言い、降りた上野駅(台東区)ホームでもみあいになり、山手線線路に突き落とした疑い。男性は左足を骨折し重傷を負った。 

【関連ニュース】
精神鑑定「分かりにくい」=裁判員、責任能力低下認めず
精神鑑定医に初の証人尋問=駅ホーム突き落とし
精神鑑定医の尋問実施へ=ホーム突き落としの裁判員裁判

横路衆院議長が入院=左足骨折し手術、経過は順調(時事通信)
事務いすで“力走” 京都でユニークな耐久レース(産経新聞)
「たたかれても決断」=平野官房長官-普天間問題(時事通信)
<総務省>官房総務課長らの人事異動 大臣遅刻で「更迭」か(毎日新聞)
アザラシ猟に裸で「NO」=米保護団体がカナダ政府に抗議-東京(時事通信)
AD