衆院外務委員会は3日午前、核持ち込みなど日米間で結ばれたとされる「密約」の問題を調査するため、外務省OBや有識者らを招いて参考人質疑を行うことを全会一致で決めた。委員会後に開いた理事懇談会で、各党が出席を求める参考人リストを10日までに提出することを申し合わせた。
 密約の存在をめぐっては、外務省の有識者委員会が検証作業を行っており、国会でも真相解明に動きだした。 

【関連ニュース】
自民、審議復帰の方向=欠席戦術成果見込めず
自民、勝算なき欠席戦術=強気の民主に懸念も

日本独自の回線で初交信=野口さん、宇宙から筑波と(時事通信)
<新型インフル>WHO「最悪期過ぎた」判断先送り(毎日新聞)
【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(4)(産経新聞)
菅原良
<がんを知るフォーラム>横浜で700人が参加(毎日新聞)
AD