肝炎などにかかった牛の肝臓を食肉処理場に貯蔵し、無許可で精肉店に販売したとして、栃木県警生活環境課などは12日、食品衛生法違反の疑いで、牛内臓卸売り販売業、小林利之容疑者(72)=埼玉県熊谷市中西=、へい獣回収業、新井浩志容疑者(35)=群馬県伊勢崎市境伊与久=ら3人を逮捕した。
 県警によると、3人とも容疑を認めている。食肉処理場での疾病牛肉の貯蔵・販売をめぐる摘発は全国で初めて。現時点で健康被害は出ていないという。 

【関連ニュース】
廃棄とんかつ、かつ重に転用販売=食品衛生法違反の疑い
子供向けアクセサリーから鉛検出=誤飲注意、呼び掛けも
蔵王のホテルで食中毒=ノロウイルス検出
給食米から基準超のカドミウム=1500人以上に
「浅井」社長に有罪=事故米不正転売

5月末決着先送りに言及=「時間をかけて粘って」-仙谷氏(時事通信)
「逮捕状なく逮捕」弁護側、裁判員に訴え 大阪地裁(産経新聞)
広島被爆ピアノ NY公演ピンチ 輸送費募金 目標の4割(産経新聞)
沖縄・奄美地方が梅雨入り(読売新聞)
米軍訓練の分散移転へ調整=10日に閣僚会議(時事通信)
AD